search_toggle
仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

Litecoin(ライトコイン/LTC)

13,032.6 JPY

前日比

0.853%

前週比

-14.873%

118.862 USD

前日比

0.89%

前週比

-14.46%

0.0161452 BTC

前日比

0.189%

前週比

-1.292%

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)とは?

Litecoinの基本情報

  • 通貨名:Litecoin(LTC)

 

  • 公開日:2011107

 

  • 発行上限:84,000,000 LTC

 

  • 現在の流通量:55,647,531 LTC20183月時点)

 

  • 時価総額: $9,013,564,500 USD 20183月時点)

 

  • コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(Scrypt)

 

  • ブロック生成時間:2.5

 

 

 

  • ホワイトペーパー:-

 

 

 

 

 

 

 

Litecoinの概要

Litecoin(LTC・ライトコイン)は、ビットコインの問題点・課題を解決するために、ビットコインをベースにして作られた実用性のある仮想通貨です。暗号化技術に優れ、送金速度が速く、少額決済に特化しています。送金手数料もほとんどかかりません。

 

『Bitcoin(ビットコイン)が【金】であるのならLitecoin(ライトコイン)は【銀】である』というコンセプトで、元Google社員のCharlie Lee氏によって開発されました。現在は、アメリカや中国で人気の仮想通貨・アルトコインとなっています。

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の特徴

Litecoinの特徴① Bitcoinをサポートする役目:Bitcoinは金でLitecoinは銀

#

Litecoin(LTC・ライトコイン)は、Bitcoin(ビットコイン)が苦手としている少額決済をサポートする役割を担っています。

 

Bitcoin(ビットコイン):金

  • 価格が高い
  • 使用頻度が少ない

Litecoin(ライトコイン):銀

  • 価格が安い
  • 使用頻度が多い

 

このように、実際に使う際にはビットコインとライトコインを使い分けることができます。ライトコインはビットコインを補助する通貨なのです。

 

ちなみに開発者Charlie Lee氏のTwitterのホーム画像には、BitcoinとLitecoinの関係がドラゴンボールの悟空とベジータに例えられています。

Litecoinの特徴② ブロック承認時間が速い

現在、ビットコインの決済には約10分程度の時間が必要で、決済を行う場合には実用的ではありません。そんなビットコインを補助するかのように、Litecoin(LTC・ライトコイン)のブロック承認時間は2.5分に設定されています。

 

したがって、ライトコインはビットコインよりも取引承認時間が短く実用的な決済を行うことができます。

Litecoinの特徴③ 最大発行枚数が8400万枚:ビットコインの4倍

Litecoin(LTC・ライトコイン)の最大発行枚数は8400万枚です。これはビットコインの最大発行枚数2100万枚の4倍になります。

 

この4倍という数字は単に偶然ではなく、発行スピードと発行枚数の比率をビットコインと同一にするために設定されたと考えられています。

 

また、ライトコインは2019年に半減期を迎えます。半減期とはその日を機にマイニング報酬が半減される期間のことで、その前後は価格が上昇することが予想されます。

(価格がそのままだとマイニング報酬が減りマイナーが減る→結果通貨システムが崩壊してしまう)

 

2011年初期に発行されたライトコインは50LTCでした。そこから4年ごとに半減していくので、2015年8月の半減期には25LTCになりました。そして次の半減期は「4年後の2019年8月の予定」という訳です。

 

半減期

  • 2011年 50 LTC
  • 2015年 25 LTC
  • 2019年 12.5 LTC
  • 2023年 6.25 LTC
  • 2027年 3.125 LTC

 

この後も4年ごとに半減していきます。最大発行枚数の設定や半減期を設定することで、ライトコイン自体の通貨の希少性を高めることができ、インフレの防止価値の上昇が期待されます。

Litecoinの特徴④ Lightning network(ライトニングネットワーク)が実装可能

#

Litecoin(LTC・ライトコイン)は、20179月にLightning network(ライトニングネットワーク)技術を用いての送金に成功したと発表しています。これによって安全かつ即時性のある送金を可能にします。

 

Lightning network(ライトニングネットワーク)

  • 少額支払いが可能
  • 手数料を削減
  • スケーラビリティ問題を解決

 

ライトニングネットワークを用いた送金は、ブロックチェーンネットワーク外での送金を可能にしました。そのためブロックチェーンに負荷をかけることがありません。正確には、少額決済の記録(取引データ)をブロックチェーン以外の場所(ライトニングネットワーク)に保管して、その後全体の大きな決済の記録のみをブロックチェーンに記録するという技術です。

 

これによって少額決済の記録(取引データ)を毎回毎回ブロックに記録する必要がなくなり、その分の取引手数料が省かれるのはもちろんのこと、送金取引速度がより速くなるので少額決済を気軽に行うことができます。

 

ちなみに現在のビットコインのブロックチェーン技術だけでは

  • 単位ブロック生成時間が10分かかる→少額支払いには使いにくい
  • 仮想通貨の中で手数料が高い

などの問題がありますが、ライトニングネットワークがこの問題を解決します。実際に現時点で、ビットコインでもライトニングネットワークの送金が成功しています。

Lightning network(ライトニングネットワーク)についてはコチラ

ライトニングネットワークの簡潔な解説 | ビットコイン研究所

http://doublehash.me/basic-of-lightning/

Litecoinの特徴⑤ Atomic swap(アトミックスワップ)が実装可能

#

Litecoin(LTC・ライトコイン)に実装可能なAtomic Swap(アトミックスワップ)技術は、相手を信用する必要なしに(トラストレス)種類の異なる仮想通貨同士の交換を行うことを可能にする技術です。この技術にはアドレス署名を用いています。

 

例えば、現在Ethereum(イーサリアム)を持っていて、ライトコインを購入したい場合、取引でイーサリアムをビットコインか日本円に両替してからLitecoinを購入する必要があります。

 

 

図で表すとこんな感じです。

ETH→BTC・JPY→LTC

 

 

ですがアトミックスワップでは、イーサリアムから直接ライトコインを購入することができます。

 

ETH→LTC

 

相手に関わらず、安全にコイン同士の交換を可能します。つまり、アトミックスワップが他の通貨にも実装されれば、取引所を通さず安全に種類の異なるコインの交換が出来るようになります。

Litecoinの特徴⑥ SegWit(セグウィット)を実装

#

20174月にLitecoin(LTC・ライトコイン)はSegWit(Segregated Witness・セグウィット)という技術を実装しました。このSegwitは、仮想通貨の取引処理能力を向上させるための改善措置です。今までブロックチェーンに書き込まれていたデータのうち一部をオフチェーンにすることで、承認すべきトランザクションサイズを小さくすることができます。

 

つまり、Segwit(セグウィット)が導入すると承認にかかる手間が省けるのです。

 

またこの技術はビットコインにも実装されました。(20179月)

SegWit(セグウィット)についてはコチラ

Segwitはスケーラビリティ問題を解決するだけでなく、トランザクション展性も解決します。

トランザクション展性とは - ビットコインの仕組み:Bitcoinを技術的に徹底解説!

開発者"Charlie Lee"の存在

Litecoin(LTC・ライトコイン)の開発者は元Googleの社員であるCharlie Lee氏で、「Coinbase社を退社し、Litecoinの開発に専念する」と176月に発言しました。

 

Coinbase社はBitcoinの販売・取引所やウォレットサービスなどを幅広く手掛けるアメリカの大手ビットコイン企業で、Lee氏は開発ディレクターとしてウォレットのプラットフォーム改善などを手掛けており、開発者として信頼を持っている人物だと言えます。

Litecoinの特徴⑦ 『BitGo』との連携

#

2017年1月にLitecoin(LTC・ライトコイン)はウォレット会社「BitGo」と提携を結んでいます。またBitGoはBitcoin(ビットコイン)やBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)とも提携を結んでいます。提携を結ぶことによってウォレット機能の強化を図っています。

現在、Litecoin Wallet(ウォレット)が対応しているのは9種類です。

#

Litecoinの特徴⑧ 『Litepay』のリリース

#

Litepayとは、Litecoin(LTC・ライトコイン)を用いた決済サービスです。その使い方は至ってシンプルになっています。

 

①商品の購入

②QRコードをスキャン、または文字と数字の文字列をコピーして貼り付ける

③受け取ったLitecoinをVisa互換システムによって即時にドル変換される

④取引先の銀行に直接送金される

 

以上の流れで決済を行うことができます。

『Litepay』の特徴

1.低価格な手数料(1%)

 

2.即時の送金システム

従来の仮想通貨決済では、仮想通貨から法定通貨に交換するまでの間に、仮想通貨価格が大きく変動して損失を被るリスクがありました。しかし、販売会社の銀行や金融機関に購入時のレートで直接支払いを行うことで、仮想通貨から法定通貨に交換するまでの間におきる「価格変動リスク」を緩和することが可能になりました。

 

3.VISAと連携

VISAと提携し「ライトコインデビットカード」を発行することでATMや世界中のVISA加盟店でライトコインが使えるようになります。

 

4.リスクが少ない

個人の機密情報の提出がないため、クレジットカードを持つ際に起こりうる情報漏えいなりすましのリスクをなくすことができます。

Litecoinの特徴⑨ 中国で人気:大きな支持を受けている

Litecoin(LTC・ライトコイン)は、巨大な投資マーケットである中国でとても人気があります。ライトコイン取引高の75%以上が中国であると言われています。創設者のCharlie Lee氏を自国民として応援・支持している中国コミュニティの存在が伺えます。

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の歴史と時価総額

Litecoinの歴史

2011年10月

Charlie Lee(チャーリー・リー)氏によってLitecoin公開

2013年3月

キプロスショックで仮想通貨にスポットライトが当たり、価格上昇(9.48USD/LTC→48USD/LTC)

2015年1月

マイナー報酬の半減が起こり、価格が微増

2017年1月

BitGo」との提携を発表

2017年12月

Charlie Lee氏が手持ちのLitecoinを全売却

2018年2月26日

Litepay」リリース

2018年3月2日

Litecoin coreの最新Update

Litecoinの時価総額

現在は、時価総額6位とアルトコインの中でも依然として高い位置をキープしています。

 

決済用としても使える基軸通貨であり、Litecoinのライバルとも言える「Bitcoin Cash」には遅れを取っています。

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の今後

20174月以降価格が上昇してきているLitecoin(LTC・ライトコイン)の今後を予想してみました。「決済手段として普及出来るか」が鍵のようです。

#

決済手段としての浸透・普及

Litecoin(LTC・ライトコイン)の最大の特徴は決済や送金としての機能です。

 

Litepayがリリースされ、通貨として実用化される現実味を帯びたので、ライトコインへの期待は高まっています。さらに、2018年末には「LitePal」がリリース予定です。

 

一方で、対応店舗は未だ少なく、ここ日本でも決済で実用化できるところはほとんどないので、今後の浸透・普及に期待しましょう。

Bitcoin(ビットコイン)の普及

Litecoin(LTC・ライトコイン)はビットコインを補助するような仮想通貨だと述べましたが。それゆえに、ビットコインとライトコインの価格は連動していくことが予想され、ビットコインが普及して価値が上がれば、必然とライトコインの価値も上がると考えられます。

Litecoin(LTC)取り扱い取引所の増加

現在(2018年5月)、国内取引所ではbitflyerMr.ExchangeGMOコインで上場を果たしています。ちなみにZaifでは未上場です。取引所の信用が取り扱い通貨の信用に関わる昨今ですので、他の取引所で上場を進めていくと価格が上がると思われます。

大企業との提携

今後、『BitGo』のような大きな企業との提携が出来れば、利便性向上が期待され価値が上がっていくと思われます。

Litecoin(ライトコイン)の今後・将来性・最新ニュース

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)のチャート・将来性

20133

キプロス金融危機。

仮想通貨への信用が高まり(法定通貨への不安感から)、価格が急騰。

201311

仮想通貨を用いた犯罪行為を摘発。

Silk Road”というプラットフォーム上で犯罪行為を行なっていたアメリカ人男性”ロス・ウィリアム・ウルブリヒト”をFBIが逮捕。

暗号通貨の認知度が一気に上昇し、高騰。

201312

中国の中央銀行がBitcoinによる金融サービスを規制。

徐々に下降をたどる。

20151

マイナー報酬の半減が発表。

一時的に価値が上昇。

20174

仮想通貨を利用者保護を目的とした法案が日本で可決。

仮想通貨への関心が価格上昇につながる。

201712

開発者Charlie Lee氏が手持ちのLitecoinを全売却。

買いの傾向により急騰。

 

チャートを長期的にみると、仮想通貨全体に影響があるイベントに相関があるように感じます。

 

一方で、直近の昇降はLitecoin(LTC・ライトコイン)独自の動きとなっており、ライトコインのニュースをチェックしておく必要がありそうです。

 

特に決済辺りのアップデートは、価値の上昇に繋がっていくでしょう。

「Litecoin」と「Bitcoin Cash」の比較

Litecoin(LTC・ライトコイン)のライバルとも言えるBitcoin Cashとチャートを比較してみると、価格は若干Litecoinが上回っているものの、時価総額(市場からの期待度)はBitcoin Cashが大きくリードしています。

※発行枚数はそれぞれ違います

 

どちらかが高いor低いという関係性ではないようですが、Litecoinは今後市場からの期待を獲得していく必要がありそうです。

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

#

運営会社: 株式会社bitFlyer
資本金: 41 億 238 万円
事業者登録:

Img radar chart bitflyer

    仮想通貨取引量・ユーザー数国内NO.1!

  • Ic check exchange point

    最大15倍の高レバレッジ取引が可能

  • Ic check exchange point

    FX売買手数料無料

  • Ic check exchange point

    資本金額、国内取引所最大

-基軸通貨数(7種類)-
Icon btcBTC Icon ethETH Icon etcETC Icon ltcLTC Icon bchBCH Icon monaMONA LSK
-手数料-
btc売上販売料(販売所) 無料
btc売上販売料(取引所) 0.01~0.15%
アルトコイン売買手数料 0~0.2%
最低入出金額 最低入金額: ¥1円~最低出金額: ¥1円~
日本円入金手数料
(クイック入金)
¥324円
日本円入金手数料
(振込入金)
振込手数料実費分
口座開設手数料 無料
日本円出金手数料 ¥216~756円
-詳細-
取引ツール bitFlyerLightning
最大レバレッジ 15倍
入金方法 銀行振込クイック入金コンビニ入金
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
最低取引単位 0.00000001btc
-セキュリティ-
2段階認証
マルチ
シグネチャー
コールド
ウォレット
顧客資産
分散管理
サポート体制 メール
事業者登録

やはり、国内の取引所が一番使いやすいのではないでしょうか?中でも、セキュリティが世界一と言われるbitFlyerは安心感があります。

Binance(バイナンス)

#

国: 香港

わずか数ヶ月で世界一になった中国発の取引所

Img radar chart binance

    おすすめポイント

  • Ic check exchange point

    BNB(バイナンスコイン)を使えば手数料が半額

  • Ic check exchange point

    BTC取引シェア世界上位

  • Ic check exchange point

    取引可能な通貨ペアが多い

-基軸通貨数(4種類)-
Icon btcBTC Icon ethETH BNB USDT
-手数料-
取引手数料Maker 0.1(BNBを使えば0.05)
取引手数料Taker 0.1(BNBを使えば0.05)
出金手数料(BTC) 無料
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ ×倍
日本語対応
アプリ対応
取引形態 先物取引
2段階認証

Binance(バイナンス)は中国にある仮想通貨取引所です。 約90種類の仮想通貨を扱っています。主要な仮想通貨はもちろん、草コインも多く扱っています。世界で最も有名と言っても過言ではない仮想通貨取引所です。

Bifinex

#

国: 香港

レンディング機能がある香港発の仮想通貨取引所!

Img radar chart bitfinex

    おすすめポイント

  • Ic check exchange point

    スマホアプリが使いやすい

  • Ic check exchange point

    レンディング機能がある

  • Ic check exchange point

    流動性が高い

-基軸通貨数(1種類)-
Icon btcBTC
-手数料-
取引手数料Maker 0.1
取引手数料Taker 0.2
出金手数料(BTC) 0.0004
口座開設手数料 無料
-詳細・セキュリティ-
最大レバレッジ 3.3倍
日本語対応 ×
アプリ対応
取引形態 先物取引信用取引
2段階認証

Bitfinexは香港資本の仮想通貨取引所です。

 

そのメリットは

  • セキュリティが強固
  • Bitcoin(ビットコイン)取引量首位
  • チャートが高機能
  • 使いやすいUI

です。

 

Bitfinexは以前にハッキング被害を受けており、その経験からセキュリティが非常に強固になっていると言えます。

 

デメリットは

  • 仮想通貨建てでしか取引できない(ドル建ても不可)
  • 香港に本拠地がある為、中国の規制の影響を受ける可能性あり

です。

まとめ

仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)いかがだったでしょうか?

 

Bitcoinサポート的な立ち位置Litecoin今後仮想通貨の認知度が上がり、さらには決済手段として浸透・普及していった場合、Litecoinの価値が上がる可能性があります。

 

仮想通貨領域のみならず、決済領域にもアンテナを伸ばしておく必要がありそうですね。

関連記事

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく簡単に徹底図解!! |Coinwall [コインウォール]

仮想通貨を安全な保管に必須のTREZORの仕組み、使い方、買い方を解説|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はLitecoin(LTC・ライトコイン)の今後を予想します。Litecoin(LTC・ライトコイン)はビットコインの次に作られ、2番目に古い仮…

2018/5/2

2018年仮想通貨Litecoin(LTC・ライトコイン)の最新ニュース!LitePayはすでに再開している!

今回はLitecoin(LTC・ライトコイン)の今後を予想します。Litecoin(LTC・ライトコイン)はビットコインの次に作られ、2番目に古い仮…

2018/5/12

2018年仮想通貨ライトコイン(Litecoin、LTC)はどうなる?特徴、将来性から価格を予想!

2018年に予定されていたLite payプロジェクトが頓挫し見放されたかに思えたライトコインですが、4月にプロジェクトの再開が宣言されました。もし…

2018/5/14

ライトコインの送金時間は短い?送金時間に関する情報について解説

ライトコインは仮想通貨界の銀になるべくして誕生したアルトコインです。最近では107億円を短時間・低手数料で送金することに成功しています。そんなライト…

2018/5/14

Litecoin(ライトコイン/LTC) segwit(セグウィット)について徹底解説!

2017年4月末に75%の合意によりライトコインのsegwit導入が決定しました。ライトコインのsegwitとは何か、また導入後どのように変わったの…

2018/5/14

仮想通貨Bitcoin Gold(BTG・ビットコインゴールド)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのは仮想通貨Bitcoin Gold(ビットコインゴールド)です。Bitcoinからハードフォークした”Bitcoin Gold”。Bi…

2018/3/20

ビットコインの決済ってどうやってするの?仕組みや方法など徹底解説!

ビットコインの決済とは、取引所やウォレットで保管しているビットコインを利用して、提携している店舗に直接送金することができるシステムのことです。具体的…

2018/4/29