search_toggle

ビットコインの購入は非課税 !?

#

普段買い物をするとき私たちは8%の消費税を払っていますよね。

 

この消費税はビットコインを取引所などから購入するときもかかるのでしょうか?

 

結論から言うとかかりません。

 

ただ、かつて2017年6月まではビットコインなど仮想通貨の購入に消費税がかかっていました。

 

この記事では消費税が課税されていたかつての状況や、改正された背景、

そして現在仮想通貨にかかりうる税金についてまでわかりやすく解説します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

以前までの税金の仕組み

#

2017年6月までは仮想通貨の購入に消費税がかかっていました。

 

たとえば100万円分のビットコインを買うのに8万円の消費税がかかっていたわけです。

 

この時点で108万払っていることになります。

 

これでさらにビットコインを使って何かの商品を買おうとするとさらに消費税が8%かかりますよね。

 

これは二重課税になります。

 

さらに消費税はビットコインを販売する取引所側にまで負担を強いるものでした。

取引所側が消費税を納めなくてはいけないのです。

 

この状況を改善するべく資金決済法が制定されました。

この資金決済法により仮想通貨は支払い手段の一つであるとされ、消費税は非課税となりました。

 

考えてみれば仮想通貨は文字通り通貨であるので、円やドルといった法定通貨となんら変わらないはずです。

 

当然の状況になったといえます。

ビットコインを使って買い物すると...?

#

ここまででわかる通り、現在の仮想通貨の購入に消費税はかかりません。

 

ただ仮想通貨を使い商品を購入する場合はどうでしょう?

 

たとえばビックカメラではビットコインを使って商品の購入ができます。

ここでは消費税はどうなるでしょう?

 

もちろんこの場合は消費税がかかります!

 

あくまで「ビットコインの購入に消費税がかからない」だけであり、「ビットコインを使って商品を購入する場合」は通常通り消費税がかかります。

 

勘違いしかねない点なので注意しましょう。

税制の改正による課税売上割合への影響は?

#

課税売上割合とは課税売上高と非課税売上高の合計に占める課税売上高の割合のことを表します。

 

そしてこの値が低くなると、消費税の控除が制限されるなどのデメリットが生じます。

 

つまり、非課税売上高となったビットコインの取引を過剰に行いすぎるとこの課税売上割合が低くなり、不利益を被るのではないかと懸念されたわけです。

 

しかし、仮想通貨の取引に関しては、非課税売上ではあるものの課税売上高の計算には該当しない、という特殊な扱いを受けることによりこの懸念は杞憂に終わりました。

 

少し難しい話になってしまいましたね。

 

こういった消費税の取り扱いに関しては、業務として仮想通貨の取引を行う場合気にしなくてはなりませんが、一般の個人投資家にはほとんど関係ないといってよいでしょう。

 

では私たちが注意すべき仮想通貨に関わる税金とはなんでしょうか?

ビットコインにはどんな税金がかかる?

#

どのような税金が仮想通貨にはかかるのでしょう?

 

仮想通貨にかかるのは「所得税」です。

所得税の中でも雑所得に分類されます。

 

基本的には20万円以上の利益を得た人は確定申告の必要があります

法人の場合も基本的には同様ですが、経費控除が可能なのでこれ以上の利益をあげても申告の仕方が異なる場合があります。

 

所得税の確定申告の方法については以下に記載がありますのぜひ参考にしてみてください!

 

ビットコインについての確定申告が必要?申告方法まで詳しく解説!|Coinwall [コインウォール]

ビットコインの確定申告の方法はこちら!

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

この記事ではビットコインの消費税に関して説明しました。

 

現在は仮想通貨の購入に際して消費税の心配はありません!

 

 

多額の利益を得た人は確定申告を忘れないように注意しましょう!

 

仮想通貨の購入を検討されている方は以下の記事をぜひご覧ください。

国内・海外の主要な仮想通貨取引所を徹底的に比較しました!|Coinwall [コインウォール]

関連記事

仮想通貨の採掘・マイニングとは?仕組みや種類、方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

送金に便利な仮想通貨のメリット、デメリットについて徹底追及!|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンとは?概要と仕組み、将来性、課題等について解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨大国、韓国の仮想通貨情勢は?その背景まで詳しく解説!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)とは?特徴、将来性、取引所を徹底解説!

今回は、電子決済システムであるBitcoin(BTC・ビットコイン)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。Bitcoinが…

2018/3/21

ビットコインについての確定申告が必要?申告方法まで詳しく解説!

ビットコインで得た利益は確定申告が必要です!確定申告を忘れてしまうとビットコインで得た収益のほとんどが税金としてとられてしまうリスクも…!そんな、ビ…

2018/4/29

ビットコインの51%攻撃とは? 中国のマイニングプールの独占で起きる!?

ビットコインの危険性の一つにあげられる51%攻撃とはなんでしょうか。この記事では51%攻撃の仕組みをわかりやすく解説するだけでなく、51%攻撃ででき…

2018/4/26

ビットコインの使い道は?〜投資だけじゃない様々な使い道を紹介!〜

昨今の仮想通貨ブームの火付け役となったビットコイン。買ったはいいものの使い道がわからない方もいるのではないでしょうか。現在ビットコインの主な使い道は…

2018/6/5

ビットコインはクレジットカードでも買えるって本当?!〜クレジットカードで購入するメリット・デメリット〜

ビットコインを始めとした仮想通貨はクレジットカードで購入できる場合もあります。では、現金と比べた際クレジットカードで購入するメリットやデメリットは何…

2018/6/22

ビットコインの先物取引の特徴は?〜価格への影響まで詳しく解説〜

昨年末、先物取引が大手取引所で扱われたことでビットコイン価格は高騰しました。しかし、今年に入りビットコイン価格が下落しているのもビットコイン先物取引…

2018/6/10

1Satoshi(サトシ)っていくら?ビットコインの生みの親サトシナカモトとは?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)には最小の単位が存在しているをご存知ですか?その単位はSatoshi(サトシ)です。ではこのSatoshiは何…

2018/6/3