search_toggle

Zaif(ザイフ) 取り扱い通貨について

今回の記事では、Zaifの取り扱い通貨について、解説していきます。

5種類の仮想通貨と5種類のトークンについて、それぞれに詳しい説明を入れていく形で説明します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Zaif(ザイフ )とは?

Zaifは、ユーザー数が日本最大級で、絶大な人気を誇っている大手国内仮想通貨取引所です。

初心者向けのZaifコイン積立や、取引手数料の安さ(2018年7月までマイナス手数料)などを特徴としています。

 

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨①NEM

#

まず取り扱い通貨の一つ目として、NEM(ネム)を取り上げます。

 

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨①NEM 特徴

NEMは、Zaifで最も取引されているのが特徴的です。

具体的には、NEMの総取引量の約1/4を、ZaifでのJPY/XEMの取引が占めているのです。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨①NEM 将来性

NEMはコインチェックのハッキング事件を受けて価格が低迷しました。

しかし、プライベートブロックチェーンmijinの最新版であるカタパルト版の実装によって金融機関などでNEMが採用されることが予想されています。

金融機関の基盤がNEMになることは大いにあり得るので、今後価格上昇が見込まれます。

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨②Ethereum(イーサリアム)

#

取り扱い通貨の二つ目として、Ethereum(イーサリアム)を取り上げます。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨②Ethereum(イーサリアム) 特徴

Ethereumは、企業やプロジェクトがイーサリアムブロックチェーン上で独自トークンを発行してICOを行うプラットフォーム型の通貨であることが特徴的です。

Ethereumは、プラットフォーム型の通貨として圧倒的な存在感を放っています。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨②Ethereum(イーサリアム) 将来性

Ethereumは、今後価格が上昇する可能性が高いです。理由としては、

・プラットフォーム型の通貨として社会に浸透していくこと

・ビットコインの影響力と引き換えに、基軸通貨としての存在感が高まっていくこと

が挙げられます。

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨③Bitcoin(ビットコイン)

#

取り扱い通貨の三つ目として、Bitcoin(ビットコイン)を取り上げます。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨③Bitcoin(ビットコイン) 特徴

ビットコインは、仮想通貨第一号で、知名度が非常に高い仮想通貨です。

時価総額が常に1位でキープしているという特徴があります。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨③Bitcoin(ビットコイン) 将来性

Bitcoinに仮想通貨以外の機能を付け加えるプロジェクトも盛んで、まだ伸びしろはありそうです。

しかしながら、Ethereumなどの台頭によって、ビットコインが影響力を失っていく可能性は高いです。

この点で、Bitcoinは今後、チャレンジングな銘柄となっていくと予想されます。

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨④Monacoin(モナコイン )

#

取り扱い通貨の四つめとしてMonacoinを取り上げます。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨④Monacoin(モナコイン ) 特徴

モナコイン は、日本生まれの仮想通貨です。

ライトコインの技術をベースにしていて、2ちゃんねらーを中心とした日本国内の根強いコミュニティーによって価値が下支えされている点が特徴的です。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨④Monacoin(モナコイン ) 将来性

モナコインはコミュニティーが非常に活発なので、この強いコミュニティーによって新たな面白い技術が実装されて、モナコインが発展する可能性が高いです。

モナコインは今後の展開が見逃せないです。

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨⑤ビットコインキャッシュ

#

取り扱い通貨の五つ目として、ビットコインキャッシュを取り上げます。

zaif(ザイフ)の取り扱い通貨⑤ビットコインキャッシュ 特徴

ビットコインキャッシュは、ビットコインから派生した仮想通貨です。

ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために作られたという特徴があります。

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨⑤ビットコインキャッシュ 将来性

ビットコインキャッシュはビットコインに代わる存在になる可能性を秘めています

理由としては、

・ビットコイン決済サービスBitpayでビットコインキャッシュが採用されたこと

・香港の取引所で基軸通貨として採用されたこと

が挙げられます。

Ic head link

あわせて読みたい

Zaif(ザイフ)のトークンについて

Zaifではトークンの扱いが非常に豊富です。

以下ではZaifのトークンについて説明していきます。

Zaifのトークンの特徴と将来性

#

Zaifトークンは、運営元のテックビューロの成長に伴って値動きがおこる銘柄といえます。

実際、テックビューロのCOMSAでICO開始の発表を受けてzaifトークンの価格は急騰しました。

仮想通貨は予想外の動きをする一方で、Zaifトークンは比較的ファンダメンタル分析がしやすいです。今後、NEMのカタパルト実装や mijinの普及によってどのような値動きがあるか非常に楽しみです。

カウンターパーティートークンの特徴と将来性

#

カウンターパーティーは、Zaifで扱われているトークン全ての生みの親で、ビットコインに独自通貨発行機能を持たせるものとなっています。

カウンターパーティートークンは、今後新たなトークンがこのカウンターパーティープロトコルを利用して生み出されるほど、価値が高まっていくと考えられます。

このようなカウンターパーティーの性質から、Zaifで扱われるトークンの中で最も将来性が楽しみな銘柄です。

Ic head link

あわせて読みたい

フィスココインの特徴と将来性

#

フィスココインは、金融情報配信サービスを提供するフィスコ株式会社という上場企業が発行した通貨です。

上場企業が発行しているため信頼感があります。

信頼度の高さによって、価格が非常に安定しています。比較的安心して運用できる銘柄といえるでしょう。

ぺぺキャッシュの特徴と将来性

#

ぺぺキャッシュはカードの売買を目的に生み出された通貨のことをいいます。

ぺぺという、アメリカの人気キャラクターを模したカードをトークン化させてブロックチェーン上で取引するのですが、技術的な革新もなく一種のギャグコインといえます。

モナコイン が技術的な革新がなくても急騰知多ことを考えると、ぺぺキャッシュも急騰する可能性はあります。しかし、ほとんどそのような可能性はないと考えるのが妥当でしょう。

Ic head link

あわせて読みたい

CAICAコインの特徴と将来性

#

CAICAコインは株式会社カイカが株主に仮想通貨を体験してもらおうという目的で発行した通貨です。

現状、具体的なビジョンや使い道は提示されていません。

短期的な変動差益を狙って投資するのは良いかsもしれませんが、あまり期待できなさそうです。

storjの特徴と将来性

#

Storjは、分散型のクラウドストレージのプラットフォームです。

安全なデータ管理と速い通信速度、料金の安さが利点としてあり、今後クラウドサービスの中心となっていく可能性が高いです。

価格変動が非常に激しいので、ハイリスクハイリターンな投資銘柄といえます。

Zaif(ザイフ ) 取り扱い通貨 まとめ

#

今回は、Zaifの取り扱い通貨について、個別にみてきました。

Zaifでは、リップルが取り扱われていない点には注意しましょう

どの銘柄を選ぶべきか迷っている場合、今回の記事を参考にしてください。

運営会社: テックビューロ株式会社
資本金: 8億3013万円
事業者登録:

Img radar chart zaif

    取り扱い通貨豊富で、Zaifトークンや積立投資が魅力的な人気取引所

  • Ic check exchange point

    現物売買マイナス手数料

  • Ic check exchange point

    信用取引時の追証不要

  • Ic check exchange point

    仮想通貨積立投資ができる

-基軸通貨数(15種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto xemXEM Thumb crypto monaMONA Thumb crypto ethETH Thumb crypto bchBCH XCP ERC20 Mosaic BCY ZAIF SJCX FSCC CICC PEPE JPYZ
-手数料-
btc売上販売料(販売所) -0.01%
btc売上販売料(取引所) -0.01%
アルトコイン売買手数料 -0.01~0.3%
最低入出金額 最低入金額: ¥500円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥486~594円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥350~756円
-詳細-
取引ツール Trading View
最大レバレッジ 25倍
入金方法 銀行振込コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨PEPECASH(ペペキャッシュ・PEPE)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

今回の記事ではZaifでも取り扱われており海外版モナーコインともいわれるトークンであるペペキャッシュについてご紹介します。ペペキャッシュはレアペペと…

2018/5/26

仮想通貨COMSA(CMS・コムサ)の特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのはCOMSA(CMS・コムサ)です。ICOのプラットフォームを提供するという新たなタイプの仮想通貨です。COMSAはどんな機能の仮想通…

2018/3/24

仮想通貨取引所Zaifで取り扱われているアルトコイン・トークンを紹介!

Zaifは国内取引所の中でも取扱通貨(アルトコイン)が比較的多い取引所です。今回、どのようなアルトコインやトークンが取り扱われているのかを紹介してい…

2018/6/27

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の取り扱い通貨について解説!取扱通貨数や通貨の特徴は?

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の取り扱い通貨数について解説します!bitbank(ビットバンク)ではビットコインを含む6種類の仮想通貨…

2018/6/30

Zaif(ザイフ )を運営するテックビューロ株式会社社長、朝山貴生さんについて徹底的に解説します!

今回は、Zaif(ザイフ)を運営するテックビューロ株式会社社長、朝山貴生さんについてみていきます。朝山さんのプロフィール、朝山さんが運営するZaif…

2018/6/26

仮想通貨Zaifトークン(ZAIF・ザフト)とは?特徴、買い方、取引所など解説!

今回は仮想通貨Zaifトークン(ZAIF・ザフト)を紹介します。ZaifトークンはZaif取引所から発行されたトークン通貨です。ビットコインのチェー…

2018/5/27

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の取扱通貨についての特徴と今後の将来性をご紹介します!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は世界でもトップクラスのセキュリティを誇る仮想通貨取引所で、その取扱通貨も8種類と国内取引所では充実の品揃えに…

2018/7/11