search_toggle

海外取引所Binance(バイナンス)とは?

海外ビットコイン取引所Binance(バイナンス)は、2017年7月に設立されました。

 

しかし、わずか数ヶ月で世界トップレベルの取引所となったようにBinance(バイナンス)の成長ぶりは物凄い勢いです。

今では新しい仮想通貨がBinance(バイナンス)に上場するとほとんど価格が上がるといったように、Binance(バイナンス)影響力も非常に大きいものと分かりますね。

 

 

Binance(バイナンス)のCEO(最高経営責任者)「Changpeng "CZ" Zhao氏」は、大手取引所の1つ「OKcoin(オーケーコイン)」の元共同創設者でした。

その為、Binance(バイナンス)は設立当初から注目を浴びていたのです。

 

更に、BNB(バイナンスコイン)といったBNBトークンを用いて取引をすると取引手数料が半額になる、といった素晴らしいメリットもあります。

取引高も非常に高く、2段階認証でセキュリティも堅いことが特徴です。

 

ちなみに、本人登録後すぐに取引をすることができます。ですが、その場合には入出金制限額があり、その制限額を緩めるためには本人確認をする必要があります。

国: 香港

Img radar chart binance

    わずか数ヶ月で世界一になった中国発の取引所

  • Ic check exchange point

    BNB(バイナンスコイン)を使えば手数料が半額

  • Ic check exchange point

    BTC取引シェア世界上位

  • Ic check exchange point

    取引可能な通貨ペアが多い

-基軸通貨数(4種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH BNB USDT
-手数料-
取引手数料Maker 0.1(BNBを使えば0.05)
取引手数料Taker 0.1(BNBを使えば0.05)
出金手数料(BTC) 無料
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ ×倍
日本語対応
アプリ対応
取引形態 先物取引
2段階認証
Ic head link

あわせて読みたい

Ic head link

あわせて読みたい

それでは、早速Binance(バイナンス)の各種手数料をみていきましょう!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Binance(バイナンス)各種手数料

#
Img article item chat right

ビツ子

Binance(バイナンス)の各種手数料を確認していきましょう!

Ic head list

Binance(バイナンス)各種手数料

  • 取引手数料

  • 送金手数料(出金手数料)

Binance(バイナンス)の手数料は、この2つをおさえる必要があります。

 

取引手数料は、Binance(バイナンス)で仮想通貨取引を行うときに発生する手数料です。

 

送金手数料(出金手数料)は、Binance(バイナンス)にある自分のウォレットから別のウォレットに仮想通貨を送金するときにかかる手数料です。

 

Binance(バイナンス)のような海外取引所は、直接日本円の入出金が出来ません。その為、一度bitFlyer(ビットフライヤー)のような国内取引所で、日本円を仮想通貨に換金する必要があります。そして、その仮想通貨をBinance(バイナンス)のウォレットに送金することで初めて、私たちはBinance(バイナンス)で仮想通貨の運用をすることができるのです。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

Binance(バイナンス) 取引手数料

#

Binance(バイナンス)の取引手数料は、一律0.1%となります。

 

ビットコイン、アルトコインどちらに対しても一律であり、どれだけの量を取引しても一律です。

 

手数料が一律というのは、大きなメリットです。

やはり手数料が取引量に応じて変化すると、取引量によっては損することがあります。そpの場合は大抵、取引量が大きくなると手数料は減額されます。

そのため、小額の取引を行うにはBinance(バイナンス)は良いといえますね!

他社比較

仮想通貨取引所 ビットコイン(Bitcoin、BTC) アルトコイン
Binance(バイナンス) 0.1%* 0.1%*
Poloniex(ポロニエックス) 0.15%〜0.25% 0.15%〜0.25%
bitFlyter(ビットフライヤー) 0.01%〜0.15% 0.20%
Huobi(フオビ) 0.2% 0.2%
KuCoin(クーコイン) 0.1% 0.1%

*Binance(バイナンス)ではBNB(バイナンスコイン)を用いると手数料が半額(0.05%)になります。

この表から、Binance(バイナンス)の取引手数料は安いと言えますね。

 

0.1%でも安いと言えます。

しかしBNB(バイナンスコイン)を取引時に用いると、半額で0.05%とかなり安くなります。他の取引所でもこの安さはだせないので、Binance(バイナンス)の大きな魅力だと言えます。

Binance(バイナンス) 送金手数料

#

上記で示したように、Binance(バイナンス)は直接日本円(JPY)の入出金ができません。

ですので、我々は日本円として出金するには必ず国内取引所のウォレットに仮想通貨を送金しなくてはなりません。(Binanceに入金する場合の手数料はかかりません)

 

送金の方法としては、送金先アドレスを入力するだけなのでシンプルです。

 

 

ここでは、その送金にかかる手数料を解説していきます。

通貨名 送金手数料
Bitcoin(ビットコイン、BTC) 0.0005BTC
BNB(バイナンスコイン) 0.3BNB
Ethereum(イーサリアム、ETH) 0.01ETH
LTC(ライトコイン、LTC) 0.01LTC
NEO(ネオ) 0NEO

Quantum(クアンタム、QTUM)

0.01QTUM
EOS 0.3EOS
SNT 41SNT
BNT 1BNT
GAS 0GAS
BCC 0.001BCC

このように、取引通貨によって送金手数料は異なります。

上記の表では一部の仮想通貨を取り上げました。Binance(バイナンス)の取扱通貨の種類は多く、これ以上にあります。

残りの仮想通貨の送金手数料はこちらをご覧ください。↓送金手数料一覧画面が表示されます

Binance公式サイト 送金手数料

 

また、送金手数料は仮想通貨の価格によって頻繁に変動します。なので、適宜公式サイトを確認して情報収集に努めましょう。

他社比較

取引所 Bitcoin(ビットコイン、BTC) Ethereum(イーサリアム、ETH)
Binance(バイナンス) 0.0005BTC 0.01ETH
bitFlyer(ビットフライヤー) 0BTC 0ETH
Zaif(ザイフ) 0.001BTC 0.001ETH
Coincheck(コインチェック) 0.002BTC 0.01ETH

上記したように、送金手数料は頻繁に変動します。

ですので、一概に安いとはいえないでしょう。

表からは、Binance(バイナンス)の手数料は高いとも安いとも言えないでしょう。Bitcoin(ビットコイン、BTC)は安いですが、いつまた上がるか分かりません。

 

是非、公式サイトや仮想通貨ニュースで取り扱い通貨の手数料状況を確認しておきましょう。(Binance公式サイト 送金手数料

Ic head link

あわせて読みたい

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

Binance(バイナンス)でBNBを使うならお早めに!  〜手数料半額〜

#

Binance(バイナンス)の手数料で鍵になるのは間違いなくBNB(バイナンスコイン)です。

BNB(バイナンスコイン)を使って取引・送金を行えば、手数料が半額となってかなりお得にすることができません。利用しない以外に手はないでしょう。

 

しかし、この手数料半額キャンペーンはBinance(バイナンス)のサービス開始一年間だけです。

2年目には25%OFF、3年目には12.5%OFF、4年目には6.75%OFFと徐々に割引額は小さくなっていきます。

最終的に5年目には、割引は無くなり一律0.1%となります。是非、お早めにこのサービスの恩恵を受けとりましょう!

Biannce(バイナンス)手数料 まとめ

#

今回は、海外仮想通貨取引所Binance(バイナンス)の手数料をみてきました。

 

各種手数料とその特徴が理解できたと思います。

BNB(バイナンスコイン)手数料半額キャンペーンは、やはり今の内のかなりお得なサービスであるのでBinance(バイナンス)を利用するならおすすめします!

 

 

Binance(バイナンス)のような海外取引所の登録には、入出金で国内取引所の登録も必要となってくるのでそちらも進めていきましょう!

coinwallとしてのおすすめ国内取引所は、国内最大級の取引所「bitFlyer」です!

Binance(バイナンス)の無料登録はこちら
bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Binance Coin(バイナンスコイン/BNB)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBinance Coin(バイナンスコイン/BNB)を取り扱う国内、海外取引所を紹介していきます!Binance Coin(バイ…

2018/5/9

IOTA(アイオータ/MIOTA)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つ「iota」を取り扱っている国内、海外仮想通貨取引所を紹介します!!iotaを上手く、お得に運用するにはどの取引所が良いのか!!…

2018/5/7

Bancor(バンコール/BNT)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBancor(バンコール/BNT)を取り扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Bancor(バンコール/BNT)を上手く…

2018/5/7

AdEx(アデックス/ADX)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つAdEx(アデックス/ADX)を取り扱う国内、海外仮想通貨取引所を紹介していきます!AdEx(アデックス/ADX)を賢く、お得に…

2018/5/7

SophiaTX(/SPHTX)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つSophiaTX(/SPHTX)を扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!SophiaTX(/SPHTX)を賢く運用するに…

2018/5/7

BitShares(BTS、ビットシェアーズ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つBitShares(BTS、ビットシェアーズ)を扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!BitShares(BTS、ビット…

2018/5/7

「Cardano(カルダノ・ADA)」の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Cardano(カルダノ)とは、オンラインゲームやオンラインカジノを扱うプラットフォームであり、その主軸となる仮想通貨がADA(エイダ)です。そんな…

2018/5/7