search_toggle

大塚雄介の出身地や誕生日は?

誕生日:1980年(月と日は公開されていません)

 

出身地:群馬県

 

1980年生まれなのでまだまだ若いのにコインチェックという有名な会社のCOOを務める大塚雄介氏は優秀ですね。

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

大塚雄介の学歴と職歴

出身高校

出身高校は群馬県立太田高校です。

群馬県内で有数の進学校で東京大学をはじめとする難関国立大学や早慶、MARCHなどの有名私立大学に毎年多くの卒業生を送り込んでいます。

太田高校は入学試験に受かることも難しいので大塚雄介氏も中学生の頃から優秀だったのでしょう。

出身大学

出身大学は難関私立大学である早稲田大学の理工学部です。

コインチェックを共同で創業した和田晃一良氏はAO入試で東京工業大学に合格していますが大塚雄介氏の入学方法は公開されていません。

慶應義塾大学と同様に私立大学のトップ校である早稲田大学を卒業しているのでとても優秀な学生であることがわかりますね。

 

出身大学院

早稲田大学大学院で物理学修士号を取得しています。

専攻は量子理論物理学だそうです。

仮想通貨の安全性を図る上でも量子理論の知識は必要なので今の仕事に大学院での学びが生かされているのではないでしょうか。

早稲田大学で修士課程まで終了していることから相当学問に励んだ学生生活を送っていたのではないでしょうか。

職歴

2006年に早稲田大学の大学院を卒業した後にリクルート系列の会社である株式会社ネクスウェイに入社しています。

ネクスウェイではネット広告の新規開拓の法人営業や新規事業創造プロジェクトの企画や設計、副責任者を務めていたそうです。

2012年に和田晃一良と共にレジュプレス株式会社(現Coincheck)を創業し、ビジネス提携や広報、マーケティングの仕事を請け負います。

2017年に社名がコインチェックに変わり取締役COOを勤めていました。

2018年にコインチェックマネックスグループの完全子会社になってからは執行役員に就任しています。

 

大塚雄介氏は大学卒業後、一旦就職して修行を積んでから実際に創業メンバーとして起業をするという理想的なキャリアを歩んでいますね。

#

大塚雄介の年収や資産

コインチェック社は資本金1億円の中小企業です。

資本金が1億円の会社の役員報酬は1000〜2000万円の場合が多いです。

しかし最近大きく成長している会社なのでもっと多くの役員報酬をもらっているかもしれません。

また、コインチェック社は2018年にマネックスグループによる100%子会社化を受け、大塚雄介も所持株式を全額売却しています。

マネックスグループへのコインチェック社の売却額は36億円でした。

創業メンバーである大塚雄介氏も社長の和田晃一良氏よりは持ち株率が低いかもしれませんが、かなりの株式を保有していたと考えられるので売却により数億円のキャッシュは得ているのではないでしょうか。

そのため年収は1000〜2000万円、資産は数億円と予想できます

 
#

大塚雄介の恋愛事情 結婚しているの?

大塚雄介氏は1980年生まれなので37歳か38歳です。

そのため結婚をしていてもおかしくありません。

しかし大塚雄介氏のFacebookによるとまだ結婚はしていないようです。

また女性関係の噂もありません。

仕事に没頭しているため恋愛にかける時間がないのかもしれませんね。

大塚雄介がコインチェックに創業メンバーとして参加した経緯

大塚雄介氏がコインチェック社の全身であるレジュプレス株式会社に共同創業者として参加することになったきっかけは創業者である和田晃一良氏が求人用SNSでデザイナーを募集したことです。

大塚雄介氏はデザイナーではないにも関わらずその募集に応募をして実際に二人で一緒に創業をしています。

募集している職種に自分が当てはまらないにも関わらず大塚雄介氏は「事業に必要なことであれば、何でもやれるタイプです」といって参加を決意したそうです。

また最初の1年間は会社のために無給&無休で働いたそうです。

このエピソードから大塚雄介氏は事業にかける情熱が人一倍強い方だということがわかります。

コインチェック社の前身であるレジュプレス株式会社を大塚雄介氏とともに起業した和田晃一良氏のプロフィールは以下リンクから

コインチェック元CEO和田晃一良のプロフィール

コインチェックとはどのような会社なのか

コインチェック社は仮想通貨取引所の中でアプリ利用者数ナンバーワンの大手取引所です。

交換可能な仮想通貨は13種類と日本の取引所では最多です。

お笑い芸人の出川哲朗を起用したCMや初心者で簡単に取引ができるアプリのUIのおかげで特に初心者の投資家に人気です。

2018年1月26日に460億円相当の仮想通貨NEMを流出させてしまったことで大きな話題となりました。

2018年4月よりマネックスグループの完全子会社となっており、代表取締役社長が和田晃一良氏から勝屋敏彦氏に交代しています。

コインチェックの登録方法についての詳しい説明は以下リンクから

アルトコインはおすすめコインチェック(coincheck)登録・チャート・買い方・手数料|Coinwall [コインウォール]

大塚雄介のSNS

大塚雄介氏はTwitterで主に仮想通貨やブロックチェーンに関連することやコンチェックの求人、自身のインタビュー記事のリンクなどを積極的に発信していました。

しかし仮想通貨NEMの大量流出事件が起きる直前である2018年1月25日以降はツイッターの更新が止まってしまっています。

しかし今後また以前のように仮想通貨についての有益な情報の発信を再開する可能性もあるので仮想通貨やブロックチェーン技術に感心のある方はフォローすることをおすすめします。

大塚雄介氏のTwitterは以下リンクから

YusukeOtsuka (@yusuke_56) | Twitter

大塚雄介の大人気著書 

大塚雄介氏は「いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン」という本を出版しています。

この本は初心者向けにわかりやすくビットコインなどの仮想通貨やブロックチェーン技術について書かれている本です。

表紙が黄色で存在感があり、Amazonでのレビューも評価が高く人気の書籍なのでこの本を読んだことがある方も多いのではないでしょうか。

大塚雄介さんは取引所を運営するコインチェック社で働く側、このように書籍を出版することで仮想通貨に対する敷居を下がる活動をしています

#

NEM(ネム)流出後のコインチェックと大塚雄介氏

2018年1月末に仮想通貨NEMが大量に流出をしてしまった事件の際の記者会見にて大塚雄介氏は社長の和田晃一良氏に変わって記者からの質問に対応をしていました

現在は仮想通貨NEMの流出事件の対応や、仮想通貨の取引を停止しているコインチェック社の立て直しに尽力しています。

Twitter の更新がされなくなっていることからかなりハードに働いていることが予測できます。

コインチェックは初心者にでも簡単に仮想通貨の売買が行える優良取引所だったので、1日も早い復活のために頑張っていただきたいですね。

コインチェックのNEM流出事件についての詳しい説明以下リンクから

コインチェックからのnem盗難事件の犯人は?〜なぜ捕まらないのか〜|Coinwall [コインウォール]

DJとして活躍する大塚雄介

コインチェックの執行役員や本の著者として仮想通貨の普及活動に日々尽力している大塚雄介氏ですがそんな彼にはもう1つの顔があります。

それはDJとしての大塚雄介氏です。

彼は56'sLoungeという3〜6ヶ月に1度の定期音楽イベントの主催をしており自らDJを勤めています。

大塚雄介氏は仮想通貨だけでなく音楽の道でも才能を発揮する多彩な方だということがわかります。

#

大塚雄介氏はタモリ倶楽部の常連投稿者?

コインチェックのNEM流出に伴う記者会見で仮想通貨に関心がなかった人たちへの知名度を一気に上げた大塚雄介氏ですがそんな彼に新たな噂があるとインターネットユーザーの間で話題になっているそうです。

その噂とは人気テレビ番組である「タモリ倶楽部」「空耳アワード」というコーナーの常連投稿者に大塚雄介という方がいるため話題になっていたそうです。

これについて詳しく調べるとどうやら「空耳アワード」の常連投稿者である大塚雄介さんは郵便局イラストレータをしている方だということが分かりました。

コインチェック社の執行役員である大塚雄介氏とは別人ですね。

大塚雄介氏まとめ

今回はコインチェック社の元COOであり現在は執行役員を務める大塚雄介氏について説明しました。

コインチェック社は現在NEMの不正送金による流出事件の影響で一部の仮想通貨を除き取引ができない状況です。

大塚雄介氏はコインチェック社がマネックスグループ入りした後も執行役員としてコインチェックに関わっていきます。

様々な分野で才能を発揮する大塚雄介氏にはコインチェック社が再び多くのユーザーから信頼され愛される取引所になるように頑張って欲しいですね。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Coincheck社の元社長!和田晃一良のプロフィールを詳しく紹介!

NEMの大量流出事件やマネックスグループによる買収で注目を集めている取引所「Coincheck(コインチェック)」の元社長である和田晃一良さん。そん…

2018/6/22

bitFlyer(ビットフライヤー)の社長である、加納裕三(かのうゆうぞう)さんについて、徹底的に解説!

今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の社長である、加納裕三(かのうゆうぞう)さんについて詳しくみていきます。加納さんがbitFlyer(ビッ…

2018/6/22

イケダハヤトってどんな人?有名仮想通貨ブロガーのTwitterをチェック!

仮想通貨ツイッタラーの中でもかなりのフォロワー数を持つイケダハヤトさん。ブロガーとしても活動し、社会的に影響力がある人物です。現在は高知に移住し、プ…

2018/5/15

mineCCとは一体どんな人物なのか?人物像や経歴についてご紹介します!

今回はTwitter上で話題になっているmineCC氏についてご紹介します!フォロワー数20000人越える人気ツイッタラー、またNiceHashハッ…

2018/5/15

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)代表取締役・加納裕三さんとは?経歴やbitFlyerについてご紹介!

国内最大規模の仮想通貨取引所 bitFlyer の代表取締役・加納裕三さんをご存知でしょうか?本記事では仮想通貨業界の第一人者の一人である加納裕三さ…

2018/6/22

今Twitterで話題のAkagami卍氏とは?経歴、Twitter、ブログ、ロジックを徹底分析!

フォロワー数38000人超えで現在Twitterで話題になっているAkagami卍氏。仮想通貨元年に仮想通貨トレードを初めて億り人になり、現在は自動…

2018/6/19

nem財団とはなにか?〜コインチェックのNEM流出事件から現在まで〜

仮想通貨NEMの運営会社、nem財団とはどのような組織なのか。コインチェックからのNEM流出事件に対してnem財団が取った行動や、最新の動向は?ne…

2018/4/29