search_toggle

仮想通貨ビットコインのアドレスとは?

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin・BTC)のアドレスとは簡単に言うと銀行の口座番号のようなものです。1か3で始まる英語と数字を交えた27~34桁の番号で構成されており作成・利用するにあたっては公開鍵と秘密鍵が必要となります。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    取引量・ユーザー数・資本金で国内第1位、国内最大級の取引所

  • Ic exchange rank 02

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 03

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

公開鍵と秘密鍵

公開鍵は秘密鍵から生成されます。その秘密鍵は英数字の羅列であればなんでもいいのですが秘密鍵が他人に知られてしまったり推測されやすいような数字の羅列であったりすると(誕生日など)残高はすべて抜き取られてしまいますので、完全に不規則で膨大な桁数を持っている方が好まれます。例えばですが「hixq84qyt8cidxmu9f05cjrepf」のような何の規則性もない文字の羅列ですね。(適当にキーボードを連打しました。)

 

しかしこの秘密鍵は確実に紛失してはいけないものですので(紛失すると資産が引き出せません)紙にメモをするかインターネットから切断されている端末に保存しておくことをおすすめします。

 

この秘密鍵から公開鍵は生成されるのですがECDSA・楕円曲線暗号(楕円曲線DSA)という暗号化の手法を使用していて生成された公開鍵からは秘密鍵が推測できないようになっています。公開鍵はその名の通り相手に教えても大丈夫な(公開するための)鍵ですので元の秘密鍵が推測できてしまうとまずいんですね。

仮想通貨ビットコインアドレスの作り方

ここでは実際にビットコインアドレスを作っていきましょう。ビットコインアドレスを生成する方法はいろいろあり

・取引所に登録し取引所のウォレットを取得する(登録した時点でついてきます)

・自分でウォレットを作成しアドレスを管理する

・ウォレットは作成せずにアドレスのみ生成する

 

今回はアドレスのみ生成する方法を以下のサイトを例に挙げて説明します。

bitaddress.org

まずはサイトにアクセスしてください。すると以下のような画面になると思いますので指示に従い適当にマウスかカーソルを動かします。

#

ランダムに配置された緑色の点の座標を元に秘密鍵は生成されますのでなるべく不規則に動かしてください。

 

%表記の数字が100%になるまで動かし続けます。100%になりましたら以下のような画面に移行していると思います。(途中で動作がおかしくなったりしたらまた最初からお試しください)

#

QRコードとアドレスを白く塗りつぶしているため見にくいかもしれませんが左のSHAREと表示されてるものがビットコインアドレスとなります。反対側のSECRETとなっているものが秘密鍵です。(公開鍵は既にビットコインアドレスに変わっていますのでここでは必要ありません。)

 

出来上がった画面を印刷するか紙などで文字をメモするかの手段で保存し、ビットコインアドレスの生成は完了です。

仮想通貨ビットコインアドレスの使い方

仮想通貨ビットコインアドレスの使い方①アドレスの確認方法

ここでは生成したビットコインアドレスの使い方についてご説明します。アドレスの使用用途はビットコインの送金と受信です。ここでは最初にアドレスの確認方法を説明します。まずは先ほどのサイトにもう一度アクセスしましょう。

bitaddress.org

そしてWallet Detailsというボタンがあると思いますのでそこをクリックしてください。以下のような画面に移行すると思います。(緑の点が出てきますが無視して大丈夫です)

#

こちらの「Enter Private Key」となっている箇所に先ほど生成した秘密鍵を入力します。そうしたらアドレスの情報が色々と出てくると思いますので万が一アドレスがわからなくなったらここで確認しましょう。

仮想通貨ビットコインアドレスの使い方②送出金方法

ビットコインアドレスを生成する手順を説明してきましたが、アドレスのみ持っていても層出金はできません。ではどうやって送出金をするかといいますとウォレットを使います。今回はiPhoneなどのIOS端末やAndroid端末でも使用できるモバイルウォレットでもある「Copay」を使っての送出金方法を説明します。

 

まずはお使いの端末に合ったCopay(コペイ)をダウンロードしインストールしてください。(Windows版で解説していきますが基本的な使い方はどのバージョンでも同じです)

Copay – 安全な共有ビットコインウォレット

Copayを起動し初期説明を聞き終わったら送金というメニューを押してください。

#

受取人の欄に先ほど生成したアドレスを張り付けます。(アドレスですよ!秘密鍵と間違わないようにしてください)その後送金したい金額を入力し完了です。

 

次は出金です。先ほどとは違い受け取りというメニューを押します。そして秘密鍵の方を入力しウォレットの全残高インポートを選択してください。その後出金するウォレットを選択して完了です。

まとめ

今回はビットコインアドレスについて詳しく解説していきました。ビットコインアドレスとア銀行の口座番号のようなもので、ビットコインをためる能力があることが分かったと思います。

 

ビットコインアドレスを使用する際は秘密鍵はもちろんウォレットのパスワードなどを他人に見られないようにするために厳しいセキュリティを課すことが重要です。正しい使用方法でアドレスを使っていきましょう。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

セキュリティーの要!ブロックチェーンの秘密鍵・公開鍵について解説

この記事ではビットコインなどの電子署名に使われる秘密鍵と公開鍵について説明します。電子署名とは秘密鍵と公開鍵を使用することで、取引データの送受信者が…

2018/5/1

Siacoin(シアコイン)のウォレットとは?登録方法や使い方など徹底解説!

Siacoinはデータ保管のためのストレージの余りを貸し出して有効活用されるようにすることを目指す仮想通貨です。個人でのマイニングも可能なSiaco…

2018/5/7

コントラクトアドレス

aaaaaaaaaa

2018/6/16

仮想通貨Monero(XMR・モネロ)のウォレット(wallet)について、種類、使い分けなどを解説!

仮想通貨Monero(XMR・モネロ)のウォレット(wallet)について紹介します。匿名性と高速取引を売りにしている時価総額上位の仮想通貨です。ウ…

2018/5/17

Binance(バイナンス)にログイン出来ない!その対処法は…?

Binance(バイナンス)に登録したのは良いものの、ログインすることが出来なくて困っていませんか?そんなあなたにここではBInanceのログイン方…

2018/4/27

ペーパーウォレットとは? メリットやデメリットから作り方まで徹底解説!

仮想通貨を保管するとき、ウォレットにいれることが推奨されていますよね。今回はそのなかでも比較的安全性の高いペーパーウォレットについて説明していきます…

2018/4/26

仮想通貨CybCSec(サイバークリプトセキュリティ/XCS)とは?特徴、チャート、将来性など解説!

今回はCybCSec(サイバークリプトセキュリティ/XCS)を紹介します。CybCSec(サイバークリプトセキュリティ/XCS)は高度な匿名性を保障…

2018/4/23