search_toggle

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin・BTC)の基本情報

・通貨名:Bitcoin(BTC・ビットコイン)

 ・取引開始日:2009年1月12日

 ・発行上限:21,000,000 BTC

 ・現在の流通量:16,923,700 BTC(2018年3月時点)

 ・時価総額:$138,544,516,154 USD (2018年3月時点)

 ・ブロック認証サイクル:10分

 ・コンセンサスアルゴリズム:PoW

 ・公式サイト:https://bitcoin.org/ja/

 ・ソースコード:https://github.com/bitcoin/ (gitub)

 ・ホワイトペーパー:https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

 ・Blockchain Explorer(取引詳細):https://blockchain.info/

 ・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/

 ・twitter:https://twitter.com/Bitcoin

 ・telegram:https://whalepool.io/connect/telegram

 

Bitcoin(BTC・ビットコイン)は世界で初めて分散型P2P(Peer to peer)ネットワークを実現した仮想通貨です。分散型P2Pネットワークとは中央機関を介さず直接個人間で取引を行う仕組みを指します。

 

ビットコインの始まりは2008年リーマンショックなど既存の金融機関に対して世間の不信感が募っていた時期にサトシ・ナカモトと名乗る人物がネットに掲載した1つの論文でした。「取引の第三者である仲介者による取引制限の問題」という名の論文です。

 

その論文の中にはビットコインの決済システムが書かれており従来の国際送金におけるコスト、かかる時間、複雑な手続き、送金成功の不確実性の解決策としてビットコインの決済システムを提案しています。その後その論文を元に開発が始まり現在に至ります。

 

さて、ビットコインは現在仮想通貨の取引の基軸通貨としての役割を果たしています。他方、ビットコイン以外の仮想通貨はアルトコインと呼ばれビットコインの欠点を補うようにして次々と生まれています。

 

例えば、スマートコントラクトを兼ね備えたイーサリアムやブリッジ通貨として誕生したリップルもアルトコインの一種です。

 

またビットコインは発行上限が設けられているなど金に似ている側面があることからデジタルゴールドと呼ばれることもあります。

 

ビットコインについての詳しい特徴などは以下の記事をご覧ください。

仮想通貨Bitcoin(BTC・ビットコイン)とは?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位、国内最大級の取引所

  • Ic exchange rank 02

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 03

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

そもそもbotとは

botとはそのままRobot(ロボット)の略です。つまり作業を自動化するプログラムの事ですね。Twitterやオンラインゲームをやったことがある方はわかりやすいのではないでしょうか。たまに見かける自動で名言をつぶやいたり永遠と同じ作業を繰り返したりしてるアレです。

仮想通貨のbotとは

#

そんな作業の自動化プログラムがbotなのですが実は仮想通貨取引にもbotは存在します。主に現物取引ではなく信用取引(FX取引)などで使用されているものですね。この場合のbotの機能としては取引の自動履行になりますね。といってもランダムに売ったり買ったりするわけではなく設定した条件に当てはまる場合にのみ売買をするといった感じになっています。

 

例えばですが1年前には自作したbotを使用し放置しているだけで5520%の利益を叩き出した猛者もいます。

この場合は単純に間近20秒の売り気配が強いときはロング(買い)、買い気配が強いときはショート(売り)のポジションを取り売り買いが反転した場合は利確or損切するというプログラムのようです。

仮想通貨取引でbotを導入するメリット

仮想通貨取引におけるbotを導入する最大のメリットというのは24時間対応可能なところでしょう。仮想通貨取引が株取引と大きく違う点として取引時間が限られていないことがあります。東京証券取引所などは15時に閉まるので15時以降は取引ができないようになっていますが仮想通貨取引は世界中のすべての取引場が24時間開いているので夜中寝ている間に大きく価格が変動していたりしても気づくことは難しいです。

 

しかしbotはプログラムですので疲れを知りません。24時間常に稼働し続け取引を行います。ですのでbotと同じ事しかしないのでしたら圧倒的にbotを導入した方がいいんですね。しかしデメリットもあります。事項でそれを解説していきましょう。

仮想通貨取引でbotを導入するデメリット

仮想通貨界隈にはbot狩りという単語が存在します。これは同じ事を繰り返すことしかできないbotの性質を逆手に取った戦法のことを意味します。また、もしある優秀なbotが流行して利益をあげることができたとしてもすぐにまた新しいbotが出現しそれまでの古いbotの動きに対応することもあります。

 

またbotはプログラムですので所謂「勘」というものは使えません。世の中にはいろいろな情報を精査して判断を下し取引で巧みに利益を上げるトレーダー達が存在しますがbotには彼らのような振る舞いはできません。

 

このようにbotにはメリットだけでなくデメリットも存在するということをちゃんと理解しなければなりません。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin・BTC)の取引に対応したbotを紹介

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin・BTC)のbot①ドテン君

ドテン君は先ほどご紹介した自作の仮想通貨botで元手1万円を55倍にしたAKAGAMI氏が作成したbotです。

 

・名前:ドテン君

・戦略(ロジック):トレンドフォロー型スイングトレード(スイングとは数日の範囲で取引をする手法の事です)

・対象取引所:BitFlyer、BitMEX

・購入場所:note

・販売金額:50000円

 

ドテン君のロジック(仕組み)は以下のようになっています。

ドテン君は非常に高価なので海賊版やコピー品などが出回っているのですがドテン君を購入する最大のメリットはDiscord内のドテン君ラウンジというチャットに参加できることだと思います。ドテン君ラウンジでは開発陣と直接チャットが可能で初心者の方向けに様々なサポートが用意されています。これらのサポートは正規版ドテン君にしか付属していないものですので初心者の方は正規版を購入することをオススメします。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin・BTC)のbot②バイトマン

バイトマンはミラーマン氏が開発したドテン君のライバルともいえるbotです。

 

・名前:バイトマン

・戦略(ロジック):購入者のみに開示

・対象取引所:BitMEX

・購入場所:note

・販売金額:0円(有料版は29000円)

バイトマンの開発者ミラーマン氏はこのようにTwitter上で頻繁にサポートの呼びかけを行っています。バイトマンの戦果はといいますとまさしくドテン君のライバルといった感じでしてドテン君の苦手とする場面ではバイトマンが利益を上げバイトマンが苦手とする場面ではドテン君が利益を上げるといった感じになっています。

 

バイトマンは無料版も公開されていますがnoteでミラーマン氏が発言しているように一切のサポートがないドS仕様のようです。ちなみに有料版は上記のようなサポートが受けられます。

まとめ

今回の記事では仮想通貨ビットコインの取引におけるbotについての説明と実際に存在するbotをいくつかご紹介しました。

 

botは確かに便利なツールですが本質は道具です。利益を最大に上げるには道具に完全に任せてしまうのではなく、あくまで補助器具程度にとらえて使用した方がいいように思われます。仮想通貨取引はただでさえハイリスクハイリターンな代物ですのでご利用の際は十分に注意を払うようにお願いいたします。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

1Satoshi(サトシ)っていくら?ビットコインの生みの親サトシナカモトとは?

Bitcoin(BTC・ビットコイン)には最小の単位が存在しているをご存知ですか?その単位はSatoshi(サトシ)です。ではこのSatoshiは何…

2018/6/3

DMM Bitcoin FXのメリット、使い方についてわかりやすく説明します!

人気タレントであるローラが出演しているテレビCMで有名なDMM Bitcoin(DMMビットコイン)。DMM Bitcoinが提供しているFXは実際…

2018/5/19

Bitcoin (ビットコイン、BTC)をマイニングをする、とは?仕組み、収益性、方法を解説!

今回はBitcoin (ビットコイン、BTC)におけるマイニングを紹介します。そもそもマイニングというもの、仕組みは何なのか、どんな方法があるのだろ…

2018/6/10

GMOコインのスマホアプリ『ビットレ君』特徴、使い方を解説! 

国内の仮想通貨販売所の1つであるGMOコインのアプリ『ビットレ君』。今回はそのGMOコインのアプリを、どの様な機能や特徴があるのか、どうやって使うの…

2018/5/19

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の各種手数料について解説!

BitMEXの各種手数料について解説します!ビットコイン(BTC)にレバレッジが100倍まで掛けられ追証も無いと話題になっているBitMEXですが手…

2018/6/11

GMOコインでFXを始めるには? -ゼロからのFX-

今回はGMOコインでのFXのやり方について説明していきます。GMOコインは東証一部上場企業であるGMOグループの傘下の会社です。GMOコインに登録し…

2018/4/30

bitFlyer Lightningとは!?特徴、使い方、FX、先物取引を解説!

今回は国内仮想通貨取引所の1つ『bitFlyer』の取引ツールbitFlyer Lightningを紹介します!bitFlyer Lightning…

2018/5/21