search_toggle

国内仮想通貨取引所『Coincheck(コインチェック)』とは?

2018年6月現在、Coincheckの新規登録はできません。

会社名 コインチェック株式会社
所在地 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
公式サイトURL https://coincheck.com/ja/
代表者 勝屋敏彦
創業者 和田晃一良 , 大塚雄介 
設立日 2012/08/28
運営開始日 2014/08

 

Coincheck(コインチェック)は、2014年8月にサービスを開始した、日本で最大級のビットコイン取引所・販売所です。

チャートなどもシンプルな画面表示であるので仮想通貨の初心者にも使い易く、日本国内で最大のビットコイン取引高を誇っていました。

 

しかし、2018年1月26日の仮想通貨NEM不正流出後、世間の信頼を失ってしまったCoincheck(コインチェック)の出来高、BTC取引高は急降下してしまいました。(参考元:Bitcoin日本語情報サイト

現在(2018/06/09)は新規登録をはじめとした一部の機能が停止されていますが、元々登録していた方は利用することができます!

 

 

 

Coincheck(コインチェック)の取扱アルトコインの種類数は13種類と、国内でもトップクラスです。

 

しかし仮想通貨流出を受けて、「モネロ(Monero,XMR)オーガー(Augur,REP)ジーキャッシュ(Zcash,ZEC),ダッシュ(DASH)」の4つの仮想通貨の取扱を廃止しました。

これらの通貨は、匿名性が高い匿名通貨で、再び事件の要因になると考えられました。

廃止日は2018年6月18日です。廃止日まで該当する通貨を保持した場合には、売却されて日本円(JPY)に換金されます。

売却再開の可能性もあるので情報収集をしておきましょう!

 

 

運営会社: コインチェック株式会社
資本金: 9,200万円
事業者登録:

Img radar chart coincheck

    アルトコイン取扱数国内最多

  • Ic check exchange point

    取扱通貨が多い

  • Ic check exchange point

    スマホアプリが使いやすい

  • Ic check exchange point

    操作がとにかく簡単

-基軸通貨数(13種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH Thumb crypto etcETC LSK FCT XMR REP Thumb crypto xrpXRP ZEC Thumb crypto xemXEM Thumb crypto ltcLTC DASH Thumb crypto bchBCH
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 無料
アルトコイン売買手数料 無料
最低入出金額 最低入金額: ¥1000円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥756~1000円
日本円入金手数料
(振込入金)
無料(ドルは25USD)
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥400円(ドルは2500円)
-詳細-
取引ツール
最大レバレッジ 5倍
入金方法 銀行振込クイック入金コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
×
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
×
サポート体制 メール電話
事業者登録 ×

まずは、Coincheck(コインチェック)に関するトピックを紹介していきます。

Ic head list

Coincheck(コインチェック)特徴・トピック

  • マネックスがCoincheckを36億円で買収

  • NEM不正流出事件

  • 画期的サービス『Coincheckでんき』

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

マネックスがCoincheck(コインチェック)を36億円で買収

2018年4月6日、大手企業のマネックスグループ(Manex)はNEM不正流出により金融庁から行政処分を受けていたCoincheck(コインチェック)を買収すると発表しました。

これにより、代表取締役から和田氏と大塚氏は解任されて共に執行役人となりました。

何故、買収したのか?

“「仮想通貨は大変重要な資産クラスだ。仮想通貨全体の時価総額が50兆円まで伸びたことは無視できない。コインチェックは、仮想通貨交換ビジネスでは世界的な先駆者であり、ブランドがある。日本語、英語のみならず、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語でも報道された。過去マネックスではそんなことはなかった。コインチェックにはそれほどの知名度、ブランド、顧客基盤、技術、経営者がいる。リスクは管理できるが、ブランド価値や顧客基盤を作ることは到底できない」”

出典:http://www.itmedia.co.jp/

マネックスグループ株式会社代表執行役社長CEOの松本 大(まつもと おおき)氏は、Coincheck(コインチェック)の成長仮想通貨の将来性を高く評価している様です。

 

今回の買収により、Coincheck(コインチェック)の新体制に世界から注目が集まっています。大手企業の介入により、金融庁の仮想通貨交換業者認可を受けることができる可能性も見えてきました。

 

一度大きな失敗を経験したCoincheck(コインチェック)のこれからの成長に期待ですね!

NEM不正流出事件

2018年1月26日、Coincheck(コインチェック)のNEM(ネム、XEM)不正流出事件が発生してしまいまいした。被害額は日本円にして総額約580億円に昇ります。ニュースや巷でも大騒ぎとなりました。コインチェック側でも、補償を考慮すると大損失という結果になっています。

 

ちなみに、BTC不正流出で有名なマウントゴックス事件の被害額は約115億円であり、今回のCoincheck(コインチェック)の被害は仮想通貨史上最高額となってしまいました。

 

対象ユーザーには、自己資金よりネム(NEM、XEM)の返金が行われます。返済額は約460億円と発表されました。

 

画期的サービス『Coincheckでんき』

#

『Coincheck』でんきとは、電気代をBitcoin(ビットコイン、BTC)で支払うことができる「ビットコイン決済プラン」と、ビットコインを受け取ることができる「ビットコイン付与プラン」の2つの料金プランを持ち合わせているサービスです。

 

ビットコイン決済プラン

#

「ビットコイン決済プラン」を選択すると、電気料金を既存サービスよりも1%~7%お得にすることができます。

なお、料金の支払いはBitcoin(ビットコイン、BTC)での支払いとなります。

ビットコイン付与プラン

#

「ビットコイン付与プラン」を選択すると、ビットコイン決済プランに対して、料金の支払は既存サービスと同じで現金での支払いとなります。

電気料金の1~7%がBitcoin(ビットコイン、BTC)としてCoincheckのウォレットに毎月貯まる、還元システムになっています。

 

 

 

Coincheckでんきは従来の電気サービスよりかなりお得と言えます!現在(2018/06)は新規登録は不可能ですが、Coincheck(コインチェック)のアカウントを持っている人は是非利用してみてください!

※北陸電力、四国電力、沖縄電力は供給対象外となっています。

では、実際にCoincheck(コインチェック)に登録していきましょう!

Coincheck(コインチェック)に登録! 〜登録方法、口座開設方法〜

#
Img article item chat left

サトシ

Coincheck(コインチェック)に登録してみよう!

Img article item chat right

ビツ子

Coincheck(コインチェック)は新規登録をはじめとした一部の機能を停止しているよ!(2018/06/09)
新規登録希望者は仮想通貨ニュースや公式SNSなどで情報収集をして、新規登録サービスの再開に備えよう!

Ic head list

Coincheck 登録手順

  1. メールアドレス・パスワード設定

  2. メールアドレス認証

  3. 本人確認へ

  4. 電話番号認証

  5. 重要事項チェック

  6. 必要事項記入

  7. 身分証明画像アップロード

①メールアドレス・パスワード設定

#

赤枠の中にメールアドレスとパスワードを入力して、「アカウント作成」を選択します。

 

パスワードはメモしておくなり忘れない様にしましょう。

② メールアドレス認証

#

入力したメールアドレス宛てに確認メールが届きます。

そのメールの内容に従って、本文内のURLを押してください。

 

アカウント登録はこれで完了です。

③ 本人確認へ

#

今のままではウェブサイトの閲覧しか出来ません。

実際に仮想通貨を扱うには、本人確認書類の提出を行う必要があります。

 

手順に従って、各種重要事項を確認してください。

確認したら、本人確認書類の提出に移ります。

④ 電話番号認証

#

まず、電話番号認証を行う必要があります。SMSが受け取れる電話番号を入力し、「SMSを送信する」を選択してください。

 


その後、送られてきた6桁の数字を認証欄に入力して完了となります。

⑤ 重要事項チェック

#
 電話番号認証終了後、「日本円入金」、「クレジットカードで購入する」のどちらかを選択してください。
 
選択した後に表示されたページの「本人確認書類を提出する」を選択します。
 
すると、上記の画面が表示されます。チェックが必要な項目を確認してください。
該当するもの、又は同意するものには必ずチェックをいれましょう。
 
チェックが完了したら、赤枠の「承諾してサービスを利用する」を選択してください。

⑥ 必要事項記入

#

記入漏れと誤字脱字に気をつけましょう。

⑦ 身分証明画像アップロード

#
#

本人と本人確認書類が写っている画像を提出するには、「カメラを起動」か「ファイルを選択」のどちらかを選択します。対象の画像を選択し、アップロードしましょう。

 

 

以上で、本人確認種類の提出は完了です。

Coincheck(コインチェック)から確認のハガキを受け取るまでは、仮想通貨の運用は出来ないのでご注意ください。

Coincheck(コインチェック) 2段階認証(2FA)設定方法

#
Img article item chat left

サトシ

Coincheck(コインチェック)で2段階認証(2FA)設定しよう!

Img article item chat right

ビツ子

2段階認証(2FA)はセキュリティを高める上で非常に重要だから必ず設定しておこう!

2段階認証を設定しておくと、IDやパスワードが第三者に知られたとしても、セキュリティキーがわからないために不正ログインができなくなります。

中には、指紋や虹彩認識などで二段階認証を実施しているものもあるようです。

Ic head link

あわせて読みたい

では、実際にCoincheck(コインチェック)を利用していきましょう!

Coincheck(コインチェック) 入出金方法

#
Img article item chat left

サトシ

実際にCoincheck(コインチェック)を利用してみよう!
まずは、現金の出し入れのやり方を説明していくよ!

実際にCoincheck(コインチェック)のような仮想通貨販売所・取引所は、まず自分の手元(銀行口座)にあるお金を利用する取引所・販売所のウォレット(財布、口座)に移す必要があります。

 

Coincheck(コインチェック)には、「銀行振込」「クイック入金」「コンビニ入金」の3種類の入金方法がありますのでよくご確認ください。

Ic head link

あわせて読みたい

Coincheck(コインチェック) 取引方法・売買方法

#
Img article item chat left

サトシ

仮想通貨の板取引・売買をやっていこう!

Coincheck(コインチェック)には「取引所」、「販売所」のどちらも設置してあります。

 

両者の違いを言うと、取引所は「板を通してユーザー間で売買をする場」であり、販売所は「Coincheck(コインチェック)などの企業と売買をする場」です。

 

販売所で仮想通貨取引をしよう

① ログイン

#

まず、Coincheck公式サイトにログインしてください。

ログイン後、「ウォレット(赤枠)」を選択して「コインを買う(青枠)」を選択してください。

② コイン購入

#

売買したいビットコインの数量を入力し、購入ボタンを選択してください。

このように販売所では、とても簡単にスムーズに仮想通貨の取引を行うことができます。

 

なお、その時点で自分が保有している日本円(JPY)で買える範囲の量でないと購入はできません。

#

現在(2018/06/11)、Coincheck(コインチェック)の販売所ではBitcoin(ビットコイン、BTC)しか扱っていません。

 

適宜、情報収集をして制限が緩和された時に備えておきましょう。

 

取引履歴もこの画面上で確認することができます。

取引所で仮想通貨取引をしよう

① ログイン

#

まず、Coincheck公式サイトにログインしてください。

ログイン後、「取引所(赤枠)」を選択しましょう。

② 取引所画面表示

#

取引所画面の紹介をします。

 

 

赤枠:直近の価格

青枠:1日あたりの値動き

緑枠:24時間あたりの取引量

橙枠:取引注文画面

 

このような情報(データ)を参考にし、自分の運用に活かしましょう、

③ 取引注文

#

レート(BTC/JPY)、注文量(BTC)を誤りなく入力していきます。

 

入力したら売買を選択し、注文を確定させてください。

 

 

 

 

Coincheck(コインチェック)では通常の売買だけでなく、レバレッジ取引も扱っています。

 

その方法を見ていきましょう。

Coincheck(コインチェック) レバレッジ取引

#

Coincheck(コインチェック)では、日本円を証拠金にしてレバレッジを掛けるレバレッジ取引をすることができます。最大5倍のレバレッジです。

 

もし1万円を証拠金として入金すれば、最大5万円分の仮想通貨の取引を行えるということですね。

 

レバレッジ取引 方法

#

レバレッジ取引の方法もとてもシンプルな手順で行えます。

 

上記の画像のように、取引所の注文画面の下にレバレッジ専用の注文画面はあります。

 

証拠金をチャージすると注文画面が’表示されますので、正確に必要事項を入力して取引をおこなってください。

以上で、レバレッジ取引の方法は終わりです。

 

さて、今までは自分のウォレット内だけでの資産運用をしてきました。

次は、他の取引所のウォレット、ユーザーと仮想通貨のやり取りをする「送金」について解説していきます。

Coincheck(コインチェック) 送金方法

#

仮想通貨の「送金」には、自分が受け取る場合と自分が送る場合の2通りあります。

 

順に、両者の方法を解説していきます。

コインの受取方法

① ログイン

ログインを済ませて、メニューバーから「コインを受け取る」を選択してください。

② アドレスの作成

#

「アドレスを作成」を選択してください。
     
その後、受取アドレスやQRコード等などの受け取りに必要な項目が表示されますのでしっかり目を通しておきましょう。

③ コインの種類・タブを選択

#

受け取りたいコインの種類・タブを選択してください。

 

なお、選択したコインによって異なる説明が表示されますのでよく確認しておきましょう。

コインの送金方法

① ログイン

ログインを済ませて、メニューバーから「コインを送る」を選択してください。

② コインの種類・タブを選択

#

送金したいコインの種類・タブを選択してください。

 

なお、選択したコインによって異なる説明が表示されますのでよく確認しておきましょう。

③ 宛先の登録

#

「送金先リストの編集」から「新規宛先」、「新規ラベル」を入力してください。
     

入力したら、「追加」を選択して宛先登録完了です。

④ コイン送金

#

「宛先」から送金先を選択し、送金したい数量を入力します。

 

その後、コインごとに入力必須の項目が’ひょうじされますので必ず入力してください。

例】Ripple:宛先タグ、NEM:メッセージ、Monero:Payment ID

 

「送金する」を選択すると、送金は完了です

以上がCoincheck(コインチェック)の使い方です。

 

では、次にCoincheck(コインチェック)の各種手数料をみていきましょう。

Coincheck(コインチェック)の手数料は、他社と比べて高いのか安いのか徹底検証していきます。

Coincheck(コインチェック) 各種手数料

手数料と一概にいっても種類は沢山あります。

 

入出金手数料、振込手数料、取引手数料、送金手数料、スワップ手数料など確認しておかなければならない手数料があります。

手数料の価格は、いかにお得に運用していくかにおいてかなり重要なのでリサーチは必要です。

Ic head link

あわせて読みたい

Coincheck(コインチェック) ウォレットの使い方

ウォレットの機能は、売買した通貨を保管するための財布のようなものです。

盗まれるなどといったリスクを抑えることができます。

別の保管場所を用意して、それらのリスクを減らそういう目的がみられます。

 

 ウォレットには大きく分けて5種類あります。自分のセキュリティを高めるためにも、しっかり確認しておきましょう。

Ic head link

あわせて読みたい

Coincheck(コインチェック) アプリの使い方

Coincheck(コインチェック)には専用のアプリがあります。

 

仮想通貨取引所のアプリはブラウザと比べて非常に使いやすいです。

そのため初心者にも大変人気のサービスとなっています。

 

ぜひ、一回利用してみましょう!

Ic head link

あわせて読みたい

Coincheck(コインチェック)を徹底解説! まとめ

#

いかがだったでしょうか。

今回は、国内最大級で今話題沸騰中の「Coincheck(コインチェック)」を解説してきました。

 

初心者にもつかいやすいデザインで、今すぐ仮想通貨投資を始めるにはうってつけです。

マネックスの買収もあり、Coincheck(コインチェック)の今後の機能改善にも期待ですね!

 

 

しかし、現在(2018/06/11)は新規登録は制限されています。

今すぐ始めたい方は同じく国内最大級のbitFlyer(ビットフライヤー)などの国内取引所をおすすめします!

bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

国内取引所『Coincheck』の手数料を解説!各種手数料の詳細からおすすめの運用方法まで!

今回は、シンプルで初心者にも易しい国内最大級の仮想通貨取引所『Coincheck(コインチェック)』の手数料について解説していきます!Coinche…

2018/6/8

Coincheckのウォレットを解説!ウォレットの特徴、種類、作り方、使い方など!

今回はシンプルで初心者にも易しい国内仮想通貨取引所『Coincheck(コインチェック)』のウォレットについて解説していきます!ウォレットとはまず何…

2018/6/15

仮想通貨取引所『Coincheck(コインチェック)』の送金方法を解説!送金ができない時の対処法も!

今回は、NEM不正流出で話題沸騰中の国内取引所『Coincheck(コインチェック)』の送金について解説していきます。Coincheck(コインチェ…

2018/6/25

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)の使い方を徹底解説!登録から始めて、実際に取引をしよう!

今回は、日本の大手仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」の使い方について解説していきます。登録方法、入出金方法、送金方法、取引方法などを網羅しているの…

2018/7/4

国内取引所「Zaif(ザイフ)」のログイン方法!ログインできない時の原因と対処法も解説!

今回は、仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)のログインについて解説していきます!コイン積立とマイナス手数料で有名な国内取引所Zaif(ザイフ)。そんなZ…

2018/6/25

Coincheck(コインチェック) でNEM(ネム・XEM)を購入する方法やCoincheckを使うメリット、注意点などを解説します

2018年1月にCoincheck(コインチェック)社による仮想通貨NEM(ネム・XEM)の大量流出が話題になりましたね。そんな仮想通貨NEM(ネム…

2018/6/26

仮想通貨取引所Coincheckにログインできない場合の対処法を原因ごとにご紹介します!

シンプルで使いやすく仮想通貨初心者にも人気なCoincheckですが、ログインできないで困ってはいませんか?今回はCoincheckにログインできな…

2018/7/11