どちらの形が優れているという訳ではなく、ブロックチェーンの活用の仕方でどちらが適切なのかが変わります。

 ただ、プライベートブロックチェーンは利用される枠組みとしては決済方法など比較的社会的インパクトが強いもの、パブリックブロックチェーンは既存の企業のサービスから仲介コストを削って改良したものにマッチするといった規模感はあるでしょう。