search_toggle
Ic head point

この記事でわかること!

  • ビットコインの使い方・使い道

  • ビットコインを手に入れる方法

  • ビックカメラでビットコインを使う方法

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    ビットコインを詳しく知らない人

  • Ic megafon notice

    ビットコインの使い道に興味がある人

  • Ic megafon notice

    ビックカメラでビットコインを使う予定の人

仮想通貨ビットコインの使い方をご紹介!

#

今回は、ビットコインの使い方をご紹介します。

ビットコインの使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

どんな場面でビットコインが使えるのか、実際にどうやってビットコインの支払いをするのかなど、投資以外にもビットコインを使う方法はあります。

 

初心者の方は必見です。

 

以下、では詳しくみていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ビットコインの概要

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は世界で初めて分散型P2P(Peer to peer)ネットワークを実現したとされる仮想通貨・暗号通貨です。

分散型P2Pネットワークとは、中央機関を介さず直接個人間で取引を行う仕組みを指します。

 

ビットコインの始まりは2008年、リーマンショックなど既存の金融機関に対して世間の不信感が募っていた時期にサトシ・ナカモトと名乗る人物がネットに掲載した1つの論文でした。

「取引の第三者である仲介者による取引制限の問題」という名の論文です。

 

その論文の中にはビットコインのシステムについて書かれており、従来の国際送金におけるコストかかる時間複雑な手続き送金成功の不確実性の解決策としてブロックチェーン技術(デジタル台帳)及びビットコインの決済システムを提案しています。

その後、その論文を元に開発が始まり現在に至ります。

 

ビットコインは現在、取引量第1位を誇り、仮想通貨の取引の基軸通貨としての役割を果たしています。

他方、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれビットコインの欠点を補うようにして次々と生まれています。

また、ビットコインは発行上限が設けられているなど金に似ている側面があることからデジタルゴールドと呼ばれることもあります。

Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨ビットコインの基本的な使い方・使い道は?

#

私たちが普段使う日本円や米ドルなどの法定通貨と同じようにビットコイン仮想(暗号)の通貨として利用することができます。

 

一見、デジタル資産である仮想通貨を通貨として見なすのは難しいかもしれませんが、通貨の概念についてを考えると、ビットコインが通貨の機能を持っているという事がわかります。

 

  1. 価値の尺度としての機能
  2. 価値の交換としての機能
  3. 価値の保存としての機能

 

通貨の定義上、この3つの機能を持っているものが通貨であると考えられており、この3つの機能を持ったビットコインは十分に通貨と言えるわけです。

 

それを踏まえて上で、ビットコインにはどのような使い方があるのかを紹介していきます。

それでは、ビットコインの基本的な使い方を大きく4つに分けます。

使い方① ビットコインで決済・支払いをする

実はもう既に世界中では、ビットコインを使って通常の買い物の決済代金の支払いが可能になっています。

インターネットのECサイト(通販サイト)での決済はもちろんのこと、ビックカメラのような実店舗でも支払いができます

 

ECサイト

国内で主にあげられるのECサイトbitFlyer(ビットフライヤー)DMM Bitcoin(DMMビットコイン)です。

bitFlyerでは、ビットコインを使って、いくつかの商品amazonギフト券などを購入することができます。

DMMビットコインでは、DMM.com内の一部をビットコイン決済で行うことができます。

 

実店舗

国内の実店舗では、ビックカメラコジマなどの大型家電量販店を始め、まだまだ少ないですが飲食店やサロンなどの小さな店舗がビットコイン決済を導入しています。

※ビックカメラでのビットコインの買い方はこの記事の後述で解説します。

海外(特にアメリカやドイツ)では、ビットコイン決済の導入店舗がかなり増えてきているといわれていて、日本も2020年の東京オリンピックに向けて導入店舗の増加が期待されているようです。

 

ECサイト実店舗の他にもデビットカードとして、ビットコインで決済をすることができます。

以下の記事に詳しく書かれていますので、そちらを参考にしてください。

Ic head link

参考記事

使い方② ビットコインで国内・海外に送金する

ビットコインの大きな特徴の1つは送金ができることです。

普段使っている私たちの法定通貨(日本円や米ドル)をビットコインに変換して、国内外問わず、送金することができます。

 

従来の方法と比べるとビットコインの送金はの手数料が小さい送金手段です。

実際に国外に送金する場合、送金する金額に対して高額な手数料がかかるのですが、ビットコインは、外貨への交換が不要であり銀行を通す必要もないため、送金の手数料はほとんどかかりません。

 

したがって、ビットコイン送金をうまく使うことで、手数料を気にせず送金できるのです。

Ic head link

あわせて読みたい

使い方③ ビットコインを投資・投機する

最近のビットコインは、この投資・投機の目的としても使用されることがほとんどです。

 

2015年から2016年の1年間で、ビットコインの価格は10倍以上まで跳ね上がりました。

その後、2017年の年末にかけて約4倍近く価格が上昇し、1BTC=220万まで達しました。

 

この仮想通貨市場の動きからもわかるようにかなりの価格変動が起きていて、現在でもビットコインの価格は常に大きく変動している状態です。

 

ビットコインの値動きを予想できれば、購入した価格と売却の価格差で利益を出すことができるということです。

使い方④ ビットコインを資産として保有する

ビットコインを資産として長期的に保有することもできます。

あえて法定通貨をビットコインに替えて保有することで、資産を守る目的を果たす場合もあります。

 

ビットコインは「金」と同様の性質を持っていると言われていて、ビットコインを資産として保有することは、金を資産として保有することと似た資産管理方法だと言えます。

 

しかし実際のところは、現在の仮想通貨市場からもわかる通りビットコインに大きな損失が伴うリスクや価値が下がるリスクもあります。

ビットコインを資産として保有する場合は注意しましょう。

 

※資産としてビットコインを管理する場合は、ウォレットが必須です。

ウォレットの使い方については後述の【仮想通貨ビットコインをウォレットで保有する方法・使い方】をご覧ください。

仮想通貨ビットコインをウォレットで保有する方法・使い方

#

ウォレットとは「仮想通貨を管理する場所」です。

 

ウォレットではなく取引所で保管していると、ハッキング取引所倒産などの資産を失うリスクが生まれます。

 

ウォレットの種類には、オンラインで保管するものオフラインで保管するものなど多くの種類があります。

 

それでは、ウォレットの使い方の手順を解説していきます。

①ウォレットに入れるビットコインを購入する

ビットコインをウォレットに入れるためには、ビットコイン自体を保有する必要があります。

まずは、国内取引所でビットコインを購入しましょう。

 

1. bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)などの国内取引所に登録します。

2.登録した取引所に日本円を入金し、ビットコインを購入して下さい。

Ic head link

ビットコインの詳しい購入方法

②ウォレットでビットコインを保有する

#

ビットコインを取引所で購入したら、取引所からビットコインを移動してウォレットに保存して保有しましょう。

 

1. 保有するウォレットを選んで下さい。

Ic head link

参考記事

2.ウォレットの送金アドレスを取引所の送金ページに入力して下さい。

3. これでウォレットへの送金が完了です。

仮想通貨ビットコインをビックカメラで利用する方法・使い方

#

1. まず購入したい商品を選んで下さい。

 

2. レジに行って、店員さんにビットコインで支払うことを伝えて下さい。

 

3. 店員さんにビットコイン決済が可能なレジに案内されます。

 

4. 店員さんがビットコイン決済での注意事項を説明します。

bitFlyer(ビットフライヤー)のビットコイン決済システムのみしか使えません。

 

5. 自分のbitFlyerのビットコインウォレットで提示された商品のQRコードを読み取ってビットコインを送金して下さい。

 

6. 購入完了です。

ビックカメラ | ビットコイン

ビックカメラ.comでもbitcoin(ビットコイン)がご利用いただけるようになりました!

注意点

bitFlyerのビットコインウォレットのみ対応

これは、ビックカメラがbitFlyerのビットコイン決済システムをつかっているためです。

1回のビットコイン会計で30万円分まで

1日の上限はありません。 例えば、ビットコインで27万円分の商品を3つ買う場合、3回レジに行くことで購入できます。

ビットコインの使い方 まとめ

#

以上、ビットコインの使い道について解説しました。

 

今回は大きく分けて4つの基本的な使い方を紹介しましたが、これからもビットコインの使い方が増えていくかもしれません。

 

NEMバーなど仮想通貨をテーマとしたバーも登場しているので、今後ビットコイン等仮想通貨による支払いはより盛り上がりを見せるのではないかと思われます。

 

また、消費者目線からするとクレジットカード払いもビットコイン払いもさほど変わらないかもしれませんが、販売者側からすると実はクレジットカード決済による手数料は痛手です。

そのため、より決済手数料を抑えられるビットコイン決済に対応した店舗がこれから増えていくことで新しい決済システムが普及するでしょう。

関連記事

ビットコインの使い方は?〜投資だけじゃない様々な使い道を紹介!〜|Coinwall [コインウォール]

昨今の仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン。買ったはいいものの使い方がわからない方もいるのではないでしょうか。現在ビットコインの主な使い方は投資ですが、他にも様々な使い方があります。今回は、ビットコインの3つの使い方について詳しく見ていきます!

ビットコインのレバレッジ取引とは?仕組みについて詳しく解説!|Coinwall [コインウォール]

ビットコイン取引を行う時に知っておきたい、レバレッジ取引とは?ビットコインのレバレッジ取引と現物取引の違いや事前に知っておきたい知識、借金の拡大を防止してくれるシステムについてまで詳しく解説。それぞれの仮想通貨取引所の特徴についても説明しています!

DMM Bitcoinでビットコインを入手する方法を画像付きで解説!アプリの使い勝手は?|Coinwall [コインウォール]

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)はBTC・ETHの現物取引とアルトコインのFX取引ができる国内取引所です。手数料が無料・サポートが充実しているというメリットを持ちます。そんなDMM Bitcoinでのビットコインの買い方を画像付きで解説します!DMM Bitcoinアプリも解説

ビットコイン(Bitcoin、BTC)の手数料が安い、最安の取引所はどこ?比較して紹介!|Coinwall [コインウォール]

近年価格が高騰し、取引だけでなくビックカメラなどの店舗での決済手段や海外送金の手段としても注目をされはじめたビットコイン(Bitcoin、BTC)ですが、それらを行う際の取引手数料は取引所によって違ってきます。今回はそんなビットコインの手数料を各取引所の特徴と共にまとめました。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ビットコインが使える店舗はどこ?ビットコインで決済するメリット・デメリットまで詳しく解説!

近年成長が目覚ましいビットコインを通貨として使える店舗はどこにあるのでしょうか?今回はビットコインが使える店舗を紹介するだけでなく、ビットコインを使…

2018/6/16

ビットコインの使い道は?〜投資だけじゃない様々な使い道を紹介!〜

昨今の仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン。買ったはいいものの使い道がわからない方もいるのではないでしょうか。現在ビットコインの主な使い道は…

2018/6/5

仮想通貨と電子マネーの違いって? 両者の差をわかりやすく解説!

仮想通貨は電子的なお金です。そのため、SuicaやPasmoのような電子マネーと混同しがちです。一見似ているこの二つですが、実は全然違うものなのです…

2018/4/26

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)とは?特徴、将来性、取引所を徹底解説!

今回は、電子決済システムであるBitcoin(BTC・ビットコイン)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。Bitcoinが…

2018/3/21

ビットコインの決済ってどうやってするの?仕組みや方法など徹底解説!

ビットコインの決済とは、取引所やウォレットで保管しているビットコインを利用して、提携している店舗に直接送金することができるシステムのことです。具体的…

2018/4/29

ビットコインに消費税はかかる!? 法改正後の状況までわかりやすく解説!

普段買い物をするとき、消費税を払うのは当然ですよね。では、ビットコインなどの仮想通貨を購入するときにも消費税はかかるのでしょうか?この記事では仮想通…

2018/5/10

仮想通貨ビットコインでデビットカード決済ができる!国内の仮想通貨デビットを紹介

仮想通貨やビットコイン決済に対応している店がまだ少ない中で、デビットカードのようにビットコインで支払えたら便利ですよね。今回は、ビットコインを持って…

2018/7/17