search_toggle

アービトラージとは?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

取引所間の価格差を利用?アービトラージの儲け方!

アービトラージ(arbitrage:通称アビトラ)は裁量取引/裁定取引とも呼ばれ、取引所間で生じた価格差を利用して利益を得ることです。

FXや株などでも見られる手法ですが、これをビットコインでやることをビットコインアービトラージと言います。

(arbitrageは「鞘取り」とも訳されますが、これは価格差による利益「利ザヤ」を意味します)

 

株や仮想通貨では取引所ごとに取引価格が異なることがあります。そのため、安く買ったビットコインを別の取引所で高く売ることで利益を出すことができます。

例えばA取引所とB取引所があったとして、1BTC相当のビットコインを売買する時に

A取引所:1BTC=80万円

B取引所:1BTC=79万円

だったとします。この場合、B取引所で1BTC相当のビットコインを79万円で購入し、A取引所で同じ量を80万円で売ればいいことになります。これで、差額の1万円が利益として手に入りました。

アービトラージをする意味

アービトラージをする最大の意味として、価格のトレンドに左右されずに利益を出せることが挙げられます。

仮想通貨を始め投資のチャートには、価格が上昇していく上げ相場と下降していく下げ相場とがあり、このような価格の変動をトレンドと呼びます。

投資の基本としては、価格が安い時に購入しておいて上げ相場を迎えたら高い価格で売るというものです。しかし、チャートが上げ相場を迎えるのを待っていては時間がかかりますし、大幅な上げ相場はそうそう現れるものではありません。

ところがアービトラージの場合、そういった価格のトレンドとは関係なく取引所間の価格差のみによって利益を生じさせるため、下げ相場に悩む必要も大幅に少なくなります。

ビットコインでアービトラージをするには?

取引所と販売所の違いとは?

#

それでは、ビットコインでアービトラージをするにはどうすればいいでしょうか?

ここでビットコインの価格の決まり方を少しご説明しておきます

実は仮想通貨をトレードする機関として、取引所と販売所の2種類があります。

取引所と販売所の違いは?仮想通貨取引所を比較解説!

いずれも仮想通貨の売買が可能なところがほとんどですが、

販売所:通貨管理する企業との取引

→コインチェックなどもこの例で、企業相手なので確実に取引できる分、価格も高い

取引所:通貨保有するユーザー同士の取引

買い手と売り手との需給がマッチしないと取引成立しないが、価格は安くなりがち

という差があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)のようにどちらのサービスも提供しているところもあります。

 

販売所で取引する場合、相手は企業なので潤沢にビットコインを保有していると考えられます。そのため、購入したいと思った時にすぐ希望額を用意することができます。一方で、ビットコインを取引する際の仲介を企業にお願いしているのと同じなので、その分の手数料が含まれて価格が高くなることが多いようです。

 

一方でユーザー同士の取引をする取引所ですが、これは「〇〇BTCのビットコインを☆☆円で売ります/買います」というユーザーの申込を貼り合う掲示板のようなものとイメージして構いません。この時の売りたい申込を「売り板」、買いたい申込を「買い板」と言い、お互いの需給が一致しなければ取引は成立しない公開市場となっています。基本的には売り板の中で最安・買い板の中で最高の取引が成立しやすいと考えられるようです(もちろん、希望通りの数量になるとは限らないので例外も多数ですが)。あまり無茶な価格設定をすると取引が成立しないのはこういった背景があるためです。もちろん、仲介を挟まないため全体の価格は安くなる傾向にあります。

価格差の発生・アービトラージの可能性

このようなシステムの中、取引所や販売所での価格差は本当に生まれているのでしょうか?

#

↑コチラはbitFlyerの販売所価格です。(2018年5月時点)

購入価格と販売価格がかなり違う...?と思われたかもしれません!

実は販売所の場合、企業にとって購入価格>売却価格に設定することで実質的に手数料と同じ効果をもたせることが可能になります。この差額をスプレッドといい、ユーザーにとっては不利な要素となりえます。

#

こちらはzaifの売却価格です。(2018年5月時点)

bitFlyerと比べて1BTCあたり4000円ほどの差額があります。

#

↑コチラはGMOコインの販売価格。(2018年5月時点)

bitFlyerに比べて少し低くなっています。

 

いずれも取引所ではなく販売所としての価格になりますが、同時刻で比較してみるとかなり差額があることが分かります。

この大きな要因として、取引所ごとに違うブロックチェーンの台帳を採用しているからということが挙げられます。そもそものコインが違うものと捉えても構わないくらいで、同時刻で比較していくと、大きく差が開くかもしれません。

また、もちろん取引所も買い手と売り手の需給で価格が決まるので、取引所ごとで・比較時間ごとで差額が生まれます。

アービトラージを成功させるためには、販売所の戦略や取引所の売り板/買い板を正確に読み解くことが必須となっていくと思われます!

アービトラージを成功させるためのポイント

①同時決済を心がける

アービトラージを成功させるポイントの一つとして同時決済が考えられます。

冒頭の説明でいうと、

・取引所Aで1BTCを80万円で売却

・取引所Bで1BTCを79万円を購入

この二つの動作を同時に行うことを意味します。こうすることで、想定した利益をより確実な形で実体化できるからです。よくある失敗例として、片方の取引所で決済をして間をおいているうちにもう片方で価格が変動していて、想定していた利益を得られなかったというものです。

そうならないためにも、同時決済で想定外の事態を防ぐことが必要となります。

②取引所の選択と限定・手数料の問題

アービトラージの難点として資金が潤沢に必要となることが挙げられます。

先ほどの例だと、A取引所で売却するBTC・B取引所で購入するBTCの少なくとも160万円相当の資金があらかじめ準備されている必要があります。

また、その投資額に対し利益が1万円であるため、さらに多額の準備金がないと大きな利益を生むことはできません。これでは現実的な手段とは言えないですね

 

そこで、いくつかの対策を講じる必要があります。

その一つが取引所を絞るということです。

もし取引所がいくつもあると「動かそうとするビットコインの相当額×取引所の数」が必要となります。これでは準備金が多額になりすぎてしまうので、取引所を2つほどに絞って差額益に集中する方が効率的と言えます。

またこの時、取引所の手数料は事前にしっかりと調査しましょう。アービトラージでは、何度も取引を繰り返すことによって利益を積み重ねることになるので、毎回の手数料も無視できません。いかに情報を収集するかもアービトラージには重要な要素となるようです。

③信用取引(レバレッジ取引・空売り)とは?

多額の準備資金が必要なアービトラージの対策として、信用取引という手段があります。

信用取引の基本は「借りた資本を売却し、買い直して返済する」というものです。

取引所に一定の保証金を担保として預けておけば、保証金の数倍の金額を取引できるレバレッジ取引の他、まだ買っていないビットコインを空売り(借りたことにして売却)し生じた利益で返済にあてることも可能です。

いずれにしても少ない資金で多額の取引をできる一方、読みを間違えると多額の損失となる可能性があります。

レバレッジについて詳しい解説はコチラから!
空売りについて詳しい解説はコチラから!

④アービトラージのリスク

アービトラージのリスクは大きく3つと考えられます。

 

1つは読みのクオリティです。同時刻で比較した取引所の価格差を利用するため理論の上ではノーリスクにも見えます。しかし、実際にはチャートや売り買いの板を読むコツや慣れも必要になってきます。また少額投資では大きな手応えを得られず、大きな資金を動かすリスクも無視はできません。

 

またもう1つは取引所からの制限です。アービトラージでは何度も取引を重ねて利益を得る手法なので、取引所にとってみればシステムに負荷をかけるノードと判断される可能性もあります。アカウントの停止などにならないためにも注意が必要です。

 

最後はユーザーの増加です。これはどちらかというとマイナーなアルトコインに言えることかもしれませんが、アービトラージは取引所ごとの価格差を利用する手法なので、アービトラージが繰り返されるうちに、大きな価格差が生まれなくなる可能性もあります。価格差は需給のアンバランスの結果とも言えるため、ユーザー増加で適正にコインが普及し始めると、価格がバランスよく均一になり始める可能性があります。(これは一部ユーザーには嬉しいことかもしれませんが...)

アービトラージを行うためのツールとビットコイン取引所

twitterアカウント「ティナちゃん」が価格を教えてくれる?

#

アービトラージに情報収集は不可欠です。

Twitterアカウントの「ティナちゃん」は、仮想通貨の価格が変更されたことを逐一報告してくれるアカウントです。

特定の取引所について尋ねるとリプライも送ってくれるようなので、フォロー必須のツールと言えます!

Twitter:「ティナちゃん」のアカウントはコチラ!

取引所を比較解説!

海外取引所を比較解説!

アービトラージを行う上で、取引所の選択はかなり重要です。

特に、

・手数料が高いかどうか

・golix(ゴリックス)やbithumb(ビッサム)など、ビットコインの価格が高めに設定される取引所をチェック

といった観点は、アービトラージする取引所を選択する上で有用となってきます。

まとめ

ここまでビットコインのアービトラージについて解説してきました。

コイン資産の運用の中では、かなりリスクの低い手法と言えるかもしれません。

チャートの流れを汲む「読み」と価格変動に関する「情報収集」がアービトラージの大きな鍵となるのではないでしょうか!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨の空売りとは? 空売りの仕組みや空売りできる取引所までわかりやすく解説!

仮想通貨の空売りは暴落局面でも利益の出せる優れた手段ですが、リスクが伴います。この記事を読んで空売りのメリットやリスク、おすすめの空売り可能な取引所…

2018/5/22

bitflyer(ビットフライヤー)でリスク(LISK)を入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、リスク(LISK)は購入できるので…

2018/6/27

仮想通貨の買い時、売り時について解説します!やはり買い時は暴落時?

価格変動(ボラティリティー)が激しいことで知られる仮想通貨。初心者の方などは明確な買い時や売り時があまり分からないですよね。今回はビットコインやアル…

2018/5/1

ビットコインの先物取引の特徴は?〜価格への影響まで詳しく解説〜

昨年末、先物取引が大手取引所で扱われたことでビットコイン価格は高騰しました。しかし、今年に入りビットコイン価格が下落しているのもビットコイン先物取引…

2018/6/10

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の使い方を徹底解説!初心者でも分かる!

bitflyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量日本一であることが有名な仮想通貨取引所です。仮想通貨を扱うのなら使い方を知って損はない取引所…

2018/6/22

Bitcoin(ビットコイン)の購入方法・買い方を徹底解説します!!

誰もが一度は耳にしたことがある、今話題のBitcoin(ビットコイン)。Bitcoin(ビットコイン)とは、インターネット上で取引できる「仮想通貨」…

2018/4/27

bitflyer(ビットフライヤー)でビットコインを入手する方法を解説!おすすめの購入方法は?

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一・セキュリティの高さが世界有数である取引所として高く評価さ…

2018/6/26