search_toggle

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)とは?

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の基本情報(価格、発行上限など)

  • 通貨名:Litecoin(LTC)

 

  • 公開日:2011107

 

  • 発行上限:84,000,000 LTC

 

  • 現在の流通量:56,493,338  LTC2018年5月時点)

 

  • 時価総額: $7,661,287,492 USD 2018年5月時点)

 

  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(Scrypt)

 

  • ブロック生成時間:2.5

 

 

 

  • ホワイトペーパー:-

 

 

 

 

 

 

 

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の特徴

「Bitcoin(ビットコイン)が”金”であるのならLitecoin(ライトコイン)は”銀”である」というコンセプトでLitecoinは開発されました。公式のTwitterバナーにも「ドラゴンボール」の登場人物で、お互いに認め合うライバルである悟空とベジータの画像が設定してあります。

#

Litecoinはその特徴として以下のような点が挙げられます。

・Lightning network(ライトニングネットワーク)で高速、安い手数料で少額取引が可能

SegWit(Segregated Witness,セグウィット)を実装し高い取引処理を実現

・Atomic Swap(アトミックスワップ)で、BTCなどの基軸通貨を介さずに直接Litecoinを他の通貨に換金できるようになる

 

このようにLitecoinはBitcoinから生まれた通貨ですが、Bitcoinの特徴をうまく引き継ぎBitcoinとは違った用途での活躍が期待されています。その他の詳しいLitecoinの特徴は以下の記事をご覧ください。

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の最低価格相場、最高価格相場、チャートはこちら

Litecoin(LTC/ライトコイン)/円 チャート・価格・相場|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の将来性

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の将来性①決済サービスへの進出

Litecoinは2018年に三つの大きなイベントを控えています。そのどれもが決済サービスに関するもので、これら全てが実装されればLitecoinが決済に当たり前に使われる世の中もそう遠くはないでしょう。一つ一つ紹介していきます。

1.LitePay

#

Litepayとは、Litecoinを用いた決済サービスです。

その使い方は至ってシンプルになっており、

 

①商品の購入

②QRコードをスキャン、または文字と数字の文字列をコピーして貼り付ける

③受け取ったLitecoinをVisa互換システムによって即時にドル変換される

④取引先の銀行に直接送金される

 

という流れになっています。現在のクレジットカード手数料が3%なのに対してLitePayは1%ですし、個人情報を提供しないので万が一の際にも個人情報の漏洩の心配がなかいなど、既存のシステムよりも高機能で高性能なサービスになっています。

 

2018年3月にプロジェクトの終了が宣言されましたが、その後4月には再開を果たしました。

2.LitePal

#

Litepal(ライトパル)ペイパルのライトコイン版のようなもので安全にモバイル端末などで送金や支払いをすることができるようになります。もしこれが実現するとなるともはや現実の通貨と変わらない扱いになりますね。

 

サービスの開始は2018年の夏ごろを予定している模様です。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の将来性②開発者が保有する全ライトコインを売却

#

ライトコイン開発者のチャーリー・リー氏が自身の保有するライトコインをすべて売却したとTwitter上で発表しました。ツイートによると自身のツイートが良いものであれ悪いものであれライトコインの価格に影響を与えてしまっている現状がライトコインが健全な通貨になることを妨げているのでは、と思ったうえでの決断のようです。

 

これはライトコインの開発陣がライトコインを単なる投資対象としてみているのではなく社会のためになるものだと見なしていることの証拠でしょう。これからライトコインはより安定した通貨になっていくのだと思われます。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の将来性③2019年に訪れる半減期

#

ライトコインは2019年に半減期を迎えます。減期とはその日を機にマイニング報酬が半減される期間のことでその前後は価格が上昇することが予想されています。(価格がそのままだとマイニング報酬が減りマイナーが減る→結果通貨システムが崩壊してしまうため)

 

ビットコインも2018年に控えている半減期に関する詳しい説明はこちら↓

仮想通貨における半減期とは?意味や影響などについて詳しく解説!|Coinwall [コインウォール]

ですので2019年はライトコインが話題に上がる頻度も増えていくと要されます。

2018年仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)の価格予想

#

一度はプロジェクトが頓挫し計画が白紙になったLite payプロジェクトが再開されたとはいえ一度失った信頼を取り戻すのはなかなか難しいです。今年中の価格上昇は微々たるものはあれど爆発的な伸びは期待できないといった感じでしょうか。

 

ですがLite payとLite palが実装されれば話は別です。ライトコインの実用面での需要が高まりライトコインは単なる投資対象ではなく実際に生活で使われる通貨になっていくでしょう。その勢いを乗せたまま2019年の半減期を迎えることができれば何人かの方が予想している四万円台という数字は現実味を帯びてくるのではないでしょうか。

 

その後は実際に使われているドルや円が急激な値段変動を見せないように価格を維持していくのではないかと予想します。

 

Key-phrases

・Lite pay Lite palを携えて半減期を迎えられるか

・現状考えうる最高価格は四万円代の可能性

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)を購入できる取引所3選

そんな実用性あふれるライトコインですが実は国内取引所ではBTC建てでしか購入できなかったりそもそも取り扱っていなかったりという感じで、主な取引場所は海外の取引所となります。ですのでここではここだけ登録しておけば間違いはない海外の取引所も含めてご紹介していきます。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)のおすすめ取引所①唯一の国内取引所 Bitabank(ビットバンク)

運営会社: ビットバンク株式会社
資本金: 11億3100万円
事業者登録:

Img radar chart bitbank

    アルトコインを安く買うならビットバンク

  • Ic check exchange point

    BTC売買手数料がマイナス

  • Ic check exchange point

    アルトコインが板で売買できる

  • Ic check exchange point

    取引ツールでテクニカル分析をしながら運用できる

-基軸通貨数(6種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ltcLTC Thumb crypto xrpXRP Thumb crypto ethETH Thumb crypto monaMONA Thumb crypto bchBCH
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 無料
アルトコイン売買手数料 無料
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1000円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥無料
日本円入金手数料
(振込入金)
無料
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥540~756円
-詳細-
取引ツール Trading view
最大レバレッジ 20倍
入金方法 銀行振込
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.0001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

Bitbank(ビットバンク)は、アルトコインが板売買できる取引所でアルトコインを安く買うことが可能です。また、高性能な取引ツールを採用しており、テクニカル分析をしながら運用することができます。

 

デメリットとしては、販売所形式がないため、初めての仮想通貨取引所には向かない印象です。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)のおすすめ取引所②世界最大の取引所 Binance(バイナンス)

国: 香港

Img radar chart binance

    わずか数ヶ月で世界一になった中国発の取引所

  • Ic check exchange point

    BNB(バイナンスコイン)を使えば手数料が半額

  • Ic check exchange point

    BTC取引シェア世界上位

  • Ic check exchange point

    取引可能な通貨ペアが多い

-基軸通貨数(4種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH BNB USDT
-手数料-
取引手数料Maker 0.1(BNBを使えば0.05)
取引手数料Taker 0.1(BNBを使えば0.05)
出金手数料(BTC) 無料
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ ×倍
日本語対応
アプリ対応
取引形態 先物取引
2段階認証

仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)のおすすめ取引所③全米ナンバーワンの取引所 Bittrex(ビットレックス)

国: アメリカ

Img radar chart bittrex

    アメリカ発!250種類以上の通貨を取り扱う取引所

  • Ic check exchange point

    世界トップの仮想通貨取引所

  • Ic check exchange point

    カスタマーサポートが充実している

  • Ic check exchange point

    新しい通貨の取り扱いが早い

-基軸通貨数(2種類)-
Thumb crypto btcBTC Thumb crypto ethETH
-手数料-
取引手数料Maker 0.25
取引手数料Taker 0.25
出金手数料(BTC) 0.0005
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ ×倍
日本語対応 ×
アプリ対応
取引形態 先物取引
2段階認証

その他のライトコインを購入できる11種類以上の取引所の比較はこちら

Litecoin(LTC・ライトコイン)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介|Coinwall [コインウォール]

まとめ

今回の記事では2018年ライトコインはどうなるのかをその特徴や将来性を紹介しつつ解説しました。ライトコインの2018年の予想をまとめるとLite payとLite palが実装される予定だが本当に実行されるのかはわからない、しかしもし実装されればそれが起爆剤になり2019年の半減期で大きな価格上昇を見せるかもしれないということでした。

 

もしかしたら今後ライトコインは実用性ナンバーワンの通貨として最も私たちに身近な仮想通貨になっていくのかもしれません。そうなればビットコインよりも有名になるでしょう。今後に注目の通貨ですね。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Litecoin(ライトコイン・LTC)の今後と将来性、価格どうなる?最新情報も含め徹底解説

今回は、Litecoin(ライトコイン・LTC)の今後と将来性を予想しますライトコインはビットコインの次に作られた2番目に古い仮想通貨です。ライトコ…

2018/5/2

2018年仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の最新ニュース!LitePayはすでに再開している!

今回はLitecoin(LTC・ライトコイン)の今後を予想します。Litecoin(LTC・ライトコイン)はビットコインの次に作られ、2番目に古い仮…

2018/5/12

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)です。Bitcoinの次に作られた仮想通貨で知名度も人気も高いLitecoinの、ア…

2018/3/21

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのライトコイン購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29

bitflyer(ビットフライヤー)でライトコインを入手する方法を解説!画像解説付き!

bitflyer(ビットフライヤー)は日本の仮想通貨取引所です。ビットコイン取引量が日本一であることは有名ですが、ライトコインは購入できるのでしょう…

2018/6/27

GMOコインでライトコインを入手する方法を画像付きで解説!アプリの使い勝手は?

GMOコインはGMOインターネットグループ傘下の仮想通貨"販売所"です。手数料の安さやビットレ君というアプリによるビットコインFXの気軽さで人気の販…

2018/6/27

QUOINEX(コインエクスチェンジ)でライトコインを入手する方法を解説!画像付きで解説!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は東京とシンガポールに拠点を持つ仮想通貨取引所で、スプレッドが狭くビットコインを含む8種類の通貨に対応していま…

2018/6/27