search_toggle

本記事は

「ブロックチェーンって何?」

「仮想通貨始めたいけど、その原理を少し知っておきたい」

というエントリーユーザの方向けに作成しました。

 

ブロックチェーンについて簡潔にまとめたので

是非ブロックチェーンの世界を楽しんでください。

ブロックチェーンとは?

では早速ブロックチェーンについて解説していこうと思います。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ブロックチェーンは誰もが見れる台帳

#

ブロックチェーンとは一言で言うと

「みんなで分散してデータを管理する台帳」です。

 

・取引のデータ(履歴)を「トランザクション」

・複数のトランザクションをまとめたものを「ブロック」

・ブロックが連なるように保存された状態が「ブロックチェーン」

となります。

 

先ほど”分散して管理する”と言いましたが

それは

ブロックの作成・管理がブロックチェーンを構成しているユーザのPCに保存されていること

を指しています。

 

「何がすごいの?」って思われた方いらっしゃるとは思います。

 

ブロックチェーンの本質的にすごい部分は

「特定の管理者がいない故に権限・リスクが集中しない」

ことにあります。

 

そんなブロックチェーンの凄さを本記事では”簡単に”解説していきます。

 

より詳しく全てを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!! |Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの仕組み・流れを図解

ブロックチェーンの具体的な仕組み・流れを解説します。

ハッシュ計算を用いてデータを記録する

#

ブロックチェーンでデータを記録する順序を説明します。

 

①取引が行われる(ビットコインのやり取り等・ここではAからB1BTCへの送金を表す)

 

②取引内容がブロックチェーンに参加しているユーザのネットワークに追加される

 

③ユーザが取引内容を選択しハッシュ計算を使ってブロック化する

 

④ブロック化した際に出た計算結果をユーザのネットワーク全体に公開する

 

⑤ユーザのネットワークから承認されブロックが最新のブロックチェーンとして追加される

 

ここで出てきたハッシュ計算というのは

代入でしか答えを求められない(つまり逆算不可能な)計算なのです。

膨大な計算量を有するハッシュ計算と承認システムが肝

#

後述しますがブロックチェーンのメリットとして

「データ改ざんの可能性が限りなくゼロに近い」ことが挙げられます。

 

これは

・ハッシュ計算には膨大な計算量(≒マシンパワー)が要る

・ブロック作成にはマイニング参加者の承認が必要

・今作成されているブロックは1つ前のブロックの結果から導かれている

3点に起因します。

 

つまり【今作成されているブロックを改竄する】には

 

今作成されようとしているブロックを周りより早く作成する

周りのマイナーに承認される

 

という手順が必要です。

 

【過去のデータを改竄する】にはさらに骨が折れます。

 

過去のブロックを改竄する

改竄したブロックから先のブロックを一つずつ作成して行く

過去のブロックを全て改竄した上で新しいブロックを作成する

周りのマイナーに承認される

 

膨大な量の計算を高速でこなす必要がありこれは物理的に不可能と言えます。

ブロックチェーンの特徴(メリット・デメリット)を解説

#

では次にブロックチェーンを用いることで得られるメリットとデメリットを解説します。

Ic head point

ブロックチェーンのメリット

  • データの信頼性が高い

  • 個人間取引の記録でも信頼性が生まれる

  • セキュリティが強固

Ic head problem

ブロックチェーンのデメリット

  • 取引量が増えると処理しきれない取引データが出てくる

  • ネットワーク・電気等のインフラ整備が必要

ブロックチェーンの一番のメリットは蓄積されるデータの信頼性と言えます。

故に個人間取引に第三者を挟まなくてもその記録を正確に残すことが出来ます。

 

逆にブロックチェーンの一番のデメリットは

膨大な電気量・一定のネットワーク通信速度が必要であることです。

実際マイニングによる消費電気量の膨大さは世界的な課題となっています。

ブロックチェーンの活用例

そんなブロックチェーンですがどのような分野で活用されるのでしょうか?

#
Ic head list

ブロックチェーンの活用例

  • 資産運用

  • 電子投票

  • IoT

  • 医療

  • 民泊

  • カーシェア

ブロックチェーンの可能性は上記に挙げたものをはじめ多岐にわたります。

 

今後どのような分野に活かされるか楽しみです。

まとめ

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

本記事ではブロックチェーンについて簡潔に解説致しました。

「ブロックチェーンの仕組みや可能性についてなんとなく分かった」

と思って頂ければ幸いです。

 

もしブロックチェーンに興味が湧きより深く知りたいと思った方がいらっしゃれば

是非Coinwallの他記事もご覧になってください。

関連記事

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーン・仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは?|Coinwall [コインウォール]

スマートコントラクトって何?ブロックチェーン・仮想通貨との関係は?|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンには3種類もある?パブリック・コンソーシアム・プライベートの特徴を徹底比較!|Coinwall [コインウォール]

フォーク(ブロックチェーンの分岐)とは〜ハードフォークとソフトフォークだけではない?〜|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!!

「”ブロックチェーン”。最近よく聞くけど、実際どんな仕組みなのかわからない。けど知りたい。」とお思いの方いらっしゃるのではないでしょうか?本記事では…

2018/4/24

仮想通貨の採掘・マイニングとは?方法や種類、方法を徹底解説!

仮想通貨の採掘・マイニングとは、取引記録の承認を行い報酬として新規発行されたコインを入手するプロセスを意味します。ハッシュ関数などマイニングの根本的…

2018/4/22

スケーラビリティ問題や51%攻撃などのブロックチェーン問題点を解説!

ここ最近、注目を集めている仮想通貨を支えるブロックチェーンの技術ですが、実は完璧ではありません。どのような問題点があるのでしょうか。ブロックチェーン…

2018/5/1

ブロックチェーンには3種類もある?パブリック・コンソーシアム・プライベートの特徴を徹底比較!

ブロックチェーンには実は3種類があります。一般的にはパブリックブロックチェーン、コンソーシアムブロックチェーン、プライベートブロックチェーンの3つに…

2018/4/26

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?

コンセンサスアルゴリズムとは、昨今話題のブロックチェーンを支えるデータ承認システムのことです。ブロックチェーンの特性に大きく関わる要素ですので、ブロ…

2018/4/26

ブロックチェーンとは?概要と仕組み、将来性、課題等について解説!

ブロックチェーンはビットコインに代表される仮想通貨のコア技術です。ICO(資金調達)により様々なプロジェクトが立ち上がり、ブロックチェ―ンを応用した…

2018/5/13

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!

仮想通貨やブロックチェーンの記事を見ているとよく目にする"ノード"という単語。IT用語では「ネットワーク内を点と線で表した時の点の部分」などと表現さ…

2018/5/23