search_toggle

LISKのフォージング(鋳造)とは?

#

暗号通貨にはコンセンサスアルゴリズムというシステムが存在します。

これは取引記録を承認するために必要なシステムです。

ビットコインのコンセンサスアルゴリズムはPoWと呼ばれ、マイナー(承認者)がマイニングを行なって取引記録の承認作業を行なっています

 

DPoS(Delegated Proof of Stake)というコンセンサスアルゴリズムを開発者が開発し、LISKに適用されています。

一言で言うと間接民主制のようなシステムになります。

 

LISKプラットフォームではブロックチェーンアプリケーションの所有者の投票によって選ばれた101人のみが取引承認を行えるというシステムになっています。

DPoSでは取引承認を行う101人をLISK保有者の投票で決定します。

そしてこの選出された101人のみが取引承認を行うことをフォージングと呼びます。

 

LISKのフォージングを行うことによってフォージングを行なった代表者は報酬としてLISKコインを受け取ることができます

 

仮想通貨LISKはスマートコントラクトメインチェーンサイドチェーンの技術を併せ持ったアルトコインです。

LISKや、この見出し内で出現する仮想通貨関連ワードについては以下の記事で解説しているので是非ご覧下さい。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

ブロックチェーン・仮想通貨におけるマイニング(採掘)とは?|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Lisk(LSK、リスク)とは?特徴・将来性・チャート・ニュース・2018年の価格予想|Coinwall [コインウォール]

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

LISKのフォージングをして報酬を得るためには?

代表者である上位101人の中に入る

#

LISKのフォージングするためにはフォージング権利がある101人に選出される必要があります

しかしながら実際に上位101人の中に入るには5000LSK以上は保有していた方が良いとされています。

2018年6月4日現在、LSKのレートは1LSK=約1090円なので5000LSK用意するとなると約550万円ほどの資金が必要になってしまいます。

 

またフォージングを行う際にはLiskプラットフォームの公式ウォレットであるLisk Nano Walletに資金を預ける必要があります。

その際Lisk Nano Walletアカウントに送金する額として最低でも30LSK以上必要になり、さらに自分のノード名を登録するのに25LSKが徴収されます。

 

資金面に余裕がある方にはおすすすめですが余裕がない人が行うと手数料などを多く取られてしまい、101人に選出される可能性も低いのでおすすめできません。

またLisk Nano Walletに関しては以下の記事で解説しているので是非ご覧ください。

Lisk(リスク)のウォレット(wallet)解説!Lisk nano walletから最新のLisk hub、Dpos投票制度であるvote機能まで解剖!|Coinwall [コインウォール]

ヴォージング(投票者)として報酬を受け取る

#

フォージングではなくヴォージング(投票者)として報酬を受け取る方法もあります。

ヴォージング(投票者)とは先ほども述べた通り101人の代表者に投票するノードのことを指します。

そしてなんとヴォージング(投票者)によって選出された人が取引承認による報酬を受け取るとその人に投票した人にも報酬が入る仕組みになっています。

 

ヴォージング(投票者)では1回で33人に投票することができます。

1回の投票につき1LSKが手数料として徴収されます。

 

そのため4LSKあれば101人の代表者全員に投票することができるのでほぼ確実にヴォージングによる報酬を受け取ることができます

LISKのフォージングは儲かるのか?

#

上記でも説明した通りフォージングをするために上位101人に入ることは簡単なことではありません。

しかしながら上位101人に選出されてフォージングをすることが可能になるとかなりの額の報酬が見込めるようです。

 

TwitterではLISKのフォージングを行なっている方が見受けられました。

ある程度の元手を必要とするので資産額の少ない個人投資家などにとっては参入壁が高すぎますね

 

 

はむすた かれんしーさんは12月後半からLISKのフォージングを始めたという情報がありました。

資本額は500LSK程のようです。

フォージングを200LSKから始めたそうです。

フォージング51日目約4LSKの報酬を受け取っているということは1週間あたり約0.5LSK受け取っているという計算になります。

現在レートで1LSK=約1090円なので約550円ということになりますね。

こちらが最新のツイートになります。

 

この方は途中で買い増しを行なったようですが上記のツイートを見るとLSKの買い増しをしたことによって1週間で受け取れる報酬が0.5LSKから1.2LSKに増えていることが読み取れます。

やはり枚数が多い方が報酬の量も増えるようですね。

 

1週間で1.2LSKの報酬は少ないようにも思えますが、これから価格変動材料があってLSK価格が上昇すればLSK自体の価値が高まるので報酬も増えます

LSKはこれから様々なプロジェクトを予定しているので今後価格が上昇する可能性は大いにあると思います。

LISKの今後のプロジェクトの記事に関して以下でまとめたので是非ご覧ください。

Liskのcore1.0β版が遂にリリース! 今後のアップデートはいつ?|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Lisk(リスク/LSK)が「Lisk core 1.0」をリリース?進捗を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)でVOTEすると毎月LSKがもらえる?VOTEとは?徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

2018年仮想通貨Lisk(リスク、LSK)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

LISKのフォージング まとめ

#

今回はLISKのフォージングについて解説しました。

いかがでしたでしょうか?

 

フォージングによる報酬は元手が多く、かつ長期保有が有利なので短期保有者や投資額が少ない個人投資家の方には不向きかもしれません。

しかしLISKの価格上昇なども加味するとかなりのメリットがあると言えます。

LISKは今年11月に半減期、また分散型取引所『DEX』のローンチを控えているので価格が上昇する可能性は大いにあります。

 

投資額が少ない方はフォージングではなく101人に投票して利益を得ヴォージングをやって見るのも良いかもしれませんね。

 

余剰資金で余裕を持って仮想通貨取引を楽しみましょう!

 

最後までご覧くださりありがとうございました。

仮想通貨や仮想通貨取引所関連の記事を以下にまとめたので是非ご覧ください。

関連記事

仮想通貨NEM(ネム・XEM)のハーベストとは?仕組みや方法、PoIのシステムなど徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴、チャート、将来性、取引所など徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

Coincheckについて徹底解説!話題のNEM不正流出から特徴、メリット、デメリット、使い方など!|Coinwall [コインウォール]

今回は、話題沸騰中の国内取引所『Coincheck(コインチェック)』について紹介していきます。Coincheck(コインチェック)のメリット・デメリットなどの特徴から、話題のNEM不正流出事件、登録・口座解説から取引などの方法を隅々まで解説していきます!

仮想通貨ネム(NEM・XEM)とは?仮想通貨ネム(NEM・XEM)のすべてを解説します!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨取引所コインチェック社の流出事件で盗み出されてしまったNEMとは本来はポテンシャルの高い通貨です。今回はそんなNEMについて特徴からチャート、カタパルト、取引所までNEMとは何のなのかを解説します。この記事を読み終えればNEMの全てがわかるでしょう。

bitbank(ビットバンク)の取り扱い通貨は何なのかわかりやすく説明します!|Coinwall [コインウォール]

アルトコインの取り扱い通貨が少ないものの、手数料がとても安いということで知られるbitbank(ビットバンク)ですが、一体bitbankの取り扱い通貨は何なのか、どのよう形式で売られているのかも踏まえてわかりやすく説明したいと思います!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)でVOTEすると毎月LSKがもらえる?VOTEとは?徹底解説!

分散型プラットフォームの仮想通貨Lisk(LSK・リスク)は、Ethereumにも並ぶとされる流行りの通貨です。今回は、LiskのVOTEシステムに…

2018/5/20

LISKのSDKについて解説!配布時期はいつ?公式twitterや最新ニュースをチェック!

2018年4月に予定されていたLISK(リスク)のSDK配布は未だ実施されていません。LISK(リスク)のSDKはいつ配布されるのでしょうか?201…

2018/6/18

2018年の仮想通貨LISK(リスク)を予想!最新情報は?将来価格は?将来性は?

2018年前半に大幅な価格高騰をした仮想通貨LISK(リスク)。今回はそんな仮想通貨LISK(リスク)の2018年これからの特徴やイベント、動向、将…

2018/6/18

LISKの半減期について解説!半減期の仕組み、価格動向、チャートを分かりやすく分析!

最近話題になっている仮想通貨LISKの半減期について解説します。LISKの半減期は2018年11月に予定されています。仕組みや特徴、カウントダウン、…

2018/6/16

仮想通貨Lisk(LSK・リスク)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

仮想通貨Lisk(リスク)はイーサリアムと同じく、主に分散型のアプリケーションプラットフォームを提供する仮想通貨であり、プラットフォームです。どちら…

2018/5/27

仮想通貨Steem(スティーム)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨Steem(スティーム)です。コンテンツを提供するだけで報酬がもらえるのがSteemです。1位の方は1記事で35万円も稼いで…

2018/3/24

今回は仮想通貨LISK(リスク)とGoogleとの関係について解説します!パートナーシップは本当?

今回は仮想通貨LISK(リスク)とGoogleとの関係について解説します!googleとのパートナーシップが噂されていたLISKですが本当なのでしょ…

2018/6/18