search_toggle

3種類のブロックチェーンを比較(違いはオープン型か許可型か)

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

パブリック・コンソーシアム・プライベートの3種類の違い

ブロックチェーンは仮想通貨を支える技術であり、そのコンセンサスアルゴリズムにはいくつかの種類があることをご存知の方は多いのではないでしょうか?

 

例えば、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のブロックチェーンにはProof of Work、イーサリアム(Ethereum/ETH)にはProof of Stake、というようなアルゴリズムを用いたブロックチェーンが利用されていることは有名ですね。

 

ところで、Proof of WorkやProof of Stakeをコンセンサスアルゴリズムとして用いたブロックチェーンはどちらもパブリックブロックチェーンと呼ばれるものです。

 

パブリックブロックチェーンと対照的な仕組みを持つブロックチェーンは、プライベートブロックチェーンと呼ばれ、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの中間的存在がコンソーシアムブロックチェーンです。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

コンセンサスアルゴリズム(PoW・PoS・ PoI)について解説しています。是非ご覧ください!

パブリックはオープン型、プライベートは許可型のブロックチェーン

 

パブリック

コンソーシアム プライベート

管理者

なし あり(複数) あり(単独)

ネットワークへの参加

不特定多数 特定複数 組織内のみ

トランザクションの承認権利

参加者全体 組織内の複数人 管理者のみ 

 

このように3種類あるブロックチェーンですが、概要をまとめると上の表のようになります。管理者の有無、ネットワークへの参加条件、トランザクションの承認権利、が主な違いです。

 

パブリックではそれぞれに必要な条件は特に存在せず、不特定多数に開かれている一方、プライベートでは、ほとんどの権利がコミュニティ内の人々に限定されています。

 

また、このような特徴から、パブリックブロックチェーンはオープン型、プライベートブロックチェーンは許可型、という表現をする場合もあります。

メリット・デメリットを比較

このように複数種のブロックチェーンですが、どれにも長所・短所があり、向き不向きがあります。

 

以下ではそれぞれについて、メリット・デメリットを解説していきます。

ブロックチェーンの種類①パブリックブロックチェーンの特徴

#

ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)などのブロックチェーン

ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)に用いられているブロックチェーンはこのパブリックブロックチェーンですが、どのような特徴を持つのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

メリット①パブリックブロックチェーンはカウンターパティリスクが低い

まず、パブリックブロックチェーンには管理者がいません。したがって、従来の仕組みには存在していた「中央」や「仲介者」のような立場が完全にないのです。

 

このような「中央」や「仲介者」がないことで、P2Pの取引が可能になっています。

そこで、カウンターパティリスクというものが生じません。

 

カウンターパティリスクとは、取引の仲介者が機能しないことによって取引が停滞することを言いますが、そもそも仲介者がいないので、そのようなリスクが生じる可能性はないのです。

メリット②2重承認や改ざんがされにくい

#

このように仲介者が存在しないP2Pの仕組みを機能させるためにパブリックブロックチェーンのトランザクション承認は非常に厳格になっています。

そこで、取引の2重承認や改ざんが起こったとしても、すぐに発覚するようなブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムを用いています。

 

したがって、パブリックブロックチェーンの取引記録は比較的厳密であると言われています。

デメリット①パブリックブロックチェーンは仕様変更が困難

パブリックブロックチェーンは以上のように非常に厳密な承認アルゴリズムを採用しているので、ブロックチェーンに何か問題が生じたとしても、そう簡単に仕組みに変更を加えることは難しくなっています。

 

そこで、パブリックブロックチェーンでは開発当初の仕様のクオリティが非常に重要になってきます。

デメリット②パブリックブロックチェーンは取引承認に時間がかかる

#

パブリックブロックチェーンの承認の仕組みが厳密であると述べましたが、概してこのような承認アルゴリズムには時間がかかってしまいます。

 

もちろんイーサリアム(Ethereum/ETH)などでは承認時間がビットコイン(Bitcoin/BTC)に比べてかなり短縮されていますが、依然としてブロック承認時間が長いパブリックブロックチェーンは多いと言われています。

パブリックチェーンとプライベートチェーンを比較、仕組みの違いとメリット・デメリットを徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

パブリックチェーンについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック! プライベートブロックチェーンとの比較もしています!

ブロックチェーンの種類②プライベートブロックチェーンの特徴

Hyperledger BurrowやMultiChainなど組織内通貨のブロックチェーン

プライベートブロックチェーンは主に特定の人々しか参加できないようなネットワーク内で運用されます。

 

例えば、Hyperledger BurrowやMultiChainなどが存在します。

また、金融機関や一般企業による利用が想定されているようです。

メリット①プライベートブロックチェーンは仕様の改変が容易

プライベートブロックチェーンには管理者がいて、ネットワーク参加にも許可が必要となるので基本的に特定の組織内で運用されることがほとんどです。

 

したがって、仕様の変更などに伴う作業が比較的少なくなっています。

もしシステムに欠陥が見つかったとしても改善するのが比較的容易です。

 

メリット②プライベートブロックチェーンは取引承認の時間が短い

#

プライベートブロックチェーンでは取引の承認をできる権利が一部の人にしか与えられていません。

よって、情報が必要以上に分散されることなく、最小限の作業で取引の記録を行なっています。

 

こうすることで、取引の承認時間を短縮し、ブロック生成の速度を早めています。

デメリット①プライベートブロックチェーンはカウントーパーティリスクがある

プライベートブロックチェーンには管理者がいます。

これは取引の仲介者的存在がいることとほとんど同義です。

つまり取引が完全にP2Pで行われるのではなくて、この仲介者の承認を経て実行されているのと同じなのです。

 

このような状況では、従来の取り引き制度で生じていたカウンターパティリスクが生じかねません。

 

デメリット②プライベートブロックチェーンは2重承認や改ざんのリスクがある

プライベートブロックチェーンはパブリックブロックチェーンと比べ、トランザクションの速度や実用性に重きを置いているので、セキュリティ面で粗雑な場合があります

 

また中央管理者が様々な権限を持ちうるため、この*ノードを外部から攻撃された場合のリスクも非常に大きくなっています。

 

そんな中、もっとも懸念されているのは透明性の低下によるデータの改ざんだと言われています。

ネットワークへの参加条件を厳しくすることでこのような欠点は補うことができますが、リスクがなくなる訳ではありません。

 

*ノードとは?

ノードは扱われる領域ごとに意味が変わる言葉なのですがブロックチェーン技術においては

ブロックチェーン(or仮想通貨)ネットワークに参加する端末(PC等)のことを指します。

そんなノードについて以下の記事では詳しく解説しています。

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨技術におけるノードについて解説しています。是非ご覧ください!

ブロックチェーンの種類③コンソーシアムブロックチェーンの特徴

Hyperledger FabricやHyperledger Irohaなどのブロックチェーン

コンソーシアムブロックチェーンは、加入している団体や組織のみが使用できるブロックチェーンのことです。コンソーシアムとは、英語で協会という意味です。

 

コンソーシアムブロックチェーンはパブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの中間的存在で、それぞれのメリット・デメリットを少しずつ持っています。

 

コンソーシアムブロックチェーンは複数の組織や団体で運用しているため、プライベートブロックチェーンよりもデータの改ざんの危険性が低く、パブリックブロックチェーンよりも取引承認速度が速いという特徴があります。

 

しかし、本来のブロックチェーンの最大のメリットともいえる「非中央集権で誰でもアクセスが可能である」という特徴がなくなってしまっていることが、コンソーシアムブロックチェーンのデメリットとして挙げられます。

 

今まで用いられてきた例としてはHyperledger FabricやHyperledger Irohaなどがあります。

 

ブロックチェーンの種類のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。ブロックチェーンの種類に関して説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

それぞれに長所・短所があるので、用途との兼ね合いをよく考察することが大切になってきそうですね。

関連記事

ブロックチェーンとは?概要と仕組み、将来性、課題等について解説!|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーン・仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは?|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの問題点(スケーラビリティ問題や51%攻撃について)徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

パブリックチェーンとプライベートチェーンを比較、仕組みの違いとメリット・デメリットを徹底解説!

現在、世界中の注目を集めているブロックチェーンですが、ブロックチェーンの中にもいくつか種類があります。その中でも、パブリックブロックチェーンとはどう…

2018/4/28

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?

コンセンサスアルゴリズムとは、昨今話題のブロックチェーンを支えるデータ承認システムのことです。ブロックチェーンの特性に大きく関わる要素ですので、ブロ…

2018/4/26

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!!

「”ブロックチェーン”。最近よく聞くけど、実際どんな仕組みなのかわからない。けど知りたい。」とお思いの方いらっしゃるのではないでしょうか?本記事では…

2018/4/24

【初心者向け】ブロックチェーンって何?世界一簡単に解説!

最近ビットコインやブロックチェーンという言葉を聞くようになりました。そんな中、「ブロックチェーンって何?」「仮想通貨始めたいけど原理を少し知っておき…

2018/5/24

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

仮想通貨Lisk(リスク)はイーサリアムと同じく、主に分散型のアプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨であり、プラットフォームです。どちら…

2018/5/27

ブロックチェーンのソフトフォークとハードフォークの違いとは?

仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ですが、ビットコインやイーサリアアムのフォークはその価格変動に大きな影響を与えました。このフォークの2種類(…

2018/4/26

イーサリアムのスケーラビリティ問題について解説!問題点や改善点は?

今回はイーサリアムのスケーラビリティ問題について解説します!スケーラビリティ問題の問題点や改善点、さらに今話題のプラズマ(prazma)やライデンネ…

2018/6/16