search_toggle

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の最新ニュース

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ライトコインの創設者であるCharlie Lee氏が『最終的にライトコインから手を引く』

Charlie Lee: “Democracy Is Better but It’s Less Efficient”

https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/charlie-lee-democracy-better-less-efficient/

ライトコインの創始者であり、開発者のCharlie Lee氏が、最終的にライトコインから手を引いていくようです。

 

ビットコインの創始者とされている『サトシナカモト』は実在するかすらわからない人物であり、謎に包まれたままです。

 

しかし、創始者がわからないという状況は、ビットコインの非中央集権の理念あってます。

 

Charlie Lee氏は、ライトコインが今後ビットコインのように非中央集権を目指さなければいけないと考えているのでしょう。

 

実際に2017年12月時点で、利益相反による避難を避けるため、所有する全てのライトコインを売却しているそうです。

 

あくまでも『最終的にライトコインから手を引く』というのは、ライトコインが非中央集権を目指していくための戦略でもあるのです。

2018年3月27日 ライトコイン財団がLitePay(LTCPay)の終了を発表しました

ライトコイン財団が、LitePayの終了を発表しました。ここで重要なのは、ライトコイン財団とLitePay社はあくまで別の組織であることです。

 

今回、ライトコイン(Litecoin)の開発者であるCharlie Lee氏が、ツイッター上で今後提携企業の徹底調査に務めると発言しましたが、LitePay社とライトコイン財団の連携が上手くとれていなかったと考えられます。

 

このニュースでLTCの価格が一気に暴落したましたが、実際はライトコイン財団に何かあったのではなく、その提携先、つまり将来的にLitecoinのシステムを担うLitePay社に問題があったと言えます。

 

その後、後述しますが、LitePayは再開しています。

2018年4月12日 LTCPayが再稼働しました

おそらく本当にLitePayは終了する方向に動いていたと思われますが、なんとかLitePayが継続されるようです。

 

ライトコイン財団とLitePay社で協議した結果のようなので、次はそう簡単にこのような事件は起きないと思われます。

 

しかしながら、今回の件はかなりショッキングな出来事で、コミニュティの中には信用していない人もいるんではないでしょうか。

 

果たして、ライトコイン財団とLitePay社は信用を取り戻すことができるのか、注目が集まります。

Aliantがライトコインと初の決済パートナシップに決定

Aliant Confirms Status as Litecoin’s First Official Payments Partner | NewsBTC

https://www.newsbtc.com/2018/04/05/aliant-confirms-status-litecoins-first-official-payments-partner/

Aliant Payment Systems の公式サイトはコチラ

アメリカでクレジットカード決済を提供している『Aliant Payment Systems』が、ライトコイン財団(Litecoin Foundation)の公式パートナーとなったようです。

 

先ほどの『LitePayの終了』などの発表によって、緩やかに下落が続いていましたが、この公式パートナーの発表は好材料でしょう。

Aliant Payment SystemsがGoogle Payの記事を引用しているが、関連性はあるのでしょうか。まだわかりません。

 

今の段階では、おそらくないと思われます。

まとめ

#

ライトコインのLitePay終了の発表は、かなりショッキングでした。

 

LitePayが復活したとはいえ、今後LitePayのプロジェクトが進んでいくかはわかりません。

 

しかしライトコイン自体は、仮想通貨として使えるでけでなく、時価総額も高いので、諦めるのは早そうです。

 

今後のニュースに期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Litecoin(ライトコイン・LTC)の今後と将来性、価格どうなる?最新情報も含め徹底解説

今回は、Litecoin(ライトコイン・LTC)の今後と将来性を予想しますライトコインはビットコインの次に作られた2番目に古い仮想通貨です。ライトコ…

2018/5/2

2018年仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)はどうなる?特徴、将来性から価格を予想!

2018年に予定されていたLite payプロジェクトが頓挫し見放されたかに思えたライトコインですが、4月にプロジェクトの再開が宣言されました。もし…

2018/5/14

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)です。Bitcoinの次に作られた仮想通貨で知名度も人気も高いLitecoinの、ア…

2018/3/21

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったの…

2018/5/14

1Satoshi(サトシ)っていくら?ビットコインの生みの親サトシナカモトとは?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)には最小の単位が存在しているをご存知ですか?その単位はSatoshi(サトシ)です。ではこのSatoshiは何…

2018/6/3

ライトコインの送金時間は短い?送金時間に関する情報について解説

ライトコインは仮想通貨界の銀になるべくして誕生したアルトコインです。最近では107億円を短時間・低手数料で送金することに成功しています。そんなライト…

2018/5/14

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)は2020年にどこまで伸びるのか?価格予想

東京オリンピックの年である2020年までにRipple(XRP・リップル)はどのように価格変化していくのでしょうか。リップルはあらゆる通貨のネットワ…

2018/6/16