search_toggle

TREZOR(トレザー )とは?安全性の高いウォレット

#

コインチェック社のNEM流出事件をきっかけに仮想通貨を取引所に預けたままにしておくことの怖さを実感している方も多いのではないでしょうか。

仮想通貨のウォレットには様々な種類のものがあります。

TREZORはハードウェア型のコールドウォレットの一種です。

コールドウォレットとはインターネットに繋がっていない状態で仮想通貨の管理ができるため、コインチェック社のようなハッキングの被害に遭うことはありません。

 

そんなTREZORですがどのようなウォレットなのかを以下詳しく説明します。

仮想通貨のウォレットについての詳しい説明は以下のリンクから。

仮想通貨ウォレットとは?スマホアプリでも管理できる?仕組み・種類を紹介|Coinwall [コインウォール]

ウォレットについて詳しくはこちらから!

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

TREZOR(トレザー)の仕組み ハードウェア型コールドウォレットとは何か?

ハードウェア型のコールドウォレットの仕組み

TREZORはハードウェア型のコールドウォレットです。

同じハードウェア型のコールドウォレットで人気なものにLedger Nano Sがあります。

コールドウォレットとはオンラインに繋がっていない状態で仮想通貨の保管ができる仮想通貨ウォレットのことでTREZORやLedger Nano Sのようなハードウェア型のものと、ペーパーウォレットと呼ばれるものがあります。

 

ペーパウォレットは紙に必要な情報を保存しますが、ハードウェアウォレットは外付の機械に保存します。

ハードウェア型のウォレットはUSBメモリくらいの大きさで軽量で持ち運びやすいです。

またペーパーウォレットのように紙の劣化による影響も受けません。

 

 

#

ハードウェア型のウォレットについては以下の記事で詳しく解説しているので是非ご覧ください。

ハードウェアウォレットで安全に仮想通貨管理!必要性、注意点は?|Coinwall [コインウォール]

ペーパーウォレットについて詳しくは以下のページをご覧ください!

ペーパーウォレットとは? メリットやデメリットから作り方まで徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

Ledger Nano Sについて詳しくはこちらから!

Ledger Nano Sはどうやって買うのが良い? Amazonから買うのは危険? |Coinwall [コインウォール]

TREZOR(トレザー)を使うメリット

安全性が高い

TREZORはオフラインで仮想通貨を保存しているためハッキングなどのリスクがありません。

 

また仮想通貨を自己管理しているため取引所の倒産による資産の流出などのカウンターパーティリスクもありません。

また万が一TREZORの運営会社が倒産してしまったとしてもカウンターパーティリスクの心配はありません。

TREZORとLedger Nano Sのリカバリーフレーズには互換性があります。

二社が同時に潰れることはほぼありえないので仮に片方が利用できなくなっても資産を復元できます。

持ち運びが簡単

TREZORはUSBメモリ程度の大きさなので持ち運びや保管が簡単です。

ホットウォレットは全てオンライン上で管理できるので保管は楽ですが、TREZORも保管のしやすさという点ではホットウォレットにそこまで引けを取りません。

初心者でも使いやすい

購入方法や、入出金の方法がとても簡単で、日本語情報も豊富なので初心者の方でも安心して使う事ができます。

ハードフォークにも迅速に対応

2017年11月にビットコインがSegwit2xを導入してハードフォークするという噂が流れました。

結果的にSegwit2xは無期限延長となりましたが今後も同じような事態が起こる可能性もあります。

ハードフォークが起こった際、使っていたウォレットがそのハードフォークに対応できなければせっかく保管していた仮想通貨は無価値になってしまいますが、Segwit2xが実装されそうな時にTREZORは迅速な対応を取っているので今後も期待できます。

#

TREZOR(トレザー)を使うデメリット

#

入手困難ですぐに使えない場合がある

ホットウォレットの場合すぐに利用を開始する事ができます。

しかしTREZORの場合は実物がなければ利用を開始する事ができません。

TREZORは最近の仮想通貨人気により品薄状態になることも多いです。

 

値段が高い

TREZORは購入するとだいたい15,000円程度かかります。

多くのホットウォレットが無料で使えるのに対してTREZORの価格は割高に見えます。

しかしホットウォレットはNemの流出事件のように、ハッキングのリスクを抱えています。

TREZORはセキュリティ面でも優れているため仮想通貨を失うリスクを減らせます。

そのため高額な投資をしている方や、今後もっと仮想通貨を買いたいという方にはとてもおすすめです。

価格は在庫状況などにより変動するので購入の際はチェックをするようにしてください。

対応通貨が少ない

同じく人気のハードウェアウォレットであるLedger Nano Sと比較するとTREZORは対応仮想通貨が少ないというデメリットがあります。

 

特にRippleは人気の仮想通貨ですがLedger Nano Sでは取り扱っていますがTREZORは非対応です。

 

もしもたくさんの仮想通貨を保有しており、投資している仮想通貨がTREZORに対応していないものが多い方にはTREZORはおすすめできません。

#

TREZOR(トレザー)の対応通貨は?nemやモナコインも保管できる!?

TREZORはビットコインベースの仮想通貨であればTREZORウォレットに保管する事ができます。

またMy Ether Walletと連携する事でイーサリアムトークンの保管も可能になります。

以下対応仮想通貨を明示します。

 

Trezor Walletで保管できる通貨

  • Bitcoin(ビットコイン)
  • Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
  • Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)
  • Litecoin(ライトコイン)
  • DASH(ダッシュ)
  • Zcash(ジーキャッシュ)

My Ether Walletと連携することで保管できる仮想通貨

  • Ethereum
  • Ethereum Classic
  • ERC20トークン
  • Expance(EXP)
  • UBIQ(UBQ)

その他の保管できる仮想通貨

  • Nem(ネム)
  • Dogecoin(ドージコイン)
  • Namecoin(ネームコイン)
  • モナコイン

このようにTREZORはたくさんの仮想通貨を保管する事ができます。

特にNemが保管できる点や、Tron(トロン)などのERC20トークンを保管できるという強みがあります。

一方で人気通貨であるRipple(リップル)が保管できないなどのデメリットもあります。

#

TREZOR(トレザー)とLedger Nano S、人気ハードウェアウォレットの比較 

価格

TREZORとLedger Nano Sはどちらも15,000円程度で購入できるため価格の面では大きな差はありません。

安全面に配慮して、どちらも公式サイトから購入することを心がけましょう。

TREZORの購入はこちら

Ledger Nano Sの購入はこちら

取り扱い通貨

取り扱い通貨数はTREZORの13種類に対してLedger Nano Sは25種類の仮想通貨に対応するなどLedger Nano Sの方が多いです。

特に人気仮想通貨であるRippleはLedger Nano Sでのみ対応しています。

 

使いやすさ

TREZORとLedger Nano Sは初期設定のやり方やリカバリーシードの設定方法はほぼ同じです。

しかし本体の操作性に差があります。

TREZORとLedger Nano Sはどちらも「右ボタン/進む」「左ボタン/戻る」の二つのボタンにより構成されています。

Leder Nano Sの場合は決定をする際はこの二つのボタンを同時に押す必要があります。

しかしTREZORの場合はパソコンの画面で操作をして進めるので決定をする際に掃除にボタンを押さずに済みます。

そのため使いやすさではTREZORに軍配が上がります。

#

TREZOR(トレザー)の使い方 

初期設定

  1. こちらからアプリのダウンロードを行います。
  2. アプリを開いてお手元のTREZORに繋いでTREZORの名前を入力します。
  3. PINコードを入力します。Strong Enoughという表示が出るまでパスワードを設定してください。
  4. リカバリーシードを設定します。これはTREZORを壊したり無くした時に中身の資産を復活させるために使うものです。24個のフレーズが順番に出てくるのでそれを紙に書き留めて大切に保管してください。これを流出してしまうと自分の資産を盗まれることにつながるので厳重に保管しましょう。

TREZOR(トレザー)の購入は正規代理店で!

TREZOR公式サイト AmazonでTREZORを購入する事ができます。

Amazonで買う方が公式サイトよりも安く購入できる場合が多いです。

 

しかしAmazonやメルカリなどでTREZORを購入すると盗難のリスクがあります。

 

販売者があらかじめリカバリーシードを設定していたり、特定のリカバリーシードしか表示できないように細工するなどの行為が実際に起こっています。

安全のために買うウォレットなのでできるだけTREZOR公式サイトや正規の代理店から購入するようにしましょう。

 

#

TREZOR(トレザー)のまとめ

今回の記事ではTREZORの仕組みや、メリットとデメリット、対応する仮想通貨や購入・設定の方法などを詳しく解説しました。

仮想通貨を安全に保管するためにはTREZORのようなハードウェア型のコールドウォレットが必須です。

保有している仮想通貨がTREZORに対応しているのであればぜひ購入を検討してはどうでしょうか。

 

関連記事

仮想通貨3種類別ウォレットおすすめ一覧|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

おすすめのリップル(XRP)ウォレットとその作り方!スマホでも!

三菱東京UFJ銀行をはじめとした世界中の銀行で次々に海外送金の手段として採用されることが決まり、近年多くの話題を呼んでいる仮想通貨リップル(XRP)…

2018/4/22

Ledger Nano Sについて解説!購入は正規代理店が安心?

ハードウェアウォレットの一つとして人気のあるLedger Nano S。Ledger Nano S自体は素晴らしい商品ですが、購入方法次第では危険性…

2018/5/20

仮想通貨3種類別おすすめウォレットを紹介!!

仮想通貨を保有する上で、自分の資産を守ってくれるのが「ウォレット」という存在です。 今回は人気通貨3種類(Bitcoin・Ethereum・Ripp…

2018/5/1

Nem(ネム)のウォレット(wallet)について、使い方、入金・送金方法、モバイルアプリなどを徹底解説!

Nem(ネム)のウォレット(wallet)について紹介します。Nemでは、運営がソフトウェアウォレットとモバイルウォレットを用意しており、その2種類…

2018/4/22

スマホでビットコインを保管 !? モバイルウォレットで仮想通貨を管理する!

お手持ちの仮想通貨はどのように保管していますか? 取引所に置きっ放し...という方も多いのではないでしょうか?今回は、スマートフォンで手軽に仮想通貨…

2018/5/1

ハードウェアウォレットで安全に仮想通貨管理!必要性、注意点は?

コインチェックやMt.GOX等の取引所やイーサリアムウォレットなどホットウォレットのハッキングが相次ぐ中、注目度の高まるハードウェアウォレットについ…

2018/4/23

ビットコイン(bitcoin)のウォレット(wallet)とは?その仕組み、比較、作り方、おすすめを徹底解説!

ビットコインのウォレットについて解説します。ビットコインを保管しておくために必ず必要になるウォレット。そもそもウォレットとはどのようなもので、どんな…

2018/4/21