search_toggle
Ic head point

この記事でわかること!

  • bitFlyerの概要

  • bitFlyerのメリット・デメリット」

  • bitFlyerの講座解説方法

  • bitFlyerの使い方

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    bitFlyerを利用したい人

  • Ic megafon notice

    bitFlyerについて知りたい人

  • Ic megafon notice

    bitFlyerで仮想通貨を保有したい人

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)は日本最大級!

仮想通貨取引所CMを国内で一番最初に出したのはbitFlyer(ビットフライヤー)なのではないでしょうか。

Coincheck(コインチェック)と並んで、日本で最も認知度の高い仮想通貨販売所、及び取引所1つです。

 

bitFlyerは、ビットコイン取引量が国内最大の大手仮想通貨取引所です。

bitFlyer新たに上場した銘柄(モナコインやLISK)は大きく値を上げることもあるくらい凄い取引所なのは言うまでもありません。

 

他にもビットコインFXであるbitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング)ビットコイン決済サービスの提供ブロックチェーン技術開発なども積極的に進めており、国内でもっとも勢いがあります。

 

そこで今回は、bitFlyer概要からメリットデメリットを解説します。

その後、bitFlyer利用したい人向けに、bitFlyerの口座解説方法や使い方まで徹底的に解説していきます。

 

それでは、詳しくみていきましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

BitFlyerのここが凄い① 大手国内企業が出資

#

bitFlyer(ビットフライヤー)資金調達額も莫大です。

 

  • リクルート ストラテジック パートナーズ
  • 三菱UFJキャピタル
  • 三井住友銀行グループ
  • みずほフィナンシャルグループ
  • SBI投資
  • 三井住友海上キャピタル
  • 第一生命
  • 電通デジタル
  • GMOペイメント

 

などの日本でも名だたる大企業が出資をしています。

 

海外展開も進んでいて、アメリカEUでも仮想通貨交換サービスを開始しました。

BitFlyerのここが凄い② ブロックチェーン企業として協会を設立

bitFlyer(ビットフライヤー)が中心となって作る日本ブロックチェーン協会は、自主規制のガイドラインを作って、利用者保護セキュリティなどのルールを統一しようとしています。

 

仮想通貨が一般に普及するためには、避けては通れないルールの統一を主導的に行なっているのがbitFlyerです。

BitFlyerのここが凄い③ 大手企業と技術提携

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2016年みずほフィナンシャルグループ三井住友銀行など大手銀行や企業と業務提携して企画された、オリジナルブロックチェーンmiyabiを開発しました。

 

ブロックチェーン技術も持ち合わせているBitFlyerは、国内では一歩先を行っている印象が強いです。

 

ちなみに余談ですが、必須条件業務内容の詳細は不明なのですが、ブロックチェーン開発経験や運用経験のあるエンジニアもよく募集しています。

 

これからブロックチェーンがビジネスレベルでの運用フェーズに入れば、BitFlyerが業界を引っ張っていく存在になるかもしれません

 

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)の各種手数料

結論から言うと、他の国内取引所と比較して「オトク」な手数料には設定されていません

国内最大手の取引所でも、お得と言うわけではないようです。

 

 

BitFlyer(ビットフライヤー)売買手数料は基本的に無料です。

しかし、販売所を利用する際は、プレッドという実質的な手数料が存在するので注意が必要です。

 

スプレッドとは、売値買値のことで、各板取引で発生する市場価格から、ややBitFlyer側が有利になるように価格が設定されています。

 

BitFlyer(ビットフライヤー)の各種手数料については、下記の記事で詳しく解説しています。

参考にしてみてください。

Ic head link

合わせて読みたい参考記事

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)を利用するメリット

Ic head point

BitFlyerのメリット

  • 仮想通貨損失被害補償がある

  • 国内取引量とユーザー数が1位で安心できる

  • 世界一高いセキュリティ

  • ビットコインが無料でもらえる

BitFlyerのメリット① 仮想通貨損失被害補償がある

BitFlyer(ビットフライヤー)は、他社に先駆けて仮想通貨損失被害補償を行なっている取引所です。

保証額の詳細を紹介します。

 

<前提条件>

2段階認証設定済みであること

不正な日本円の出金が発生した場合

 

預かり資産合計が円換算で100万円以上

最大500万円

 

預かり資産合計が円換算で100万円未満

最大10万円

 

もしかしたら、ウォレットに預けるよりも安全なのかもしれません。

BitFlyerのメリット② 国内取引量とユーザー数が1位で安心できる

BitFlyer(ビットフライヤー)仮想通貨投資で初めて利用した取引所という方は多いのではないでしょうか。

 

筆者も初めは、BitFlyerBitcoin(ビットコイン・BTC)を恐る恐る買いました。

販売所取引所の違いも分からず、販売所で高い手数料を払っていたことに気づくまでには時間がかかりました。

 

ですが、やはり知名度ゆえの安定感は大きいです。

実際にセキュリティや使いやすさの面に関してもクオリティの高い取引所と言えます。

Ic head link

合わせて読みたい

BitFlyerのメリット③ 世界一高いセキュリティ

BitFlyer(ビットフライヤー)セキュリティは海外でも評価がかなり高いです。

 

2018年1月25日時点において、世界最高峰のセキュリティレベルセキュリティサービスを展開するSqreen(フランスの企業)の調査でbitFlyerが世界一のセキュリティを持つ取引所と評価されました。

bitFlyer事業における優先順位において、セキュリティと顧客資産保護を第1位として取り組んでいます。

 

コールドウォレットマルチシグネチャーは当然のこと、セキュリティ上問題のないコインのみを取り扱うなどの対策も行なっています。

いざハッキングが起きたとしても、損失補償があるのも安心です。

 

手数料が高い分、セキュリティがしっかりしているのです。

Ic head link

合わせて読みたい

BitFlyerのメリット④ ビットコインが無料でもらえる

bitFlyerでは

 

  • 楽天やYahoo!ショッピングなどで商品を購入したとき
  • 新規でクレジットカードを作ったとき
  • 無料サービスを利用してアンケートに回答したとき

 

などにビットコイン(BTC)をもらうことが出来ます

 

これはお得なサービスです。

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)を利用するデメリット

Ic head problem

BitFlyerのデメリット

  • 手数料が高い

  • サーバーが重くて注文が通らない

BitFlyerのデメリット① 手数料が高い

BitFlyer(ビットフライヤー)では、Bitcoin(ビットコイン・BTC)のみ取引所が存在し、他のアルトコインは全て販売所形式の売買です。

販売所形式では、手数料が高くなってしまうので、デメリットです。

 

また、BitFlyer仮想通貨を売買する際の取引所の取り分(スプレッド)が大きいです。

 

BitFlyerセキュリティは非常に魅力的ですが、その反面、アルトコインの売買は他の取引所の板取引で行うことをおすすめします。

特に頻繁にトレードしたい方は、BitFlyerは向いてないのかもしれません。

 

アルトコインを買うなら取引所bitbank(ビットバンク)がおすすめです。

仮想通貨取引所は、複数登録しておくのが基本です。

複数の取引所が扱えると、分散投資だけでなく、手数料やスプレッドにも柔軟に対応できます。

bitbank(ビットバンク)の無料登録はこちら
Ic head link

合わせて読みたい

BitFlyerのデメリット② サーバーが重くて注文が通らない?

BitFlyer(ビットフライヤー)サーバーはZaif(ザイフ)程ではないものの、弱いです。

 

注文殺到時注文が入らず慌てて連打した注文が後になって全て通るといった事故も起っていたようです。

 

BitFlyer短期的な取引には向いてないと言えます。

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法・口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)への登録は、基本的に画面の指示に従って簡単に登録できます

なお、20歳以上でなければ登録はできません。

 

まず、下記の書類一点を用意してください。

 

本人確認書類(下記から1点)

 

  • パスポート
  • 運転免許証(裏面に住所の記載がある場合は裏面も提出)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者または永住者のものに限る)
  • 官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付きのもの

 

こちら公式サイトでもご確認いただけます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

▽1. 上記の赤いボタンからbitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトに移動します。

メールアドレスを入力して、「アカウント作成」ボタンをクリックして下さい。

 

※Facebookアカウント等他のアカウントを利用すると、そのサイトから個人情報が洩れるリスクが発生するので、直接メールアドレスで登録することをおすすめします。

#

口座開設画面

▽2. [登録画面]が開くので、プライバシーポリシー等に同意の上、左のチェックボックス全てをチェックしたら、「bitFlyerをはじめる」をクリックして下さい。

#

登録画面

▽3. 登録したメールアドレス宛に確認用のリンクが張られたメールが届きます。

メールを開いて、メールに記載のキーワードを入力するか、登録用リンクをクリックして下さい。

 

その後、アカウント作成をクリックして、先に進んで下さい。

#

登録確認画面

▽4. ここで2段階認証を設定しておきましょう。

セキュリティ上の観点からはもちろんのこと、BitFlyerでは2段階認証の設定をしておかなければ、損害補償を受けることが出来ません

2段階認証の設定を強くおすすめします。

 

特にこだわりが無ければ、Google Authenticatorという2段階認証アプリを利用しましょう。

「認証アプリを使う」をクリックして下さい。

#

2段階認証設定

▽5.「Manage Google Authenticator」をクリックしてください。

 

ここで、スマートフォン専用のアプリ「Google Authenticator」が必要になります。

各バージョンに合わせて、アプリダウンロードしてください。

#

アプリインストール画面

アプリを利用可能な状態にしたら、アプリの右上の「+」ボタンをタップし、Scan barcodeを選択して、バーコードリーダーを立ち上げてください。

 

バーコードリーダーで画面のバーコードを読み取ると、取引所に対応した6ケタの番号が現れます。

 

数字は30秒ごとに改変します。

6ケタの確認コードを入力し、認証するをクリックして下さい。

Google Authenticatorのダウンロードはコチラ(iOS版)
Google Authenticatorのダウンロードはコチラ(Android版)

▽6. 2段階認証を行うシーンをチェックして下さい。

基本的にすべてチェックすることをおすすめします。

 

チェック後、「二段階認証を設定する」ボタンをクリックして下さい。

 

以上で2段階認証は完了です。

#

2段階認証設定チェック画面

▽7. それでは取引までの流れを説明していきます。

赤枠「まずは取引時確認の入力から始める」をクリックして下さい。

#

お取引までの流れ

▽8. 個人情報を入力してください。

 

  • 名前はこの後提出する本人確認書類と同一表記
  • 正しい住所を記入
  • 本人確認書類と異なる表記の場合、再提出を求められる可能性あり
#

個人情報入力画面

▽9. 赤枠「続けてご本人確認資料を提出する」をクリックして下さい。

#

ご本人確認資料提出へ

▽10. 本人確認書類を提出します。

 

①提出する書類を選択して下さい。

運転免許証パスポートなどから選択できます。

 

なお、20歳以上でなければ登録はできません。

まず、下記の書類一点を用意します。

本人確認書類(下記から1点)

 

  • パスポート
  • 運転免許証(裏面に住所の記載がある場合は裏面も提出)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者または永住者のものに限る)
  • 官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付きのもの

 

②画像ファイルを選択するをクリックし、提出書類の写真を選択して下さい。

ドラッグ&ドロップでも可能です。

 

③裏面があれば裏面もアップロードします。

 

④ご本人確認資料を提出するをクリックして下さい。

#

本人確認アップロード

最後に、BitFlyerから数日後にハガキが届きます。

これを受け取って、bitFlyerアカウント作成完了です。

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)での入金方法・出金方法

BitFlyer(ビットフライヤー)での入出金方法は、下記の記事でまとめています。

 

参考にして、実際に入金出金を行なってみましょう。

Ic head link

合わせて読みたい参考記事

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)の使い方・購入方法

取引所でビットコイン・BTCを板取引する方法

▽1. bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして、「ビットコイン取引所」のボタンをクリックして下さい。

#

ビットコイン取引所へ

▽2. [ビットコイン取引所の画面]が開きます。

 

まずは[ビットコイン取引所の画面]の見方から解説します。

 

左の「BUY」「SELL」というそれぞれ緑色のブロックが並んでいる枠が取引履歴です。

ここでは、bitflyerにおいてビットコインがどの価格で売買取引されていたのかを時系列順に表にしています。

 

右側の取引相場では、その時点において、ビットコイン最も安く購入した価格最も高く売却した価格を中心にして取引された6つずつの価格を羅列しています。

#

ビットコイン取引所の画面

▽3. この[相場の画面]では最適な取引価格を大まかに知ることができます。

#

相場の画面

▽4. この[相場の画面]を参考にして[購入・売却フォーム]

 

  • ビットコインの購入・売却価格
  • ビットコインの購入・売却分量

 

を設定し、ボタンを押すことで取引注文がされます。

 

取引の注文をすると

画面下の注文履歴の欄に内容が表示されます。

#

相場の画面②

取引が成立すると自分のウォレットの残高(預金残高)が変化します。

 

そこで初めて一連の購入・売却が完了します。

販売所でビットコイン・BTCを売買する方法

▽1. bitFlyer(ビットフライヤー)ログインして、「ビットコイン取引所」のボタンをクリックして下さい。

#

ビットコイン取引所へ

▽2. ビットコイン販売所で仮想通貨を購入・売却できます。

販売所は、BitFlyerが設定した値段で取引されるため、取引板がありません

 

ちなみに購入の場合は、bitflyerに限らず他の取引所でも簡単です。

 

購入してい価格の時に、数量欄に希望の取引数量を入力して「コインを売る」「コインを買う」のボタンをクリックしてください。

#

ビットコイン販売所の画面

ビットコイン販売所の画面

すると、残高が反映されて即時に購入・売却が完了します。

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー)のアプリ

BitFlyer(ビットフライヤー)ユーザー数は日本一を誇りますが、それを後押ししたのはBitFlyerのアプリだと言えます。

 

投資の初心者にとっても使いやすいデザインで、CMの効果もあってからか、新規参入者の入り口になっています。

売買に使わずとも、取引量が多いので、日本のビットコイン価格のチェックなどに利用したり、セキュリティの強いbitFlyerウォレットを利用するのもいいでしょう。

 

アプリの使い方については、下の記事でより詳しく解説しましたので、参考にしてください。

Ic head link

合わせて読みたい

FX取引所『bitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング)』とは?

bitFlyer lightning(ビットフライヤーライトニング)とは、BitFlyerが提供するFX取引所です。

Bitcoin(ビットコイン・BTC)日本円FX取引ができます。

 

bitFlyer lightningは追証が発生することがあるので、初心者はFXの知識と経験を蓄えた後に、追証なしの取引所で仮想通貨FXに挑戦してみましょう。

 

下記の記事でbitFlyer lightningについて詳しく解説しております。

是非、参考にしてください。

Ic head link

合わせて読みたい参考記事

仮想通貨取引所BitFlyer(ビットフライヤー) まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)国内最大手ということもあり、潤沢な資金力、堅実なセキュリティと取引量を強みとしています。

 

最近は行っていないようですが、過去にはFBIが押収したビットコインのオークションビットコイン共同入札も行われたことがあります。

それだけ信頼されている取引所であることは確かです。

 

初心者にとっては、使いやすいかもしれませんが、販売所の手数料(スプレッド)は高いので気を付けましょう

 

また、突然、新しい仮想通貨の取引がアナウンスされて、値段が高騰することがありますので、常に情報収集をするのが良いでしょう。

 

 

BitFlyer(ビットフライヤー)を使ってみようと思った方は下記リンクから、是非登録してみましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

関連記事

仮想通貨の買い時、売り時について解説します!やはり買い時は暴落時?|Coinwall [コインウォール]

価格変動(ボラティリティー)が激しいことで知られる仮想通貨。初心者の方などは明確な買い時や売り時があまり分からないですよね。今回はビットコインやアルトコインなどの買い時、売り時について解説していきたいと思います!

クレジットカードで仮想通貨は購入できる?購入方法、手数料など解説!|Coinwall [コインウォール]

今回はクレジットカードでの仮想通貨の購入について紹介します。現在、クレジットカードで仮想通貨を購入することはできますが、おすすめしません。そんなクレジットカードによる仮想通貨の購入ですが、購入をおすすめしない理由や購入方法など徹底解説します!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

bitFlyer(ビットフライヤー)の良くわかる使い方を解説!bitFlyer Lightningの使い方もバッチリ!

bitflyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量日本一であることが有名な仮想通貨取引所です。仮想通貨を扱うのなら使い方を知って損はない取引所…

2018/5/21

bitflyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシックを入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、イーサリアムクラシックは購入できる…

2018/6/27

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)代表取締役・加納裕三さんとは?経歴やbitFlyerについてご紹介!

国内最大規模の仮想通貨取引所 bitFlyer の代表取締役・加納裕三さんをご存知でしょうか?本記事では仮想通貨業界の第一人者の一人である加納裕三さ…

2018/6/22

bitbank(ビットバンク)の特徴、メリット・デメリット、登録方法、新サービスを解説!

bitbank(ビットバンク)はリップルなど5つのアルトコインを板で取引可能な国内取引所です。bitbank Tradeではレバレッジ20倍・追証な…

2018/5/11

GMOコインとは?特徴・メリット・デメリット・口座開設・登録方法など徹底解説!

GMOコインはGMOインターネットグループ(東証一部上場)を親会社に持ち、金融サービス提供のノウハウがあるので、セキュリティと管理制度に信頼の置ける…

2018/5/5

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を徹底解説!初心者でも分かる!

bitflyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量日本一であることが有名な仮想通貨取引所です。仮想通貨を扱うのなら使い方を知って損はない取引所…

2018/6/22

BITPoint(ビットポイント)の特徴、メリット・デメリット、手数料、口座解説方法を一挙解説!

BITPoint(ビットポイント)は株式会社ビットポイントジャパンが運営している仮想通貨取引所です。安全性が高い・ユーザビリティが高いことが特徴です…

2018/5/12