search_toggle

仮想通貨のスプレッドとは?

#

仮想通貨を売買する時にスプレッドという言葉を聞いたことはありませんか?

 

スプレッドとは、仮想通貨の販売所で仮想通貨を買ったり売ったりするときに生じる、

買値と売値の差額のことです。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

なぜスプレッドが生じるの?

仮想通貨の取引では、さまざまな手数料が発生します。

そのさまざまな手数料の一つに仮想通貨の販売所に支払う手数料があり、

それがスプレッドとなっています。

 

つまり、スプレッドは「販売所の利益」であるともいえます。

スプレッドがあるとどうなるの?

私たちが仮想通貨を売買するときに、スプレッドがあることで損することもあります

 

例えば、買値が1000円で売値が900円の仮想通貨を購入した場合を考えましょう。

このとき買値と売値の差額、つまりスプレッドは100円となります。

 

すなわちこの時点ですでに100円の損失が生じていることになります。

 

このように、もし売却したときに生じる損失を含み損といいます

なので、利益をあげるためには売却価格が元の購入価格を上回って、含み損をなくす必要があります

 

よって仮想通貨を購入するときは、販売所ごとのスプレッドを比較検討することが重要になります

主な仮想通貨販売所ごとのスプレッドの比較

スプレッドは販売所や仮想通貨ごとに異なり、時間や価格ごとにも変化します。

 

そこで、主な仮想通貨販売所ごとのスプレッドの違いを比較してみました。(2018年4月12日現在)

  BTC ETH XRP BCH ETC LTC MONA
bitFlyer 17,890 3,401     71 876 26
Zaif 37,263           19
GMOコイン 972            
DMM Bitcoin 1,150 4,425 4,714 5,611 4,370 1,031  

このように、販売所によって売買できる仮想通貨は限られており、スプレッドもかなり差があります。

 

ビットコインを売買するにはGMOコインが一番低いスプレッドとなっていますが、

他の仮想通貨を購入できません。

 

取り扱っている仮想通貨の種類が多いのはbitFlyerDMM Bitcoinです。

 

なので自分に合った仮想通貨と取引所をきちんと見極めることが大切です。

 

仮想通貨取引所について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

国内・海外の主要な仮想通貨取引所を徹底的に比較しました!|Coinwall [コインウォール]

販売所と取引所の違いは?

#

仮想通貨の売買で生じるスプレッドは販売所で支払う手数料となっています。

一方で仮想通貨を取引する場として取引所もあり、そこでは取引手数料などがかかることもあります。

 

では販売所と取引所はどう異なるのでしょうか?

販売所と取引所の違い

販売所仮想通貨を販売所から直接売ったり買ったりする場です。

 

一方取引所他のユーザーと取引所を介することで、仮想通貨を売買する場です。

 

ユーザー同士が自由に価格設定する取引所でも手数料は発生しますが、極めて低く設定されています。

 

それに対して販売所では販売所が価格設定をしているため、スプレッドが高額になっていることが多いです。

 

そのため、仮想通貨を安く購入したいときはユーザー間で売買ができる取引所をおすすめします!

 

とはいえ、会社によって取引所としてのサービスと販売所としてのサービスを両方提供していたり、

一方のみのサービスをしていたりします。

 

また、仮想通貨の種類によっても、提供するサービスが異なっています。

主な仮想通貨取引所・販売所一覧

  取引所 販売所
bitFlyer
Zaif
GMOコイン
DMM Bitcoin
bitbank ×
BITPONT ×
BTCBOX ×
QUOINEX ×

仮想通貨の取引で生じるその他の手数料

#

仮想通貨の取引には、スプレッド以外にも手数料として、入金手数料、出金手数料、取引手数料、送金手数料があります。

入金手数料

仮想通貨を入金するときには、銀行振込やクイック入金、コンビニ振込などがあり、

それぞれ異なる入金手数料がかかります。

 

入金手数料は販売所や取引所によっても異なっています。

出金手数料

仮想通貨を取引し、売却して日本円を得た場合、取引所や販売所から登録した銀行口座に出金しないと、

日本円を使えません。

 

銀行口座に出金するときにかかる手数料が出金手数料で、これも取引所や銀行、

出金額などによって異なります。

取引手数料

仮想通貨をユーザー同士で取引する取引所で、取引する場合にかかる手数料が取引手数料になります。

取引手数料は仮想通貨の種類や取引所によって異なっています。

 

また、仮想通貨を取引したら手数料をもらえる取引所もあり、例えばZaifでビットコインを取引した場合、

取引額の0.05%や0.01%もらえるようになっています。

送金手数料

ある取引所から他の取引所のウォレットに仮想通貨を送金したい場合にかかるのが送金手数料です。

 

送金手数料は取引所や仮想通貨の種類によって異なります。

まとめ

#

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

スプレッドとは何か、主な仮想通貨販売所ごとのスプレッドの比較、販売所と取引所の違いなどについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

 

スプレッドは仮想通貨を売買する場である販売所で生じる手数料のことで、販売所や仮想通貨の種類ごとに異なってきています。

 

仮想通貨を購入するときは販売所ごとのスプレッドを比較検討することをおすすめします。

関連記事

ビットコインに消費税はかかる!? 法改正後の状況までわかりやすく解説!|Coinwall [コインウォール]

クレジットカードで仮想通貨は購入できる?購入方法など解説!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

bitFlyerの手数料を解説!各種手数料の詳細からオススメの運用方法!

今回は国内仮想通貨取引所の1つ『bitFlyer』の手数料について紹介していきます!国内最大の取引所であり、手数料が高いと噂されるbitFlyerは…

2018/5/25

仮想通貨取引所手数料ランキング・一覧表!取引(売買)・日本円入出金・送金手数料を比較します

仮想通貨(暗号通貨・ビットコイン)取引所の手数料を徹底比較します。仮想通貨取引は人によってスタイルがあり、それぞれに合った取引所を選ぶべきです。気に…

2018/7/7

フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所の各種手数料を解説!〜より良い運用〜

今回は国内仮想通貨取引所の1つ『フィスコ(FISCO)仮想通貨取引所』の手数料について紹介します。各種手数料の詳細、スプレッド等のことを解説していき…

2018/5/18

GMOコインの手数料は高いのか?入出金手数料から取引手数料まで詳しく解説します!

販売所としてに新たに参入してきた「GMOコイン」。同グループの金融のノウハウを強みにした強力なFXのレバレッジや、便利なアプリの機能などで知られてい…

2018/5/5

bitbankの入出金手数料やトレード手数料など手数料を徹底解説!

今回は、アルトコインにおいて圧倒的な人気を誇る国内仮想通貨取引所、bitbankの手数料についてみていきます!bitbankのトレード手数料や入出金…

2018/5/14

DMM Bitcoinの手数料を解説!各種手数料から、特徴・他社比較まで!

2018年1月にオープンしてまだ日が浅い国内仮想通貨販売所 DMM Bitcoin!!金融庁の認可も得ており、手数料が安いと好評であるが実際どうなの…

2018/5/2

bitbank(ビットバンク)の入金から出金まで送金方法について説明します!

アルトコインが安価に手に入り、使いやすく多機能なトレードツールに定評があるbitbank(ビットバンク)について、どのようにして送金すれば良いのでし…

2018/5/14