search_toggle

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?

2014年に設立された仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー )は、ビットコイン取引量が日本一のビットコイン取引所です。

 

アルトコインは販売所のみの扱いですが、取引手数料の安さなども強みとなってビットコインの購入を検討される方にはオススメの取引所になります。

そんなbitFlyerでは、登録の際の本人確認が必要となっています。

どれくらいの時間がかかるのか?必要な手順は?また本人確認がうまくいかない時の対処法などについて解説していきます!

bitFlyer(ビットフライヤー)とは?さらに詳しい解説はコチラから!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設・登録の方法は?

登録方法をざっくり解説

いわゆるビットコイン口座とも言われるbitFlyerアカウントですが、

そのbitFlyerの取引口座開設方法を大まかに解説していきます。

 

①アカウント作成

まずはbitFlyerでアカウントを作成します。

Googleアカウントでログインすることでセキュリティ管理を一括で行うことができるので便利です。

 

②携帯電話認証

携帯電話番号を入力することで、確認コードがショートメールで送られてきます。

確認コードを入力しましょう。

 

③個人情報入力

氏名などの本人情報を入力します。

後々、身分証を提示する時に照合されることになるので、正確に入力しましょう。

 

④銀行口座情報入力

銀行口座の情報を入力します。

bitFlyerで確認作業が行われるので、完了するまで待機しましょう。

 

⑤本人確認資料提出

本人確認に使う身分証明書の候補がいくつかあるので、提出できるものを選択。

ちなみに「提出」とは写真を撮ってアップロードすることです。

 

⑥ハガキ受取

ネットでの登録が完了したら、bitFlyerから書留郵便でハガキが届きます。

ここで受け取り損ねると、再登録となる可能性がありますので忘れないようにしましょう。

IDセルフィーとは?

bitFlyerでは本人確認のため、身分証と自分の顔を一緒に撮るIDセルフィーの提出を要求されます。

いわゆるセルフィー(=自撮り)ですね。

身分証に記載されている内容と自分の顔がはっきりと映るようにしましょう。

本人確認には不十分と判断されてしまうと、bitFlyerから再提出を要求する連絡がくることもあるようなので、注意を払っていきたいところです。

本人確認に必要な身分証明書とは?

先ほどの⑤の段階で本人確認のための身分証明書を

「提出」=写真を撮ってアップロード

する必要があると説明しました。

以下に示すような身分証明書の中から、提出できるものを選ぶことができます。

では、どんなものがあるか一つずつ見ていきましょう!

(※日本国籍・外国籍は不問ですが、日本在住の方に限っての条件となります!)

①運転免許証

#

まずは運転免許証です。必ず両面の写真を撮りましょう。

住所や生年月日が鮮明に写っており、有効期限が切れていないことを確認しましょう。

②パスポート(日本国の発行)

#

日本国発行のパスポートです。

顔写真の載っているページ・所持人記入欄(住所記載)のページの2ページを提出します。

③個人番号カード

#

個人番号カード、いわゆるマイナンバーです。

こちらは表面のみ、ただし顔写真が載っていることが本人確認できるために必要です。

④住民基本台帳カード

#

住民基本台帳カードです。

顔写真が載っている両面のアップロードが必要です。

⑤各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)

#

いわゆる健康保険証です。

住所記載が必要なため両面をアップロードします。

⑥その他

その他にも提出できる身分証明書には以下のようなものがあります。

・各種健康保険証(紙型健康保険証)

・各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)

・各種福祉手帳

・印鑑登録証明書

・住民票の写し

・在留カード

・特別永住者証明書

 

また、法人の方の場合は登記事項証明書の提出が可能です。

それぞれの身分証明書で「両面かどうか・顔写真が必要か・期限はどうか」など条件が異なりますのでコチラの公式ページからご確認ください。

※未成年者の登録の場合

ちなみに、未成年者が登録する場合には、

保護者の承諾書

本人確認資料のコピー(保護者の方とご本人の顔写真が確認できることが必要)

の2点が必要となっており、bitFlyer宛てに書類を郵送する必要があります。

coincheck(コインチェック)がネット上のアップロードで済むのに対し、少し手間がかかるかもしれませんね。

本人確認に必要な時間は?

トレードクラスへのアップグレード

この本人確認の作業にかかる時間ですが、

bitFlyerの混雑状況が影響する

土日を挟むと遅くなる

といった傾向にあるようです。

ただし、早くて登録した翌日にはbitFlyerからリアクションがあると言う声が多いようなので、あまりに長く待つ場合は、不備があった可能性を考えてもいいかもしれません。

また書留郵便でハガキが届くまで、さらに3日ほどかかると言われていますので、全体で1週間は想定しておいた方がいいかもしれません。

 

登録が完了した際にはアカウントクラスと呼ばれるアカウント情報が「ウォレットクラス」から「トレードクラス」に変更され、そのアップグレードの旨がbitFlyerから連絡されます。

bitFlyerからの連絡を待つ間に2段階認証の設定など済ませてしまうのも手ですね。

銀行口座の承認にかかる時間

また銀行口座の承認にかかる時間は、さらに長く本人確認が登録した2~3日後になるようです。

ただし、銀行口座の承認が済んでいない段階で

bitflyerから銀行口座への出金はできない
bitflyerへの入金・取引はできる

という状態になっているので、銀行口座の承認に時間がかかっても取引に関してできることは多いかと思われます。

bitFlyer(ビットフライヤー)への登録が完了したらパスワード変更がオススメ

bitFlyerの最初の登録画面ではランダムなパスワードが提供されるため、自分の使いやすいパスワードへ変更することをオススメします。

この時に、

他人から推測されやすいパスワード

他のアカウントでも使用しているパスワード

を使うのはNG行為です。

思わぬところからパスワードが漏れないためにも、推測しにくいオリジナルのものを使用し、しっかりとバックアップをとっておくことが不可欠です!

本人確認できない時は? 〜原因と対策〜

「本人確認ができない」という時には、以下のことを確認してみましょう。

 

パスワードを間違えて入力している

→何度も違うパスワードを入力してしまうと凍結の可能性もあるので要注意です。

 

身分証明書の条件を見たしていない

→「両面なのか・顔写真がいるのか」など、条件を満たしていないと承認されない可能性があります。

 

アップロードされた内容が不明瞭

→身分証明書の写真や顔写真をアップロードしても、文字が見えにくい・顔が見えにくいなどの理由で承認されない可能性があります。はっきりと見えるように撮りましょう。

また個人情報として入力した登録情報が身分証明書の内容と異なると、承認とはならないので、転居などで変更点があった場合は要注意です。

 

biyFlyerとの連絡は要チェック

登録完了の際にbitFlyerから通知が来るようになっています。また、不自然なアカウントの動きに対し電話で取引目的の確認を取るという事例もあったようです。

連絡に気づかなかった・ハガキを受け取っていないなどの理由で再登録とならないよう要注意です。

 

いずれにしても、「人の目で本人確認をする」というプロセスを考えると多少の時間や手間はかかるものです。些細なことで不備と判断されてしまわないよう、細心の注意を払っていきたいですね!

まとめ

ここまでbitFlyerの本人確認について解説してきました。

身分証明書をチェックして承認をしていることを考えると、3日〜1週間の完了は早いのかもしれません。

アカウント登録の際には、注意事項をしっかりと確認した上で行ってください!

運営会社: 株式会社bitFlyer
資本金: 41 億 238 万円
事業者登録:

Img radar chart bitflyer

    仮想通貨取引量・ユーザー数国内NO.1!

  • Ic check exchange point

    最大15倍の高レバレッジ取引が可能

  • Ic check exchange point

    FX売買手数料無料

  • Ic check exchange point

    資本金額、国内取引所最大

-基軸通貨数(7種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH Thumb crypto etcETC Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto bchBCH Thumb crypto monaMONA LSK
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 0.01~0.15%
アルトコイン売買手数料 0~0.2%
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥324円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥216~756円
-詳細-
取引ツール bitFlyerLightning
最大レバレッジ 15倍
入金方法 銀行振込クイック入金コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.00000001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

GMOコインの本人確認には時間がかかる?本人確認の方法、提出書類の注意点などを解説

GMOコインは本人確認には時間がかかると言われていますが、実際はどれくらいかかるのでしょうか。また、本人確認の書類には、顔写真付き身分証明書は必要な…

2018/7/7

2017年4月からcoincheck(コインチェック)での取引に必要となった本人確認について徹底解説!

今回は、2017年4月からcoincheck(コインチェック)での取引に必要となった本人確認について解説します。coincheck(コインチェック)…

2018/7/10

BITPOINTの本人確認にかかる日数は?口座登録の方法から本人確認用書類の注意点までを徹底解説!

国内で唯一、上場企業の子会社として高い信頼度を誇るBITPOINT。新規に口座を開設したいという方も多いでしょう。BITPOINTの口座開設では本人…

2018/7/16

Zaif(ザイフ)での本人確認について、本人確認方法や本人確認にかかる時間などを徹底解説!

今回は、Zaif(ザイフ)の本人確認についてみていきます。Zaif(ザイフ)での本人確認方法や本人確認にかかる時間、Zaif(ザイフ)で本人確認に時…

2018/6/26

QUOINEXの登録方法は?口座開設をする手順・注意点からQUOINEXに登録するメリットまでを徹底解説!

レバレッジが最大25倍までかけられることで人気のQUOINEX。新規に登録したいという方も多いことでしょう。しかし、登録時の注意点を見落としてしまう…

2018/7/17

DMM Bitcoinの本人確認には時間がかかる?本人確認の方法、提出書類の注意点などを解説!

取引手数料無料、DMM.comが運営ということで人気のあるDMM Bitcoinですが、口座開設時の本人確認にはどれくらいの時間がかかるのでしょうか…

2018/7/16

QUOINEXの本人確認は1か月以上かかる?本人確認までの手順と注意点を詳しく解説!

QUOINEXはQASHを取引できる唯一の国内取引所として人気が高いですが、現在、本人確認にかなりの時間がかかると言われています。これは本当なのでし…

2018/7/9