search_toggle
Ic head point

この記事でわかること!

  • 仮想通貨詐欺の典型的なパターンがわかる!

  • 仮想通貨詐欺の実例がわかる!

  • 仮想通貨詐欺にあわないために、どうすべきかわかる!

この記事を読むのがおすすめな人

  • Ic megafon notice

    仮想通貨関係で、怪しいと感じたことがある方

  • Ic megafon notice

    仮想通貨詐欺に巻き込まれることを不安に感じている方

  • Ic megafon notice

    仮想通貨詐欺を恐れて、仮想通貨に関わるのを避けている方

うまい話には要注意! 〜仮想通貨詐欺が多発中〜

#

様々な分野で詐欺は起こりますが、

残念ながら仮想通貨分野も例外でなく、詐欺が多発しています。

詐欺で全財産を失うなんて事態に陥る訳にはいかないですよね。

 

うまい話は基本詐欺!

 

おかしいと感じたら、とりあえずネットで調べましょう。

有名な詐欺の場合、何か有益な情報を得られるはずです。

 

詐欺に実際にあってしまった場合は、まずは警察や国民生活センターに連絡しましょう。

 

 

Ic head link

国民生活センター公式サイト

今回の記事では

 

・仮想通貨詐欺の典型的なパターン

・仮想通貨詐欺の実例

・仮想通貨詐欺への対策

 

について説明していきます。

 

記事を通して

仮想通貨詐欺にあわないよう注意すべきことを頭に入れていきましょう

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨詐欺には典型的なパターンがあります〜うまい話は詐欺〜

これは仮想通貨詐欺だ!と判断するためには、

まず仮想通貨詐欺の典型パターンを知ることが大事ですよね。

典型例を知っておけば、詐欺に騙される確率はグンと下がります。

 

そこでまずは、詐欺のパターンを5種類紹介します。

 

①仮想通貨販売業者が”価格保証します”と謳って購入を勧めてくる

一定の値段より価格が下落しないことを保証している状態を価格保証と呼びます。

仮想通貨は変動が大きいのに、

販売者側が多大なリスクを背負って価格保証することはまずあり得ないですよね。

 

つまり、

仮想通貨販売業者が”価格保証します”と宣伝して購入を勧めてきたら、

詐欺の可能性が非常に高いです!

 

”価格保証がある”と聞くと安心して購入してしまうかもしれませんので

価格保証あり”という言葉に決して騙されないように注意しましょう。

②上場前の仮想通貨を先行販売する代理店には気をつけろ

取引所での扱いがない上場前の仮想通貨を、

 

上場前の今が安く購入できるチャンスで、

上場して値があがった後に売却するとかなり儲かる

 

と謳って購入を勧めてくる代理店には注意しましょう。

 

将来性のある通貨のように思えても、

上場するとは限らない上、通貨発行前に代理店が姿をくらます場合もあります。

 

仮想通貨に興味はあるものの知識が少ない場合、

このパターンの詐欺に騙される可能性が高いので気をつけましょう!

特徴③セミナーで購入を勧められる仮想通貨は怪しい

#

投資の専門家による講演会などが準備されているセミナーだと信用しがちですよね。

しかしそんなセミナーであっても、

受講者に仮想通貨を購入してもらうことを目的としている場合があります

 

セミナーのなかで、”この仮想通貨を買うと儲かる”と謳って

受講者を洗脳させ購入させようとするのです。

 

騙されやすい場合や、詐欺かどうかの見極めに自信がない場合

とにかく投資関係のセミナーに参加するのを控えることが、

自分の資産を守る上で有効な方策です。

④”最悪、買い取ってもらえばいいか”はNG

”購入後にやめたくなっても半額で買い取ります”

と謳って仮想通貨の購入を勧めてくる仮想通貨販売業者に注意しましょう。

 

詐欺販売業者は最初から半額分儲けようとしているだけです。

 

”買取保証”という言葉に安心して購入してしまわないよう気をつけましょう。

⑤異常に配当がいいクラウドマイニングに要注意

実績があるクラウドマイニングと比べて、

 

・異常に配当が高い

・詳細な情報がない

 

クラウドマイニングに騙されないようにしましょう。

 

マイニングしていないのに、資金だけ集めて消えてしまう悪質な業者が存在するのです。

Ic head link

あわせて読みたい!

本当にあった怖い仮想通貨詐欺を一挙に紹介!!

最近横行している仮想通貨詐欺の中でも悪質だった

仮想通貨の詐欺コインを一挙に紹介します。

 

自分には無関係だと考えるのではなく

実際起こった事件である点を重大に受け止め、

詐欺の手口を頭に入れるようにしましょう。

ノアコイン 〜フィリピン政府との提携は大嘘だった〜

#

ノアコインは

フィリピン政府などと提携していると謳い、

様々な投資家から多くの資金を集めました。

 

フィリピン政府などが相次いでノアコインと無関係であることを発表して、

詐欺であるという噂が蔓延しました。

 

結局、返金騒動にまで発展しました。

 

公的機関との連携は本当かどうかきちんと確かめる必要があります

クローバーコイン 〜マルチ商法に加え、抱き合わせ商法まで〜

#

クローバーコインは、

 

・知り合いに買わせたらコインが配布されるという典型的なマルチ商法

・購入するとリップルが特典としてもらえるという

 知名度の高いリップルとの抱き合わせ商法

 

を行いました。

 

セミナーを大々的に行って宣伝に力も入れて多くの投資を集めましたが、

強制捜査が入り返金を行う結果になりました。

 

現在は販売が終了しています。

 

マルチ商法や抱き合わせ商法、セミナーなどの詐欺の手口を頭に入れましょう

ディールコイン 〜セミナーを利用したネズミ講方式で詐欺〜

#

ディールコインは

芸能事務所の社長も関わっていると話題になっていました。

 

しかし実際はセミナーを使ったネズミ講方式の詐欺で高齢者を中心に詐欺を働いていて、

被害者が資本金を振り込んだ後は音沙汰がなかったそうです。

 

その後公式サイトは閉鎖されて運営者たちも逃亡しています。

 

ネズミ講方式やセミナーといった詐欺の手口は典型的なので、

ここで頭に入れてしまいましょう

ADAコイン 〜大物が関わっていると宣伝〜

#

ADAコインは、2017年10月に上場しました。

大物が関わっていて注目されていると宣伝していましたが

実際はアクセス数が少なく、

コイン公開が延期されるなどトラブルが多くみられました。

 

実際に公開され上場しているので詐欺でないという人もいますが、

詐欺と疑われても仕方ありません。

 

大物が関わっているという宣伝では、本当かどうか確かめ、

できればその大物の人物について詳しく調べるようにしましょう。

ピンコインとアイファン 〜ICO史上最大の詐欺事案〜

ピンコインとアイファンの2つのICOは、

ベトナムを本拠地とする企業モダンテックが実施したものです。

 

ピンコインは、一月の投資利益40%を約束し、

アイファンは、有名人によるファンへの宣伝を利用していました。

 

しかしモダンテックは

投資家からえた莫大な投資金を騙しとり、

現金引き出しにも応じませんでした。

 

2つのICOは結局、連続販売取引詐欺と認定されました。

 

繰り返しになりますが、

うまい話には罠があるということを忘れないようにしましょう。

また、有名人が宣伝しているというだけで投資をするのは避けましょう

ビットコネクト 〜融資すると利息がもらえると宣伝〜

#

ビットコネクトは

 

・ユーザーに、ビットコインをビットコネクトコインに交換させて、

 桁外れの投資利益を約束

・他のユーザーにビットコネクトコインを融資すると、

 プラットフォームで貸したビットコネクトコインに応じて

 利息が受け取れる仕組みを導入

 

しました。

 

しかし、米国の2つの金融規制当局から停止命令が出されたのを受けて、

1月に操業を停止になりました。

 

繰り返しになりますが、

投資家の方は、うまい話をたやすく信じないように十分気をつけましょう。

プレックスコイン 〜1ヶ月で1300%のリターン!?〜

#

プレックスは1ヶ月で1300%のリターンを約束し

プレックスコインのICOでは、

1500万ドル以上の資金が集まりました。

 

しかし投資利益をうたう典型的なポンジスキームと認定されて、

証券取引委員会が業務停止を命じました。

 

1ヶ月で1300%のリターンなんて普通ありえないはずです。

とにかくおいしい話には絶対乗らないようにしてください!

 

セントラテック 〜著名人が宣伝〜

セントラテックは、

 

・ボクシングのスーパースターなど著名人による宣伝

・仮想通貨を法定通貨に交換できるというビザ

・マスターカードのデビットカード計画

 

で注目されました。

 

SECの指摘によると

2人の創業者がICOのプロモーションのために

 

・見栄えのする経歴を持った幹部をでっち上げ

・虚偽・誤解を招くマーケティング資料を自社のウェブサイトに掲載

・著名人に報酬を支払って宣伝

 

を行ったということです。

 

有名人が宣伝するICOの場合、

その広告出演で受け取る報酬をが明らかにされていない場合は

違法の可能性が高いので注意しましょう。

仮想通貨詐欺にあわないために

#

上で紹介した実例のような仮想通貨詐欺には、

誰でも巻き込まれる可能性があります。

 

仮想通貨詐欺にあわないためには、

 

・うまい話に乗らず怪しいと思ったらすぐWebで検索する

・金融庁公認の取引所で購入する

 

ことが重要になってきます。

 

対策①うまい話は信用しない。怪しいと思ったらすぐネット検索

うまい話には必ず罠があります。

その罠が詐欺である可能性も充分にあります。

 

怪しいと感じたならまず業者の名前や電話番号をインターネットで検索するべきです。

 

現代の情報化社会においてネットは非常に活用できます

 

対策②金融庁公認の取引所で購入する

金融庁公認の仮想通貨取引所は、基本的に安心して利用できます。

万が一詐欺に巻き込まれても、

取引履歴が残っているため警察に相談すると対応してもらえるのです。

 

coincheckのように取引所がハッキングにあった事例はありますが、

取引所はハッキング対策を入念に行っているので

ハッキングについてあまり心配する必要はないです。

 

例えばbitFlyerは世界一のセキュリティーを誇る取引所なので

登録をおすすめします!

運営会社: 株式会社bitFlyer
資本金: 41 億 238 万円
事業者登録:

Img radar chart bitflyer

    仮想通貨取引量・ユーザー数国内NO.1!

  • Ic check exchange point

    最大15倍の高レバレッジ取引が可能

  • Ic check exchange point

    FX売買手数料無料

  • Ic check exchange point

    資本金額、国内取引所最大

-基軸通貨数(7種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH Thumb crypto etcETC Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto bchBCH Thumb crypto monaMONA LSK
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 0.01~0.15%
アルトコイン売買手数料 0~0.2%
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥324円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥216~756円
-詳細-
取引ツール bitFlyerLightning
最大レバレッジ 15倍
入金方法 銀行振込クイック入金コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.00000001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

仮想通貨 詐欺 まとめ

#

今回の記事では、仮想通貨の詐欺について解説しました。

 

仮想通貨詐欺には特徴があり、

典型例を頭に入れることである程度の対策が可能です。

 

万が一巻き込まれてしまった場合には、

国民生活センターなど国の機関に連絡するようにしましょう。

Ic head link

国民生活センター公式サイト

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年5月版クローバーコインは詐欺なのか?怪しい通貨のその後と実態を解説

2017年に話題となり、そのまま詐欺通貨の烙印を押され話題から消え去ったクローバーコインですが、2018年2月に上場するのではとの噂が広まり、話題の…

2018/5/27

ICOとは?仮想通貨を使った新しい形の資金調達!ICOの主な流れを解説します

「仮想通貨のICO」は開発の為の資金調達などの目的で使われる新しい形の資金調達です。ICOの特徴や仕組み、メリットデメリットまで詳しく解説します。ま…

2018/7/16

HYIP(ハイプ)とは?仕組みは?詐欺まがいで危険!2018年仮想通貨版マルチ商法!

仮想通貨情報で最近よく目にする HYIP(ハイプ)について説明します。ハイリスク・ハイリターンで詐欺だ!とも言われています。HYIPの仕組みはどのよ…

2018/6/19

仮想通貨Wowbit/Wowoo(ワオビット/ワウー/WWB)とは?特徴、最新ニュースなど解説!

今回はWowbit/Wowoo(ワオビット/ワウー/WWB)を紹介します。Wowbit/WowooはICOをサポートするプラットフォームとして機能す…

2018/5/16

なんjコイン(NANJ)の買い方、取引所の特徴、将来性などを解説!

今回は仮想通貨なんjコイン(NANJ)の買い方、取引所の特徴などをご紹介していきます。まだ国内取引所では上場を果たしていないなんjコインの買い方につ…

2018/5/7

2018年仮想通貨なんJコイン(ナンジェーコイン/NANJ)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はなんJコイン(ナンジェーコイン/NANJ)を紹介します。なんJコイン(ナンジェーコイン/NANJ)はスポーツに特化した国産通貨です。新たな取引…

2018/5/12

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)に中国企業テンセントが出資をするのはガセだった?!

中国のSNS運営最大手テンセントが仮想通貨Ripple(XRP・リップル)に対し、20億ドルが出資されるという報道がありました。果たしてこの出資は本…

2018/5/2