search_toggle

Zaif取引所がモザイクがついたNEMの入金を許してしまった

#

コインチェック事件後モザイクというマークをNEMにつけて犯人を追跡することができていましたが、仮想通貨取引所ZaifがモザイクがついたNEMの入金を許してしまいました

どうやら、NEMにモザイクがついていないように見せかける方法でZaifに入金を許してしまったようです。

 

世界中の取引所がこのマーキングトークンがあるNEMの取引を停止して他のにもかかわらず、Zaifを含むの海外取引所でもこのようが被害が相次いでいました

 

ハッカーはなぜこのようなことができたのでしょうか。

このZaif流入事件について詳しく解説していきます。

また、この事件でNEMの値段はどのように変わったのかも見ていきましょう。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

コインチェック事件とは?

2018126日に、国内の仮想通貨取引所であるコインチェックから、時価総額580億円のアルトコインであるNEM(ネム)が不正に出金されるという事件が起きました。被害額は、仮想通貨史上最大です。

 

コインチェックは、流出発覚翌日に補償を発表しています。

 

この世界的に注目された事件によって、ネムの国内の知名度は高くなり、ネムが注目されました。

 

しかし、価格は大暴落して現在に至ります。

NEM(ネム)の詳細はコチラ
コインチェックのNEM流出事件についてはコチラ

盗まれた仮想通貨NEM(ネム)が Zaif(ザイフ)に流入した経緯は?

経緯① NEMには追跡用の「モザイク」というマークがついていた

#

財団の役職には着いていない一般の方が、nem財団が追跡システムを開発する前に犯人の財布を追跡できる状況を独自につくり、「モザイク」というマークをつけて追跡することができていました。

 

モザイク技術とは、NEMで独自のトークンを作れるというシステムを活用して、盗難マーキングトークンを作り、犯人を追跡する技術です。

 

NEMを受け取った人は、マーキングトークンの有無で、盗難NEMかどうか判別できるという仕組みになっています。

 

当然、世界中の取引所がこのマーキングトークンがあるNEMの取引を停止して、受け付けないようにしていました。

NEM(ネム)追跡の詳細はコチラ

経緯②「モザイク」追跡のNEMがZaifに流入してしまった

#

すでに書いた通り、大手仮想通貨取引所の多くは、NEM財団からの要請を受けていたので、モザイクつきの流出NEMを入金を拒否していました。

 

Zaifもこの対応をとっていましたが、モザイクがついたNEMの入金を許してしまいました。

 

  1. ダークウェブという検索には引っかからないサイト上で、犯人から流出NEMを購入することができるようになっていた
  2. そこで購入した流出NEMをCoinPaymentsというプラットフォームに送金し、CoinPaymentsからZaif取引所に入金することができてしまった

 

CoinPaymentsからZaif取引所に入金する際は、モザイクがついていないようにみせかけることができていたので、入金することができてしまったようです。

コインチェック流出NEM、「Zaif」に大量流入 8億円分超 「CoinPayments」経由でモザイク消す - ITmedia NEWS

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/05/news055.html

報道によると、3月4日までにZaifに流入した総額は、約2260万XEMだそうです。日本円にすると4日夜の日本円に金額レートで約8億円分相当となっています。

 

 

盗まれた仮想通貨NEM(ネム)が Zaif(ザイフ)に流入したその後

#

事件のその後① Zaifがコメントを発表

“弊社が運営する仮想通貨取引所「Zaif」(以下「当取引所」といいます。)へ、コインチェック社より流出したとされる仮想通貨XEM(NEM)が送金されていると、一部報道機関にて報道がされています。  弊社は、当取引所に関連して各国の捜査機関から対応を求められた場合は、犯罪の解明は勿論、我が国における仮想通貨業界の健全な発展のためにも、最大限捜査に協力するよう努めております。  ところで、本件に関する一部の報道機関による報道内容には事実と異なるものもあり、また、弊社に回答を求めるようご主張されるもの”

出典:http://www.itmedia.co.jp/

実際に流出NEMは送られていたと思われますが、事実関係には触れておらず、はっきりしていません

事件のその後② 追跡モザイクの無効化

nem財団は3月に追跡モザイクを無効化したと発表しました。

Zaifの流入だけでなく、他の方法も合わせて350億円程度のNEMが既に他の仮想通貨等に交換されてしまったので、これ以上の追跡は必要ないと判断したのでしょう。

 

モザイク追跡を行ったにもかかわらず、犯人がNEMを交換できたのは匿名性の高いダークウェブのサイトの活用やモザイクを外す手口が開発されたためだと言われています。

「法執行機関に実用的な情報を提供できた」とnem財団は発表していますが、ユーザーからは不満の声が挙がっているのが現状です。

事件のその後③ ZaifにおけるNEMの取引量が減少

5月9日から、ZaifにおけるNEMの取引量が減少しています。

NEMの24時間の取引高が大きく下落し、8日は約11億円、9日は約8億円、10日は約5.5億円 と徐々に落ちています。

ちなみに、NEMが20円台まで落ちた4月でも7億切ることはありませんでした。

 

このままいくと、大幅な価格の急落が起きるかもしれません。

 

 Zaifは、nem財団とも連携してNEMを盛り上げているだけでなく、現在国内でもっともNEMが取引されているるため、最も大打撃を受けたと言えます。

まとめ

#

ネムはテックビューロ社(Zaif)とブロックチェーンやZaifトークンで連携しているので、ZaifとNEMの関係性に要注目だと言えます。

 

Zaifへの流入は、Zaifとしても防ぐことが難しかった可能性もあります。改めて仮想通貨投資家はハッキング事件に注意しなければなりません。

関連記事

マルチシグとは? コインチェック事件、NEM流出の要因?|Coinwall [コインウォール]

コインチェック事件の原因はマルチシグの未実装にあったといわれています。マルチシグとはなんでしょうか?一見専門用語のようなわかりにくいワードですが、私たちの通貨の保管に関する重要なキーワードです。この記事では、そんなマルチシグに関して1からわかりやすく解説します。

ビットコイン(Bitcoin、BTC)の手数料が安い、最安の取引所はどこ?比較して紹介!|Coinwall [コインウォール]

近年価格が高騰し、取引だけでなくビックカメラなどの店舗での決済手段や海外送金の手段としても注目をされはじめたビットコイン(Bitcoin、BTC)ですが、それらを行う際の手数料は取引所によって違ってきます。今回はそんなビットコインの手数料を各取引所の特徴と共にまとめました。国内手数料は?販売所は?

仮想通貨NEM(ネム)の購入はZaif(ザイフ)がオススメ!その理由・購入方法を解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨NEM(ネム)を購入するにあたって、オススメの取引所はZaif(ザイフ)だと言えます。今年に入って起きたコインチェック社のNEM流出事件の影響で安全性も疑われているNEMですが、Zaif購入のメリットはどのような点なのでしょうか?今回はそんなNEMの購入方法について解説していきます。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

コインチェックからのnem盗難事件の犯人は?〜なぜ捕まらないのか〜

コインチェックからのnem盗難事件が発生してから3ヶ月以上経過しましたが未だ犯人は捕まっていません。追跡モザイクが開発したにもかかわらず、nem盗難…

2018/5/7

nem財団とはなにか?〜コインチェックのNEM流出事件から現在まで〜

仮想通貨NEMの運営会社、nem財団とはどのような組織なのか。コインチェックからのNEM流出事件に対してnem財団が取った行動や、最新の動向は?ne…

2018/4/29

コインチェック事件で流出したNEMは換金されている?犯行の結末を徹底追跡!

580奥円相当のNEMが国内取引所のコインチェックから不正に流出した事件で、犯人のハッカー集団は既にほぼ全てのNEMを他の仮想通貨などに換金したので…

2018/6/22

仮想通貨Zaifトークン(ZAIF・ザフト)とは?特徴、買い方、取引所など解説!

今回は仮想通貨Zaifトークン(ZAIF・ザフト)を紹介します。ZaifトークンはZaif取引所から発行されたトークン通貨です。ビットコインのチェー…

2018/5/27

仮想通貨NEM(XEM・ネム)の最新ニュース!コインチェック事件の手口が明らかに!

今回はNEMについての最新記事を見ながら、今後について予想します。コインチェック流出事件で価格が暴落したNEMですが、なんと事件に進展が…!その他好…

2018/5/17

仮想通貨NEM(NEM・ネム)バイナンス上場!最新ニュースもお届けします

仮想通貨NEM(ネム)は、つい最近バイナンスに上場しました。その結果価格も上昇しています。また、5月中に大型アップデートである「カタパルト」の実装を…

2018/5/14

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)でのネム購入方法を画像付きで詳しく解説します!

Zaif(ザイフ)は国内の大手仮想通貨取引所で、他の仮想通貨取引所と比較してもトップクラスに取引手数料が安く、ビットコインはもちろんのことアルトコイ…

2018/6/29