search_toggle
Ic head point

この記事でわかること

  • 国内外の主要仮想通貨取引所の特徴・おすすめポイント

  • 仮想通貨取引所のアカウント登録方法

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    「仮想通貨投資を始めたい!」けど、まだ取引所に登録していない人

  • Ic megafon notice

    仮想通貨取引所の中で自分に合っているものを見つけたい人

仮想通貨取引所に登録したい

仮想通貨が盛り上がっている昨今ですが

皆さんは仮想通貨取引所にすでに登録していますか?

 

本記事では

国内大手の仮想通貨取引所3つ海外取引所1つ概要・登録方法を紹介します。

 

紹介する取引所は以下の4つです。

Ic head list

本記事で解説する仮想通貨取引所

  1. Coincheck(コインチェック)

  2. Zaif(ザイフ)

  3. bitFlyer(ビットフライヤー)

  4. Binance(バイナンス)

仮想通貨取引所はそれぞれの特徴を持っています。

 

故に、自分の仮想通貨取引のスタイルによってベストな取引所の選択が異なります。

 

自分に合っている仮想通貨取引所が分かるように徹底解説していきます。

 

さらに「金融庁認可の仮想通貨取引所であるか」も説明致します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Coincheck(コインチェック)

#

【出川哲朗出演】CoincheckのCM

出川哲朗さんが出ているCMで

Coincheck(コインチェック)を知ったあるいは興味を持った方も多いのではないでしょうか?

nemの盗難騒動以来放送していないのが少し残念です。

 

 

Coincheckは金融庁の認可を受けていません。

Coincheck(コインチェック)の無料登録はこちら

Coincheckのオススメポイント

そんなCoincheck(コインチェック)ですがどのような特徴を持っているのでしょうか?

Ic head point

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント

  • 取り扱い仮想通貨銘柄が豊富

  • UI/UXが優れ使いやすい

  • スマートフォンアプリで簡単に取引が可能

ではそれぞれの特徴について解説していきましょう。

Coincheckおすすめポイント① 取り扱い仮想通貨銘柄が豊富

#

Coincheck(コインチェック)の現在の取り扱い仮想通貨は

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • EthereumClassic(イーサリアムクラシック・ETC)
  • Lisk(リスク・LSK)
  • Factom(ファクトム・FCT)
  • Ripple(リップル・XRP)
  • Nem(ネム・XEM)
  • Litecoin(ライトコイン・LTC)
  • BitcoinCash(ビットコインキャッシュ・BCH)

の9種類となっています。

 

後述するCoincheckのnem盗難騒動が起こる前には13種類の仮想通貨を扱っていました。

数は減ったものの、依然として他の取引所よりも多くの銘柄を扱っています。

Coincheckおすすめポイント② UI/UXが優れ使いやすい

#

Coincheckは初心者でも使いやすいデザイン

Coincheckの取引画面は初心者でもわかりやすいものになっています。

 

さらに暴落・暴騰のアラートを設定することも出来るので

急激な価格変動を見逃すことはありません。

Coincheckおすすめポイント③ スマートフォンアプリで簡単に取引が可能

Coincheck(コインチェック)はスマートフォンアプリが使いやすいと好評です。

 

実際に操作画面を見てみましょう。

#

Coincheckスマホアプリ 操作画面①

Coincheck(コインチェック)では

スマートフォンアプリで2つのチャートを使い分けることが出来ます。

 

時間幅も1時間/1日/1週間/1ヶ月/1年/長期と幅広いです。



赤で囲われたチャートの図があるところをタップしてみましょう。

#

Coincheckスマホアプリ 操作画面②

ローソク足のチャートを確認することが可能になります。

 

黄色で囲われた仮想通貨の図をタップしてみます。

#

Coincheckスマホアプリ 操作画面③

異なる仮想通貨を選ぶことができます。

 

非常にオススメのアプリケーションなので

登録している方は是非インストールしてみてください。

iTunesでcoincheckアプリをダウンロードする方はこちら!
GooglePlayでcoincheckアプリをダウンロードする方はこちら!

ユーザーが気になる手数料

仮想通貨を取引する際に気になるのが手数料ですよね。

 

それぞれの仮想通貨取引所によって手数料は様々です。

自分にあった手数料体系を取っている取引所を見極めましょう。

 

入出金手数料

銀行振込

無料(振込手数料はユーザ負担)

コンビニ入金

3万円未満 756円
3万円以上30万円以下 1000円

 

クイック入金

 

3万円未満 756円
3万円以上50万円未満 1000円
50万円以上 入金金額×0.108%+486円

日本円出金

400円

 

取引手数料

Taker手数料 Maker手数料
0.00% 0.00%

 

 

入出金手数料・取引手数料ともに平均的です。

頻繁に日本円で入出金したい方は他の取引所を利用した方が良いです。

 

 

続いて送金手数料です。

Coincheckでは通貨によって送金手数料が異なっています。

 

仮想通貨/送金手数料

BTC 0.001BTC
ETH 0.01ETH
ETC 0.01ETC
LSK 0.1LSK
FCT 0.1FCT
XRP 0.15XRP
XEM 0.5XEM
LTC 0.001LTC
BCH 0.001BCH

 

通貨ごとの手数料においては仮想通貨取引所によって異なっているので

自分がメインで扱う通貨を踏まえて選択するのが良いです。

Coincheck(コインチェック)をオススメ出来る理由

投資成功の秘訣は

長期保有分散投資だと言われています。

 

Coincheckでは取り扱い仮想通貨が9種類と豊富なので

長期保有と分散投資を可能にすることができます。

 

Coincheckで仮想通貨投資始めましょう!

Coincheck(コインチェック)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨取引所coincheck(コインチェック)登録方法

ではCoincheckに登録してみましょう。

 

*Coincheck(コインチェック)は新規登録をはじめとした一部の機能を停止しています。(2018/07/11)

 

新規登録希望者は仮想通貨ニュースや公式SNSなどで情報収集をして

新規登録サービスの再開に備えましょう。

Ic head list

Coincheck登録手順

  1. メールアドレス・パスワード設定

  2. メールアドレス認証

  3. 本人確認へ

  4. 電話番号認証

  5. 重要事項チェック

  6. 必要事項記入

  7. 身分証明画像アップロード

①メールアドレス・パスワード設定

#

Coincheckトップページ 登録画面

赤枠のなかにメールアドレスとパスワードを入力して「アカウント作成」を選択します。

 

パスワードはメモしておくなりして忘れないようにしましょう。

②メールアドレス認証

#

メール送信確認画面

入力したメールアドレス宛に確認メールが届きます。

そのメールの内容に従って、本文内のURLを押してください。

 

アカウント登録はこれで完了です。

③本人確認へ

#

アカウント登録後は本人確認を行います

今のままではウェブサイトの閲覧しか出来ません。

実際に仮想通貨を扱うには本人確認書類の提出を行う必要があります。

 

手順に従って各種重要事項を確認してください。

 

確認したら本人確認書類の提出に移ります。

 

④電話番号認証

#

電話番号入力画面

まず、電話番号認証を行う必要があります。

 

SMSが受け取れる電話番号を入力し、「SMSを送信する」を選択してください。

 

その後送られて来た6桁の数字を認証欄に入力して完了となります。

⑤重要事項チェック

#

重要事項チェック画面

電話番号認証終了後、「日本円入金」「クレジットカードで購入する」のどちらかを選択してください。

 

選択した後に表示されたページの「本人確認書類を提出する」を選択します。

 

すると、上記の画面が表示されます。

チェックが必要な項目を確認してください。

該当するもの、または同意するものには必ずチェックを入れましょう。

 

チェックが完了したら、赤枠の「承諾してサービスを利用する」を選択してください。

⑥必要事項記入

#

アカウント情報を入力します

記入漏れと誤字脱字に気をつけましょう。

⑦身分証明画像アップロード

#

IDセルフィーのやり方

#

IDセルフィー写真アップロードフォーム

本人と本人確認書類が写っている画像を提出するには

「カメラを起動」か「ファイルを選択」のどちらかを選択します。

 

対象の画像を選択し、アップロードしましょう。

 

以上で本人確認書類の提出は完了です。

Coincheck(コインチェック)から確認のハガキを受け取るまでは仮想通貨の運用は出来ないので注意してください。

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)ってどんな取引所?

#

2015年3月に日本で一番最初に

・日本円と仮想通貨のトレード

・仮想通貨同士のトレード

の両方を取り扱った取引所です。

 

単に仮想通貨の取引をやっているのではなく様々な企画をユーザーに提供する仮想通貨取引所です。

 

総額1億キャンペーン、Zaifコイン積立、Zaif Payment、信用取引レバレッジ、マネパカード、ビットコインウォレット販売と言った仮想通貨ユーザーに様々な機会を提供しています。

 

また、Zaifに技術アドバイザーとしてホリエモンこと堀江貴文さんが参加しています。

 

Zaifは金融庁認可を受けており、ある一定信頼できる取引所と言えます。

(近畿財務局長第00002号)

Zaif(ザイフ)の無料登録はこちら

Zaif取り扱い通貨・トークン

Zaifは以下の5種類の仮想通貨を扱っています。

 

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • NEM(ネム・XEM)
  • Monacoin(モナコイン・MONA)
  • BitcoinCash(ビットコインキャッシュ・BCH)

 

さらに9種類のトークンを扱っています。

 

  • ZAIF
  • XCP
  • BCY
  • SJCX
  • FSCC
  • PEPECASH
  • CICC
  • NCXC
  • JPYZ

Zaifのおすすめポイント

そんなZaifですがどのような特徴を持っているのでしょうか?

Ic head point

Zaifのおすすめポイント

  1. マイナス手数料(←2018年7月時点では終了)

  2. ICOプラットフォーム「COMSA」の展開

  3. コイン積立

それぞれの特徴について見ていきましょう。

Zaifおすすめポイント① マイナス手数料

#

Zaifのトップページ マイナス手数料を推しています

Zaifではマイナス手数料というキャンペーンを設けています。

 

手数料は通常払うものですが、このマイナス手数料はマイナスの数字分だけ手数料がもらえてしまうというものです。

 

ビットコインを売り買いするだけでビットコインが貰えるわけです。

 

takerは-0.01%のマイナス手数料ですが

makerは期間限定で現在-0.05%のマイナス手数料をZaifは提供しています。

通常の5倍のマイナス手数料なのでZaifの登録を検討している方はすぐに登録しましょう。

 

*現在(2018年7月)はマイナス手数料キャンペーンは終了し通常の手数料となりました。

Zaifおすすめポイント② ICOプラットフォーム「COMSA」の展開

Zaifには2017年11月に109億円を調達したICOプラットフォームがあります。

 

そのICOプラットフォームはCOMSAです。

 

ZaifではCOMSAの基軸通貨であるCMSを取り扱っています。

CMSには2種類あり、Ethereum版とNEM版に分かれます。

COMSAで行われる企業のICOトークンはZaifで上場される見込みなので

ICOに興味ある方はZaif登録は必須です。

Zaifおすすめポイント③ コイン積立

#

「毎回仮想通貨を買うのはめんどくさい」

「いつ仮想通貨を買うのが適切なのかわからない」

「自分の投資センスに自信がない」

 

そんな人におすすめなのがZaifコイン積立です。

 

Zaifコイン積立に登録したユーザは

毎月固定の金額を銀行口座から引き落とされ希望額の積立を行うことができます

 

Zaifコイン積立はドルコスト平均法という投資方法を採用しています。

相場が上がっても下がっても固定の額を投資する方法です。

ローリスクと言われているのでチャレンジしやすい商材と言えますね。

Zaif手数料は安い?

Zaifの手数料を見ていきましょう。

 

 

入出金手数料

銀行振込

無料(振込手数料はユーザ負担)

コンビニ入金

3万円未満 486円
3万円以上 594円

Pay-easy入金

3万円未満 486円
3万円以上 594円

日本円出金

50万円未満 350円
50万円以上 756円

 

主要通貨取引手数料

主要通貨ペア maker手数料 taker手数料
BTC/JPY 0% 0%
XEM/JPY 0% 0.1%
XEM/BTC 0% 0.1%
MONA/JPY 0% 0.1%
MONA/BTC 0% 0.1%
BCH/JPY 0% 0.3%
BCH/BTC 0% 0.3%
ETH/JPY 0% 0.1%
ETH/BTC 0% 0.1%

 

入出金手数料はCoincheckに比べると若干低いです。

取引手数料は買う時に0〜0.3%発生します。

 

続いて送金手数料を見ていきましょう。

 

仮想通貨/送金手数料

BTC 0.0001〜0.01BTC
XEM 2〜20XEM
MONA 0.001〜0.1MONA
Counterpartyトークン 0.001〜0.1BTC
BCH 0.001〜0.01BCH
ETH 0.01〜0.05ETH

 

通貨ごとの手数料は仮想通貨取引所によって異なっているので

自分がメインで扱う通貨を踏まえて選択するのが良いです。

Zaif(ザイフ)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)登録方法

ではZaifの登録方法について解説していきます。

Ic head list

Zaif登録手順

  1. メールアドレス登録

  2. ユーザ登録

  3. 基本情報の入力

  4. 電話番号認証・本人確認書類の手続き

  5. 郵送による本人確認

  6. 2段階認証

①メールアドレス登録

#

Zaifの公式サイトにアクセスします。

 

すると「メールアドレス入力で簡単登録」というメールアドレス入力フォームがあるので

そこでメールアドレスを入力してください。

#

メール送信完了画面

メールアドレスを入力すると上の画面が表示されます。

 

ここでZaifに登録したメールアドレスを確認してください。

 

先ほどZaifに登録したメールアドレスにZaifから下記のようなメールが届くので

URLをクリックしてアクセスしてください。

#

Zaifからのメールが届きます

②ユーザ登録

メールに記載されたURLをクリックすると、Zaifユーザ登録画面に飛びます。

「利用規約・重要事項説明」を必ずクリックして規約に同意して下さい。

 

画像で説明の通り、クリックして規約ページを開かないと登録できません。


メールアドレスはすでに入力済みです。

パスワードの設定に移りましょう。

 

パスワードは強度が50%を超えない限りパスワードとして認められません。

#

パスワード入力画面

資産がパソコン・スマートフォンが管理されているので

他人が簡単にわかるようなパスワードはやめておきましょう。

 

簡単に10万円・100万円あるいはそれ以上の資産を不正利用されないように

注意を払いましょう。

 

登録が完了されたら、下記の画面に変わります。

#

本人確認を行います

③基本情報の入力

入力する基本情報は以下の通りです。

 

  • 個人・法人区分
  • 国名
  • 名前(漢字フルネーム)
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 電話番号
  • 使用言語
  • 職業
  • 取引目的
#

基本情報入力画面①

#

基本情報入力画面②

記入漏れがあると変更ボタンを押すことができないので記入漏れには気をつけましょう。

 

誤字・脱字に気をつけて記入してください。

④電話番号認証・本人確認書類の手続き

ZaifからSMSに連絡が来るのでSMSが利用できる電話番号を入力して下さい。

入力が終わったら、Zaifから入力した電話番号に対応した携帯にSMSが送られます。


下記のページで送られてきた電話番号認証コードを入れれば

電話番号認証は完了となります。

#

認証コード入力画面

アカウントから本人確認書類へアクセスして下さい。

ファイル選択をクリックしてZaifが本人確認書類として認めるものを送信して下さい。

*本人確認書類として認められるものは運転免許証・パスポート・マイナンバーカード等です

 

本人確認書類のアップロードが完了したら、郵送確認に入ります。

#

郵送された書類の情報を入力します

空欄を埋めて「本人確認コードの郵送依頼」を申請というボタンを押してください。


その後

Zaifを運営する「テックビューロ株式会社」から登録した住所へ「簡易書留書類」が郵送されます。


郵送された書類の「本人確認コード」を入力すれば、口座開設は完了となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)

成海璃子が主演のCM bitFlyer(ビットフライヤー)

#

coincheckはCMで出川哲郎さんをCMで起用しましたが

bitFlyerは成海璃子さんを起用しています

 

「世界を変えるコイン bitcoin」が特徴的なCMですね。

このCMでbitFlyerを知った方が多いのではないでしょうか。

 

bitFlyerの最も大きな特徴は資本力です。

RECRUIT(リクルート)やGMOなど日本の有名大企業から出資を受けています。

資本金は資本準備金を含めて41億円を超えています。

 

資本力があると様々な新サービスの導入がしやすく、セキュリティ面も強化できます。

 

bitFlyerも金融庁認可を受けており、ある一定信頼できる取引所と言えます。

(関東財務局長第00003号)

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

取り扱い仮想通貨

bitFlyerは世界的に有名で時価総額が高い仮想通貨を取り揃えています。

 

  • Bitcoin(ビットコイン・BTC)
  • Ethereum(イーサリアム・ETH)
  • EthereumClassic(イーサリアムクラシック・ETC)
  • Litecoin(ライトコイン・LTC)
  • BitcoinCash(ビットコインキャッシュ・BCH)
  • Monacoin(モナコイン・MONA)


の6種類を取り扱っています。

セキュリティが強い

bitFlyerではセキュリティを強くするために

  • ユーザーの全データーを暗号化
  • ハッシュ関数SHA-2の採用
  • ファイアーウォール(FW)での不正アクセス防止
  • 世界最高の認証局『DigiCert』の証明書の採用

を行なっています。

 

取引所はハッキングやウイルスにシステムの危機を脅かされる可能性があるので

セキュリティ対策は取引所を登録する際に考えるべき項目です。

2017国内初海外進出

#

日本の仮想通貨取引所の多くは日本国内での仮想通貨事業に専念しています。

 

そんな中でbitFlyerは日本仮想通貨取引所では初めて海外で仮想通貨事業を始めました

 

アメリカ41州でのサービスを提供しています。

 

海外取引所は日本国内取引所と比べ取り扱い仮想通貨の数が圧倒的に多いです。

*詐欺コイン等も含まれているので必ずしも取り扱い仮想通貨が多いことが良い訳ではない

 

bitFlyerは海外進出をしたことでより

海外取引所との競争が激化するので取り扱い仮想通貨が増えるかもしれません

取引がしやすい

#

bitFlyerの取引画面

売りたいor買いたい個数を入力して

「コインを買う」か「コインを売る」のどっちかのボタンを押すだけで

仮想通貨を売り買いすることができます。

 

仮想通貨を初めてやる人も簡単に取引ができます。

 

なので気軽に登録できるはずです!

coincheckもそうですが初めて仮想通貨をやる方は

操作が簡単で便利な取引所に登録しましょう!

アカウントクラス

#

アカウントクラス

アカウントのクラスによってbitFlyerの使える機能に変化が起きるので

自分がしたいことと照らし合わせてアカウントクラスを決めましょう!

bitFlyer手数料

#

bitFlyer手数料①

#

bitFlyer手数料②

ビットコイン・アルトコイン共に売買手数料は無料です。

 

ビットコイン送付手数料は0.0008BTCでビットコインの価格は値上がり、値下がりするので固定されません。

 

一時的な高騰の時は不用意に送付しないようにしましょう。

Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)登録方法

口座開設

bitFlyerの公式ページに移動します。

その後、メールアドレスを入力してください。

 

facebookからも登録することが可能です。

#

bitFlyerトップページ メールアドレス入力画面

メールアドレス登録後、画面が下のように表示されます。

 

登録したメールアドレスにbitFlyerからメールが届きます。

●キーワードと記載されている箇所に該当キーワードがあります。

 

その該当キーワードを下の入力欄に入力してください。

#

bitFlyerからのメールに記載されたキーワードを入力

該当キーワードを入力後、下の画面に変わります。

 

各種利用事項・注意事項を確認の上、全ての項目にチェックを入れてください。

 

その後「bitFlyerを始める」を押します。

#

利用事項・注意事項の確認

「取引時確認の入力からはじめる」というボタンを押してください。

 

これから個人情報入力に移ります。

 

赤枠で囲われている所が個人情報を入力するところになります。

 

記入漏れ、誤字脱字に気をつけて入力しましょう。

#

基本情報の入力

入力が全て完了したら、「登録情報を確認する」ボタンを押しましょう。

これで、アカウントの作成は完了です。


なお、固定電話番号の入力は別にしなくても構いません。

#

アカウントクラスを変更

今までの流れで口座開設は出来ました。

 

しかし今のままでは

ウォレットクラスと言って仮想通貨を購入・売却することが出来ないクラスです。

 

さらに個人情報を入力することで

トレードクラスとなり仮想通貨の購入・売却することが可能になります。

 

ホーム画面を下にスクロールしてください。

そうすると赤枠で囲っている「アカウント情報」という項目があります。

 

赤色のボタンを押して全ての登録をしてください。

#

アカウント情報の赤いボタンがなくなるとトレードクラスに

個人情報を全て入力し終わるとアカウントクラスが「トレードクラス」に変わります。


これでbitFlyerで仮想通貨を売買することが可能になります。

Ic head link

あわせて読みたい

Binance(バイナンス)

#

紹介したCoincheck、bitFlyer、Zaifの3つの取引所は全て日本発の仮想通貨取引所です。

 

これから紹介するBinance(バイナンス)は中国にある仮想通貨取引所です。

中国の仮想通貨規制により閉鎖されてしまうのではないかと噂されていましたが、現在はマルタ島に移転したため閉鎖のリスクはありません。

 

BinanceはBinanceは2017年7月に設立された仮想通貨取引所です。

しかし取り扱い仮想通貨の数が多く注目を浴び

2017年12月に取引量で世界一となり世界最大の仮想通貨取引所となりました。 中国の仮想通貨取引所ですが8種類の言語を扱っています。

以前は日本語に対応していましたが現在は右上のgoogle翻訳から日本語選択可能です。

日本人にも仮想通貨売買がしやすい取引所となっています。

Ic head link

あわせて読みたい

取り扱い通貨が多数 Binance(バイナンス)

Binanceは100種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

日本国内取引所とは比べ物になりません。

 

Binanceの取り扱い仮想通貨には

草コインと呼ばれる1円に満たない価格の低い仮想通貨が多くあります。

草コインは海外では"Shit coin"と呼ばれています。


しかし草コインは1年で300倍近くの爆上げ成長の可能性を持っており

億り人になれる可能性を秘めています。

手数料が安い

Binanceは

ビットコイン・アルトコイン限らず全ての仮想通貨の手数料が0.1%になっています。

 


さらに1つユーザーにとって嬉しいサービスがあります。


BNB(Binance coin)を手数料払いに利用することで

手数料0.1%から半分の0.05%まで引き下げることが可能というものです。

#

手数料をBNBにする場合はまずユーザーアカウントページに移動します。

 

アカウントページに上の図のように表示されています。

 

そこで手数料支払いをBNBにすることで手数料を0.05%にすることが出来ます。

注意!日本円対応なし

coincheckなどの日本の仮想通貨取引所は

日本円で仮想通貨を売り買いすることが可能ですがBinanceは日本円に対応していません。

 

そのため国内取引所で日本円からビットコインあるいはイーサリアムに換金します。

 

その後換金したビットコインかイーサリアムを

Binance内のマイウォレットアドレス宛に送金すれば

Binanceで仮想通貨を売り買いすることが可能になります。

google翻訳の精度が高くない

以前はBinanceは日本語に対応していましたが

現在はgoogle翻訳を使ってBinanceは日本語に対応しています。

 

しかし不自然な表現や言葉が多少なりともあるので使いずらさを感じるかもしれません。

億り人目指すならBinance!

Binanceには1000倍以上成長したverge(XVG)を始め

大成長する可能性がある草コインを多く取り揃えています。

 

億り人になろうと思うなら日本国内の仮想通貨取引所と合わせて登録しましょう!

Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)登録方法

口座開設

Binanceは現在日本語に対応していないので混乱する方も多いと思います。

 

じっくりわかりやすく説明し

皆さんが簡単にBinanceに登録できるようにBinance登録・口座開設を紹介していきます。

 

まずは赤で囲んでいるLogin・RegisterのRegisterをクリックしてください。


Registerで新規登録画面に移ります。

#

Binanceトップページ 「Register」を押します

メールアドレスとパスワードを入れてください。

 

お金を扱うサービスなので強度の高いパスワード設定を行いましょう。

#

メールアドレスとパスワードを入力

メールアドレスとパスワードを入力後、下のような画面が表示されます。

 

そこで赤で囲われている所にカーソルを合わせてください。

 

そのままカーソルを動かすとパズルのようになるので

空いてる所にカーソル合わせてそのまま設置してください。

#

カーソルを移動させてパズルのピースをはめます

認証が終わると登録したメールアドレスにBinanceからメールを受け取ります。

 

そのメール内に記載されている「Verify Email」をクリックしてください。

#

口座登録は終了です。

#

口座登録完了画面

日本の取引所と比べ簡単に登録が出来ました。

Binanceではこの登録だけで仮想通貨を購入することが可能です。


登録後すぐに仮想通貨を売買できるのもBinanceの特徴かもしれません。

そもそも金融庁認可とは何か?

金融庁認可の概要

2017年4月から施行された改正資金決済法によって

日本国内で仮想通貨取引所を運営するには金融庁や財務局の認可が必要になりました。

 

とはいえ既に取引を行っている取引所が多いため

この法律が施行されてから半年以内に申請した事業者は

審査完了まで「みなし事業者」として営業できます。

 

金融庁の認可基準は以下のようになっています。

Ic head list

金融庁認可基準概要

  • 資本金1,000万円以上の黒字経営であること

  • 顧客資産を分別管理していること

  • 外部監査を実施すること

  • 口座開設時に本人確認を徹底すること

  • 仮想通貨交換業務を支障なく運営できること

仮想通貨取引所は利用者の資産を預かる金融事業なので認可の基準に

  • 資産分別管理
  • 外部監査

などが含まれています。

 

この法律が施行された後の9月〜12月にかけて

大手仮想通貨取引所の多くは無事審査を完了し正式登録されました。

 

つまり

「現段階で金融庁の認可が降りていない取引所は何かしらの不安要素がある状況」

ということですね。

金融庁に認可された取引所一覧

管轄 登録番号 事業者名
関東財務局 第00001号 株式会社マネーパートナーズ
第00002号 QUOINE株式会社
第00003号 株式会社bitFlyer
第00004号 ビットバンク株式会社
第00005号 SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
第00006号 GMOコイン株式会社
第00007号 ビットトレード株式会社
第00008号 BTCボックス株式会社
第00009号 株式会社ビットポイントジャパン
第00010号 株式会社DMM Bitcoin
第00011号 株式会社ビットアルゴ取引所東京
第00012号 Bitgate株式会社
第00013号 株式会社BITOCEAN
近畿財務局 第00001号 株式会社フィスコ仮想通貨取引所
第00002号 テックビューロ株式会社
第00003号 株式会社Xtheta

一覧を見ると

  • SBIグループ
  • マネーパートナーズ

など有名どころも登録されています。

 

少しずつサービスを展開して行くと予想されます。

金融庁認可の申請・登録状況

金融庁の認可待ちの取引所や登録申請をすることを公表した事業者もチェックしましょう。

 

登録状況 備考
コインチェック 申請中 2018年4月16日にマネックスグループが買収
みんなのビットコイン 申請中 業務改善命令(2018/4/25)
LastRoots 申請中 業務改善命令(2018/4/6)
バイクリメンツ 申請中 業務改善命令(2018/3/8)
BMEX 申請中 業務停止命令(2018/4/13)
FSHO 申請中 業務停止命令(2018/4/6)
エターナルリンク 申請中 業務停止命令(2018/4/6)
ブルードリームジャパン 申請中 業務停止命令(2018/4/11)
ビットステーション 申請取下げ 業務停止命令(2018/3/8)
ミスターエクスチェンジ 申請取下げ 業務改善命令(2018/3/8)
CAMPFIRE 申請取下げ
東京ゲートウェイ 申請取下げ
来夢 申請取下げ
bitExpress 申請取下げ
deBit 申請取下げ
Payward Japan 申請取下げ
サイバーエージェント 申請前 子会社設立済み。2018年中にサービス提供に期待
ネクストカレンシーズ 申請前  
メルペイ 申請前  
OKWAVE 申請前  
LINE 申請前 LINE Financial設立で参入予定
マネックス証券グループ 申請前 コインチェックを買収し参入予定

 

金融庁に申請中にも関わらずいまだに認可されていない事業者は

業務改善命令が出されていることが多いです。

 

安全性の面から考えると

申請が通らない事業者を利用するのは当面避けたほうが無難です。

 

Coincheckはサービス内容が極めて優良な取引所だったので

マネックス証券の高セキュリティで再開されれば返り咲く可能性があります。

まとめ

  • coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Binance(バイナンス)

の概要と登録方法を紹介しました。

coincheckは仮想通貨時価総額が高く信頼できる通貨を多く取り扱っています。

分散投資で儲けを出したい場合はcoincheckに登録しましょう。

 

手数料が気になる方はZaifに注目です。

 

セキュリティに気になる方はbitFlyerを見てみましょう。

 

草コインで爆上げを狙う方はBinanceにしてみてはいかがでしょうか。

それぞれの取引所で特徴が異なるので自分にあった取引所に登録しましょう。

また1つの取引所のみで取引をするのではなく

複数の取引所を併用してうまく稼いでいきましょう。

ニュース・関連記事

GMOコインの特徴,メリット・デメリット,口座開設方法を解説!|Coinwall [コインウォール]

GMOコインはGMOインターネットグループ(東証一部上場)を親会社に持ち、金融サービス提供のノウハウがあるのでセキュリティと管理制度に信頼の置ける販売所です。今回はGMOコインのメリット・デメリット、口座解説方法、スマホアプリ、FXについて解説します!GMOコイン株式会社とは?

bitbank(ビットバンク)の特徴、メリット・デメリット、登録方法を解説!|Coinwall [コインウォール]

bitbank(ビットバンク)はリップルを含む5つの人気アルトコインを板取引可能な国内取引所であり、bitbank Tradeではレバレッジ20倍・追証なしのBTCFXも行えます。bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリット、登録方法ついて徹底解説!

取引所DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴、メリット・デメリット等解説|Coinwall [コインウォール]

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はBTC,ETHの現物取引と、アルトコインのFX取引ができる国内取引所です。どういった特徴があるのか、DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のメリット、デメリット、登録方法、2段階認証のやり方等徹底解説します!

アルトコインはおすすめコインチェック(coincheck)登録・チャート・買い方・手数料|Coinwall [コインウォール]

アルトコインの成長が著しい今、コインチェックはおすすめ取引所です。なぜならコインチェックはおすすめなアルトコインを12種類扱っているからです。コインチェックのおすすめアルトコイン紹介、買い方、手数料、チャート、登録方法を紹介。コインチェック株式会社とは?

取引所Zaif(ザイフ)の特徴、登録方法、メリット・デメリット等解説!|Coinwall [コインウォール]

Zaif(ザイフ)は金融庁下の近畿財務局から仮想通貨交換業者として認定されているテックビューロ社が運営する国内大手取引所の一つです。マイナス手数料、積み立てサービスなど、様々な独自のサービスを展開しています。今回はZaif(ザイフ)の特徴、メリット・デメリット・口座開設方法、FX取引、バグ事件について解説します!規制への対策は?

シェアはこちら!

口座開設のやり方の記事一覧

アルトコインはおすすめコインチェック(Coincheck)登録・チャート・買い方・手数料

アルトコインの取引を始めようという方に、コインチェックはおすすめの取引所の一つでした。この記事では、NEM流出事件後にサービスが完全に再開された時のために、コインチェックで買うのがおすすめのアルトコイン、買い方、手数料、登録方法などを詳しく解説していきます。

2018/1/28

仮想通貨取引所の特徴・アカウント登録方法を画像付きで一挙解説!Zaifを始めとした4社を紹介!

仮想通貨が盛り上がっている昨今ですが、実際に取引を行う為には仮想通貨取引所に登録する必要があります。今回は国内大手の仮想通貨取引所3つ(Coincheck・Zaif・bitFlyer)と海外取引所1つ(Binance)の概要と登録方法までを紹介します。

2018/1/30

国内・海外の主要な仮想通貨取引所を徹底的に比較しました!

今回は国内・海外の主要な仮想通貨取引所をいくつかピックアップして、セキュリティ・アプリの使いやすさ・手数料・取り扱い通貨を徹底的に比較しました。複数口座開設が当たり前とはいえ、どこの仮想通貨取引所を使うか迷いますよね。自分自身にあった取引所を比較しましょう!

2018/1/20

bitFlyer口座開設から入金、コインの購入方法まで細かく説明します!

bitFlyerの口座を開設したいけど、手続きが難しそう!口座開設が遅れてしまい、安くて目をつけていたコインも価格が上昇してしまった…。なんてこともよくある話。チャンスを逃さないためにもいますぐ登録しましょう。今回はbitFlyerの口座開設について説明します

2018/2/13

Zaif口座開設方法を詳しく説明します。流れ通りに進めば誰でも簡単!

Zaifで口座開設したいけど、手続きが難しそう…!口座開設が遅れてしまうと、安くて目をつけていたコインも価格が上昇してしまった…。なんてこともよくある話。チャンスを逃さないためにもいますぐ登録しましょう。今回はZaifの口座開設について説明します。

2018/1/27

GMOコインとは?特徴・メリット・デメリット・口座開設・登録方法など徹底解説!

GMOコインはGMOインターネットグループ(東証一部上場)を親会社に持ち、金融サービス提供のノウハウがあるので、セキュリティと管理制度に信頼の置ける販売所と言えます。今回、GMOコインのメリット・デメリット、口座解説方法、スマホアプリ、FXについて解説します。

2018/5/5

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴,メリット・デメリット,口座開設方法を解説!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は東京とシンガポールに拠点を持つ仮想通貨取引所です。スプレッドの幅が狭く、最大レバレッジ倍率が25倍と大きいことが特徴です。今回はQUOINEX(コインエクスチェンジ)のメリット、デメリット、口座開設方法などを解説します。

2018/5/11

bitbank(ビットバンク)の特徴、メリット・デメリット、登録方法、新サービスを解説!

bitbank(ビットバンク)はリップルなど5つのアルトコインを板で取引可能な国内取引所です。bitbank Tradeではレバレッジ20倍・追証なしのBTCFXも行えます。bitbank(ビットバンク)のメリット・デメリット、登録方法について徹底解説します!

2018/5/11

BitTradeの特徴、メリット、デメリット、口座開設方法、機能、評判を解説!

2016年に設立され、2017年に金融庁に認可も受けた国内取引所「BitTrade」。今回はそんなBitTradeの特徴、メリット、デメリット、登録・口座開設方法、機能性、評判を解説していきます!BitTradeに登録しようと迷っている人は今すぐここでリサーチしましょう!

2018/5/12

BITPoint(ビットポイント)の特徴、メリット・デメリット、手数料を解説!

BITPoint(ビットポイント)はリップル等4つの人気アルトコインを板取引可能な国内仮想通貨取引所であり、レバレッジ25倍のBTCFXも行えます。売買・送金手数料も無料です。BITPoint(ビットポイント)のメリット・デメリット、登録方法ついて徹底解説!

2018/5/12

この記事に関連する記事

日本国内の仮想通貨取引所について解説!さらに国内取引所のメリット・デメリットを徹底比較!

今回の記事では、日本国内の仮想通貨取引所の比較ポイントについて解説し、さらに国内取引所を徹底比較していきます!日本国内の仮想通貨取引所には色々な特色…

2018/7/31

仮想通貨FXの始め方、仮想通貨FXおすすめ取引所について初心者にも分かりやすく徹底解説!

今回の記事では、仮想通貨FXの始め方やおすすめ取引所について初心者向けに徹底解説します!仮想通貨FXの始め方は非常に簡単なので、誰でもすぐに始めるこ…

2018/7/31

coincheckの退会は簡単?退会の方法から、再入会の方法までを詳しく解説します!

ずっと使っていない、セキュリティに不安があるという理由からcoincheckの退会を考える人も多いようですね。では、具体的にどのようにして退会すれば…

2018/7/30

海外取引所CoinExchangeを徹底解説!特徴、登録・ログイン方法、評判、トラブル時の対処法!

今回は、海外に拠点を置く仮想通貨取引所「CoinExchange」について徹底解説していきます。まだまだ小規模な取引所ですが取扱通貨が多く、草コイン…

2018/7/23

仮想通貨取引所Fcoin(Fコイン)とは?特徴・評判・手数料・登録方法を一挙解説|初心者でもバッチリ理解!

仮想通貨取引所FCoinは今注目の手数料マイニングが可能な仮想通貨取引所です。手数料マイニングとは通貨が手数料として支払われるために発行される仕組み…

2018/7/23