search_toggle

奪われたnem〜コインチェック事件はマルチシグ非対応が原因だった!?〜

#

2018年1月に起きたCoincheck事件。

570億相当のNEMが奪われたこの事件は世間を騒がせました。

 

この事件の原因は取引所の管理体制にあったとされています。

理由の一つ目は通貨をホットウォレットに保管していたことです。

 

 

そして理由の二つ目はマルチシグに対応していなかったことです。

マルチシグとは一体どういう意味のなのでしょうか?

 

この記事では仮想通貨を語る上では避けて通れないマルチシグの問題について、仕組みやメリット・デメリットなどわかりやすく解説していきます!

ウォレットについて以下の記事で詳しく解説しているので是非ご覧下さい。

仮想通貨ウォレットとは?スマホアプリでも管理できる?仕組み・種類を紹介|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨3種類別おすすめウォレットを紹介!!|Coinwall [コインウォール]

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

マルチシグの仕組み

#

1 マルチシグの意味

マルチシグとはマルチシグネチャの略語です。

マルチシグネチャは日本語に訳すと複数人の署名ですね。

どこに複数人の署名が必要になるのでしょうか。

 

実はこれは通貨の送金時の話なのです。

通貨の送金時、送金者は自らの秘密鍵で電子署名をしなければいけません。

 

 

その署名に使う秘密鍵を複数用いること。

これこそが複数人の署名、つまりマルチシグというわけです。

 

 

ブロックチェーンの秘密鍵、公開鍵について以下の記事で詳しく解説しているので是非ご覧下さい。

ブロックチェーンの秘密鍵・公開鍵とは?

マルチシグを理解するためにはまず公開鍵・秘密鍵を理解しなくてはいけません。こちらの記事でわかりやすく解説しているのでぜひご覧ください!

2 一般的な仕組み

マルチシグにおいては2of3という仕組みが一般的に採用されています。

これはある署名を完了させるための条件です。

 

例えばある人が3つの秘密鍵を用意しておきます。

それぞれは別々に管理し同じ端末での管理はしません。

 

ある署名を行おうとするとき、その3つのうちの2つの署名が必要になります。

これが2of3の意味です。

 

こういう仕組みにするとどういう点がメリットになるのでしょうか?

 

マルチシグのメリット

#

3つのうち2つの秘密鍵があればいいということは1つはなくても大丈夫ということですよね。

これこそが最大のメリットです。

 

ひとつ秘密鍵が奪われてもマルチシグを採用しておけば不正な送金を防ぐことができるのです。

なぜなら送金には2つの秘密鍵が必要だから。

 

攻撃者は最低2つの秘密鍵を入手しなくてはならず単純に考えても倍の安全性が保証されるというわけです。

 

先のコインチェック事件ではこのマルチシグに対応しておらずシングルシグの形式をとっていたため、大量の保有通貨が奪われるという事態に発展したわけですね。

 

 

マルチシグとシングルシグの違いとは?

シングルシグという言葉が出てきました。

シングルシグとはなんでしょうか?

 

マルチシグの意味がわかってしまえば簡単ですよね。

 

マルチシグが複数の秘密鍵ならシングルシグは一つの秘密鍵です。

秘密鍵を一つのみで管理する形式をシングルシグというのです。

 

 

マルチシグのデメリット

こうみるとマルチシグの方が安全性に優れたすばらしい仕組みのように思えます。

コインチェックもマルチシグを導入しておけばよかったじゃないか! と思うのも当然ですね。

 

しかしやはりマルチシグにもデメリットはあります。

 

 

1 手間がかかる

#

マルチシグの1番のデメリットはこれです。

(逆に言えばこれくらいしか目立ったデメリットがないのですが)

 

例えば秘密鍵を3つ設定するとなると通常の3倍の手間がかかりますし、なによりそれらを別々の端末で保存することが基本なのでそこにも手間がかかります。

 

手軽に通貨を保管できる手段ではないのです。

2 手数料の増加

マルチシグを導入すると、場合によってですが手数料が増加します。

 

この点もデメリットになりますね。

マルチシグを実装している取引所は? Bitflyerなども対応!?

先のコインチェック事件ではマルチシグ非対応なことが問題となりましたが、基本的に日本の大手仮想通貨取引所はマルチシグに対応していることが多いです。

 

bitflyer Zaif bitbank GMOコインといった大手の取引所はマルチシグを実装しているので安全性が高いでしょう。

まとめ

#

ここまでご覧いただきありがとうございました。

この記事ではマルチシグの仕組みについて説明しました!

 

マルチシグは自分の資産を守る強固なシステムになりうるものでしたね。

ぜひ資産管理の方法にマルチシグを導入してみてください!

 

仮想通貨関連の記事を以下にまとめたので是非ご覧下さい。

関連記事

サイドチェーンとは(親チェーン?子チェーン?ビットコインとの関係性は?)|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの問題点(スケーラビリティ問題や51%攻撃について)徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ペーパーウォレットとは? メリットやデメリットから作り方まで徹底解説!

仮想通貨を保管するとき、ウォレットにいれることが推奨されていますよね。今回はそのなかでも比較的安全性の高いペーパーウォレットについて説明していきます…

2018/4/26

ハードウェアウォレットで安全に仮想通貨管理!必要性、注意点は?

コインチェックやMt.GOX等の取引所やイーサリアムウォレットなどホットウォレットのハッキングが相次ぐ中、注目度の高まるハードウェアウォレットについ…

2018/4/23

仮想通貨取引所Zaif(ザイフ)「のバックアップコードとは?二段階認証・バックアップコードの設定方法をご紹介?

セキュリティ対策のため取引所を利用する上で不可欠な二段階認証ですが、スマホを紛失した場合は面倒な手続きを行わなければいけません。Zaifではバックア…

2018/6/26

ビットコインの51%攻撃とは? 中国のマイニングプールの独占で起きる!?

ビットコインの危険性の一つにあげられる51%攻撃とはなんでしょうか。この記事では51%攻撃の仕組みをわかりやすく解説するだけでなく、51%攻撃ででき…

2018/4/26

スマホでビットコインを保管 !? モバイルウォレットで仮想通貨を管理する!

お手持ちの仮想通貨はどのように保管していますか? 取引所に置きっ放し...という方も多いのではないでしょうか?今回は、スマートフォンで手軽に仮想通貨…

2018/5/1

coincheck(コインチェック)で必須のセキュリティー対策である、二段階認証について徹底解説!

今回は、coincheck(コインチェック)で必須のセキュリティー対策である、二段階認証についてみていきます。coincheckで二段階認証を設定し…

2018/6/15

仮想通貨ウォレットとは?スマホアプリでも管理できる?仕組み・種類を紹介

「Coincheck騒動もあったし、自分のウォレットを持ってみたい。」そうお思いの方いらっしゃるのではないでしょうか?そんな「ウォレット」の仕組みや…

2018/5/1