search_toggle
Ic head point

この記事でわかること!

  • リターンが期待できるオススメの仮想通貨

  • 仮想通貨をどのように保持したり、売ったりするとお得か

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    どの通貨を買ったら良いか迷っている人

  • Ic megafon notice

    今後に期待できる草コインを知りたい人

仮想通貨ブームは過ぎ去った?そもそも仮想通貨は儲かるの?

#
当たり前ですが、仮想通貨はものすごく儲かる可能性もあるし、ものすごく大損する可能性もあります。
 
2017年11月頃、仮想通貨が大いに賑わいました。
 
当時ビットコインを買った人は儲かったのか、儲かっていないのかと言うと、損した人が多いと言われています。
 
それもそのはず、ビットコインが話題となり、今までビットコインを買っていなかった人が一斉にビットコインを買う動きを見せました。その結果、ビットコインの価格が急騰し、ビットコインは史上最高値を記録しました。
 
2017年12月頃は、1ビットコインの価格は200万円を超え、最大で約220万円まで高騰しました。 そんなビットコインですが、今ではバブルが崩壊したかのように急落し、現在では1ビットコインあたり70万円。価格の落ち着きを見せています。
 
つまり、3桁万を超える価格の時にビットコインを購入した人は大きく損失をしている状態と言えます。
 
ただし、価格が急騰する前に買った人は大儲け。億を超えるリターンを得た「億り人」になったと言うのも事実です。
 

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

いかに「価格が安い時に仮想通貨を買っておくか」が重要!

投資は自己責任と言う前提でのお話しになりますが、

結論、価格が下落している現在の仮想通貨は買っておくにはいい機会だと考えられます。

 

2017年12月に高騰した仮想通貨も、安い時に買っておいたからこそ得をした人がいたように、いかに周りのみんなが買っていない時に買っておけるか、が投資で儲けるためには重要な考え方の一つです。

仮想通貨を買っておくには今が絶好の機会!?

#

こちらはGoogle Trendsで調べた「仮想通貨」と検索された数を推移として表したグラフです。

 

グラフを見てもお分かりの通り、去年価格が高騰し、多くの人がビットコインに関心を持った2018年1月、「仮想通貨」と検索する人の数がピークに達しました。

 

その後、ハッキング事件などが起こり人々の関心が薄れ今ではピークの10分の1の検索数となっています。また、以下の画像は「チャート」と言ってビットコインの価格の推移を表したものですが、検索数=人々の関心と比例するかのように、ビットコインの価格も減少しているのがわかります。

 

 

#

2017年の年末に億を超えるリターンを得た人たちは、世の中のほとんどの人々が仮想通貨に対して関心を示していない時に仮想通貨を買っていたからこそリターンを得られたとも言えます。

 

そう考えると、現在の仮想通貨の価格や推移の状況を考えても長期的に保有する観点では、買っておくには絶好の機会とも取れると言うわけです。

 

Ic head link

あわせて読みたい

とりあえずどの仮想通貨を買えばいいのか

Ic head point

仮想通貨選びのポイント!

  • どれを買えば良いかわからない人はこれから紹介する通貨がおすすめ

  • 草コインは有用性で見て将来性を感じる通貨がおすすめ

「儲かるみたいだし仮想通貨買ってみたい!けど、どの仮想通貨を買えばいいのかわからない!」という方も多いでしょう。

また、1から勉強するのも面倒だし、手っ取り早く儲かりそうな銘柄を教えて欲しい!そんな方もいると思います。

それもそのはず、2018年5月現在、仮想通貨は1600種類程度あると言われており、自分で全て調べ上げるのは至難の技です。

 

coinwallではすでに500通貨近くについて調べて記事を書いています。その強みを活かして編集部が今後価格が上がりそうなおすすめ銘柄を選び、ランキング形式で紹介し、仮想通貨を新たに買うことを検討しているかたの1つの参考になるための記事を作りました。

 

何度も言いますが投資の世界には絶対はありませんので、あくまでも投資は自己責任であり、今回の内容はCoinwall独自の見解です。価値の上昇を保証するものではないのでご了承ください。

 

 

仮想通貨取引所選びに悩んでいるならここがおすすめ

  • Ic megafon notice

    GMOコインなら、もれなく登録するだけで20000satoshi貰えるキャンペーン中!

  • Ic megafon notice

    DMMBitcoinも口座開設で最大5000円貰える期間限定キャンペーン中!

#
GMOコインの無料登録はこちら
#
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

ズバリ!本命仮想通貨ランキングTOP5!

1位:ethereum(イーサリアム・ETH)

#

イーサとはビットコインに次いで時価総額ランキングで2位を誇る仮想通貨です。イーサにはいくつかの特徴があります。よく聞くイーサリアムとはシステム全体のことをさしており、通貨単位がイーサです。イーサリアムにはスマートコントラクトというシステムがあります。

スマートコントラクトは送金情報以外の様々な情報を記録、読み込みができる機能です。スマートコントラクトを利用することによって様々な契約を簡略化することができます。契約を簡略することで契約にかかった時間とコストを減少することができます。

そんな機能を持っているイーサリアムは2013年当時19才ヴィタリック・ブテリン(vitalik buterin)が考案しました。その後2014年イーサリアムの先行販売を開始、2015年イーサリアムのリリースを行い、今では仮想通貨時価総額ランキング2位の巨大通貨になりました。通貨のブロックチェーン活用だけに止まらないところに非常に将来性を感じます。

 また、イーサリアムの活用に共同で取り組む企業連合であるイーサリアム企業連合(EEA)にはマイクロソフトやJPモルガン、IBM、日本企業でいうとトヨタ自動車がなどが参加しています。大企業の注目度から見ても、イーサリアムの将来性に期待できるという点からおすすめです。

Ic head list

イーサリアムを取り扱う国内取引所

  • Zaif

  • bitFlyer

  • bitbank

  • DMMBitcoin

  • GMOコイン

  • QUOINEX

  • BITPoint

Zaif(ザイフ)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

2位:Bitcoin cash(ビットコインキャッシュ・BCH)

#

ビットコインキャッシュ(BCH)は仮想通貨時価総額ランキング4位の仮想通貨で、日本時間の2017年8月2日にビットコインから分岐して誕生しました。まだ生まれてから一年も立っていない通貨です。なぜ分岐したかというとSegwitに関してビットコインを運営している人たちで衝突が起き、意見が一致せず、新しい通貨を作ることになってしまったためです。

 

そんなこんなでビットコイン内が騒がしくなっているときに取引所はユーザーにとっておいしい取り組みを発表します。ビットコインが分岐する前にビットコインキャッシュに対応することを表明していた取引所では分岐前にビットコインを持っていたユーザーに持っているビットコインと同量のビットコインキャッシュを提供するという取り組みです。購入もせずに通貨が手に入るなんてお得ですね!とてもおすすめの通貨です。

現在ビットコインキャッシュは時価総額ランキング4位という上位に位置し、人気のある通貨の1つとなっています。ビットコインとビットコインキャッシュの違いの1つにブロックの大きさがあります。

ビットコインは1MBであるのですが、ビットコインキャッシュは8MBの大きさを持っています。これによりビットコインキャッシュではビットコインよりも取引処理能力の向上を可能にしました。

さらにビットコインキャッシュは5月15日に8MBから32MBになるハードフォークが予定されており、スマートコントラクト も実装予定で将来が期待でき、おすすめです。

Ic head list

ビットコインキャッシュを取り扱う国内取引所

  • Zaif

  • bitFlyer

  • GMOコイン

  • BITPoint

  • QUOINEX

  • coincheck

GMOコインの無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

3位:Ripple(リップル・XRP)

#

仮想通貨時価総額ランキング第3位に位置しているリップルは日本人が非常に好んでいて、グーグルが出資したことで非常に注目されました。
リップルは2004年にカナダの開発者であったRyan Fugger氏によって考案されました。2004年だとSatoshi Nakamotoがビットコインを発表した時よりも前ですね!

 

ビットコインよりも古いリップルですがビットコインとは大きな違いがあります。それは通貨が中央集権的な点です。ビットコインは世界中のマイナーによって取引の信頼性が証明される非中央集権的な管理をされています。
しかしリップルではビットコインが採用しているプルーフオブワーク(POW)ではなくプルーフオブコンセンサス(POC)を採用しています。(POCとは取引の信頼性を一部の信頼できる承認者たちによって投票で決めてもらう方法になります。)そしてなんとリップルではその承認者のほとんどがリップル社のサーバーで構成されています。つまりリップルはリップル社によって取引の信頼性を証明されるまさに中央集権的通貨なのです。

 

しかしリップルも後々はリップル社以外の承認者を増やしていき、非中央集権的な通貨にする予定だそうです。

Ic head list

リップルを取り扱う国内取引所

  • bitbank

  • GMOコイン

  • coincheck

bitbank(ビットバンク)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

4位:Bitcoin(ビットコイン・BTC)

#

 仮想通貨時価総額ランキングトップのビットコイン。仮想通貨について詳しくない人でもビットコインのことを知っている人は多いのではないでしょうか。
ビットコインは2008年10月にSatoshi Nakamto氏が発表した論文によって提唱されました。


 2009年1月に初めてビットコインがブロックを生成し、2010年5月にはビットコインでピザが購入され、初めてビットコインが現実で決済として利用されました。
 それから違法薬物を取り扱っていた闇サイトのシルクロードや閉鎖したマウントゴックスなどで世間で悪印象を持たれながらも価格は上昇していき、また多くの人から注目され初めています。

ビットコインは取引量がもっとも多い仮想通貨です。取引量が多い場合、その通貨の価格が変化する可能性が高くなり、逆に取引量が少ない場合、価格が変化する可能性が低くなります。

また、取引量が少ないと取引を行いたい時に約定しない場合があります。仮想通貨を投機として考えているのであれば取引量がもっとも多く価格の変化が起きやすいビットコインを購入するのは間違えではないと思います。

ビットコインは投機だけではなく実生活でも決済として利用されています。

ビットコイン決済を導入している日本企業にはビックカメラ、コジマといった家電量販店での決済取り扱いがスタートしています。投機だけではなく実生活でも利用できるのはとても魅力的ですよね。

日常でも使えるという観点からおすすめできます。

Ic head list

ビットコインを取り扱う国内取引所

  • Zaif

  • bitFlyer

  • bitbank

  • GMOコイン

  • DMMBitcoin

  • QUOINEX

  • BITPoint

  • Coincheck

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

5位:Cardano(エイダコイン・ADA)

#

エイダコインは仮想通貨時価総額ランキングで5位に入る人気仮想通貨です。

 

Cardano(カルダノ)はオンラインカジノを扱うプラットフォームのことで、そのオンラインカジノ内で利用される仮想通貨のことをADA(エイダコイン)と呼ばれています

 

Cardanoではオンラインカジノに止まらず分散型アプリケーション(Dapps)の開発決済などの様々なことをこの汎用的なブロックチェーンプラットフォーム上で行うことができます。

 

エイダコインはイーサリアム開発に携わったチャールズ・ホスキンソン氏が手掛けた通貨です。

2017年10月に公開されたばかりの非常に新しい通貨です。

そんな新しい通貨のエイダコインですが、すでに時価総額ランキングで5位につける成長を遂げています。

Ic head list

ADAコインを扱うおすすめ海外取引所

  • Binance(バイナンス)

  • Bittrex(ビットレックス)

初めての海外取引所なら

  • Ic megafon notice

    Binanceは登録無料、本人確認不要で5分で登録完了!

Binance(バイナンス)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

番外編:日本発!今後に期待のモナコイン(monacoin)

モナコインとは

#
モナコインは国産、2ちゃんねる発の仮想通貨です。
ワタナベ氏によってライトコインをベースに開発され、2014年にリリースされたコインです。モナコインの「モナ」とは2ちゃんねるの代表的なキャラクターの「モナー」を元に作られました。 通貨単位は「MONA」、埋蔵量は1億512枚でビットコインの2,100枚と比べると非常に大きいことがよくわかります。 2013年にワタナベ氏がモナコインを公開し、2014年にリリースとなりました。
 
 
モナコイン当初の価格は約2.5円でしたが、2018年7月現在は1MONA250円まで上がっています。
 
同年の2014年にモナコインを使ったオークションサイトのモナオクが公開され、実際にモナオク上でモナコインを使って土地の売買が行われました。
 
日本国内でも、仮想通貨が実物と取引できる時代が始まっています。
Ic head list

モナコインを取り扱う国内取引所

  • Zaif

  • bitbank

  • bitFlyer

  • FISCO

Zaif(ザイフ)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

国内発の仮想通貨は著名人も期待!

日本国内での人気は凄まじく、2ちゃんねるのように投げ銭ができる掲示板Ask Monaや、メッセージにモナコインを添付し送信できるMonappyなど様々な日本語サイトが誕生しています。

また、有名実業家である堀江貴文氏もモナーコインに注目しています。

Ic head link

モナコイン関連サービス

モナコイン大成長

Ic head link

モナコインチャート

#

2014年に出来たばかりのモナコインですが、仮想通貨の時価総額ランキングでは33位に位置しています。

時価総額は一時270倍の高騰を見せましたが、価格でも非常に大きな変化が見られました。

2017年3月22日に1MONAが62~66円
2017年12月22日に1,622円まで約25倍の値上がりをみせました。

アルトコイン カテゴリー別おすすめランキング

coinwallでは以下の判断基準で仮想通貨の将来性(長期保有前提)を考察しています。

 

・ビジネス的有用性

そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行なうのかなどについて、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのかを確認します。

 

・チーム

初期のフェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資をすると述べますが仮想通貨プロジェクトも同様です。つまりプロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクトの成功角度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

 

・発信/マーケティング活動

上記の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり数字を見て定量的に評価することが出来ません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは「人材採用」、「資金調達」、「開発」などの進捗報告がうまく進んでいる等について定期的にホルダーへの情報開示、近況報告を行なうことです。その情報開示、コミュニケーションの度合い、事業進捗、マーケティング活動にどれだけのリソースをかけられているかを確認します。

 

・コミュニティの熱狂度

仮想通貨は金融資産であるとともに独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ・経済圏と呼べます。仮想通貨圏の強化にはコミュニティの愛着心、コミュニティ全体としてどれだけビジョンを信じ、共感できるかといった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等を元に、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。

 

ビジネス的有用性から見るおすすめアルトコイン銘柄ランキングTOP5!

「ビジネス的有用性から見るアルトコイン銘柄ランキング!」は仮想通貨の流動性と既存のビジネスモデルとの差別化を基準に独自に選出しました。

ビジネス的有用性が大きいものは長期で見たときに私たちの生活に大きな影響を及ぼしうる力を持っており、価格も上がる可能性があると言えるでしょう。

 

1位 STEEM(スティーム)

#

Steem(スティーム)はSteemit内で真のオンラインコンテンツの価値を報酬に繋げる仮想通貨プロジェクトです。

従来、オンラインコンテンツはSEO(検索エンジン最適化)対策を行なうことでユーザーにリーチしていました。そのため、オンラインコンテンツはコンテンツの質よりもSEO対策を重視する傾向にあり質の低いオンラインコンテンツが蔓延していました。

その社会的課題を解決することを目標とするのがSteem(スティーム)です。

スティーム(Steem)では良質なコンテンツを投稿した人とその投稿にいいねした人に報酬が支払われます。投稿にいいねをした人にはいいねをした時間と量によって配分される報酬が決まります。

通貨の流動性: Steem(スティーム)では3つのトークン(Steem、Steem Power、Steem Dollar)を利用します。トークンのインフレ(つまり価値の下落)を防ぐために3つのトークンを使用しています。これにより、ユーザーがSteemit内のトークンを保持し利用することのインセンティブを構築しています。

 

既存のビジネスモデルとの差別化: 従来のSEO対策に重きを置いたオンラインコンテンツと違い、Steemitはオンラインコンテンツの質の重きを置いており、良質なコンテンツ投稿者と読者が得をするビジネスモデルを構築することで、ユーザーを惹きつけようとしています。

 

 

 

Steemit公式ページはこちら
Ic head list

Steemを取り扱う海外取引所

  • Bithumb

  • Upbit

  • Binance

  • Huobi

Binance(バイナンス)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

2位 ALIS(アリス)

#

ALIS(アリス)はSteem(スティーム)と同様にオンラインコンテンツ業界にイノベーションを起こそうとしている仮想通貨プロジェクトです。

ALIS(アリス)は日本発の仮想通貨プロジェクトであり、ICO(Initial Coin Offering)で約4.3億円の資金調達に成功しました。

ALIS(アリス)はSteem(スティーム)同様にSEO対策に重きを置いた質の低いオンラインコンテンツの排除を目的に良質なコンテンツ投稿者への報酬良質な記事を早く見つけた読者への報酬の提供を行ないます。

 

日本発の仮想通貨プロジェクトであることから、ホワイトペーパー日本語版があるのでALISについて詳しく知りたい方は下のリンクからALIS(アリス)ホワイトペーパーに移れます。

 

ALIS(アリス)日本語版ホワイトペーパー

 

 

通貨の流動性: Steem(スティーム)は3つのトークンを利用しています。3つのトークンはインフレ防止に役立つ仕組みであるのですが、その複雑なトークン設計によりユーザーが増えないという状況が現在起こっています。

ALIS(アリス)では誰でも簡単にプラットフォームに参加できるようにALISトークンのみがプラットフォームで利用可能です。これにより、ユーザーのプラットフォーム参加のハードルを下げトークンの流動性を高める狙いです。

 

既存のビジネスモデルとの差別化: 既存オンラインコンテンツはコンテンツの質=ユーザー獲得ではなかった場合があり、その結果はコンテンツの質が下がりユーザーの期待を裏切っていました。

しかし、ALIS(アリス)では良質なコンテンツ投稿者とそのコンテンツに早い段階からいいねをした人に報酬を与えることにより、良質なオンラインコンテンツのプラットフォームを形成します。

Ic head list

ALISを取り扱う海外取引所

  • Cryptopia

  • Coinexchange

  • YoBit

Cryptopia(クリプトピア)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

3位 Enjincoin(エンジンコイン)

#

Enjincoin(エンジンコイン)はソーシャルゲームにおける最大規模のオンラインプラットフォーム構築を目指しているゲーム系仮想通貨プロジェクトです。コミュニティの形成やバーチャル空間でお店を開くことができ、バーチャルグッズを売買することができます。

従来のソーシャルゲームではオンラインでのバーチャルグッズ取引での詐欺が横行しました。また、ゲームで得た経験値を他のゲームに反映することができず、ゲーム間の互換性欠如もありました。

これらの問題をEnjincoin(エンジンコイン)はブロックチェーンを導入することで解決します。詐欺の横行はブロックチェーンの透明性が防ぎ、ゲーム間での互換性も同一のブロックチェーンを利用しているゲームであれば可能になります。

 

通貨の流動性: Enjincoin(エンジンコイン)プラットフォーム内では今まで価値として認識されてなかったゲームアイテムをEnjincoin(エンジンコイン)を使って取引することができます。今までなかったゲームアイテムと通貨の交換はユーザーに新しい体験を提供し、通貨の流動性を保証するでしょう。

 

既存のビジネスモデルとの差別化: 今まではゲーム内で完結した価値を現実世界に持ち込むことがEnjincoin(エンジンコイン)の介することによって可能になります。これは従来のゲームとは完全に一線を画しています。

 

ゲーム領域ではブロックチェーンはアツいです。Enjincoin(エンジンコイン)以外のゲーム系仮想通貨にも興味のある方は下のリンクからご確認ください!

 

 

 

https://enjincoin.io/
Ic head list

EnjinCoinを取り扱う海外取引所

  • Binance

  • Cryptopia

  • HitBTC

  • KuCoin

Binance(バイナンス)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

4位 Golem(ゴーレム)

#

Golem(ゴーレム)はEthereumブロックチェーン上で設計されているコンピューターリソースの共有エコシステムの構築を目指している仮想通貨プロジェクトです。

従来、コンピュータを使用している人がそのコンピュータの全ての計算能力をフル活用しているとは言えない状況が続いていました。この状況に目をつけたのがGolem(ゴーレム)プロジェクトです。Golem(ゴーレム)はブロックチェーン・スマートコントラクトの利用、トークンの発行により、コンピュータリソースのシェアリングエコノミー構築をしています。

コンピュータリソースのシェアリングエコノミーを構築することで分散型スーパーコンピュータの構築高価なコンピュータを買う必要がなくなるメリットが生まれます。

 

通貨の流動性: ブロックチェーンとスマートコントラクトの利用で、トラストレスの取引を可能にします。これにより、コンピュータリソースの取引を容易に行いやすくなりGNTトークンの利用ハードルを下げます。

また、コンピューターリソースのトラストレスなC2C売買はGolem(ゴーレム)プラットフォームでしか利用できない価値であるため、通貨の保持と利用は促進されるのではないでしょうか。

 

既存のビジネスモデルとの差別化: Golem(ゴーレム)のトラストレスC2Cビジネスかつコンピュータリソース共有は斬新なものです。開発が難しいと言われることもあるため、実現可能性が高いとは言えないかもしれません。

しかし開発が成功しサービスがリリースされれば、分散型スーパーコンピュータの構築などで既存のコンピューター周りのビジネスにおおきな影響を与えるでしょう。

Ic head list

Golemを取り扱う海外取引所

  • Bithumb

  • BuyUcoin

  • OKEx

  • Upbit

OKExの無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

5位 Ambrosus(アンブロサス)

イーサとはビットコインに次いで時価総額ランキングで2位を誇る仮想通貨です。イーサにはいくつかの特徴があります。よく聞くイーサリアムとはシステム全体のことをさしており、通貨単位がイーサです。イーサリアムにはスマートコントラクトというシステムがあります。

 

スマートコントラクトは送金情報以外の様々な情報を記録、読み込みができる機能です。スマートコントラクトを利用することによって様々な契約を簡略化することができます。契約を簡略することで契約にかかった時間とコストを減少することができます。

 

そんな機能を持っているイーサリアムは2013年当時19才ヴィタリック・ブテリン(vitalik buterin)が考案しました。その後2014年イーサリアムの先行販売を開始、2015年イーサリアムのリリースを行い、今では仮想通貨時価総額ランキング2位の巨大通貨になりました。通貨のブロックチェーン活用だけに止まらないところに非常に将来性を感じます。

 

 また、イーサリアムの活用に共同で取り組む企業連合であるイーサリアム企業連合(EEA)にはマイクロソフトJPモルガンIBM、日本企業でいうとトヨタ自動車がなどが参加しています。大企業の注目度から見ても、イーサリアムの将来性に期待できると思います。

#

Ambrosus(アンブロサス)はIotセンサーやRFIDとロックチェーンを利用し、食品や医薬品業界のサプライチェーンの効率化を目指す仮想通貨プロジェクトです。Ambrosus(アンブロサス)は国連からの支援を受けていることからも今後に期待できると思います。

 

従来のサプライチェーンでは、製品データの完全性のある共有が難しかったために高価な温度調節機能のあるトラックを使用、ロジスティクスプロバイダーを雇うことでモノを運んでいました。

Ambrosus(アンブロサス)ではブロックチェーンを利用することで、データの完全性を可能にし食品・医薬品等の状態データの可視化を可能にします。それにより、以前よりもコストの低いサプライチェーン管理ができます。

 

通貨の流動性: Ambrosus(アンブロサス)のトークンはデータ結合型トークンであり、トークンは価値でありデータでもあります。

ただ、トークンエコノミーとしては完成されていないため今後、トークンの流動性を考慮したプロジェクト構築が求められる。

 

既存のビジネスモデルとの差別化: ブロックチェーンとIotセンサー、RFIDで信頼性のあるデータの記録を行ない、既存のサプライチェーンよりも効率的な仕組み作りを行なう。

 

Ic head list

Ambrosusを取り扱う海外取引所

  • KuCoin

  • HitBTC

  • Binance

KuCoin(クーコイン)の無料登録はこちら
Ic head link

あわせて読みたい

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて 仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。 仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

おすすめ仮想通貨 まとめ

最新版おすすめ仮想通貨銘柄ランキングについて紹介しました。いかがでしたでしょうか?

今後ブロックチェーン技術が生活に浸透してくると真に有用性を持った通貨は生き残り、内容のない仮想通貨は淘汰されていくでしょう。

 

ブロックチェーンに関する知識をつけて仮想通貨に対して正しい判断をできる目を養うことで確実に儲けることも可能になるでしょう。

coinwallでは色々な仮想通貨銘柄についての記事をどこよりも出している自負がありますので、ぜひ色々な通貨についての記事を読んでみてください。その中に将来大化けする銘柄も隠れていることでしょう!

 

本サイトが皆様の仮想通貨ライフのお役に立てることを願いながら記事を更新していきますので今後ともよろしくお願いいたします!

 

 

仮想通貨情報ならCoinwall

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Enjin Coin(ENJ、エンジンコイン)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

今回紹介するのはEnjin Coin(ENJ、エンジンコイン)です。ゲームのためのスマート仮想通貨であるEnjin Coin(ENJ、エンジンコイン…

2018/3/13

仮想通貨Golem(ゴーレム・ゴレム・GNT)とは?特徴、取引所・買い方・チャート

今回は仮想通貨Golem(ゴーレム・ゴレム・GNT)を紹介します。Golem(ゴーレム)はコンピューターリソースをP2Pを利用して取引を可能にするこ…

2018/2/11

STEEMとALISの共通点、相違点はどこ?分かりにくい違いについて解説

分散型メディアプラットフォームとして誕生したSTEEMとSTEEMを元に日本で生まれたALIS。2つとも目的はネット上の記事を公正に評価する体系を作…

2018/6/15

2018年仮想通貨Dent(DENT、デント)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回は仮想通貨Dent(DENT,デント)をご紹介します。日本ではあまり知られてないこの通貨は、アメリカでは大きな話題を呼んでいます。それもそのはず…

2018/5/2

2018仮想通貨Steem(スティーム)の今後、将来性、最新ニュースをご紹介

コンテンツ報酬型SNSとして現在勢いを増しているSteemit.comですが、そんなSteemit内で使用できる通貨が、仮想通貨Steem(スティー…

2018/5/2

仮想通貨Steem(スティーム)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨Steem(スティーム)です。コンテンツを提供するだけで報酬がもらえるのがSteemです。1位の方は1記事で35万円も稼いで…

2018/3/24

Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨について、それぞれの通貨の特徴と将来性などを徹底的に解説!

今回は、Zaif(ザイフ)の取り扱い通貨について解説していきます。Zaif(ザイフ)は取り扱い通貨がたくさんあって、どれを選んだらいいかわからないと…

2018/7/2