search_toggle
Ic head point

この記事でわかること!

  • Binance(バイナンス)についての概要・特徴

  • Binance(バイナンス)の評判

この記事を読むのがオススメな人

  • Ic megafon notice

    Binance(バイナンス)について詳しく知りたい人

  • Ic megafon notice

    Binance(バイナンス)で口座開設したい人

『Binance(バイナンス)』とは海外仮想通貨取引所のこと!

#

Binance(バイナンス)とは、2017年7月に設立された海外の仮想通貨取引所のことです。

中国で誕生した比較的新しい取引所なのにも関わらず、今では世界で最も有名な取引所になっています。

 

Binanceは、OKcoin(オーケーコイン)という大手仮想通貨取引所の共同創設者が設立したこともあり、実はBinanceは設立当初から注目されていたという背景もあります。

 

運用会社名  Binance(バイナンス)
本社所在地 マルタ島(2018年3月24日に香港から移転)
CEO(代表取締役) Changepeng Zhao(趙長鵬)
設立日  2017年7月14日
公式サイト Binance公式サイトはコチラ

 

Binanceが独自で発行する仮想通貨『バイナンスコイン(BinanceCoin)』を用いて取引すると、取引手数料が半額になる他、取引量や取り扱い通貨数も非常に多く、チャートや取引画面も黒ベースで使いやすいデザインになっています。

 

Binance海外取引所なので、本人確認書類などを提示することなく即座に取引開始することができますが、出金金額などに制限かけられています。

制限を解除して取引をしたい場合は、パスポートなどの身分証明書を運営に送信する必要があります。

Binanceでの口座開設方法などについては、以下の記事で詳しく解説しています。

是非、参考にして登録してみてください。

 

登録は数分でできる、非常にシンプルな手続きです。

海外仮想通貨取引所を利用したいと考えている場合は、Binance(バイナンス)に登録しておくと良いかもしれません。

Ic head link

あわせて読みたい

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のメリット・デメリットとは?

Ic head point

Binance(バイナンス)のメリット

  • 取り扱い銘柄が多い

  • Binanceの独自トークン『BNB』を運用できる

  • 手数料がとにかく安い

  • Bitcoinのハードフォークコインがもらえる

  • 上場コインを決めるユーザーの投票がある

  • ユーザ数が圧倒的で流動性が非常に高い

Ic head problem

Binance(バイナンス)のデメリット

  • 日本円が入金できない

  • 完全日本語対応ではない

  • アプリは全て英語

  • 閉鎖のリスクがある

#

Binanceのメリット① 取り扱い銘柄が多い

Binance(バイナンス)は世界最大の取引所と聞いて頷けるくらいに、仮想通貨取扱種類がとにかく多いことが特徴です。

 

100種類以上の通貨を取り扱っていて、これから大きく価格が上昇するコインも多く存在しています。

草コインを狙うには最高の取引所です。

 

Bitcoin(BTC) Ethereum(EHT) Bitcoin Cash(BCH)
Ripple(XRP) Litecoin(LTC) Dash(DASH)
Ethereum Classic(ETC) Agrello(DLT) IOTA(IOTA)
Qtum(QTUM) TRON(TRX) EOS(EOS)
Verge(XVG) Adacoin(ADA) NEO(NEO)
VeChain(VEN) ICON(ICX) Stellar(XLM)
Binance coin(BNB) Cindicator(CND) Iconomi(ICN)
OpenST(OST) Hshare(HSR) Omise Go(OMG)
Bitcoin Gold(BTG) Monero(XMR) Power Ledger(POWR)
Decentraland (MANA) Request Network(REQ) Startcoin(STRAT)
Zcash(ZEC) Lisk(LSK) BitShares(BTS)
ETHLend(LEND) Centra(CTR) Salt(SALT)
Status(SNT) Comet(CMT) Waltoncoin(WTC)
GIFTO(GTO) STORJ(STORJ) ChainLink(LINK)
Monaco(MCO) 0x(ZRX) Ripio Credit Network(RCN)
Wabi(WABI) Raiden Network(RDN) Po.et(POE)
Bitquence(BQX) Aeron(ARN) Quantstamp(QSP)
GXShares(GXS) KyberNetwork (KNC) Waves(WAVES)
SONM(SNM) Ark(ARK) Ambrosus(AMB)
Enjin(ENJ) FunFair(FUN) Genesis Vision(GVT)
Komodo(KMD) BasicAttentionToken(BAT) NEO Gas(GAS)
Substratum(SUB) district0x(DNT) Etherparty(FUEL)
BitcoinDiamond(BCD) Monetha(MTH) TimeNewBank(TNB)
AdEx(ADX) YOYOW(YOYO) Enigma(ENG)
CoinDash(CDT) Metal(MTL) Loopring(LRC)
AirSwap(AST) Nuls(NULS) Zcoin(XZC)
SingularDTV(SNGLS) Everex(EVX) Viberate(VIB)
Bancor(BNT) Tierion (TNT) Digix(DGD)
OpenAnx(OAX) Populous(PPT) Free. Moeda Loyalty Points(MDA)
Modum(MOD) CreditProtocolToken(BCPT) USDT(USDT)
ælf(ELF) Aion(AION)  
 

Binanceのメリット② Binanceの独自トークン『BNB』を運用できる

Binance(バイナンス)では、独自のトークンであるBinanceCoin(バイナンスコイン・BNB)を発行しています。

バイナンスコインとは、binanceでの取引手数料を50%OFFにすることができる仮想通貨(トークン)です。

 

Binanceを開設したら、バイナンスコインを所持することで、有利に仮想通貨を運用できます。

Ic head link

あわせて読みたい

Binanceのメリット③ 手数料がとにかく安い

Binance(バイナンス)は取引手数料が0.1%であるのに加えて、【Binanceのメリット②】でも説明したBNBを手数料として支払うことで、手数料を0.05%まで抑えることができます。

 

日本国内取引所では、取引手数料が3%~で割高に感じますが、多額の取引をする場合は、Binanceへ送金して運用した方が特かもしれません。

Binanceのメリット④ Bitcoinのハードフォークコインがもらえる

Binance(バイナンス)大きなメリットとして、ビットコインを保有していれば、ビットコインがハードフォーク(分裂)した際に生まれるコインをもらうことができます。

 

ビットコインのハードフォークは下記のように5種類あります。(2018年4月)

  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • ビットコインダイヤモンド(BTD)
  • スーパービットコイン(SBTC)
  • ビットコインX(BCX)

 

BCHに関しては、一時1BCH=40万円以上の価値が付いています。

このようにビットコインを保有しているだけで、フォークコインが手に入るのは嬉しいメリットと言えます。

Binanceのメリット⑤ 上場コインを決めるユーザーの投票がある

Binance(バイナンス)では、上場させるコインを毎月1回の人気投票で決定するイベント【Community Coin of the Month】を開催しています。

 

ユーザーにとっては、自分が所有したいコインや、一攫千金を狙っているコインなどを取り扱ってもらえる可能性があるので、Binanceの大きなメリットと言えます。

投票方法はBinance公式Twitterアカウントをフォローして、リツイートして投票する方式になっています。

Binanceのメリット⑥ ユーザ数が圧倒的で流動性が非常に高い

Binance(バイナンス)はユーザー数が圧倒的に多く、通貨の流通量、すなわち流動性が非常に高いです。

 

流動性が高いということは、板取引が盛んで指値注文でも注文が通りやすくなり、安く通貨を買えるようになります。

 

Binanceのデメリット① 日本円が入金できない

Binance(バイナンス)のデメリットは、日本円入金ができないことです。

 

Binanceを利用するには

 

①国内取引所で日本円からBTCに交換する

BTCBinanceに送金する

 

といった手順を踏む必要があります。

 

海外取引所全般に言えることですが、日本円を直接入金できないということもあり、国内取引所である程度慣れてから運用するの方が良いでしょう。

Binanceのデメリット② 完全日本語対応ではない

#

日本語翻訳画面

以前はBinance(バイナンス)の日本支社があり、日本語版のページが用意されていましたが、金融庁の国内営業停止警告により、現在は廃止されています。

 

ですが、PCでは日本語翻訳機能がを活用できるので、日本語で表示することは一応可能です。

翻訳機能の欠点としては、所々の日本語が不自然な点があげられます。

Binanceのデメリット③ アプリは全て英語

PC版のBinance(バイナンス)ページからでは、日本語翻訳機能が使用できますが、スマートフォンアプリでは日本語に対応していません。

 

英語が苦手な方は、スマートフォンアプリは出先などで価格変動などをチェックする用にして、主な運用はPC版から行うようにするとスマートな運用ができます。

Binanceのデメリット④ 閉鎖のリスクがある

Binance(バイナンス)について特筆すべきデメリットは、この『閉鎖リスク』にあると言えます。

 

というのも少し前、中国では仮想通貨取引所に規制が入り、取引所を運営できない流れとなっていました。

Binanceは、規制区域外である香港を拠点に活動しており、運営することができていますが、いつ香港が規制対象になるか分かりませんでした。

 

現在は「ブロックチェーンの島」として国をあげて仮想通貨事業を推進している、マルタ島へ本拠を移しています。

これにより中国仮想通貨規制による閉鎖のリスクは、緩和されましたが中国当局の動きに注目する必要があります。

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の代表Changpeng Zhao・ジャオチャンポン氏

#
名前 Changpeng Zhao(趙長鵬、ジャオ・チャンポン)
年齢 41歳(2018年)
出身 中華人民共和国 江蘇省
出身校 マギル大学(McMcGill)
純資産 13.9億ドル(2018年) 

Changpeng Zhao氏は、Binance(バイナンス)のCEOであり、OKcoinの元CTO(最高技術責任者)でした。

トップレベルのブロックチェーン開発者であり、暗号通貨業界でも最先端を走っています。

 

そんなChangpeng Zhao氏は、仮想通貨取引所のオーナーであるだけに、世界仮想通貨長者ランキングで3位にランクインしました。

Binance設立の3年前2014年Changpeng Zhao氏は、『上海の家を手放して財産を全てビットコインに交換した』とも言われています。

 

ちなみにChangpeng Zhao氏は、車や贅沢も好まないそうです。

Changpeng Zhao氏の経歴

#

1977年、江蘇省で生まれたChangpeng Zhao氏は2人とも教師である両親を持っていました。

1980年後半にはカナダのバンクーバーに移り住み、10代の頃から家計を助けるために夜勤で働き出しています。

 

その後、マギル大学でコンピューターサイエンスを学び、ソフトウェアを扱う企業に勤務しました。

27歳で各国のチームのマネージャー職に昇進したChangpeng Zhao氏2005年に退職し、高速取引システムを提供するサービスの設立パートナーを務めました。

 

2013年、仮想通貨の存在を知ったChangpeng Zhao氏は、コインウォレットを提供する「Blockchain.info」の社員として参加し、開発部門の主任となりました。

中国仮想通貨取引所の「OKCoin」にもCTOとして勤務し、仮想通貨業界にどんどん入り込んでいきました。

 

2017年7月Changpeng Zhao氏は現在世界トップシェアを誇るBinance(バイナンス)を設立しました。

Binanceは設立から6ヶ月で220億円を売り上げ、取り扱い通貨は200種類にものぼる取引所までに成長しました。

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)で上場コインを決めよう!『Community Coin per Month』とは

#

Binance(バイナンス)には「Community Coin per Month」というイベントがあります。

このイベントは月に1度開催されて、投票(vote)によってBinanceに上場させるコインを決定するというものです。

 

このイベントはこれまでに6回開催されており、そのBinanceのイベントで名前が挙げられた新規上場候補の10種類の通貨のうち、複数の通貨がBinanceに上場を果たしています。

 

上場した通貨は取引高の増加が見込まれるため、価格が大きく上昇する可能性が大です。

Ic head link

あわせて読みたい

【2018年最新】Binance(バイナンス)のTwitterでの評判

#

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)に関するTwitterでの評判についてまとめました。

こちらの情報は2018年7月下旬の最新情報になります!

問い合わせメールに5分で返信し、つきっきりで対応してくれる海外取引所なんてそうそうありませんね。

Binanceの対応の良さが伺えます。

この方はBinanceBitMEXを推しているようですね。

 

本人確認にも時間がかかり、低レバレッジな国内取引所と比較すると、海外取引所に魅力を多く感じる方も少なくはないようですね。

 

Binanceは、西日本豪雨被災地に5000万円の寄付を行ったことが発表されています。

自国ならともかく、他国の被災地に寄付を行うの点でも素晴らしい取引所と言えます。

 

 

Ic head link

あわせて読みたい

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の今後

#

Binance(バイナンス)は一時期、閉鎖のリスクに危ぶまれていました。

 

その原因は中国の仮想通貨に対する規制です。

Binance香港(中国)を拠点としていたため、仮想通貨に対して厳しい中国政府の規制を受けやすい状態にありました。

 

現在、Binanceマルタ島に拠点を移しているので、今のところ仮想通貨への規制等の影響は受けていません。

Ic head link

あわせて読みたい

Binanceとは? まとめ

#

今回は、仮想通貨取引所Binance(バイナンス)について紹介してきました。

いかがでしたでしょうか。

 

この1年間のBinanceの成長ぶりは凄まじいもので、今後の成長にも期待できます。

唯一危ぶまれていた中国の仮想通貨への規制は、Binanceのマルタ島移転によって解消されたので、利用者の方も安心して資産運用することができます。

是非、Binanceに登録して仮想通貨を取引してみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

仮想通貨関連記事を以下にまとめたので是非ご覧下さい。

関連記事

Binance(バイナンス)の特徴,メリット・デメリット,口座開設方法を解説!|Coinwall [コインウォール]

今回は2017年に立ち上がり、創設まもなくして世界トップの取引所へと成長を遂げた香港発の取引所Binance(バイナンス)を紹介します。Binance(バイナンス)の特徴、メリット・デメリット、口座開設方法を詳しく解説していきます。

Binanceアプリの使い方指南 -登録と二次検証について-|Coinwall [コインウォール]

今回はBinanceアプリの使い方について書いていきたいと思います。現在世界No.1となった仮想通貨取引所である「Binance」です。仮想通貨に関わっている人は多かれ少なかれ必ず「Binance」に関わります。そんなBinanceのwebアプリの使い方について徹底解説します!

Binance(バイナンス)の使い方を徹底解説!登録から始めて、実際に取引をしよう!|Coinwall [コインウォール]

今回は、マルタ島に拠点を置く海外仮想通貨取引所「Binance」の使い方を紹介していきます。登録から取引が行えるところまで手順に沿って分かりやすく説明していきます!取引方法についても徹底解説していきますので、Binanceの使い方をマスターしていきましょう!

Binanceで登録するには?口座開設の手順や登録の際の注意点など徹底仮説!|Coinwall [コインウォール]

取引高1位を誇る世界最大手の取引所Binanceですが、登録するにはどのような手順があるのでしょうか?日本語対応のシステムや登録受付の制限などBinance利用にあたっての注意点とともに、本人確認や二段階認証などのプロセスについても解説していきます!

Binance(バイナンス)の投票(Vote)制度を徹底解説!特徴から結果、方法まで!|Coinwall [コインウォール]

今回は世界最大級の仮想通貨取引所『Binance(バイナンス)』の投票(Vote)について紹介します!Binanceの投票(Vote)とはどういったものなのかというところから、方法、過去の投票結果、メリット、これからの動きなどを徹底解説していきます!

初心者にも分かりやすい、新しい通貨「ビットコイン」とは何か!|Coinwall [コインウォール]

2008年に挙げられた論文から、翌年産声をあげたビットコイン。今までの通貨と比べてより機能的で便利であると世界中の人を魅了し、2017年には時価総額はなんと数十兆円を記録しています。一体ビットコインとは、そしてその機能とは何なのかわかりやすく説明していきます!

アルトコインとは何なのか?〜それぞれの特徴まで詳しく解説〜|Coinwall [コインウォール]

アルトコインとは一体何なのでしょうか。仮想通貨の大半を占めるアルトコインについて詳しく見ていきます。アルトコインとは何か、何故アルトコインが誕生したのか、アルトコインのメリットとデメリットは何か、代表的なアルトコインの一つ一つの特徴まで見ていきます。

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?おすすめ取引所、やり方、特徴について徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは仮想通貨の信用取引のことで、レバレッジをかけることによって現物取引よりも多くの利益を生み出すことができます。今回は『仮想通貨FXとは一体何なんだ!?』という疑問を解決するために、おすすめ取引所や特徴について詳しく解説します!

仮想通貨ネム(NEM・XEM)とは?仮想通貨ネム(NEM・XEM)のすべてを解説します!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨取引所コインチェック社の流出事件で盗み出されてしまったNEMとは本来はポテンシャルの高い通貨です。今回はそんなNEMについて特徴からチャート、カタパルト、取引所までNEMとは何のなのかを解説します。この記事を読み終えればNEMの全てがわかるでしょう。

【初心者向け】ブロックチェーンって何?世界一簡単に解説!|Coinwall [コインウォール]

最近ビットコインやブロックチェーンという言葉を聞くようになりました。そんな中、「ブロックチェーンって何?」「仮想通貨始めたいけど原理を少し知っておきたい」と思っている方いらっしゃると思います。そんな “エントリーユーザ”の方向けにブロックチェーンをわかりやすく解説しました!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のメリット・デメリット・口座開設方法など一挙解説!

2017年に創設してから急成長を遂げている海外の仮想通貨取引所binance(バイナンス)を紹介します。Binanceの特徴とメリット・デメリットは…

2018/4/23

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)のアフィリエイトについて解説!概要、登録方法、評判は?

今回は海外取引所Binance(バイナンス)のアフィリエイトの概要、設定方法、評判などについて解説します!Binanceアフィリエイトでは紹介者が取…

2018/6/22

Binance(バイナンス)の投票(Vote)制度を徹底解説!特徴から結果、方法まで!

今回は世界最大級の仮想通貨取引所『Binance(バイナンス)』の投票(Vote)について紹介します!Binanceの投票(Vote)とはどういった…

2018/6/4

2018年 仮想通貨Augur(オーガ)の最新ニュース!バイナンス上場しました!

Augur(オーガ・REP)の最新ニュースをお届けします。Augurはイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジ…

2018/5/14

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の使い方を徹底解説!画像付きで初心者にもわかりやすく解説!

海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)はご存知でしょうか?拠点を中国からマルタ島に変え現在も世界最大級の取引量を誇る取引所です。日本語非対応…

2018/6/8

Enigma(エニグマ/ENG)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つEnigma(エニグマ/ENG)を扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Enigma(エニグマ/ENG)を運用するにあた…

2018/5/7

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBinance Coin(バイナンスコイン/BNB)を取り扱う国内、海外取引所を紹介していきます!Binance Coin(バイ…

2018/5/9