search_toggle

amazonとの提携が噂されている仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?

#

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)は円やドルなどの実際の通貨や電子マネー、仮想通貨・暗号通貨などのあらゆる通貨を、RippleNet(リップルネット)によってオンライン上で取引することができるプラットフォームです。(仮想通貨XRPをブリッジ通貨として利用)また、分散型台帳技術(ブロックチェーン技術)によって管理することができます。

 

主に、取引時間の短縮や手数料の削減を目的とした銀行間の国際取引・海外送金に使われる予定で、世界中の中央銀行や大手の銀行がRipple(リップル)のネットワークに参加していることで有名です。この先、Rippleは金融市場を変えていく可能性があります。

 

また、時価総額ランキングでは常に上位を獲得しており、現在ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次いで第3位の人気デジタル資産・アルトコインとなっています。

Ripple(リップル)の詳細はコチラ

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位、国内最大級の取引所

  • Ic exchange rank 02

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 03

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

5月25日にRipple(XRP・リップル)とamazonが提携するという噂が!?

amazonとの提携はガセだった可能性が高い

#

Ripple(XRP・リップル)が5月25日までに大企業amazon(アマゾン)と提携すると拡散されました。偽不明の情報ですがこの噂の影響を受け、Rippleの価格は上昇しました。

 

結論から言うと、このリップルとamazonの提携は6月現在もまだ行われていません。噂はガセだった可能性が高いと考えられます。

 

価格比較をすると、5月25日にはやはりリップルの価格は下がっています。しかしこの先、リップルとamazonの提携が実現しないとは限りません。リップルがウォルマートなどの大企業と次々に提携発表していることから考えても、どんな提携が起きてもおかしくないのです。

 

さらに、リップルのような中央集権のプラットフォーム型通貨は、企業にとって扱いやすく相性が良いとも考えることができます。amazon内での決済手段としては十分考えられるでしょう。

amazonとは?

#

amazonは、1995年にJeffrey P. Bezos氏が創業した企業です。米国ワシントン州シアトル市を本拠地のしていて、インターネット上での商品取引サイトを運営しています。

 

現在では、アメリカの他に、日本、イギリス、ドイツ、フランス、カナダ、中国、イタリア、スペインなど13か国以上で、amazonのインターネット上商品取引サイトが展開されていてます。世界的に見ても、市場をほぼ独占する勢いでかなり大規模な通販大手会社となっています。

 

amazonは、インターネット上の商取引サイトが一般的ではなかった時代に創業されているので、インターネット上の商取引を大きく拡大した初の企業と言えます。

Ripple(XRP・リップル)のamazon以外の企業提携

#

amazon以外の企業では、世界中で45社がRipple(リップル)社との提携を発表しています。

 

日本の提携企業では、SBI Holdings(SBIホールディングス)が有名です。SBIは金融持株会社で、元々はSoftBank Investmentと社名でソフトバンクグループの金融関連企業として設立されました。そののちに、同グループを離脱して現在に至ります。

 

SBIは、2016年1月にRipple社の発行済み株式の17%を取得していて、同年5月に合弁会社の『SBI Ripple Asia』を日本に設立しました。

SBIとリップルが共同で取り組む会社SBI Ripple Asiaとは?目的など解説!|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/1047

まとめ

#

amazonは日本でもよく使われているため、もしRipple(XRP・リップル)が提携するようなことがあれば、かなり身近になるかもしれません。amazonで買い物をする際、リップルで決済することができたら便利でしょう。

 

しかし、リップルではなく他の仮想通貨決済でもamazonの取引を行うことができるので、その点も注目していきましょう。

 

また、リップルの企業提携の噂はamazon以外にもたくさんあります。特にGoogleとの提携の噂がその例で、他にも噂がネット上に多く存在します。

 

ですがこれまで、リップル提携の噂が当たったことはありません。ニュースや情報の真偽・信憑性はどれもわからないものが多いので、よく調べた上で、慎重に投資した方が良さそうです。amazonに関してはガセだと言えるのかもしれません。

リップル社がグーグル社と提携か?〜提携されれば高騰必至?!〜|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/column/806

関連記事

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/253

2018年仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/253/forecast

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)に中国企業テンセントが出資をするのはガセだった?!|Coinwall [コインウォール]

https://coinwall.jp/column/738

Ripple(リップル・XRP)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介|Coinwall [コインウォール]

Ripple(XRP・リップル)は銀行間での国際送金に使われる予定の、国内でも人気の高い仮想通貨です。今回はRipple(XRP・リップル)購入の際のおすすめ国内・海外取引所を手数料など各取引所が持つ特徴をふまえて紹介します!

ビットコインキャッシュの詳細記事

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とウォルマート・マネーグラムが企業提携!

今回ウォルマートとマネーグラムの大企業がRipple(XRP・リップル)と企業提携を発表しました。すでに送金業者のマネーグラムもXRPを使ったテスト…

2018/6/12

リップル社がグーグル社と提携か?〜提携されれば高騰必至?!〜

昨年、リップルとグーグルが提携するのではないかと騒がれました。未だリップル社もグーグル社も正式な発表はしていませんが、提携する可能性はどのくらいなの…

2018/5/7

2018年 仮想通貨Ripple(XRP・リップル)のニュース・イベントを解説!

Ripple(XRP・リップル)の最新ニュース・イベントを解説!リップルはあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet上で高速の取引を可能に…

2018/6/16

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)が上がらない理由・価格下落の理由は何だろうか?

Ripple(XRP・リップル)はなぜ価格が上がらないのでしょうか?リップルはあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(リップルネット)…

2018/6/16

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)のコインベース上場の可能性は?いつ?

Ripple(リップル)がコインベースに上場すると噂されていましたが、果たしてどうなったのでしょうか。リップルはあらゆる通貨のネットワークを繋げ、R…

2018/6/16

SBIとリップルが共同で取り組む会社SBI Ripple Asiaとは?目的など解説!

SBIとRipple社の共同会社『SBI Ripple Asia』とは?内外為替一元化コンソーシアムの事務局でもある『SBI Ripple Asia…

2018/6/3

Apple(アップル)社がRipple(XRP・リップル)導入を発表?仮想通貨XRPは使われない!

大手IT企業のApple(アップル)社がRipple(リップル)導入を発表しました。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋…

2018/6/16