search_toggle

送金手数料が安い仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?

#

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)は円やドルなどの実際の通貨や電子マネー、仮想通貨・暗号通貨などのあらゆる通貨を、RippleNet(リップルネット)によってオンライン上で取引することを可能にします。(仮想通貨XRPをブリッジ通貨として利用)また、分散型台帳技術(ブロックチェーン技術)によって管理することができます。

 

主に、取引時間の短縮や手数料の削減を目的とした銀行間の国際取引・海外送金に使われる予定で、世界中の中央銀行や大手の銀行がRipple(リップル)のネットワークに参加していることで有名です。この先、Rippleは金融市場を変えていく可能性があります。

 

また、時価総額ランキングでは常に上位を獲得しており、現在ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次いで第3位のデジタル資産・アルトコインとなっています。

Ripple(リップル)の詳細はコチラ

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の送金手数料が低い理由

#

現在の国際送金手数料が高いから

Ripple(XRP・リップル)を使うことで国際送金が低くなるのはもちろんですが、そもそも現在の国際送金手数料が高いことが問題点としてあげられます。現在の国際送金手数料には様々な仲介・工程が必要なために、その都度、送金手数料が取られてしまう訳です。

 

日本円から米ドルに替えて米国に送金する場合、大きく分けて3つの仲介・工程を挟まなくてはなりません。

 

  1. 銀行の仲介による送金手数料
  2. 銀行の為替レートと実際の為替レートの差額
  3. 受け取り側の手数料(現地での出金手数料等)

 

送金手数料は銀行の仲介によって、送金手数料は2000〜5000円程度かかってしまいます。最近では銀行の窓口を通さずに、インターネットを介することで割安に送金することも可能ですが、安くても2000円ほどかかってしまいます。

 

銀行の為替レートと実際の為替レートの差額は、銀行によってある程度決められています。1ドルの為替交換につき約1円がかかってしまうようです。送金額が大きければ大きいほど、この為替手数料が取られてしまいます。

 

受け取り側の手数料は、受取先にもよりますが、基本的には最終的に受け取る側の銀行から発生します。ほとんどの銀行が5〜30ドル(500〜3000円)となっているようです。

 

これらが国際送金を行う際にかかるコストになります。そこで、このコストをRipple(通貨XRP)を使うことで削減します。このような見方から考えると「Rippleによって国際送金の仲介・工程を省いただけ」とも言えます。

Rippleシステムが無駄のない送金を可能にしている

#

送金や決済システムを担うRTXP(リップルトランザクションプロトコル)がRippleNet上で無駄のない送金のシステムを可能にしています。具体的に説明すると、RippleシステムであるRTXP(リップル トランザクション プロトコル)では、通貨XRP(リップル)を送金することで迅速かつ低コストの送金を可能にしていています。

 

ちなみにRTXPには2つのシステムで構成されているILP(インター レジャー プロトコル)XRP Ledgerが大きく機能しています。

Ripple(リップル)の詳細はコチラ

特にRipple(リップル)の「ゲートウェイ」によって送金を迅速、かつ低コストで行うことができます。

 

リップルでは、IOUというネットワーク間でお金の貸し借りを証明する証書を発行しています。そして、リップル社の認可を受けている業者「ゲートウェイ」がIOUを発行します。私たちがRippleNet(リップルネット)に通貨を預けるとIOUが発行され、このIOUを送金したい相手に送ることで送金が完了する仕組みになっています。

 

通貨そのものを送る代わりにIOUを送ることで送金を迅速、かつ低コストで実現します。

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の送金手数料はいくら?

Ripple(XRP・リップル)は1回の送金につき、0.0004ドル(約0.04円)程度しかかかりません。※トランザクション量によって変わる場合もありますが、かなり少額の手数料で済みます。

 

送金手数料が低いとされるビットコインキャッシュやライトコインと比べても、圧倒的に送金手数料がかからないのが、XRPです。仮想通貨市場でもトップクラスの低コスト手数料と言えます。

 

また、送金手数料に使われた通貨XRPは即座にバーン(焼却)されるので、XRPの発行枚数は徐々に減少していきます。これによって、時間が経過するにつれてXRP自体の希少性が高まるといった利点があります。ただし、XRPの発行総数は1000億枚なので、この発行済み枚数の減少は全体から見ればわずかな割合です。

Ripple(XRP・リップル)のおすすめ取引所

 注意 XRPを送金する場合は、アドレスだけでなく宛先タグも記入しないと送ることができません。そればかりか、全てのXRPが消えてしまうかもしれません。一度XRPの送金を少額で試して確認するのが良さそうです。

 

XRPを手に入れる場合、ビットバンクやGMOコインなどの販売所から購入するのですが、その際には取引手数料は発生しません。その販売所から別の取引所に送金する場合やウォレット(レジャーナノSなど)に送金する場合に送金手数料が発生します。

※コインチェックは現在、 XRPの取引が制限されています。

リップルを運用するなら下記の取引所がおすすめです。

運営会社: ビットバンク株式会社
資本金: 11億3100万円
事業者登録:

Img radar chart bitbank

    アルトコインを安く買うならビットバンク

  • Ic check exchange point

    BTC売買手数料がマイナス

  • Ic check exchange point

    アルトコインが板で売買できる

  • Ic check exchange point

    取引ツールでテクニカル分析をしながら運用できる

-基軸通貨数(6種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto xrpXRP Thumb crypto ethETH Thumb crypto monaMONA Thumb crypto bchBCH
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 無料
アルトコイン売買手数料 無料
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1000円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥無料
日本円入金手数料
(振込入金)
無料
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥540~756円
-詳細-
取引ツール Trading view
最大レバレッジ 20倍
入金方法 銀行振込
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

運営会社: GMOコイン株式会社
資本金: 17.58億円
事業者登録:

Img radar chart gmo

    各種手数料無料!大手証券会社が運営するGMOコイン!

  • Ic check exchange point

    FXアプリ「ビットレ君」で簡単にFXができる

  • Ic check exchange point

    即時入出金が無料

  • Ic check exchange point

    口座開設が早い

-基軸通貨数(5種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto xrpXRP Thumb crypto bchBCH
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 無料
アルトコイン売買手数料 無料
最低入出金額 最低入金額: ¥1000円~最低出金額: ¥10000円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥振込手数料実費分
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥無料
-詳細-
取引ツール ビットレ君
最大レバレッジ 5倍
入金方法 銀行振込
アプリ対応
取引形態 信用取引
最低取引単位 0.001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

口座の作り方や入金方法、おすすめの購入方法などは下記の記事を参考にしてください。

リップル(XRP)の買い方、おすすめの取引所、購入方法、将来性などを解説!|Coinwall [コインウォール]

今回は仮想通貨リップル(XRP)の購入方法、おすすめの取引所などをご紹介していきます。Zaifやビットフライヤーでは取り扱っていない仮想通貨リップル(XRP)は、取引できる取引所が海外はともかく、国内では限られてしまいますので、限られた取引所から優良なものを選びました。

Ripple(リップル・XRP)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介|Coinwall [コインウォール]

Ripple(XRP・リップル)は銀行間での国際送金に使われる予定の、国内でも人気の高い仮想通貨です。今回はRipple(XRP・リップル)購入の際のおすすめ国内取引所・海外取引所を手数料など各仮想通貨取引所が持つ特徴をふまえて紹介します!

まとめ

#

Ripple(XRP・リップル)の送金手数料についてはいかがでしたでしょうか?

 

Rippleは主要な通貨と比べても、かなり手数料が安いです。仮想通貨投資家にも嬉しい特徴です。このような特徴は国際送金の際にも最も適した仕組みになっています。Rippleの今後に期待しましょう。

 

口座の作り方や入金方法、おすすめの購入方法などは下記の記事を参考にしてください。

関連記事

#

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!|Coinwall [コインウォール]

今回は仮想通貨Ripple(XRP・リップル)を紹介します。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)上で取引可能にしています。そんなRippleですが、どんな仮想通貨なのか、高騰する可能性、その特徴やチャート、将来性、取引所での買い方など徹底解説します。

2018年仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

つい最近数ヶ月ぶりに高騰を果たした仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後はどのようになっているのでしょうか?多くの銀行や企業との提携が行われているRippleですが、Rippleを長期保有する観点から様々な優位性をまとめました。最新情報から将来性・今後の予想まで解説します。

仮想通貨リップル(Ripple、XRP)はマイニングできない?おすすめの取引所は?徹底解説|Coinwall [コインウォール]

三菱東京UFJ銀行が国際送金手段として採用することを発表し、一時話題を呼んだ仮想通貨リップル(Ripple、XRP)ですが、仮想通貨では珍しいマイニングができないという特徴を持っています。今回はそんなリップルの特徴、取引所、ビットコインとの違いなどを記事にまとめました。

リップル社がグーグル社と提携か?〜提携されれば高騰必至?!〜|Coinwall [コインウォール]

昨年、リップルとグーグルが提携するのではないかと騒がれました。未だリップル社もグーグル社も正式な発表はしていませんが、提携する可能性はどのくらいなのでしょうか?また、提携されればリップルはどのくらい高騰するのでしょうか?事の発端から詳しく解説していきます。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の送金時間はどのくらい速いのか?理由など解説

Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)上で高速の取引を可能にしています。これは国際…

2018/6/16

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は仮想通貨Ripple(XRP・リップル)を紹介します。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(…

2018/3/21

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の5年後・10年後は?価格変動を予想!

今回はRipple(XRP・リップル)の5年後や10年後の価格変動について解説します。リップルは5年後から10年後にかけて仮想通貨市場の上昇とともに…

2018/6/19

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の『xRapid』とは?どんな技術?最新ニュースまで解説

『xRapid』はXRPを利用した国際送金システムです。実はリップル(XRP)はこの『xRapid』の技術が使われています。そこで今回はリップルの『…

2018/6/19

Apple(アップル)社がRipple(XRP・リップル)導入を発表?仮想通貨XRPは使われない!

大手IT企業のApple(アップル)社がRipple(リップル)導入を発表しました。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋…

2018/6/16

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とウォルマート・マネーグラムが企業提携!

今回ウォルマートとマネーグラムの大企業がRipple(XRP・リップル)と企業提携を発表しました。すでに送金業者のマネーグラムもXRPを使ったテスト…

2018/6/12

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)が上がらない理由・価格下落の理由は何だろうか?

Ripple(XRP・リップル)はなぜ価格が上がらないのでしょうか?リップルはあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)…

2018/6/16