search_toggle

「マイニング」って言葉は聞いたことがあるけど…

この記事では、仮想通貨における「マイニング」という概念についてご紹介します。この記事では、

 

  • 仮想通貨を始めようと思っているけど、マイニングってなんなのか知りたい!
  • 取引所でビットコインを買ってみたけど、マイニングっていう方法でも手に入れられるらしい…どうすれば?
  • マイニングって儲かるの?

 

などなど、仮想通貨に最近初めて触れられた方を対象に解説していきます。

簡単な概要から始めて少し詳細なことも説明しますが、技術的な話には踏み込みません。

 

なお、ここでは主に「ビットコイン」のマイニングについてご説明します。

#

初心者にも分かりやすい、新しい通貨「ビットコイン」とは何か!|Coinwall [コインウォール]

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

読む前の記事のまとめ

ビットコインのマイニングは、

 

  • 儲からない!
  • ビットコインに絶対に必要な「承認作業」と「通貨発行作業」
  • 個人だとやっている人はほとんどいない

 

これらの理由をこれから丁寧にご説明します!

マイニングとは

マイニングとは、一言で言うと

 

仮想通貨の運営を助ける報酬付きのボランティア活動

 

です。

 

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、日本円や米ドルのように中央銀行が発券・管理しているわけではありません。中央の管理者は存在せず、世界中に散らばっているボランティアの力によって運営されています。ボランティアには様々な人たちがいますが、その中でも特に、

 

仮想通貨の取引の承認を助けるボランティア

 

のことを、マイニングをする人(=マイナー・Miner)と呼びます。

 

では、「取引の承認」とは一体なんなのでしょうか?

これを理解するため、ビットコインを例にとって仮想通貨の仕組みから説明していきます。

#

ブロックチェーン

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、「ブロックチェーン」と呼ばれるひとつなぎの台帳に、

その全ての取引が記録されています。そこには、

 

「ビットコインを、

 

  • 誰から
  • 誰に
  • いくら
  • いつ

 

送りました」という情報が記録されているのです。

 

しかし、なんの仕組みもなしにこれを記録する場合、その情報が改ざんされたり、間違った情報が記録されたり、あるいは何回も同じことが記録されたりするかもしれません。

仮想通貨という「お金」の移転に関する記録ですから、それが「絶対に正しい」ことを誰かが保証しなくてはならないのです。

 

通常の日本円などの送金の際には、その「正しさ」は日銀などが保証しています。多額のお金をかけてつくられ、厳重に守られたシステムによって間違いなくお金のやりとりが行われているのです。

 

しかし、この「銀行による正しさの保証」には多額の費用がかかります。身近なところでは、ATMの引き出し手数料や送金手数料などで、私たちにその費用が跳ね返ってきているのです。

ビットコインでは、その銀行がやっている「正しさを担保する作業=取引の承認作業」をボランティアにやってもらえればお金をかけなくても済むのでは?という発想に至りました。

 

その「取引の承認作業」こそが、「マイニング」と呼ばれるものです。

以下の記事ではブロックチェーンについてもっと詳しく解説しています。

ブロックチェーンは仮想通貨の基本となる技術なので、

仮想通貨を勉強する際には必須の知識であると思います。

 

是非ご覧ください。

ブロックチェーンとは?概要と仕組み、将来性、課題等について解説!|Coinwall [コインウォール]

ハッシュ関数

さてここで、ブロックチェーンの仕組みを説明するために、「ハッシュ関数」という概念を導入します。

この関数が存在することによって、ボランティアによる取引の承認作業が初めて可能になるのです。

 

ハッシュ関数とは、一言で言うと、

 

ある文字列を全く無関係な文字列に変換する関数

 

のことです。これだけでは分かりづらいですから、少し例を見ていきましょう。

下の表は、いくつかの単語や文章をSHA-256と言うハッシュアルゴリズムによって変換した結果です。

 

元の文字列 ハッシュ化した文字列
Coinwall

46fd40f56feacb21be2f6962ac8cdc674

67284b32f60d336a188e438baede415

Coinwall1

a904c96c5f7942d595e1fdb513146006

a2a800b801ede2c8ce770aa7a4af0c03

A hash function is any function that can be used to map data of arbitrary size to data of fixed size. 

f1da01275371385193854b27743d659f

d62ddaeb1c7fb7465d08e8e48278ee23

 

表の左側がハッシュ関数で変換する前の文字列、右側が変換した後の文字列です。

全く無関係な文字列に変換されているのがお分かりいただけると思います。さらに特徴として、

 

  • もとの文字列がよく似ていても変換結果は全く異なる
  • 変換後の文字列数は同じになる

 

と言うことが挙げられます。

 

では、この関数がブロックチェーンと取引の承認作業にどのように関わってくるのでしょうか。

取引の承認=ハッシュ関数の探索作業

「ブロックチェーン」は、仮想通貨の取引が記録されているものであるとご説明しました。

ではそもそもなぜ「ブロックチェーン」と言うのか?ということですが、「取引の情報を集めたブロック」が「チェーンのようにつながっている」ことからそう呼ばれます。

#

まず、世界中で発生している取引情報は、ビットコインの場合10分ごとにひとまとめにされて「ブロック」を作ります。そのブロックを現状あるブロックチェーンの最後に接続する作業が「取引の承認=マイニング作業」と呼ばれます。

 

この際、先ほど説明した「ハッシュ関数」が必要になってきます。マイニングをする人は、それまで承認済みの取引から生成されたハッシュ値X、新たに追加しようとするブロックのハッシュ値Y、ナンス値Zの3つの値を組み合わせたもので新たなハッシュ値Aを作ります。

 

このX,Y,Zの3つの値を組み合わせてハッシュ化すると新たなハッシュ値Aができるわけですが、そのAは一定の条件を満たしている必要があります。

そのようなAを探すために、マイニングをする人はナンス値Zを調整して総当たりで探索しています。

 

ハッシュ関数は全く無意味な文字列を生成する関数なので、条件に合うAを生み出すZは、ひたすら総当たりで計算する以外に探す方法がありません。そのためその計算には膨大なマシンパワーを必要とするのです

このようなマイニング作業は、専用のマシンと莫大な電気代を必要としますから、報酬がなければ誰もマイニング作業を行ってくれません。

そこで、取引の承認作業を行って、一番早くナンス値Zを見つけられた人に対して報酬が与えられることになっています。

 

ビットコインの場合、その報酬は新規に発行されたビットコインによって支払われます。

2018年4月現在その報酬は12.5BTC、日本円でおよそ1000万円程度に設定されています。

この報酬を巡って熾烈なレースが繰り広げられています。

マイニングに掛かる電気代はいくら?黒字にする為に気をつけること|Coinwall [コインウォール]

マイニングのもう一つの側面〜新規通貨発行〜

さて、これまではマイニングの「承認作業」という役割についてご説明してきましたが、

ここではマイニングのもう一つの重要な役割、「通貨の新規発行」についてご説明します。

 

マイニングによって与えられる報酬は、もともと市場に流通している通貨ではなく「新規に発行された通貨」によって支払われます。

つまり、マイニングが行われれば行われるほど(=時間が経過するほど)、市場に流通する通貨の総量は増えていきます。

 

2018年現在マイニングの報酬は12.5BTCですが、この報酬額は4年ごとに半減していきます。

結果として通貨供給量の増加は逓減し、2140年ごろに通貨の新規供給が終了すると言われています。

それまでの間、マイニングによって流通する通貨の量は増え続けます。

 

既存通貨(日本円など)では各国の中央銀行が通貨の流通量を制御していますが、

仮想通貨ではその役割をマイナーが行なっているのです。

 

仮想通貨における半減期とは?意味や影響などについて詳しく解説!|Coinwall [コインウォール]

マイニングは誰がやっているの?

では、そんな「マイニング作業」は一体誰がやっているのでしょうか?

 

上でもご説明しましたが、マイニングをするためには総当たりの計算をずっと繰り返さなくてはなりません。

ビットコインが誕生してからまもない頃は個人のPCでもマイニングが行えましたが、2018年現在では大規模な資金と設備を備えたマイニング業者がマイニングをしているため、個人が参入するのは現実的ではなくなっています。

個人がやることも不可能ではないですが、全く儲からないのが現状です。

 

#

クラウドマイニングとは?初心者でもできる仮想通貨マイニングの方法|Coinwall [コインウォール]

マイニングプールとは?仕組みや特徴から参加の仕方まで解説|Coinwall [コインウォール]

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

マイニング作業は仮想通貨の根幹を支えるために大変重要な作業ですが、

一方で個人がやっても全く儲からない仕組みになっています。

 

個人で仮想通貨を手にいれたい時は、取引所で仮想通貨を手に入れるのが一番近道です。

 

Coinwallではおすすめの取引所をご紹介していますので、ご興味があればそちらもご覧ください!

仮想通貨取引所一覧 | Coinwall比較

国内・海外の主要な仮想通貨取引所を徹底的に比較しました!|Coinwall [コインウォール]

関連記事

【はじめての方向け】仮想通貨とそのおすすめ取引所を徹底比較!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨の採掘・マイニングとは?仕組みや種類、方法を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ビットコインに消費税はかかる!? 法改正後の状況までわかりやすく解説!|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンの問題点(スケーラビリティ問題や51%攻撃について)徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

「仮想通貨のICOとは?」の疑問に答えます|Coinwall [コインウォール]

GenesisMiningとは?特徴・使い方・他大手との違いを解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!!

「”ブロックチェーン”。最近よく聞くけど、実際どんな仕組みなのかわからない。けど知りたい。」とお思いの方いらっしゃるのではないでしょうか?本記事では…

2018/4/24

ビットコインの51%攻撃とは? 中国のマイニングプールの独占で起きる!?

ビットコインの危険性の一つにあげられる51%攻撃とはなんでしょうか。この記事では51%攻撃の仕組みをわかりやすく解説するだけでなく、51%攻撃ででき…

2018/4/26

仮想通貨の採掘・マイニングとは?方法や種類、方法を徹底解説!

仮想通貨の採掘・マイニングとは、取引記録の承認を行い報酬として新規発行されたコインを入手するプロセスを意味します。ハッシュ関数などマイニングの根本的…

2018/4/22

1Satoshi(サトシ)っていくら?ビットコインの生みの親サトシナカモトとは?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)には最小の単位が存在しているをご存知ですか?その単位はSatoshi(サトシ)です。ではこのSatoshiは何…

2018/6/3

ブロックチェーン・仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは?

ブロックチェーンや仮想通貨について調べている時に、”マイニング(採掘)”という言葉を聞いたことはありませんか?マイニングというのは、ブロックチェーン…

2018/4/26

Bitcoin (ビットコイン、BTC)をマイニングをする、とは?仕組み、収益性、方法を解説!

今回はBitcoin (ビットコイン、BTC)におけるマイニングを紹介します。そもそもマイニングというもの、仕組みは何なのか、どんな方法があるのだろ…

2018/6/10

【初心者向け】ブロックチェーンって何?世界一簡単に解説!

最近ビットコインやブロックチェーンという言葉を聞くようになりました。そんな中、「ブロックチェーンって何?」「仮想通貨始めたいけど原理を少し知っておき…

2018/5/24