search_toggle

仮想通貨取引を始めたばかりの方などは買うタイミングを失敗して損失を出してしまう方も少なくないようですね。

 

皆様が楽しくかつ利益を出せるように仮想通貨の買い時、売り時について解説していきたいと思います。

是非最後までお付き合いください!

買い時の予想が難しい仮想通貨の価格変動

#

仮想通貨の価格変動が激しいとは言われますが、具体的にはどの程度のものなのでしょうか。

 

こちらのチャートをご覧ください。

これはビットコインが2009年に誕生してから現在に至るまでの1BTCあたりの価格推移のチャートです。

誕生当時に〇〇btcであったビットコインは、2017年12月にはなんと200万円にも登っています。

 

この値を誕生当時のもので割るとなんとそのか価格は数千万倍にもなるのです。

もし初期の頃ビットコインを百円分でも買っておけば、今頃には数10億円ほどになっており、億万長者になっていたことは間違いありません。

 

しかし大きな価格の上昇がある分、これまでに仮想通貨は数々の大暴落を経験していますMt.Goxのビットコイン盗難事件に始まり、各国の仮想通貨の法規制などで数十パーセントの暴落は全く珍しくありません。

 

そのような中仮想通貨で利益を出すための買い時とは一体どのようなタイミングなのでしょうか。

まずは取引の危険について必ず知っておくべき重要な用語について説明していきます。

ビットコインに関しては以下で詳しく解説しているので是非ご覧ください。

初心者にも分かりやすい、新しい通貨「ビットコイン」とは何か!|Coinwall [コインウォール]

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨の落とし穴①薄い注文板

#

仮想通貨でまずはじめに知っておくべき点は、仮想通貨取引所の注文板は非常に薄いということです。

 

取引高(ボリューム)の多い取引所のビットコイン取引であれば1秒に何件もの取引がなされているためそこまで心配をする必要はありません。

しかし少しでもマイナーなアルトコインの取引になると、中には数百万円分購入すればその取引所のコイン価格を大きく変えることができるほどです。

 

普段日常的に少額で取引するならば問題はないですが、もし悪材料となるようなニュースが発表された時は一瞬で売り注文が殺到し、価格が暴落したのに手持ちのコインを売ることもできず損切りさえできないという悲惨な状況になりかねません。

 

 

仮想通貨の落とし穴②イナゴタワーと狼狽売り

まだまだ社会的に実験段階で買い時の多い仮想通貨ですが、将来的な有用性に関わる材料が公になる度に仮想通貨の価格は大きく左右されます。

さらには、ツイッターなどのSNSで影響力を持つインフルエンサーのたった一言の発言によってでさえも市場を動かすことが度々見受けられます。

 

イナゴタワーとは発表された好材料を見た人がまるでイナゴの大群のようにその銘柄をあさり買うことでできる価格の急上昇と急降下でできるチャートの形のことです。

 

もちろん需給のバランスも乱れるので上昇の直後には価格の急降下が待っています。

もし買い時を間違え価格の急激な上昇につられて仮想通貨を買ってしまえば、直後に価格が急落し大きな損を被ってしまうかもしれません。

仮想通貨の落とし穴③取引所のサーバーに注意

#

仮想通貨売買の世界では取引所が1日に数え切れないほどの取引を受け持っています。

中にはAPIを用いたアルゴリズムによるHFT(高頻度取引)も存在しています。

 

材料が発表されると、莫大な額、件数の取引が一気に殺到することになり取引所のサーバーがダウンしてしまい取引が行えなくなることが実はよくあります。

 

サーバーがダウンする、または作動しにくくなるとせっかくの注文を通すことができずせっかくの買い時、売り時のチャンスを見逃してしまうかもしれません。

安全に取引するための対策

このように仮想通貨を取引する際には注意しなければならない点が多くあります。

それらの危険をくぐり抜けて利益を出すためには具体的にどのような対策が必要なのでしょうか?

 

買い時ばかりを狙っているばかりでなく、資産を失うリスクを伴う取引には十分な知識を必要とするでしょう。

 

 

対策①リミット売買

#

取引所には、規定の値に達したら売買を自動的に行ってくれるような仕組みがあります。

 

ボラティリティーの高い仮想通貨の価格が大きく下がったりした時に、損切りとしてリミット売りを設定しておけば損失を最小限に抑えることができます

 

同様に絶好の買い時を万が一確認できなかったとしても、設定した値を超えていれば買ってに利確をしてくれる非常に便利な機能です。

対策②ニュース材料の把握

#

仮想通貨にはファンダメンタル的な要素もあり、うまく市場の動きに反応できていれば買い時を見逃すことなく大きな利益を得られるかもしれません。

特にあらかじめ価格の変動が予測できるような材料が控えている時には、前もって注文を入れておく、またはリアルタイムで注文を準備しておくのもいいかもしれません。

 

2018年1月、ビットフライヤーがキャンペーンとして数週間後に新しくコインを上場させると発表したときにあらかじめ有力となるコインを絞っておいてあらかじめ買っておき、発表直後価格が上がっていく際に売り抜けることができれば大きな利益をもたらすことができるでしょう。

 

仮想通貨の取引はまさに情報戦でもあるのです。

日々の買い時を見つけるために新聞やテレビ、SNSなどのメディアに日頃触れておくことをオススメします。

仮想通貨の買い時はいつ?

#

さて、これまで仮想通貨の価格変動に関わる様々な重要事項を見てきましたが、一体どのタイミングで仮想通貨の売買を行えばよいのでしょうか。

 

正直なところ仮想通貨はまだまだ発展段階の途中にありまだ実用化するのかどうかもわかっていません。

すなわち仮想通貨の最終的な価値など誰も知る余地がないのです。

 

しかし実用化が成功し世界的に普及が広まれば、あらゆる種類の仮想通貨の価値が大幅に上昇することには間違いありません。まさにこれから仮想通貨の普及が始まろうとしている今こそ買い時なのかもしれませんね。

 

今回は短期売買において、利益を少しでも多く出せるような売買の手がかりとなるような方法について説明したいと思います。

 

また仮想通貨を売買する際のおすすめ取引所について以下でまとめたので是非ご覧ください。

国内・海外の主要な仮想通貨取引所を徹底的に比較しました!|Coinwall [コインウォール]

取引所DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の特徴、メリット・デメリット等解説|Coinwall [コインウォール]

bitbank(ビットバンク)の特徴、メリット・デメリット、登録方法を解説!|Coinwall [コインウォール]

取引所Zaif(ザイフ)の特徴、登録方法、メリット・デメリット等解説!|Coinwall [コインウォール]

BitFlyer(ビットフライヤー)のメリット・デメリット・口座開設方法などを解説!|Coinwall [コインウォール]

短期売買における買い時

#

仮想通貨を一日以内で、はたまた数分以内に取引を終えるような短期売買でここぞという買い時を見つけ、うまく利益を上げるためのテクニックには一体どのようなものがあるのでしょうか。

暴落を狙う

仮想通貨に関わるビッグニュースというのは好材料であれ悪材料であれしばしば突然発生します。

朝起きた時には何の変化もなかったのにいざ学校や仕事から帰ってくると、気づかぬうちに大暴落をしていたなんてことを経験した方も多くいらっしゃるのでないでしょうか。

 

しかしこういった急激な価格変動は実は買い時となるんです。

仮想通貨に共通して言えるのは、市場価値の比較安定している通貨は暴落後に必ず上がっているということです。

 

利益を手にするテクニックの一つは、あえて何も仮想通貨のポジションを取らないことです。

価格の暴落が発生次第、リバウンドを狙って仮想通貨を購入し売りさばく方法は非常に効果的ではないでしょうか。

 

買い時だけではありません。

信用取引を行なっている取引所であれば、ショート注文を行なって暴落時にも利益を得られることができます。

仮想通貨の半減期を狙う

仮想通貨には半減期というものがあります。

半減期とは仮想通貨によるマイニング報酬が半分になる時期のことです。

 

半減期の直前は仮想通貨の価格が上昇する傾向があります。

主な理由として仮想通貨の数自体が減るので希少価値が高まることが挙げられます。

 

半減期については以下の記事で詳しく説明してあるので是非ご覧下さい。

仮想通貨における半減期とは?意味や影響などについて詳しく解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨の売り時

売却する目標値を決める

どれだけ価格が上昇するのか予測するのはかなり難しいですよね。

売却時に関して、投資家の間で有名な相場格言があるのでご紹介しようと思います。

 

頭と尻尾はくれてやれ

 

です。

ここでいう「頭」と「尻尾」は儲け損ねてしまった利益のことを指しています。

 

どれだけ有名で実績のある投資家でも「頭」と「尻尾」を把握することは困難です。

ですのでエントリーする際に利益確定する場所をあらかじめ決めてしまい、そこに決済注文を入れてしまうことが良いと考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

仮想通貨熱がまだまだおさまらない中、初心者の方がどのタイミングで参入すれば良いのかここぞというような買い時を見つけることは難しいと思います。

 

しかし世界の仮想通貨情勢に耳にすませ、親しむことができれば価格変動に乗っかり莫大な利益を得ることができるかもしれません。

自分なりの売買スタイルを見つけるだけでなく、取引所のセキュリティーやサーバーの強度なども考慮した安全な取引ができるとより好ましいでしょう!

 

リスクを取らず、比較的安全な長期保有をしたいというのであれば、普及してからではもうすでに手遅れです。

仮想通貨の存在を知った今こそ買い時なのではないでしょうか。

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

仮想通貨関連記事を以下でまとめたので是非ご覧下さい。

関連記事

仮想通貨にポートフォリオは必要?組み方や管理アプリなど解説!|Coinwall [コインウォール]

【初心者向け】ブロックチェーンって何?世界一簡単に解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨レバレッジを金融庁が規制!レバレッジ取引とは?取引所は?|Coinwall [コインウォール]

「仮想通貨のICOとは?」の疑問に答えます|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ビットコインのアービトラージとは?仕組みやポイントなど徹底解説!

ビットコインのアービトラージとは、取引所間で生じた価格差を利用し「安く買って高く売る」ことで利益を得る資産運用の手法です。比較的に低いリスクで利益を…

2018/6/10

仮想通貨のデイトレードは儲かるのか?

株取引などでよくデイトレードという言葉を耳にしますが、仮想通貨におけるデイトレードは株取引とはどう違うのでしょうか?仮想通貨のデイトレードは実際儲か…

2018/5/26

仮想通貨取引を行う上で必須の知識!〜いろいろなチャートの見方について〜

仮想通貨取引を行う上で、チャートを見る知識は必須です。チャートの見方が分かるとその仮想通貨の今後の動向についても予想が立てやすくなります。今回は初心…

2018/5/1

仮想通貨Honey(ハニー)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はHoney(ハニー)を紹介します。仮想通貨Honey(ハニー)はあまり情報が出回っておらず、実態を把握できない草コインです。どんな仮想通貨なの…

2018/4/9

仮想通貨Ethereum(イーサリアム、ETH)の買い方、おすすめの取引所、購入方法、将来性など解説!

ビットコインに次ぐ第二位の通貨イーサリアム。基軸通貨としても取引所で多く使われているコインです。仮想通貨入門でビットコインを購入したなら、次はイーサ…

2018/3/30

仮想通貨のスプレッドとは?主な仮想通貨販売所ごとのスプレッドの比較などを紹介!

今回は仮想通貨売買のスプレッドを紹介します。スプレッドは仮想通貨を売買する時にとても重要で、意味を知らないと損するかもしれません。そんなスプレッドで…

2018/4/23

bitflyer(ビットフライヤー)でイーサリアムクラシックを入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、イーサリアムクラシックは購入できる…

2018/6/27