search_toggle

GMOコインの手数料について

#

取引所選びをする上で各種手数料は選択する大きなポイントですよね。

今回はGMOコインの各種手数料について詳しく解説します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

GMOコインとは?

GMOコインは、2017年の5月に運営が始まった、東証一部上場企業であるGMOインターネットの傘下にある企業です。

 

同グループにGMOクリック証券の事業から得られる金融系のノウハウを用いた、セキュリティー、サーバーの安心できる取引が可能です。

 

運営形式としては、GMOコインが直接顧客に仮想通貨を販売する「販売所」という形態をとっています。なので、ザイフ、ビットフライヤー、コインチェックなどの大手取引所と比べて初心者でも扱いやすいのが特徴です。

GMOコインの登録方法などに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

Ic head link

あわせて読みたい

GMOコインの入出金手数料

#

仮想通貨を運用する上で、入出金手数料の有無によって仮想通貨運用のハードルは大きく変わってきます。

 

GMOコインの強みとして、入出金手数料は無料です。

 

GMOコインの入出金手数料について詳しく解説していきます。

GMOコインの入金方法

即時入金

即時入金やPay-easy決済やインターネットバンキングを利用した方法で、支払い手続き後すぐにGMOコインの口座に入金が反映されます。

銀行振込

銀行振込では普段顧客が使っている、あらゆる銀行の口座から入金することができます。

GMOコインでは上記の通り、

・即時入金

・銀行振り込み

2種類の入金方法があります。

 

これからそれぞれ入金時にかかる費用を紹介します。

・即時入金

即時入金はインターネットで送金ができるので、二十四時間いつでもどこでも取引ができる便利な入金方法です。

 

対象インターネットバンクは

・楽天銀行

・住信SBIネット銀行

 

の二種類で、一回の送金につき1000円から1000万円まで対応しています。

 

インターネットバンクを利用していなくても心配いりません、Pay-easy決済という便利な機能を使えば、大手の銀行からでも即時入金が可能になります。

 

対象銀行

・みずほ銀行

・三井住友銀行

・三菱東京UFJ銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

・ゆうちょ銀行

 

入金手数料は無料で、一回の送金につき1000円から99999円までの金額に対応していますので、高額な入金をしないかぎりはPay-easyでも十分対応できるでしょう。

・銀行振込

銀行振込では普段顧客が使っている、あらゆる銀行の口座から入金することができます。

 

しかし、その場合には、お使いになっている銀行の振込手数料が必要になります。

入金額は1000円からと上限額に制限は設けていないので、一度に高額な入金を行いたいという方にはオススメです。

出金手数料

出金手数料は無料というメリットはありますが、デメリットとしては最低10000円からの出金制限があります。

 

しかし全額出金の場合は制限なく引き出すことが可能です。

小額取引でこまめに引き出したいユーザーにとっては不便な点かもしれません。

入金方法に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

Ic head link

あわせて読みたい

GMOコインの取引手数料

#

GMOコインでは、仮想通貨を売買する=取引手数料は無料となっています。

購入価格と売却価格に差があり、その差額が実質の手数料となっています。

GMOコインの販売手数料

#

仮想通貨の売買における手数料について説明していきたいと思います。

 

GMOコインは仮想通貨の取引所ではなく、販売所形式を採用しています。

仮想通貨の販売所にはスプレッドという見えない手数料が存在しています。

 

スプレッドとは一体何なのでしょうか。

 

スプレッドとは?

スプレッドとは、仮想通貨の注文板に記載されている、購入価格と売却価格の差のことです。売値の方が買い値より低くなっており、販売所が利益を上げられるような仕組みになっています。

 

GMOコインではビットコインではおよそ1から5パーセント分の差が開いています。国内では他の大手取引所と比べてもそこまで高くない値段設定となっています。

一パーセントを切るような海外の取引所に比べると割高のように感じられると思いますが、国内取引所なので非常に安心感があります。

 

GMOコインの魅力としては、リップル(Ripple)の販売が行われているのも非常に魅力的です。リップルに興味があって購入したい人には、まさにもってこいの取引所ではないでしょうか。

GMOコインの仮想通貨FX手数料

#

GMOコインでは、仮想通貨FXというビットコインを実際に購入して手に入れる現物取引に、レバレッジを効かせた信用取引が可能になります。十分に値幅の大きい仮想通貨で短期間で莫大な利益をあげることが可能になります。

 

さらにGMOコインは最大10倍という国内でもトップクラスのレバレッジを効かせることができます。リスクを十分に考慮して取り引きをすることが好ましいですね。

 

仮想通貨FXの手数料は無料ですが、レバレッジをかけた分のレバレッジ手数料が1日につき0.04パーセントかかります。

GMOコインFX、アプリ「ビットレ君」に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

Ic head link

あわせて読みたい

【まとめ】こんな人にオススメ

#

いかがでしたでしょうか。

 

GMOコインの各種手数料は、他の国内取引所よりも比較的安いことが分かりました。

 

ビットコインのみならずアルトコインも初心者に簡単・お得に取引が行え、まさにいろんな目的を持った方にも使えるような仮想通貨販売所でもあると感じます。

 

ぜひこの機会に口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

bitbank(ビットバンク)の入金から出金まで送金方法について説明します!

アルトコインが安価に手に入り、使いやすく多機能なトレードツールに定評があるbitbank(ビットバンク)について、どのようにして送金すれば良いのでし…

2018/5/14

bitFlyerの手数料を解説!各種手数料の詳細からオススメの運用方法!

今回は国内仮想通貨取引所の1つ『bitFlyer』の手数料について紹介していきます!国内最大の取引所であり、手数料が高いと噂されるbitFlyerは…

2018/5/25

BitPointの入金を解説!入金方法から特徴、手数料、評判まで!

今回は国内仮想通貨取引所の1つである「BitPoint」の入金について紹介します。まずBitPointという取引所はなんなのか、BitPointの入…

2018/5/18

仮想通貨のスプレッドとは?主な仮想通貨販売所ごとのスプレッドの比較などを紹介!

今回は仮想通貨売買のスプレッドを紹介します。スプレッドは仮想通貨を売買する時にとても重要で、意味を知らないと損するかもしれません。そんなスプレッドで…

2018/4/23

GMOコインでビットコインを入手する方法を画像付きで解説!アプリの使い勝手は?

GMOコインはGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨"販売所"です。手数料の安さやビットレ君というアプリによるビットコインFXの気軽さで人気の販…

2018/6/26

GMOコインでイーサリアムを入手する方法を画像付きで解説!アプリの使い勝手は?

GMOコインはGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨"販売所"です。手数料の安さやビットレ君というアプリによるビットコインFXの気軽さで人気の販…

2018/6/27

GMOコインでリップルを入手する方法を画像付きで解説!アプリの使い勝手は?

GMOコインはGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨"販売所"です。手数料の安さやビットレ君というアプリによるビットコインFXの気軽さで人気の販…

2018/6/27