search_toggle

ライトコインキャッシュ(LCC)~Litecoin(LTC,ライトコイン)がハードフォーク~

2018年2月に仮想通貨Litecoin(ライトコイン,LTC)がハードフォークして暗号通貨ライトコインキャッシュ(LCC)作られました。

1LTCに対して10LCCが付与されました。

当初の取引量は低調であまり多くなかったものの、その後の少しの期間は緩やかに価格を上昇させました。

 

また、ライトコインキャッシュの運営チームはライトコインのファンであると自称しています。

 

しかし、ライトコインキャッシュはライトコインの開発チームとは何の関係もなく非公認です。それどころかライトコインの開発者であるCharlie Lee(チャーリ・ーリー)氏ライトコインキャッシュは詐欺コインであると批判しております。同時に、開発チームあがライトコインからハードフォークさせて新しい仮想通貨を作る予定はないと述べています。

 

ライトコインキャッシュの特徴についてはこの記事の後半でライトコインの特徴と比較して解説しています。

ライトコインキャッシュのHP

ライトコインキャッシュの概要に関しては以下のリンクで詳しく解説しております。

ライトコインキャッシュは詐欺コイン?生まれた背景から詳しく解説|Coinwall [コインウォール]

ライトコインキャッシュはライトコインからハードフォークの末誕生しました。ハードフォーク前はチャーリー・リー氏から詐欺コインだと批判される騒動等もありましたが、一体どのような仮想通貨なのでしょうか?ライトコインキャッシュが生まれた背景から詳しく見ていきます。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Litecoin(LTC、ライトコイン)とは?

#

仮想通貨Litecoin(LTC,ライトコイン)はBitcoin(ビットコイン)が【金】であるのならLitecoin(ライトコイン)は【銀】であるというコンセプトのもと誕生しました。

つまりライトコインキャッシュはビットコインの問題点、課題を解決し、その不完全性を補う”アルトコイン”としての役割を果たすことを目標としています。

アルトコインとしての価値

暗号化技術に優れていて、送金速度が速いうえに送金手数料もあまりかかりません。その流動性の高さから日常生活の中での少額決済手段となることが多いです。

仮想通貨決済の普及が進んでいる中、決済サービスに力を入れているライトコインは大きく注目を集めていて仮想通貨市場の中でも人気が高いです。

2019年に半減期を迎えるため理論上の価格上昇を期待されていることも要チェックです。

ブロックチェーンの課題、問題点については以下のリンクで解説しています。

ブロックチェーンの問題点(スケーラビリティ問題や51%攻撃について)徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ここ最近注目を集めている仮想通貨を支えるブロックチェーンの技術ですが、実は完璧ではありません。どのような欠点があるのでしょうか?それに対する解決策はあるのでしょうか?スケーラビリティ問題や51%攻撃などを中心に詳しくみていきましょう。

以下のリンクにて仮想通貨Litecoin(ライトコイン)の基本情報についての詳しい解説を行っているので、そちらの方も確認してみてください。

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

今回紹介するのは仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)です。Bitcoinの次に作られ、2番目に古い”Litecoin”。Bitcoinとの違いを始めとし、Litecoinがどんな機能の仮想通貨なのか、高騰する可能性はあるのか、その特徴やチャート、将来性、取引所での購入方法まで徹底解説します。

ライトコインの送金時間は短い?送金時間に関する情報について解説|Coinwall [コインウォール]

ライトコインは仮想通貨界の銀になるべくして誕生したアルトコインです。最近では107億円を短時間・低手数料で送金することに成功しています。そんなライトコインの送金時間に焦点をあてて、送金時間が短い理由やデメリットについて詳しく見ていきます!

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったのか徹底解説します。

ハードフォークとは?  そもそもフォーク(分岐)とは?

#

ブロックチェーンのフォーク(分岐)とは何でしょうか?

ブロックチェーンはブロックがチェーンのように繋がったもの、すなわちトランザクションデータの記録のかたまり(=ブロック)が(チェーン状に)次々と連なったものを指します。

 

フォークとはこのように連なってる一本のブロックチェーンが二本に分岐することです。

 

しかしそのままであるとフォークしたブロックチェーンが無限分裂してしまうためある一定の条件を満たさない限り分裂したブロックチェーンが存続できないような仕組みになっております。

フォーク(分岐)の種類

フォークの種類については以下のように説明を行うことができます。

“ブロックチェーンのフォーク(分岐)には大きく分けて2種類あります。 まず自動的に生成されるのかまたはブロックチェーンの改善など仕組みの変更を目的に行われるのかというように2種類に大別できます。 (1)自動生成 (2)仕組みの変更 として以下で解説します。 また(2)仕組みの変更、には変更前後での仮想通貨の互換性の有無について分けることができ、 (2ーA)ソフトフォーク (2ーB)ハードフォーク とします。 そして(2ーB)ハードフォークには3種類あり、”

出典:https://coinwall.jp/

フォークの種類の中でも、分岐したブロックチェーンが最終的に収束し、フォークする前の通貨とフォークした後の通貨で互換性のあるものはソフトフォークと言い、分岐したブロックチェーンが収束しなく、分岐前の通貨と後の通貨で互換性のないものハードフォークと言います。

 

ハードフォークした通貨はより大きく変更されやすく、物議をかもしやすいです。

ソフトフォークとハードフォークの比較について以下のリンクにて詳しく解説を行っています。

ブロックチェーンのソフトフォークとハードフォークの違いとは?|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ですが、ビットコインやイーサリアアムのフォークはその価格変動に大きな影響を与えました。このフォークの2種類(ソフトフォーク とハードフォーク)について、実際の具体例と照らし合わせながら、詳しくその違いを解説します。

ソフトフォークとハードフォークを始めとする、その他のフォークの仕組みなど詳しい解説は以下のリンクで解説しています。

フォーク(ブロックチェーンの分岐)とは〜ハードフォークとソフトフォークだけではない?〜|Coinwall [コインウォール]

ビットコイン(Bitcoin/BTC)などの仮想通貨の分岐(フォーク)は、ソフトフォークやハードフォークだけではない?仮想通貨の将来性や信頼性を判断したり、ブロックチェーンの仕組みを理解するのに必須の「フォーク」に関する知識を図を用いて解説します!

ライトコインキャッシュ(LCC)とライトコイン(LTC)の相違点

仮想通貨ライトコインからハードフォークしたライトコインキャッシュですが、どこまでが共通していて、どのような点が違うのでしょうか?ハードフォークした意義はどれほどあったのでしょうか?

それらについて表にまとめたうえで以下で解説していきます。

  ライトコインキャッシュ ライトコイン
ブロック生成時間 2.5分 2.5分
SegWit 実装 実装
ライトニングネットワーク 実装 実装
マイニングアルゴリズム SHA256 Scrypt
取引手数料 ライトコインの約90% 比較的安い
発行枚数 8億4000万 8400万枚

 

ライトコインキャッシュ(LCC)とライトコイン(LTC)の共通の特徴

#

ブロック生成時間

ブロック生成時間はライトコインキャッシュもライトコインも約2.5分です。

SegWit(セグウィット)の実装~トランザクション展性、スケーラビリティの問題解決~

ライトコインキャッシュはライトコインと同様にSegwitを実装しています。

それによって、トランザクション展性やスケーラビリティ問題を解決しています。

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったのか徹底解説します。

Segwit(セグウィット)とは?仕組みや実例を、ライトニングネットワークとの関係も含め徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に2017年8月、Segwit(セグウィット)という仕組みが実装されました。このSegwit(セグウィット)はどのような仕組みなのでしょうか? 他の通貨にも応用されている例はあるのでしょうか? ライトニングネットワークとの関係性も含め、詳しく解説します!

トランザクション展性とは - ビットコインの仕組み:Bitcoinを技術的に徹底解説!

Mt.Gox破綻の原因となったBitcoinのバグについて解説。

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説|Coinwall [コインウォール]

ビットコインなどの仮想通貨投資をしている方であればスケーラビリティ問題について聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?しかしスケーラビリティ問題とはどのような問題なのか、なぜそのような問題が起こってしまうのかなどを徹底的に解説します。

ライトニングネットワークの実装

ライトコインキャッシュはライトコインと同様にライトニングネットワークの実装をしています。

それによって、少額支払いが可能となり、取引手数料を削減させ、スケーラビリティ問題を解決しています。

 

ライトニングネットワークについて徹底解説!実装はいつ?仕組みやデメリットは?|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーンには実は様々な問題点があると指摘されています。スケーラビリティ問題は特にその代表的存在でしょう。実はこのスケーラビリティ問題を解決する方法として注目されているのが、ライトニングネットワークです。この記事ではライトニングネットワークの仕組みについて徹底解説します!

ライトコインキャッシュ(LCC)とライトコイン(LTC)の違い~ハードフォークの意義~

#

マイニングアルゴリズム

仮想通貨の取引のデータの整合性を確認・承認してその取引のデータ(取引ブロック)をブロックチェーン(取引の台帳)に追加することをマイニングと言います。そして、マイニングを行う際のアルゴリズムが仮想通貨によってそれぞれ定められています。

 

ライトコイン(LTC)のマイニングアルゴリズムがScryptである一方、ライトコインキャッシュ(LCC)のマイニングアルゴリズムはSHA256です。

SHA256ビットコインと同じマイニングアルゴリズムです。

そのためビットコインのマイニング装置と同じ機械でマイニングを行うことができます。

取引手数料の違い

ライトコインキャッシュ(LCC)はライトコイン(LTC)と比べると取引手数料が安くなっています。

具体的には、ライトコインキャッシュはライトコインの90%の手数料で取引することができます。

発行枚数

ライトコインの発行枚数が8400万枚である一方、ライトコインキャッシュの発行枚数は10倍の8億4000万枚です。

LitePay、LitePalの実装

ライトコインは決済サービスを強化する手段として2018年4月にLitePayを導入し、2018年夏にはLitePalを実装する予定です。

LitePayによって直接支払いを行えるようになり、法定通貨を仮想通貨と交換する際の”価格変動リスク”を緩和させることが可能になりました。

 

LitePayの実装の際にライトコインの時価総額が高騰したことからその期待性も十分であると言えるでしょう。

ハードフォークの意義

ライトコインキャッシュはライトコインよりも優れている点はあるものの格段に優れている点があるとは言えず、一方でライトコインはライトコインキャッシュにない魅力(LitePay,LitePalなど)を着実に増やしています。

 そのためライトコインキャッシュとライトコインを比べたとき、現時点ではライトコインに投資をする方が得策と言えるでしょう。

ライトコインキャッシュ 仮想通貨取引所

ライトコインキャッシュは国内取引所では扱われていなく、海外取引所を利用する必要があります。

ライトコインキャッシュを扱っている海外の仮想通貨取引所としてはbitFlyerが有名です。

2018年2月にYobitで上場したことも確認されています。

#
bitFlyer(ビットフライヤー)の無料登録はこちら

bitFlyerの口座開設方法については以下のリンクで説明しています。

bitFlyer口座開設から入金、コインの購入方法まで細かく説明します!|Coinwall [コインウォール]

bitFlyerの口座を開設したいけど、手続きが難しそう!口座開設が遅れてしまい、安くて目をつけていたコインも価格が上昇してしまった…。なんてこともよくある話。チャンスを逃さないためにもいますぐ登録しましょう。今回はbitFlyerの口座開設について説明します

YoBit(ヨービット)の無料登録はこちら

その他bitFlyerの記事については以下のリンクを参照してください。

bitFlyerの手数料を解説!各種手数料の詳細からオススメの運用方法!|Coinwall [コインウォール]

今回は国内仮想通貨取引所の1つ『bitFlyer』の手数料について紹介していきます!国内最大の取引所であり、手数料が高いと噂されるbitFlyerは実際にどうなのか!他社比較を交えながら各種手数料の詳細からお得な運用方法まで徹底解説していきます!

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法について分かりやすく説明します!|Coinwall [コインウォール]

国内最大級のビットコイン取引高を誇るbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、入金方法は一体どの様になっているのでしょうか。今回は、bitFlyerの入金方法を出金手数料のことも含めて分かりやすく説明していきたいと思います!

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリの使い方についてわかりやすく説明します!|Coinwall [コインウォール]

ビットコインの取引高国内トップシェアを誇るbitFlyer(ビットフライヤー)にはとても便利なスマートフォンアプリがあります。今回はそのbitFlyerのアプリについて、ウォレットの機能も含めてわかりやすく説明していきたいと思います!

ライトコイン ハードフォーク まとめ

前述の通り、ライトコインキャッシュはライトコインの開発チームと何の関わりもないということをライトコインの創設者が公言していて、同時に批判も行っています。

つまり、ライトコインキャッシュはライトコインから非公認でハードフォークしたものです。

ライトコインの運営チームが公式にハードフォークを行って仮想通貨を作る予定がない、ということも覚えおくべき点でしょう。

 

そしてホワイトペーパーに記載されていなく、明確なロードマップもありません。

この前提にはどこか引っかかってしまう人も多いでしょう。

また、古い秘密鍵を運営に伝える必要がありセキュリティの観点から不審に思ってしまっても仕方がないかもしれません。

しかし、詐欺コインだと思っている人もいる一方で、現時点では詐欺コインであると問題になったことはなさそうです。

 

ライトコインからハードフォークしたライトコインキャッシュは格段にライトコインに勝る点もなくいくつかの不安要素を抱えていることから投資をするのは少しリスクがあるかもしれません。

ライトコインキャッシュ(LCC)の関連記事

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)のウォレット(wallet)について、種類、使い分けなどを徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)のウォレット(wallet)について紹介します。Litecoinでは、公式のモバイルウォレットに加えて、他にもいくつかのウォレットを使い分けることができます。普段使い用と管理用に分けて利用するのが良さそうです。それぞれのウォレットの種類、使い分けなど解説します。

2018年仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)はどうなる?特徴、将来性から価格を予想!|Coinwall [コインウォール]

2018年に予定されていたLite payプロジェクトが頓挫し見放されたかに思えたライトコインですが、4月にプロジェクトの再開が宣言されました。もしLite payとLite palが実装されれば今後ライトコインの価格は伸びていくでしょう。今回はライトコインの特徴、将来性、おすすめ取引所と価格予想をご紹介していきます。

2018年仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の最新ニュース!LitePayはすでに再開している!|Coinwall [コインウォール]

今回はLitecoin(LTC・ライトコイン)の今後を予想します。Litecoin(LTC・ライトコイン)はビットコインの次に作られ、2番目に古い仮想通貨です。LitePayの終了のその後はどうなったのか、Litecoinの最新ニュースを解説!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ライトコインキャッシュは詐欺コイン?生まれた背景から詳しく解説

ライトコインキャッシュはライトコインからハードフォークの末誕生しました。ハードフォーク前はチャーリー・リー氏から詐欺コインだと批判される騒動等もあり…

2018/5/14

ビットコインキャッシュとライトコインの違いは? 両者を徹底比較!

ビットコインから分岐してうまれたビットコインキャッシュとライトコインは共通点もありますが、様々な点で注目すべき相違点があります。この記事ではそんな両…

2018/6/19

仮想通貨Feathercoin(フェザーコイン・FTC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はFeathercoin(フェザーコイン・FTC)を紹介します。Feathercoin(フェザーコイン・FTC)はライトコインからフォークしたビ…

2018/4/11

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)です。Bitcoinの次に作られた仮想通貨で知名度も人気も高いLitecoinの、ア…

2018/3/21

ライトコインの送金時間は短い?送金時間に関する情報について解説

ライトコインは仮想通貨界の銀になるべくして誕生したアルトコインです。最近では107億円を短時間・低手数料で送金することに成功しています。そんなライト…

2018/5/14

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったの…

2018/5/14

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのライトコイン購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29