search_toggle

ビットコインキャッシュ・ライトコインとは?

ビットコインキャッシュは2017年8月ビットコインからハードフォークする形で生まれた通貨です。

ビットコインよりも大幅に拡大されたブロックサイズなどが話題となりました。

ビットコインキャッシュについて詳しく知りたい!という方は下記リンクをご覧ください。

Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の特徴・取引所・将来性を解説|Coinwall [コインウォール]

ビットコインのハードフォークである仮想通貨Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるか?仮想通貨Bitcoin Cashの特徴やチャート、将来性、取引所での購入方法まで徹底解説していきます。

対するライトコインも実はビットコインがベースとなっています。

ビットコインの良さを受け継ぎながら流動性の高い通貨となることを目指しています。

ライトコインについて詳しく知りたい方は下記サイトをご覧ください!

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

今回紹介するのは仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)です。Bitcoinの次に作られ、2番目に古い”Litecoin”。Bitcoinとの違いを始めとし、Litecoinがどんな機能の仮想通貨なのか、高騰する可能性はあるのか、その特徴やチャート、将来性、取引所での購入方法まで徹底解説します。

この記事では、これらビットコインから派生したビットコインキャッシュライトコインについて、その違いを中心に解説していきます!

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

ビットコインキャッシュとライトコインの比較

まずは両者をわかりやすく比較するために表を見てみましょう。

ビットコインキャッシュ   ライトコイン
32MB ブロックサイズ 1MB
10分 ブロック生成時間 2.5分
2100万枚 発行上限 8400万枚
ブロックサイズの拡張 スケーラビリティ問題への対応 Segwit導入
PoW 承認方法 PoW
安い 送金手数料 安い
10万円 値段(2018年6月) 1万

 

以下、ひとつひとつ解説していきます!

ビットコインキャッシュとライトコインの違い ①ブロックのサイズが違う!

仮想通貨の取引はブロックに記録されていきますが、その一つ一つのブロックの容量が違います。

 

ビットコインキャッシュは32MBでライトコインは1MBです。

ビットコインキャッシュはビットコインからのハードフォークによってできたコインですが、両者の決定的な違いはブロックサイズでした。

 

ビットコインでは1MBでしたが、ビットコインキャッシュでは8MBに拡張されました。

そして2018年5月の新たなフォークで32MBにまでアップデートされました。

 

ビットコインキャッシュの特筆性はまさにここにあります。

32MBという大きな容量のおかげでかなりの量の取引を保存できる可能性があるのです。

 

2018年ビットコインキャッシュがハードフォーク!分裂は?Zaifでバグ発生!|Coinwall [コインウォール]

2018年5月のビットコインキャッシュのハードフォークについてはこちらをチェック!

対してライトコインのブロックサイズは1MBです。

ビットコインと同じですね。

ビットコインキャッシュとライトコインの違い ②ブロック生成時間が違う!

#

ビットコインキャッシュの1ブロックを生成するのにかかる時間はビットコインと同じく10分です。

10分で1ブロックができるようにマイニング(採掘)の難易度が調整されています。

 

対してライトコインは2.5分です。

かなり短いですよね。

2.5分で取引が完了できうる、というのは素早い決済につながりますよね。

ライトコインが決済網の中での利用を目指しているのも納得です。

 

実用性に富んでいるといえます。

 

ビットコインキャッシュとライトコインの違い ③発行上限が違う!

#

発行上限がビットコインキャッシュでは2100万枚なのに対しライトコインでは8400万枚です。

 

この発行上限とブロック生成時間の関係を見てみると両者の積がおなじですよね。

(2100×10=8400×2.5)

 

 

これはライトコインが、ブロック承認を早くする代わりにビットコインよりも多く通貨を発行することでビットコインと価格上昇や下落のスピードを揃えたかったからではないかと言われています。

ビットコインキャッシュとライトコインの違い ④スケーラビリティ問題への対応が違う!

#

スケーラビリティ問題とは暗号通貨の取引量が増えるにつれて、ブロック内に充分な取引の履歴を記録することが難しくなり、結果として手数料の高騰送金時間の遅延が招かれることをいいます。

 

 

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題とは?問題点や解決策を解説|Coinwall [コインウォール]

ビットコインなどの仮想通貨投資をしている方であればスケーラビリティ問題について聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?しかしスケーラビリティ問題とはどのような問題なのか、なぜそのような問題が起こってしまうのかなどを徹底的に解説します。

この問題への対処として、ビットコインキャッシュではブロックサイズの拡大を、ライトコインではSegwitの導入を行ってます。

 

ブロックサイズを拡大すると一つ一つのブロックに記録できる取引の量が何倍にもなります。

これによってスケーラビリティ問題を防ぐのです。

 

対してライトコインが行うのはSegwitの導入です。

通常マイニングを行うと取引履歴だけでなく署名の部分もブロック内に記録されるのですが、この署名部分を別に保存しようというのがSegwitの導入です。

 

Segwitの利点や欠点は下記のページで詳しく解説しています!

Segwit(セグウィット)とは?仕組みや実例を、ライトニングネットワークとの関係も含め徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

ビットコイン(Bitcoin/BTC)に2017年8月、Segwit(セグウィット)という仕組みが実装されました。このSegwit(セグウィット)はどのような仕組みなのでしょうか? 他の通貨にも応用されている例はあるのでしょうか? ライトニングネットワークとの関係性も含め、詳しく解説します!

ビットコインキャッシュとライトコインの違い ⑤承認方法や手数料の安さは同じ!

#

取引を承認する方法はどちらもPoW(Proof of Work)で同じです。

 

PoWとは簡単に言えば一番最初にナンス値を導き出す計算問題を解いた人に報酬のコインが配られるというシステムです。

詳しくは下記のページをご覧ください!

 

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

コンセンサスアルゴリズムとは、昨今話題のブロックチェーンを支えるデータ承認システムのことです。ブロックチェーンの特性に大きく関わる要素ですので、ブロックチェーンについて知りたい方、必見です。用語の解説から始まり、複数種類の比較まで踏み込んで解説していきます。

そして両者に共通するのはなんといっても手数料の安さです。

#

上のグラフは手数料の値段の推移を表したものです。

トランザクション詰まりを起こした時、ビットコインの手数料が数千円になっていたのに対しビットコインキャッシュやライトコインの手数料は数十円でした

ビットコインを基準に考えると気軽に送金できますよね。

利用者にとっては非常にありがたいです。

 

取引量が極端に増えても送金手数料が変わらないというのはこの二つの通貨にとって大きな強みでしょう。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました!

 

この記事ではビットコインキャッシュとライトコインの比較をしてきました!

二つにはそれぞれのメリットやデメリットがあることがわかったかと思います!

各コインについて詳しく知りたくなった方は以下のページをご覧ください!

 

Bitcoin Cash(BCH・ビットコインキャッシュ)の特徴・取引所・将来性を解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いは?どっちが優れている?

ビットコインとビットコインキャッシュは名前こそ似ていますが別の通貨ですよね。どうしてビットコインはビットコインキャッシュに分裂したのでしょうか?二つ…

2018/6/22

ビットコインキャッシュ(BCH)の送金時間は?ビットコイン(BTC)よりも早い?

ビットコインキャッシュはビットコインからハードフォークした通貨ですが、ビットコインよりも送金に適した通貨と言われることがあります。その秘密は送金手数…

2018/6/19

ブロックチェーンのソフトフォークとハードフォークの違いとは?

仮想通貨を支える技術、ブロックチェーン ですが、ビットコインやイーサリアアムのフォークはその価格変動に大きな影響を与えました。このフォークの2種類(…

2018/4/26

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったの…

2018/5/14

仮想通貨Litecoin (ライトコイン)がハードフォーク?ライトコインキャッシュとは?

2018年8月にライトコイン(LTC)がハードフォークしてライトコインキャッシュ(LCC)が作られました。非公式の開発で、ライトコインの創設者に批判…

2018/6/20

ライトコインの送金時間は短い?送金時間に関する情報について解説

ライトコインは仮想通貨界の銀になるべくして誕生したアルトコインです。最近では107億円を短時間・低手数料で送金することに成功しています。そんなライト…

2018/5/14

仮想通貨Feathercoin(フェザーコイン・FTC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はFeathercoin(フェザーコイン・FTC)を紹介します。Feathercoin(フェザーコイン・FTC)はライトコインからフォークしたビ…

2018/4/11