search_toggle
Ic head point

この記事でわかること!

  • 国内仮想通貨取引所のセキュリティ面での特徴

  • 導入されているセキュリティの種類

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    どこの仮想通貨取引所で口座開設するか迷っている人

  • Ic megafon notice

    仮想通貨取引所のセキュリティについて知りたい人

仮想通貨取引所の安全性とセキュリティ対策を徹底比較!

#

今回の記事では、国内の仮想通貨取引所をセキュリティ面から比較していきたいと思います。

結論から言ってしまうと、セキュリティの高さで一番おすすめな取引所『bitbank(ビットバンク』です。

 

bitbankは以下のようなセキュリティ対策を導入しています。

 

・二段階認証

・顧客資産の分別管理

・資産のコールドウォレット保管

・マルチシグネチャ

・SSL暗号化通信

 

SSL暗号化通信に関しては、もっともセキュリティが強固とされる『EV認証』というものを導入しています。

さらに、9月30日まで取引手数料無料キャンペーンを行なっています!

 

セキュリティ面から取引所を選びたい方は、bitbankがおすすめです!

Ic head link

あわせて読みたい

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

国内仮想通貨取引所を安全性の面から比較!

#

近年、仮想通貨はかなりの盛り上がりを見せています。

2017年は「仮想通貨元年」と呼ばれ、2018年年始にはアルトコインバブルが発生して仮想通貨全体の価格が大きく上昇しました。

 

仮想通貨が盛り上がりを見せるのと同時に、取引所へのハッキングが相次いでいます。

2018年1月にもcoincheckのNEM流出事件があり、最近では6月に大手海外取引所Binanceがハッキングの被害を受けました

ですので自分の資産を守る上でもセキュリティ対策が重要になってきています。

 

今回は仮想通貨取引所のセキュリティの種類や、安全性の面でおすすめな仮想通貨取引所をご紹介したいと思います。

この記事を見てしっかりとセキュリティについてマスターし、安全性が高い取引所を選んで取引を行なっていきましょう。

仮想通貨取引所を選ぶ際に重要なセキュリティの種類

#

仮想通貨取引所を選ぶ際に必須のセキュリティについて解説します。

以下で述べるようなセキュリティが導入されている取引所は、比較的安全性の高い取引所だと言えます。

二段階認証

#

二段階認証は有名なので一度耳にしたことがある方も多いかと思われます。

 

二段階認証とは、通常のログイン時に、IDとパスワードの他にもう一つセキュリティコードによる認証を付け加えることです。

一段階(ログイン)のセキュリティに加えて二段階(コード認証)のセキュリティを組み込む、と考えると覚えやすいと思います。

 

具体的に説明すると、Google Authenticaterというアプリで10秒毎に生成されるパスワードをログイン時に入力する作業のことを指します。

この二段階認証を設定することによって、アカウントの乗っ取りなどで資産が奪われる可能性を低くすることができます。

顧客資産の分別管理

#

顧客資産の分別管理とは、自社の資産と顧客の資産を別々にして管理をするというシステムです。

これにより会社が破綻した場合や、会社の資産がハッキングされ盗まれた場合でも顧客の資産は保護することができます。

 

金融庁から『仮想通貨交換業者』として認可されている仮想通貨取引所は、顧客資産の分別管理をしています。

顧客資産の分別管理をしていない仮想通貨取引所は『業務改善命令』という形で資産の分別管理をするように警告を受けます。

実際に大手取引所bitFlyerやQUOINEXも『業務改善命令』を受けていました。

そのくらい資産の分別管理は重要なので、取引所を選ぶ際は注意しましょう。

コールドウォレット(オフライン保存)

#

コールドウォレット管理とは、インターネットから完全に切り離された場所に資産を保存することを指します。

 

インターネットに接続されていなければハッカーは資産にハッキングを仕掛けたりすることができないので非常に安心です。

マルチシグネチャ(マルチシグ)

#

マルチシグネチャ(マルチシグ対応アドレス)とは、仮想通貨の秘密鍵が一つだけではなく複数存在し、その通貨へのアクセスには1つだけではなく複数の鍵を用意する必要があることを指します。

 

マルチシグネチャを導入することによって、仮に1つの秘密鍵を盗まれた場合でもその通貨にアクセスすることは不可能です。

さらに秘密鍵はそれぞれ別々の場所で管理されているので、盗み出すのは困難です。

SSL暗号化通信

#

SSL暗号化通信とは、インターネット上での通信履歴を暗号化する技術です。

 

この技術を導入すると、データが暗号化されるため情報の漏洩を防ぐことができます。

仮想通貨取引所に限らず、一般的なセキュリティ対策に用いられています。

 

またSSL暗号化通信は通信レベルにより、

 

ドメイン認証

  ↓

企業認証

  ↓

EV認証

 

の順に3つに分けられます。

最終段階であるEV認証は、非常に厳格な基準をクリアしないと導入できないので、非常に安全性が高いです。

EV認証を導入したEV SSL証明書では緑色のバーが表示されます。

金融庁に認可されている『仮想通貨交換業者』を利用しよう

#

安全性の高い仮想通貨取引所を選ぶにあたって、金融庁に認可されている仮想通貨取引所を選ぶことは非常に重要なことです。

金融庁の認可にあたっての判断基準は、

 

・マネーロンダリングの温床になるかどうか

・経営方針がしっかりしているか

・顧客資産を分別して管理しているか

 

などです。

これらを総合的に判断して金融庁が認可します。

ですので金融庁に認可された仮想通貨交換業者は非常に安全性の高い取引所であると考えられます。

 

取引所を選ぶ際にはなるべく金融庁に認可された取引所を選ぶようにしましょう。

仮想通貨取引所の安全性とセキュリティ対策を徹底比較!

#

上記で述べた5つのセキュリティ面から、国内仮想通貨の比較をしていきたいと思います。

比較対象とした取引所は、

 

・GMOコイン

・Zaif(ザイフ)

・bitbank(ビットバンク)

・DMM Bitcoin

・QUOINEX(コインエクスチェンジ)

 

の5つの比較的有名な仮想通貨取引所です。

GMOコイン

#
二段階認証
顧客資産の分別管理
コールドウォレット保管
マルチシグネチャ
SSL暗号化通信

GMOコインは5つのセキュリティを全て兼ね備えています。

SSL暗号化通信はEV認証を導入しているので、非常に安全性が高いです。

 

またGMOコインは現物取引の他に信用取引(FX取引)にも対応しています。

さらにモバイル版、PC版ともに見やすいので初心者の方でも迷うことなく取引することができます。

 

GMOコインについての詳細、また口座開設方法を知りたい方は以下の記事で詳しく解説しているので是非ご覧下さい。

GMOコインの無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)

#
二段階認証
顧客資産の分別管理
コールドウォレット保管
マルチシグネチャ
SSL暗号化通信

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)は株式会社テックビューロが運営する取引所です。

 

資産の保管は、流動資産をホットウォレット、そのほかの資産をコールドウォレットで保管しているので安全性が高いです!

最近ではコールドウォレットの比率をさらに引き上げる取り組みを実施しているようです。

 

全額コールドウォレット管理ではないので△と表記しましたが、それ以外のセキュリティはしっかり導入されているので安心して取引することができます。

 

仮想通貨Zaif(ザイフ)についての詳細、口座開設方法は以下の記事でも詳しく説明しているので、是非ご覧ください。

 

Zaif(ザイフ)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

bitbank(ビットバンク)

#
二段階認証
顧客資産の分別管理
コールドウォレット保管
マルチシグネチャ
SSL暗号化通信

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は非常に高いセキュリティレベル(安全性)を誇っています。

 

SSL暗号化認証はGMOコインと同様にEV認証を導入しているので、より安心して取引することができます。

bitbank社の資産はホットウォレット(オンライン)で管理することもあるようですが、顧客資産に関しては全てコールドウォレットで管理しているようです。

 

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の詳細、口座開設方法については以下の記事でも詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

bitbank(ビットバンク)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

DMM Bitcoin

#
二段階認証
顧客資産の分別管理
コールドウォレット保管
マルチシグネチャ
SSL暗号化通信

DMMビットコインは、顧客資産の分別管理やマルチシグネチャなど基本的なセキュリティは全て導入していますが、資産のコールドウォレット保管に関しては何も言及されていませんでした。

ですので他の国内取引所と比較すると安全性は劣るとし、コールドウォレットだけ△としました。

 

DMMビットコインに関しての登録、また取引口座解説方法については以下の記事でも詳しく解説しているので、是非ご覧下さい。

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

#
二段階認証
顧客資産の分別管理
コールドウォレット保管
マルチシグネチャ
SSL暗号化通信

 

仮想通貨QUOINEX(コインエクスチェンジ)非常に安全性が高い取引所として有名です。

通常、取引用の資産はホットウォレット(オンラインウォレット)で保管しますが、QUOINEXでは取引用資産もコールドウォレットで管理しているので安心です。

 

ただし取引用資産をコールドウォレットで管理しているため、出入金の反映がほかの取引所と比べて遅いです。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に関しての詳細、口座開設方法について知りたい方は以下の記事でも詳しく解説していますので、是非ご覧下さい。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

仮想通貨取引所の安全性について まとめ

#

今回は仮想通貨取引所の安全性について解説しました。

いかがでしたでしょうか?

 

取引所を選ぶ際には、

 

・金融庁に『仮想通貨交換業者』として認可されているかどうか

・セキュリティレベルが高いかどうか

 

を基準として判断することをおすすめします。

資産を安全に管理してしっかり着実に資産を増やしていきましょう。

 

仮想通貨投資は余剰資金で余裕を持って行いましょう!

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

仮想通貨関連記事を以下にまとめたので是非ご覧下さい。

関連記事

仮想通貨のセキュリティを高めて安全に通貨を管理しよう!ハッキング被害にあう可能性を限りなくゼロへ!|Coinwall [コインウォール]

コインチェック取引所で580億円分のNEMが流出した事件を受け世間では仮想通貨の安全性に疑いの目がかけられています。ご自身の大事な仮想通貨を守るためには安全性を高めるしか道はありません。ここではその具体的な方法をご紹介していきます。

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?おすすめ取引所、やり方、特徴について徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは仮想通貨の信用取引のことで、レバレッジをかけることによって現物取引よりも多くの利益を生み出すことができます。今回は『仮想通貨FXとは一体何なんだ!?』という疑問を解決するために、おすすめ取引所や特徴について詳しく解説します!

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の使い方、取引方法、などを徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

BitMEX(ビットメックス)はセーシェル共和国に本社を置く海外の仮想通貨取引所です。現物取引は扱っておらず、レバレッジ取引のみなので使い方は非常にシンプルです。今回はBitMEXの使い方、取引方法、、注文(トレード)方法、テクニカル分析に必須な専門用語について解説します!

仮想通貨レバレッジを金融庁が規制!レバレッジ取引とは?取引所は?|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨レバレッジ取引(仮想通貨FX)とは、少ない資金で数倍の大きな取引を可能にする取引です。レバレッジ取引の拡大が仮想通貨市場の価格を乱高下させているようで、政府の規制も話し合われています。そんな仮想通貨レバレッジ取引とは?リスクは?レバレッジができる取引所をまとめました。

2018年最新版おすすめの草コインとその購入方法、取引所を解説!|Coinwall [コインウォール]

値動きの激しい仮想通貨投資の中でも特に一攫千金のロマンあふれる投資方法が草コイン投資です。高騰を見せる通貨の中には1年で10万倍もの価値になった通貨もあります。1000円分投資していれば1年後には一億円ですから驚きですよね。今回はそんな草コインのおすすめ銘柄とその購入方法、取引所の登録方法を解説していきます。

仮想通貨取引所手数料ランキング・一覧表!取引(売買)・日本円入出金・送金手数料を比較します|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨(暗号通貨・ビットコイン)取引所の売買手数料を徹底比較します。仮想通貨取引は人によってスタイルがあり、それぞれに合った取引所を選ぶべきです。気になるのが取引所の各種手数料ですね。本記事ではそんな各種手数料を仮想通貨取引所ごとに比較します。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

日本一と言われているGMOコイン(ジーエムオーコイン)のセキュリティについて徹底解説!

今回は、GMOコイン(ジーエムオーコイン)のセキュリティについて解説していきます!仮想通貨取引所は必ずしも安全とは言い切ることができない中で、GMO…

2018/7/2

日本国内の仮想通貨取引所について解説!さらに国内取引所のメリット・デメリットを徹底比較!

今回の記事では、日本国内の仮想通貨取引所の比較ポイントについて解説し、さらに国内取引所を徹底比較していきます!日本国内の仮想通貨取引所には色々な特色…

2018/7/31

coincheck(コインチェック)で必須のセキュリティー対策である、二段階認証について徹底解説!

今回は、coincheck(コインチェック)で必須のセキュリティー対策である、二段階認証についてみていきます。coincheckで二段階認証を設定し…

2018/6/15

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のスマホでの利用方法について解説!実はブラウザからの使用がおすすめ!

今回は仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のスマホからのおすすめ利用方法について解説します!スマホアプリをインストールして利用されている方が多いと思われ…

2018/6/27

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)における二段階認証の設定方法を詳しくご紹介します!

近年仮想通貨市場で不正アクセスの被害が話題になりますが、セキュリティ対策のために推奨されているのがbitFlyerをはじめとする取引所が用いている二…

2018/6/29

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)「のバックアップコードとは?二段階認証・バックアップコードの設定方法をご紹介?

セキュリティ対策のため取引所を利用する上で不可欠な二段階認証ですが、スマホを紛失した場合は面倒な手続きを行わなければいけません。Zaifではバックア…

2018/6/26

Loopring(ループリング、LRC)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Loopring(ループリング・LRC)は取引の安全性重視の仮想通貨です。金融の世界にもともとあった問題も視野に入れたこの通貨を手に入れるためには、…

2018/5/7