search_toggle

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?

#

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)は円やドルなどの実際の通貨や電子マネー、仮想通貨などのあらゆる通貨を、RippleNet(リップルネット)によってオンライン上で取引することを可能にします。また、分散型台帳技術によって管理することができます。

 

主に、取引時間の短縮や手数料の削減を目的とした銀行間の国際取引に使われる予定で、世界中の大手の銀行がRipple(リップル)のネットワークに参加していることで有名です。

 

また、時価総額ランキングでは常に上位を獲得しており、現在ではビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次いで第3位のデジタル資産となっています。

Ripple(リップル)の詳細はコチラ

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

SBIとは?SBIホールディングス・SBIバーチャル・カレンシーズ

#

SBIホールディングス株式会社とは、ネット証券の日本国内最大手で、金融持株会社です。

 

元々がソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたので、『SoftBank Investment』がSBIの略でした。

 

その後、ソフトバンクグループを離脱して『Strategic Business Innovator(戦略的な事業革新者)』の略に変更しました。

 

また、SBIが仮想通貨事業に参入したので、SBIグループ仮想通貨部門のSBIバーチャル・カレンシーズ(SBIVC)も誕生しています。SBIVCは近いうちに仮想通貨取引所を開始することで有名です。

 

SBI代表取締役執行役員社長の北尾吉孝社長は、これまで仮想通貨についての見解を発信してきました。また、仮想通貨Rippleについても多くの発言で注目を集めています。

SBIバーチャル・カレンシーズについてはコチラ

共同会社SBI Ripple Asiaとは?

#

SBI Ripple Asiaとは、日本を中心としたアジア全体の新しい金融インフラの基盤を作り上げる共同会社です。この新しいインフラは「価値のインターネット」として表されています。また、SBIとRipple(リップル)社の共同会社は、6:4の比率で株式を保有しています。

 

「価値のインターネット」を事業内容から具体的に説明すると

 

  • ブロックチェーン技術等を利用した各種Rippleの金融技術を開発、制作、販売、保守、運用、輸出入などの様々な分野で生かしていく
  • 各種金融機関や送金事業者への技術提供
  • 「Ripple Solution」などの今後開発される各種Ripple技術を金融機関へ拡販する

 

というようになっています。

内外為替一元化コンソーシアム:決済や送金が効率化

メガバンク3行、ゆうちょ銀行を含む邦銀61行がRippleを採用

 

SBI Ripple Asiaは日本国内61行が参加する内外為替一元化コンソーシアムの事務局を務めています。

※ 2017年5月現在 メガバンク3行、ゆうちょ銀行を含む邦銀61行がRippleを採用しています。

 

内外為替一元化コンソーシアムとは、簡単に説明すると「金融をより良くしたい銀行が集まったグループ」のことです。外国為替に加えて内国為替も一元的に行う決済プラットフォーム「RCクラウド」をRipple の技術を活用し構築することで、現在も実用化に向けて着々と進んでいます。

 

このシステムが実用化されると、銀行の垣根を越えて決済や送金が効率的に行われることが可能になります。この内外為替一元化コンソーシアムに参加したい銀行へのサポートをSBI Ripple Asiaが行っているという訳です。

まとめ

日本のSBIホールディングスとリップル社はかなり大きく連携しています。SBI Ripple Asiaの事業内容からもわかる通り、Rippleのブロックチェーンや技術を利用することで、金融のテクノロジーを変えようとしています。

 

SBI Ripple Asiaだけでなく、SBIバーチャル・カレンシーズなどSBIの仮想通貨市場参入も目が離せません。

SBIバーチャル・カレンシーズについてはコチラ

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は仮想通貨Ripple(XRP・リップル)を紹介します。Ripple(XRP・リップル)はあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet(…

2018/3/21

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とウォルマート・マネーグラムが企業提携!

今回ウォルマートとマネーグラムの大企業がRipple(XRP・リップル)と企業提携を発表しました。すでに送金業者のマネーグラムもXRPを使ったテスト…

2018/6/12

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の価格高騰の可能性・予想・予測を解説!

Ripple(XRP・リップル)は高騰するのか?リップルはあらゆる通貨のネットワークを繋げ、RippleNet上で高速の取引を可能にしています。これ…

2018/6/12

2017年の仮想通貨Ripple(XRP・リップル)はなぜ高騰したの?理由・ニュースなど解説

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)にとって2017年は飛躍の年でした。4月の高騰から5月、12月と着実に価格を上昇させてきたXRPは、現在では…

2018/6/19

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の『xRapid』とは?どんな技術?最新ニュースまで解説

『xRapid』はXRPを利用した国際送金システムです。実はリップル(XRP)はこの『xRapid』の技術が使われています。そこで今回はリップルの『…

2018/6/19

仮想通貨Ripple(XRP・リップル)とamazon(アマゾン)が提携する噂のは本当?

Ripple(XRP・リップル)とamazonが提携するという噂は本当なのでしょうか。リップルは国際送金に利用される予定で、すでに送金の実験は成功し…

2018/6/12

2018年仮想通貨Ripple(リップル・XRP)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

つい最近数ヶ月ぶりに高騰を果たした仮想通貨Ripple(XRP・リップル)の今後はどのようになっているのでしょうか?多くの銀行や企業との提携が行われ…

2018/4/22