search_toggle

Segwit(セグウィット)はスケーラビリティ問題を解決?

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Segwit(セグウィット)はスケーラビリティ問題とマイアビリティ問題を解決

Segwit(セグウィット)はビットコイン(Bitcoin/BTC)の課題のうち、

 

スケーラビリティ問題

・マリアビリティ問題(トランザクション展性)

 

の2つを解決するために開発された技術です。

この記事では、Segwit(セグウィット)の仕組みや実用例について詳しく解説していきます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のスケーラビリティ問題とは?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は将来的に取引が盛んになっていくことが予想されています。

そこで、危惧されているのが「スケーラビリティ問題」です。

スケーラビリティ問題とは、ユーザー数やブロックチェーンのノード数が増えた時に、

処理が遅くなりトランザクションの承認までの時間が長くなってしまうという問題です。

 

解決策としてはSegwit(セグウィット)の他に

・ブロックサイズの単純拡大

ライトニングネットワーク

・シュノア署名

などが有名です。

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説|Coinwall [コインウォール]

スケーラビリティ問題についてはこちらの記事でより詳しく解説しています!

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨・ブロックチェーン技術におけるノードについて解説しています。是非ご覧ください!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のマイアビリティ問題(トランザクション展性)とは?

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のマイアビリティ問題とは、トランザクション展性と表現されることもあり、

第3者や悪意のある受取人が、トランザクションデータを改ざんし、

2重取引を起こすことができてしまうことを言います。

 

これはビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーンの仕組み自体の問題だったので、

そう簡単に解決できる問題ではないと考えられていました。

Segwit(セグウィット)の仕組みと課題の解決

以上のような問題があった仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)ですが、

Segwit(セグウィット)はこれをどのように解決していくのでしょうか?

 

詳しく解説していきます。

改ざん可能部分をオフチェーンで記録

#

上記のように、マイアビリティ問題は第3者や悪意のある受取人が2重取引を起こすことを言いますが、

 

2重取引を起こすには、そもそもブロックチェーン上のデータを改ざんする必要があります。

(このとき改ざんすべき部分とはインプットのscriptSigという部分です

 

 

そもそもこの改ざんされる部分はブロックチェーン上に記録されているから改ざんされてしまうのです。

そこで、この改ざん可能になりうるデータ部分(scriptSig)をオフチェーンにすることで

Segwit(セグウィット)はマイアビリティ問題を解決しようとしました。

オフチェーン部分が増えることにより承認すべきトランザクションサイズの縮小

Segwit(セグウィット)ではこのようにして、

今までブロックチェーンに書き込まれていたデータのうち一部をオフチェーンにします。

 

そこで、承認すべきトランザクションサイズがかなり小さくなるのです。

 

つまりは以前と同じように取引したとしても、Segwit(セグウィット)が導入されれば、

承認にかかる手間が省けます

 

これにより、スケーラビリティ問題はかなり解決に近づきました

Segwit(セグウィット)の実装によるデメリット・悪影響

このようにSegwit(セグウィット)の実装にはもちろんたくさんのメリットがありますが、

一方でデメリットも見逃すことはできません。

スケーラビリティ問題は完全には解決しない

#

このようにSegwit(セグウィット)は

スケーラビリティ問題やマイニング展性の問題を解決に導くものではありますが、

 

スケーラビリティ問題が完全に解決された訳ではありません

承認すべきトランザクションサイズはもちろんかなり小さくなりますが、

将来、ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨の利用が進むことを視野に入れれば

この解決法では不十分だという意見もあがっています。

 

しかしながら、Segwit(セグウィット)導入のインパクトのせいで、

スケーラビリティ問題は解決したという誤解が生じかねないという懸念があります。

マイナーへのマイニング報酬が少ないままになる

ここまで、ユーザー目線での解説をしてきましたが、マイナー目線に立ったとき

Segwit(セグウィット)の導入により、トランザクションサイズが小さくなり

いつまでも承認が簡単に行われる状況は必ずしも良いことではありません

 

ユーザーにとってのスケーラビリティ問題の弊害として、ブロック承認手数料の高騰があげられることがありますが、

 

実はブロック承認手数料が高騰しない場合、マイナーはマイニングの収益化が難しくなる

という状況に陥ってしまうのです。

 

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーンは

徐々に承認にかかる計算量が増えるようにプログラムされています。

ということは、後になればなるほど、マイニングのコストパフォーマンスは悪くなるのです。

 

そこでブロック報酬は増えないにしても、手数料が増えればマイニングの収益化が可能だと考えられていました。

 

Segwit(セグウィット)の導入はこのような算段を狂わせてしまう可能性があるのです。

Segwit(セグウィット)が実装された仮想通貨と併用可能な技術

このような長所・短所を持つSegwit(セグウィット)ですが、

どの仮想通貨で実装されたのか、他のテクノロジーとの関連性はあるのか、

Segwit(セグウィット)自体が改良される可能性はあるのか、解説していきます。

Segwit(セグウィット)と仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の8月1日問題

#

Segwit(セグウィット)がビットコイン(Bitcoin/BTC)に実装されたのは、

2017年8月(8月1日問題)です。

 

Segwit(セグウィット)の導入に関してはかなりコミュニティ内で意見が別れましたが、

ここでSegwit(セグウィット)が導入されたことで

あとで説明するライトニングネットワークのベースになりました。

Segwit(セグウィット)と仮想通貨ライトコイン(Litecoin/LTC)

#

Segwit(セグウィット)はライトコイン(Litecoin/LTC)にも導入されました。

 

そもそもライトコイン(Litecoin/LTC)はスケーラビリティ問題が生じる可能性はほぼないと考えられていました。

ブロックサイズがかなり大きいからです。

 

しかし、下で述べるライトニングネットワークを導入する際、

生じうる問題を防ぐにはSegwit(セグウィット)を実装しておく必要があったようです。

Segwit(セグウィット)と仮想通貨monacoin(モナコイン/MONA)

#

monacoin(モナコイン /MONA)日本の2ちゃんねる発祥の仮想通貨です。

 

このmonacoin(モナコイン /MONA)はASIC耐性があり、CPUやGPUでのマイニングが可能なように実装されているので、

 

CPUやGPUを使用してマイニングしているマイナーに合わせてトランザクションサイズを小さくしたようです。

Segwit(セグウィット)と仮想通貨Ripple(リップル/XRP)

またSegwit(セグウィット)が実用化すれば、Ripple(リップル/XRP)は必要なくなるのではないか、という議論も一時期盛んになっていました。

 

Ripple(リップル/XRP)の通貨としての特性についてはこちらをご覧ください。

 

Segwit(セグウィット)の将来性と他の技術

以上のようにいくつかの仮想通貨ですでに導入されているSegwit(セグウィット)ですが、

この技術は今後広まるのでしょうか?

 

Segwit2xのようにSegwit(セグウィット)への反対勢力が明らかになったこともあれば、

ライトニングネットワークへの注目など、Segwit(セグウィット)との併用が期待される技術も出てきました。

 

 

2017年11月、Segwit2x導入の延期

Segwit(セグウィット)が2017年8月にビットコイン(Bitcoin/BTC)に導入された際

それまでのビットコイン(Bitcoin/BTC)とは互換性を残して実装されました。

(つまりソフトフォークしたということです。)

 

2017年11月、Segwit2xというSegwit(セグウィット)より効果の強い仕組みを導入するという予定がありました。

しかし、それまでのビットコイン(Bitcoin/BTC)とは互換性を持たない形での導入だったのです。

(つまりハードフォークです。)

 

そこで、これはコミュニティの反発を受け、結局導入されていません

ハードフォークとソフトフォークについては以下の記事で説明しているので是非ご覧ください。

フォーク(ブロックチェーンの分岐)とは〜ハードフォークとソフトフォークだけではない?〜|Coinwall [コインウォール]

Segwit(セグウィット)とライトニングネットワーク

ライトニングネットワークは、スケーラビリティ問題を解決するために開発された技術で、

 

マイクロトランザクションの実現に利用できるのではないかと期待されています。

 

しかし、この技術を用いるためには、セキュリティ面を強化する必要があります。

そこで利用されるのがSegwit(セグウィット)の仕組みです。

 

この2つの技術は併用することでかなり効果を発揮するようなので、

今後マイクロペイメントへの需要が高まるにつれて、

Segwit(セグウィット)を実装する仮想通貨が増える可能性があります

ブロックチェーンの課題を解決するライトニングネットワークについて徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ライトニングネットワークについてこちらの記事で解説しています。是非ご覧ください!

Segwit(セグウィット)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Segwit(セグウィット)について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

Segwit(セグウィット)は、今後他の仮想通貨への実装が進むことも考えられるような技術です。

またSegwit(セグウィット)を実装すべきかどうかなど、仮想通貨それぞれのコミュニティ内で議論が盛り上がる可能性があります。

 

ライトニングネットワークなど他の技術との関係性も含め、仕組みを把握しておくことが大切になってくるでしょう。

関連記事

ブロックチェーンの課題を解決するライトニングネットワークについて徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

【初めての方向け】マイニングってなに?その仕組みと儲かるのかを徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

スマートコントラクトって何?ブロックチェーンとの関係は?|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの問題点(スケーラビリティ問題や51%攻撃について)徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

サイドチェーンとは(親チェーン?子チェーン?ビットコインとの関係性は?)|Coinwall [コインウォール]

セキュリティーの要!ブロックチェーンの秘密鍵・公開鍵について解説|Coinwall [コインウォール]

「仮想通貨のICOとは?」の疑問に答えます|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

マルチシグとは? コインチェック事件の原因!?仕組みやメリットを解説!|Coinwall [コインウォール]

ビットコインの使い道は?〜投資だけじゃない様々な使い道を紹介!〜|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ライトニングネットワークについて徹底解説!実装はいつ?仕組みやデメリットは?

ブロックチェーンには実は様々な問題点があると指摘されています。スケーラビリティ問題は特にその代表的存在でしょう。実はこのスケーラビリティ問題を解決す…

2018/5/10

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったの…

2018/5/14

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂・ハードフォークとは?仮想通貨の分裂の仕組みを解説!

2017年、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂について8月1日問題が発生しました。仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂とは…

2018/4/26

イーサリアムのスケーラビリティ問題について解説!問題点や改善点は?

今回はイーサリアムのスケーラビリティ問題について解説します!スケーラビリティ問題の問題点や改善点、さらに今話題のプラズマ(prazma)やライデンネ…

2018/6/16

ブロックチェーンのソフトフォークとハードフォークの違いとは?

仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ですが、ビットコインやイーサリアアムのフォークはその価格変動に大きな影響を与えました。このフォークの2種類(…

2018/4/26

イーサリアムの新技術「プラズマ(Plasma)」とは?ポイントを徹底解説!

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決すると言われる新技術のプラズマについてご紹介します。改良版のプラズマキャッシュとともに、データ処理の高速化を…

2018/6/22

ビットコインの51%攻撃とは? 中国のマイニングプールの独占で起きる!?

ビットコインの危険性の一つにあげられる51%攻撃とはなんでしょうか。この記事では51%攻撃の仕組みをわかりやすく解説するだけでなく、51%攻撃ででき…

2018/4/26