search_toggle

ビットコインの送金時間はどのくらいかかるのか?

#

仮想通貨の基軸通貨と言われているビットコインの送金時間はだいたいどれくらいかかるのでしょうか。

 

数十秒で送金できるときもあれば、送金(海外送金)に20時間近く時間がかかるときもあります。送金時間の長さは幅広いです。

 

各送金で送金時間がバラバラな理由は、時間帯などによってトランザクションの量が異なるからです。取引は全世界中で行われているので、取引量が多く送金に時間がかかってしまう場合があるのです。

 

2018年4月現在、ビットコインの基本的な送金時間の目安としては、10分〜20分ほどで完了します。

 

また、トランザクション量が多い時など、翌日までかかるケースも可能性としてはありえます。

 

しかし、ビットコイン自体のブロックサイズに対して記録できるトランザクション量が限られてくるので、最近の仮想通貨と比較すると遅いと感じるかもしれません。

ビットコインについて詳しくはこちら!!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ビットコインの送金時間にはスケーラビリティ問題が大きく関係している

#

ビットコインの「ブロックチェーン」という技術は、分散型の台帳(取引の詳細を記入する場所)に全ての取引が記録されています。

 

新しい取引を行いたい場合も、この台帳に記録されないと取引を行ったことにはなりません。

 

そこでビットコインのブロックチェーンに記録されるためには、マイニングを行っている人たちに取引承認をしてもらう必要があります。

 

マイナーによって、取引の情報が1つのブロックにまとめられ、生成された新しいそのブロックは新しいブロックとして、ブロックチェーンに繋がれるます。

 

ビットコインのブロックの容量は、1MBに限られていて、10分に1回しか生成されることができません。

 

取引量が増えるにつれて、承認に時間がかかってしまうのは当たり前で、これこそがビットコインのスケーラビリティ問題です。

 

承認に時間がかかる状況で、通常よりも高い手数料を払うことによって、マイナーに優先的に自分の取引を承認してもらうことも可能で、これらが送金手数料の高騰を引き起こしている一つの要因でもあります。

 

ビットコイン送金を確認することができる

ビットコインを送金した後、送金完了ができず、どのくらいの時間がかかるのか不安になることがあります。

 

そのような時は、トランザクションの詳細情報を見れるサイトで確認しましょう。

 

サイトの検索欄に、ビットコインの送金アドレスやトランザクションIDを入力すると、送金状況をチェックすることができます。

 

送金する時は、かならず試しに少額で送金できるか試す方が安全です。アドレスミスなどで二度とビットコインが帰らない可能性もあります。

 

一度試しておけば、送金時間がどのくらいかかるのかも知ることができます。

手数料を払えば優先的に送金が承認される

#
 

ビットコインを送金したとき、少しでも早くビットコインを着金させたい時の対処法は、送金手数料を多く支払うことがあげられます。

 

ビットコイン送金の際、手数料を多めに支払うようにすることで、取引承認を行っているマイナーに優先的にマイニングをしてもらえるようになります。

 

その結果、送金を早くすることができるのです。

 

この時の決済スピードを速めるために上乗せする送金手数料と、承認作業の優先度の目安としては以下のようになっています。

  • +0.0001BTC 少し優先
  • +0.0002BTC 優先
  • +0.0005BTC 最優先

 

速くビットコインを送金させたいような場合は、このように送金手数料を追加で支払うのもありです。

時間がかかって不安な場合は送金をキャンセルできる

#
ビットコイン送金に時間がかかっている場合、取引が完了していなければ送金をキャンセルすることができます。
 
また、送金先のアドレスを間違えてしまった場合にも使えます。

まとめ

ビットコインの送金時間は大きな問題の一つですが、基軸通貨として利用されているので、ビットコインの利用は避けられません。

 

ライトニングネットワークがビットコインに実装される予定もあるので、送金時間の短縮も今後あり得ます。

 

送金する際は、トランザクション量をBlockchainで確認するのが良さそうです。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

bitFlyerからどうやって送金すればいい?bitFlyer送金時のQ&Aも含めて徹底解説!

この記事ではbitFlyerから仮想通貨を送金する方法を紹介します!具体的にどういう手順で送金するのか?bitFlyerからの送金が遅い時・できない…

2018/6/23

ビットコインの送金とは?〜アービトラージ取引で利益は出せるの?〜

ビットコインは従来の送金に関する課題を解決するために開発されました。しかし、実体のない仮想通貨であるビットコインの送金とはどういうことなのでしょうか…

2018/6/16

GMOコインからの送金方法は?送金手数料や送金時の注意点などわかりやすく解説!

アルトコインでレバレッジ取引が可能なことが特徴的なGMOコイン。GMOコインから他の取引所やウォレットへの送金はどのように行えば良いのでしょうか?今…

2018/7/23

FedoraCoin(TIPS・フェドラコイン)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

FedoraCoin(フェドラコイン・TIPS)とは、BitCoin(ビットコイン)と同じく、分散型ネットワーク上で取引承認されるP2P型の暗号通貨…

2018/5/7

イーサリアム(ETH)のガスリミットとは?いくらに設定すればいい?

イーサリアムの送金に必要になるGas。ウォレット間の送金時にはガスリミットの設定をしなくてはいけません。この記事ではガスリミットとはなんなのか?いく…

2018/6/22

海外仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)からの送金方法をわかりやすく徹底解説!

世界有数の取引量を誇るPoloniex(ポロニエックス)。日本語非対応のためにPoloniex(ポロニエックス)での取引・送金等に戸惑う方もいるので…

2018/5/18

ビットコインキャッシュ(BCH)の送金時間は?ビットコイン(BTC)よりも早い?

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークした通貨ですが、ビットコインよりも送金に適した通貨と言われることがあります。その秘密は送金手数…

2018/6/19