search_toggle

ASICとは

#

ASICとはApplication Specific Integrated Circuitの略で、「特定の目的のための集積回路」という意味です。

 

パソコンのように様々な目的のために作られた汎用性の高いコンピュータとは異なり、ASICはある目的のために特化して作られているので処理速度が非常に速いです

 

そしてそのASICは仮想通貨マイニングにも使用することができます

これはASICマイニングと呼ばれ、マイニング専用のASICを駆使して仮想通貨のマイニングを行うことができます。

 

当初ではマイニングは個人用PCで行われていましたが、現在ではビットコインをはじめとする多くの仮想通貨では仮想通貨事業を行う企業によるASICマイニングが主流となっています。そのため、ASICを持たない人がマイニングに参加するのは事実上不可能であり、マイニング収益を確保することは難しく、仮想通貨特有の「分散型」構造の崩壊が危惧されています。

 

また、本来はゲーム用に開発された高性能グラフィックボードがマイニングに転用されてグラフィックボードの市場価格が高騰しているという事態も起こっているようです。

 

そのほかにも、ASICは電力を大量に必要とするため環境への被害が懸念されており、非難の対象になることも増えるなど、利点がある反面で様々な問題点を抱えています。

 

ASICについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

Bitcoinマイニングに最適なASICを解説!CPU・GPU・FPGAも比較!マイニングによる利益は?|Coinwall [コインウォール]

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

Ethereum(ETH・イーサリアム)はASIC耐性?イーサリアムのマイニング方法とは

#

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨のマイニングにはASICが使用されていますが、イーサリアムはASIC耐性が備わっています

 

ASIC耐性とは、「ASICに耐性がある」、つまり、「ASICを作成することができない」ということです。

 

ビットコインのようなASIC耐性がない仮想通貨は、「多くの数字の中から一つ当てはまるものを見つける」という単純なものなので、比較的容易にASICを開発することができました。ビットコインASICもその一つです。

 

しかし、イーサリアムでは独自のアルゴリズムであるEthashを採用しています。

Ethashはビットコインなどで使用されているアルゴリズムよりも大きいメモリー容量が必要とされるため、GPUマイニングが一般的とされてきました。

EthashはASIC耐性であるため、ASICマイニングは難しいとされています。

Bitmain社がイーサリアム用のASICマシンを開発!?

#

ASIC耐性を備えているためASICマイニングが難しいとされてきたイーサリアムですが、

なんと仮想通貨のマイニング用チップの製造や販売を行う中国のBitmain社がイーサリアムのマイニング用ASIC「Antminer E3」の販売を発表しました

 

イーサリアム用のASICの販売は世界初のことで、とても注目を浴びています。

 

今までイーサリアムのマイニングに使用されてきた高性能マイニングGPUであるAMDのRadeon RX Vega64を例に挙げると、200Wで33MH/sでした。

しかし「Antminer E3」は800Wに対しハッシュレートが180MH/sであるにもかかわらず、価格が800ドルと非常に安価です。

このことからもAntminer E3のコストパフォーマンスがかなり良いことが分かります。(現在では売れ行きの良さから1800ドルに値上がりしています)

 

その結果、Bitmain社はツイッターで「Antminer E3が世界で最もパワフルで効率的なイーサリアム向けのASICマイナーだ」と述べており、自信を見せています。

 

とはいえ、イーサリアムはASICに対抗するためのアルゴリズムを採用しているため、Bitmainが開発したASICをよく思っていない人も存在します。

ビットコインでは元々家庭用のパソコンのCPUやGPUを使うことでマイニングができましたが、ASICが登場して以来ASICなしでは演算スピードにかなわずマイニングが困難になっていました。よってビットコイン同様、イーサリアムもASIC搭載マシンの開発によりマイニングによる報酬の分配が不平等になってしまうと考えられています

 

実際、イーサリアムの開発者であるVlad Zamfir氏がツイッターでASICに対抗するハードフォークの可否の投票を行ったところ、57%が賛成という結果になりました。

Vlad ''not giving away ETH'' Zamfir on Twitter: "Would you support a hard fork that obsceletes ETH ASICs? (Just wondering, this is not a proposal)"

マイニング業界はBitmain社が事実上独占していると言われています。

マイニング機器の生産や販売が独占状態にあることは実は危険なことであり、中央集権的な組織や機関の管理下に仮想通貨が置かれてしまう可能性があります。

仮想通貨やブロックチェーンは非中央集権的で透明性が高いことが利点であるため、本来の目的が失われることが危惧されています。

 

また、Bitmain社は中国の仮想通貨規制を受け、代替の収入源として人工知能(AI)に目を向けているそうです。

 

Bitmain社について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

Bitmain社ってどんな会社?事業内容や利益、最近のニュースまで徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

Ethereum(ETH・イーサリアム)の対応 ~ PoWからPoSへのハードフォーク~

#

とはいえ、イーサリムではマイニングアルゴリズムをPoW(Proof of Work/プルーフオブワーク)からPoS(Proof of Stake/プルーフオブワーク)に変更することが元々決定していました

 

この移行はCasperと呼ばれていますが、このCasperが実行されることで自然とASICによるマイニングができなくなります。なので、特別に新たにASIC対策としてハードフォークは実行は予定されていないようです。

 

しかし、PoWからPoSに移行が完了するのは早くても2018年10月と見られています。

 

その他にもこのハードフォークでは匿名通貨であるZcashの技術を取り入れて匿名性を高めたり、スマートコントラクトが簡略化されたりする予定です。

 

PowやPoSなどのコンセンサスアルゴリズム、そしてイーサリアムのハードフォークについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムとは?|Coinwall [コインウォール]

Ethereum(イーサリアム)のハードフォーク(HF)とは?Ethereum Classic(イーサリアムクラシック)やEtherZero(イーサリアムゼロ)との関係など徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

Ethereum(ETH・イーサリアム)のASICについてのまとめ

#

いかがだったでしょうか。

 

今回は暗号通貨イーサリアムのASICについてご紹介させていただきました。

 

イーサリアムはASIC耐性であるはずでしたが、Bitmain社がイーサリアム用ASICマイニングマシンを開発しました。しかし、イーサリアムはハードフォークの実行によりPoWからPoSへ移行することが決定しているのでASICが使用できる期間はそう長くないと見られています。

 

イーサリアムは規模が非常に大きいうえに将来性が期待されている仮想通貨の一つであるので、今後も注目していきましょう!また、ASICがイーサリアムをはじめとする仮想通貨価格にどのような影響を与えるのか注目したいですね。

 

仮想通貨取引では情報の正確性と早さがとても重要なので、随時仮想通貨ニュースをチェックしましょう。

仮想通貨おすすめランキングや仮想通貨取引所とそれらの口座開設についてまとめている記事などもあるのでぜひご覧ください

関連記事

仮想通貨Ethereum(ETH・イーサリアム)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!|Coinwall [コインウォール]

2018年イーサリアムのICOとは?イーサリアムとICOの関係性について解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Bitmain社ってどんな会社?事業内容や利益、最近のニュースまで徹底解説!

今回はマイニング事業などでかなりのシェア率を誇るBitmain社について解説します!Bitmain社は具体的にどのような種類のマイニング事業に参加し…

2018/5/20

Antpool(アントプール)とは?人気マイニングプールについて詳しく解説

仮想通貨に投資をする方の中には、取引所などから仮想通貨を売買するだけでなく自らマイニングを行う方も多いです。マイニングの手段として人気のプールマイニ…

2018/5/15

Bitcoinマイニングに最適なASICを解説!CPU・GPU・FPGAも比較!マイニングによる利益は?

ASICは「特定の目的の為に作られた集積回路」で、Bitcoin(ビットコイン・BTC)専用マイニングとしても用いられています。そんなASICの基礎…

2018/5/15

仮想通貨イーサリアムのメトロポリスとは?アップデートの内容や予想価格をまとめてご紹介!

イーサリアムでは前々からアップデートが予定されていましたが、その3段階目がメトロポリスです。この記事ではイーサリアムのメトロポリスの前半で完了したア…

2018/6/15

仮想通貨Quark(QRK、クォーク)の特徴、買い方、取引所、将来性を解説!

今回紹介するのは仮想通貨Quark(QRK、クォーク)です。この世界最速と言われるQuark(QRK、クォーク)という仮想通貨は、どんな機能の仮想通…

2018/3/8

マイニングプールとは?仕組みや特徴から参加の仕方まで解説

GMOやDMMなどの日本企業が、Bitcoin(ビットコイン・BTC)のマイニング事業に参加することが話題となり、マイニング報酬を得る方法として”マ…

2018/5/15

マイニングに掛かる電気代はいくら?黒字にする為に気をつけること

「ビットコインのマイニングって電気代どのくらい?」「マイニングをしてみたいけど、支出が不安」と気になる方向けに、マイニングにかかる電気代の例や計算方…

2018/5/10