search_toggle

ハッシュレートとは?

#

ハッシュレートは採掘速度とも言います。

読んで文字の如く、採掘する速度なのです。

 

採掘(マイニング)について知りたい方は、次の記事を見るとわかりやすく書いてあります。

ブロックチェーン・仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは? |Coinwall [コインウォール]

改めて、

ハッシュレートについて解説します。

 

マイニングは計算を行うマシンを用いて行います。

そのマシンの計算力の測定単位のことをハッシュレートと呼びます

 

hash/s1秒間に1ハッシュの計算)という単位がよく使われ、

通常はK(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)などの接頭辞と合わせます。

KHsのように省略されることもあります。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ハッシュとは? -マイニングの演算で使用される-

#

マイニングでは「ハッシュ」という演算が行われます。

簡単に言えばマイニングが成功するかどうかは

ハッシュの計算をいかに早く行うか」

というものです。

 

簡単に説明する為に、

ハッシュを「ある入力に対しランダムな数字が出てくる計算」としましょう。

ハッシュ計算すると、

  • Aという入力に対して1145
  • Bという入力には587
  • ABという入力には07986

が算出されるような感じです。

 

この時、マイニングが成功するかどうかは

100より低い数を算出する入力を見つけた時」

と設定されているとします。

その時にマイナーは、Aから順番にハッシュ計算を試していきます。

というのも、

ランダムな数字が出力されるハッシュでは一つずつ試すしか方法が無いからです。

 

そしてACという入力が59だったとすれば、

この「AC」にいち早く辿り着いた人が勝者となるわけです。

 

ハッシュレートはここで一つ一つの試算の早さを表しています。

1秒間に何度ハッシュを試す事が出来るのか、これがハッシュレートです。

10個のランダムな数字をハッシュで試す事ができるのであれば10Hash/sとなります。

ハッシュレートによってわかること

#

ハッシュレートを気にする場面は、主に2つあります。

  • マイニングに使用するマシンを選定する
  • 特定の仮想通貨における全マイニングの活発度を測る

マイニングに参加した際に得られる報酬額を知ることが出来る

#

マイニングする際になぜハッシュレートを気にするのかというと、

「高いハッシュレートは高いマイニング成功率(ブロック作成確率)を生み出すから」

です。

前述のように、求められている答えにたどり着いた勝者にブロックを作成する権利及び

そのインセンティブ(=仮想通貨)が与えられる仕組みになっています。

 

そのインセンティブを試算できるサイトが、

CryptoCompare(https://goo.gl/R2r5qb)

です。

 

このCryptoCompareで入力すべきものは、

  • 自分のマシンのハッシュレート(Hashing Power
  • マシンの消費電力量(Power consumption
  • キロワットごとの電気代(ドル換算)(Cost per KW/h

です。

得られるデータは、

  • マイニングした仮想通貨から電気代を引いた毎月の利益(Profit per month
  • 1日当たりの採掘量(Mined/day
  • 年間の利益予想(Profit per year

です。

マイナー全体の総マイニング量を知ることが出来る -マイニングの活発度に関係-

#

このマイナー全体のハッシュレートが高いと、

多くのマイナーが参加していることになります。

 

これは、非中央集権を掲げる仮想通貨においては重要で、

データの整合性がより多くの人によって検証されていることを表し、

通貨としての信頼性を担保しています。

 

逆に、ハッシュレートが低い場合は、

トランザクションの処理速度が低下し取引などが滞ってしまったり、

51%攻撃のようなアタックを受けやすくなり、

信頼性を得られません

 

主にハッシュレートが高い・低いでその通貨の活発度は測ることができますが、

例外があります。

マイニングに最適化された

集積回路(=ASIC, Application Specific Integrated Circuit)

を用いると、

ハッシュレートは高い一方で、

大手マイニング会社が寡占し、中央集権的になってしまうこともあります。

マイニングマシンハッシュレート・全体ハッシュレートの調べ方

続いて、ハッシュレートの確認方法について解説します。

マイニングに使用するマシンのハッシュレート確認

先ほど、マイニングによるインセンティブが計算できる

Webサービスを紹介しました。

 

そこでは、自分のマイニングマシンのハッシュレートを知っていなければならないです。

 

 

市販のCPUやGPUは、マイニング専用に作られているわけではないので、

商品ページ等に記載はされていません。

 

ただ、マイニングに使用されることが多いGPUに関しては、

ハッシュレートが一覧表で掲載されていることがあります。

総マイニング量の確認

マイナー全体のハッシュレートは、専門サイトで確認することができます。

今回は、その中でも有名な二つのサイトを紹介します。

ビットコインとビットコインキャッシュの比較に特化したサイトです。

この二つの仮想通貨に関して、

ハッシュレートのみならず計算するブロックの大きさなど、

マイニングに関連する様々な情報を確認できます。

日本語対応はしていないものの、シンプルなUIで利用しやすいサイトです。

#

blockchain.comというビットコインなどの仮想通貨を管理するための、

ウォレットを提供している会社が運営しています。

ビットコインの関連情報の提供をサービスの一環としており、

ハッシュレートなどをはじめとして、様々な情報を確認することができます。

ハッシュレートの分析以外にも、ウォレットとしてもメジャーです。

海外のサイトですが日本語対応がされているので安心して利用できます。

#

ハッシュレートの推移と比較

BTC(ビットコイン)とBCH(ビットコインキャッシュ)の比較

下のグラフを見ても、BTCの方がよりハッシュレートが高いことがわかります。

つまり、BTCの方がより活発にマイニングされていることがわかりますね。

BCHのハッシュレートは、微減。BTCのハッシュレートは、微増。

ただ、BTCは昇降が激しく、あくまで平均的な推移においてです。

#

BTCとBCHのハッシュレートは反比例する?

BTCとBCHのハッシュレートは反比例すると言われています。

 

そこには、

  • BTCとBCHが似たアルゴリズムを採用している
  • 全体ハッシュレートが高い通貨では、マイニング成功率が低くなる

と言う2つの要素があります。

 

先ほど、全体のハッシュレートはマイニングの活発度を表していると記述しました。

つまり、ハッシュレートが高ければ、マイニングに参加しているマシン量が多く、

マイニング難易度が上がる(=報酬を受け取りにくくなる)と言うことです。

 

そこで、

BitcoinとBitcoinCashの間でマイナーの流入出が生じている

と言われています。

ハッシュレートと価格の関係は?

上記のビットコインとビットコインキャッシュの例にも見られるように、ハッシュレートの高さとマイニング難易度は相関しています。

 

マイニングの報酬として得られるコインの量は一定なので、マイニングする対象のコインの価格が下がっている時は、マイナーが他のコインに流れる可能性があります。

 

逆にあるコインの価格が上がっている時はマイナーがそのコインに流れ、ハッシュレートが高くなることも考えられます。

 

このように、ハッシュレートは、ビットコインなどの価格を見る際にも注意しておきたい点の一つなのです。

ハッシュレートの計算とGPUの関係

#

GPUマイニングが現在の主流

ビットコインが開発された当初は、一般向けコンピュータの「CPU」を利用していました。

知名度が低かった為、

CPUに簡単なコードを入力するだけで報酬を得ることが出来ていました。

 

現在はGPU(Graphics Processing Unit/画像処理装置)が主流になりつつあります。

“GPUとは、3DCG(3Dグラフィックス)の描画をする際に必要な計算処理を受け持つ半導体チップのことである。”

出典:https://www.weblio.jp/

つまり、より効率的に計算ができ、マイニングに向いているのがGPUなのです。

 

中でも、RadenonGeFroce GTXというGPUがマイニングに特化したものとして主に用いられています。

GPUマイニングは製品の種類によって特性が違う

GPUマイニングをするにあたって、確認しなくてはいけないのは、

製品の種類によってハッシュレートが変わってくる

ということ。

 

さらに、マイニングをする仮想通貨の種類によって出題される計算問題が違うため、

GPUごとに得意不得意が存在することも知っておかなくてはなりません。

まとめ

 

最後まで、読んで頂きありがとうございました。

ハッシュレートについて解説してきましたが、いかがでしたか?

ハッシュレートから仮想通貨のことを

見るとまた違った見方が出来ますね。

 

ハッシュレートに関して、新たな情報がありましたら、

随時追加致します。

関連記事

仮想通貨の採掘・マイニングとは?仕組みや種類、方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

サイドチェーンとは(親チェーン?子チェーン?ビットコインとの関係性は?)|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Bitcoin (ビットコイン、BTC)をマイニングをする、とは?仕組み、収益性、方法を解説!

今回はBitcoin (ビットコイン、BTC)におけるマイニングを紹介します。そもそもマイニングというもの、仕組みは何なのか、どんな方法があるのだろ…

2018/6/10

仮想通貨の採掘・マイニングとは?方法や種類、方法を徹底解説!

仮想通貨の採掘・マイニングとは、取引記録の承認を行い報酬として新規発行されたコインを入手するプロセスを意味します。ハッシュ関数などマイニングの根本的…

2018/4/22

Antpool(アントプール)とは?人気マイニングプールについて詳しく解説

仮想通貨に投資をする方の中には、取引所などから仮想通貨を売買するだけでなく自らマイニングを行う方も多いです。マイニングの手段として人気のプールマイニ…

2018/5/15

Bitcoinマイニングに最適なASICを解説!CPU・GPU・FPGAも比較!マイニングによる利益は?

ASICは「特定の目的の為に作られた集積回路」で、Bitcoin(ビットコイン・BTC)専用マイニングとしても用いられています。そんなASICの基礎…

2018/5/15

ブロックチェーン・仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは?

ブロックチェーンや仮想通貨について調べている時に、”マイニング(採掘)”という言葉を聞いたことはありませんか?マイニングというのは、ブロックチェーン…

2018/4/26

マイニングプールとは?仕組みや特徴から参加の仕方まで解説

GMOやDMMなどの日本企業が、Bitcoin(ビットコイン・BTC)のマイニング事業に参加することが話題となり、マイニング報酬を得る方法として”マ…

2018/5/15

Bitmain社ってどんな会社?事業内容や利益、最近のニュースまで徹底解説!

今回はマイニング事業などでかなりのシェア率を誇るBitmain社について解説します!Bitmain社は具体的にどのような種類のマイニング事業に参加し…

2018/5/20