search_toggle

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂・ハードフォークとは?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

8月1日事件でビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂した理由は?

「ビットコイン(Bitcoin/BTC)が分裂・ハードフォークした」というニュースを聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

2017年、最も注目されたビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂は、8月1日事件(Bitcoin Cashへの分裂)でした。

 

この「分裂・ハードフォーク」ですが、意外とその意味は理解されていません。

そこで、この記事ではビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂の仕組みについて、

詳しく解説していきます。

#

ビットコイン(Bitcoin/BTC)コインの分裂の仕組みとは?

フォークとハードフォークの違い

#

仮想通貨がバージョンアップのために、ハードフォーク(分裂)するということをご存知の方は多いかと思います。

この「分裂」ですが、実はハードフォークにもいくつかの種類があります。

 

仮想通貨の分裂のことを「フォーク」と呼ぶのですが、

この「フォーク」には意図せずして起こってしまうものもあります。

一方、ハードフォークは意図的に起こすものもあります。

一体どういうことなのでしょうか?

 

実はブロックチェーンは同じブロックの承認を2人のマイナーが行ってしまった時に分裂します。

しかし、ブロックチェーンは2つ以上に分岐した場合、早く長くなった方が最終的に生き残るようになっているので、やがて1本のブロックチェーンに収束します。

(ブロックチェーンの仕組みについての詳しい解説はこちらをご覧ください。)

しかし、この2本のチェーンを生成する際、お互いに互換性がないように設定し適切なマイニングをすることで両方のチェーンが生き残り、新たなコインが出来上がるようにすることができます。

これをハードフォークと言います。

 

このようなハードフォークは仮想通貨自体のバージョンアップのために行われることがほとんどです。

詳しくは他の種類のフォークについてはこちら、フォーク自体の種類についてはこちらをご覧ください。

なぜビットコイン(Bitcoin/BTC)がハードフォークしたのか?

#

上記のように仮想通貨はバージョンアップを目的してハードフォークすることが多いのですが、このビットコイン(Bitcoin/BTC)のハードフォークもこれが目的です。

 

ビットコイン(Bitcoin/BTC)には、このまま利用され続けると懸念すべき点がいくつかありました。

具体的には主に以下の3つの問題点です。

 

スケーラビリティ問題

・マイニングの中央集権化(51%攻撃の懸念)

・取引の非匿名性

 

これらについて以下で解説していきます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の課題①スケーラビリティ問題

#

ビットコイン(Bitcoin/BTC)はこのまま利用が進んでいくとスケーラビリティ問題という問題が生じる可能性がありました。

 

これは、要するに仮想通貨の取引に対してマイニングによる処理が間に合わなくなることを言います。

 

マイニングが間に合わないということは送金などの取り引きがいつまでも完了しないという自体を生み出しかねません。

したがって、これを解決するべきだという意見が出ていました。

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説|Coinwall [コインウォール]

スケーラビリティ問題について詳しくはこちらをご覧ください!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の課題②マイニングの中央集権化(51%攻撃の懸念)

#

ビットコイン(Bitcoin/BTC)をはじめとする仮想通貨がブロックチェーンという技術によって成り立っており、

ブロックチェーンの長所は非中央集権的(=分散型)のデータ管理・保管にあります。

 

今までデータ管理・保管などは一箇所で一括して行うことによってセキュリティを高める、というのが一般的な考え方でした。

しかし、一箇所にデータを集めるということは一箇所にリスクを集中させるということでもあります。

もし仮にこの一箇所が攻撃されれば、このデータは全て危険に晒されることになりかねません。

したがってこの「中央集権型」は時に弱点ともなり得たのです。

 

そこでブロックチェーンはデータ管理責任を分散させ、

外部からの攻撃に強い構造を作るという目標の元、開発されています。

しかし、ビットコイン(Bitcoin/BTC)は公開からしばらくして、

マイニングがASICという特殊なマイニング専用装置を利用する人々に限られてきたのです。これにより、データ管理責任が一部の人々に限られてしまいました。

 

さらに、これによってデータを改ざんされる可能性があると示唆する51%攻撃問題も懸念されるようになり、ASICのようなマイニング専門装置に耐性があるシステムを作り出す必要が出てきました。

51%攻撃については以下の記事で詳しく解説しているので宜しければお読みください。

ビットコインの51%攻撃とは? 中国のマイニングプールの独占で起きる!?|Coinwall [コインウォール]

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の課題③取引の非匿名性

#

ビットコイン(Bitcoin/BTC)はセキュリティの頑丈さ・処理速度の速さに注目が集まることが多々ありますが、実は取引に「匿名性」がありません

 

つまりエンジニアリングの技術を持つ人にとっては、どのコインがどのような取引の経緯を今まで辿ってきたのか、筒抜けの状態なのです。

 

もちろん個人レベルでビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨を利用するにはこのようなことは問題にはなりません。

 

しかし、大企業など取引のプライバシーを守りたいというユーザーにとってはビットコイン(Bitcoin/BTC)の非匿名性はネックとなっていました。

 

コミュニティの対立とビットコイン(Bitcoin/BTC)の課題の解決

上記3つのようなビットコイン(Bitcoin/BTC)の問題点が今まで指摘されてきました。

 

これらを解決しようというグループとそのままのビットコイン(Bitcoin/BTC)を用い続けようというグループが存在し、仮想通貨コミュニティ内では対立が起きていました。

 

ハードフォークが起こり、ビットコイン(Bitcoin/BTC)という仮想通貨が分裂していったのはこのようなコミュニティ内の対立が原因です。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂の具体例

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC)

#

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCC)はビットコイン(Bitcoin/BTC)のスケーラビリティ問題を解決するために開発されました。

1つのブロックをビットコイン(Bitcoin/BTC)の8倍の8MBにしたことは特に注目を浴びました。

ビットコインキャッシュについて詳しくはこちらをご覧ください。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)

#

ビットコインゴールド(Bitcoin Gold/BTG)はビットコイン(Bitcoin/BTC)のマイニングの脱分散化を解決するために開発された仮想通貨です。

ハッシュアルゴリズムに工夫を加え、ASIC耐性をつけることでマイニングの分散化を図っています。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)とビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond/BCD)

#

ビットコインダイヤモンド(Bitcoin Diamond/BCD)は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のスケーラビリティ問題を解決しただけでなく、匿名性を持つ仮想通貨です。

 

また発行上限もビットコイン(Bitcoin/BTC)の10倍であるなどいくつかの重大な変更点を持ちます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

次の分裂の予定は!? 2018年には50回以上のフォークが起きる?

#

上記3つのコイン以外にもビットコインは分裂(フォーク) により新たなコインを生み出しています。

 

一説によると2018年には50回以上もの分裂が起こる可能性が指摘されています。

しかし、この分裂はコインの正常なアップデートというよりも金儲けのための手段なのではないかという声もあります。

 

通常、コインが分裂すると同量の新たなコインがもらえます(BTCがBCHに分裂した時1BTCを持っていた人は1BCHをもらえた)が、これを利用して金儲けを企んでいるのではないかということです。

 

ビットコインは仮想通貨界の基軸通貨です。

そのビットコインから分裂したとなれば、新コインの価値はある程度保証されます。

しかも分裂前に保有していた量のビットコインがホルダーに提供されるので知名度も高くなります。

 

つまり、コインを分裂させる開発者側からすれば誕生当初から一定の値段がつくことが決まっているオイシイコインなのです。

 

これが分裂が金儲けに利用されているのではないかとされている理由ですね。

 

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂の仕組み<まとめ>

ここまでお読みいただきありがとうございました。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂の仕組みについてここまで解説してきましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の分裂は価格に影響を与えることが多く、その価格変動について予測するには仕組みを確実に理解することが欠かせません。

 

ビットコイン(Bitcoin/BTC)と他の仮想通貨の違いを知るためにも大切になることが多々あります。

関連記事

ブロックチェーンとは?概要と仕組み、将来性、課題等について解説!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ブロックチェーンのソフトフォークとハードフォークの違いとは?

仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ですが、ビットコインやイーサリアアムのフォークはその価格変動に大きな影響を与えました。このフォークの2種類(…

2018/4/26

Segwit(セグウィット)とは?仕組みや実例を、ライトニングネットワークとの関係も含め徹底解説!

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に2017年8月、Segwit(セグウィット)という仕組みが実装されました。このSegwit(セグウィット)は…

2018/5/15

スケーラビリティ問題や51%攻撃などのブロックチェーン問題点を解説!

ここ最近、注目を集めている仮想通貨を支えるブロックチェーンの技術ですが、実は完璧ではありません。どのような問題点があるのでしょうか。ブロックチェーン…

2018/5/1

フォーク(ブロックチェーンの分岐)とは〜ハードフォークとソフトフォークだけではない?〜

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨の分岐(フォーク)は、ソフトフォークやハードフォークだけではない?仮想通貨の将来性や信頼性を判断…

2018/4/26

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いは?どっちが優れている?

ビットコインとビットコインキャッシュは名前こそ似ていますが別の通貨ですよね。どうしてビットコインはビットコインキャッシュに分裂したのでしょうか?二つ…

2018/6/22

ライトニングネットワークについて徹底解説!実装はいつ?仕組みやデメリットは?

ブロックチェーンには実は様々な問題点があると指摘されています。スケーラビリティ問題は特にその代表的存在でしょう。実はこのスケーラビリティ問題を解決す…

2018/5/10

仮想通貨SHIELD(XSH/シールド)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はSHIELD(XSH/シールド)を紹介します。SHIELD(XSH/シールド)は匿名性や量子コンピュータ耐性を持った仮想通貨です。そんなSHI…

2018/3/24