search_toggle
仮想通貨Augur(オーガ)とは?特徴・将来性・チャート・一挙解説

Augur(オーガ,オーガー/REP)

4,154.64 JPY

前日比

-2.906%

前週比

-29.93%

37.8919 USD

前日比

-2.87%

前週比

-29.59%

0.00514693 BTC

前日比

-3.545%

前週比

-18.751%

仮想通貨Augur(オーガ)とは?

#

Augur(オーガ)が「群衆の知恵」を利用した分散型未来予測プラットフォームです。Augurの意味は「占い師」で未来予測と関連した名前です。Augur(オーガ)の通貨単位は「REP」です。
Augur(オーガ)は2016年10月に運用が開始され、現在仮想通貨時価総額41位に位置しています。発行枚数は1100万枚です。新規発行はなく、発行枚数は1100万枚が上限です。ビットコインなどの仮想通貨が利用しているマイニングを採用していません。
また、Augur(オーガ)はイーサリアムのDappを利用しているメジャーなプラットフォームです。

Augur(オーガ)の特徴

#

Augurの特徴
1 誰でも未来予測(賭け事みたいなもの)のイベントを作ることができる。
2 誰でも興味のある未来予測のイベントに参加できる。

Augur(オーガ)なら未来予測イベントを自分で作ることが出来ます。例えば、サッカーのレアル・マドリード対バルセロナの試合の結果を未来予測のイベントとして作ることができるということです。自分の興味あることを未来予測のイベントにすることが出来るのです。

Augur(オーガ)なら誰でも興味のある未来予測イベントに参加できます。今までは競輪や競馬など特定の未来予測イベントしか存在しませんでしたがAugur(オーガ)なら誰でも興味のある未来予測に参加できます。また、興味のあるイベントが作られていない場合は自分で作ればいいのです。

Augur(オーガ)の仕組み

Augur(オーガ)の特徴がどのような仕組みで成り立っているのかを見てみましょう。

胸元がいない非中央集権

Augur(オーガ)はビットコインなど他の仮想通貨と同じくブロックチェーンを利用しています。そのため、分散型非中央集権型のシステムで成り立っています。非中央集権であるためギャンブルにいる胸元がおらず、コミュニティ参加者全員がイベントを立ち上げることが出来ます。
ここで注意が必要ですが、誰でもイベントを立ち上げることは出来ますが、誰もイベントを管理することが出来ません。つまりイベントを立ち上げても胸元にはなることが出来ないということです。

イベントの結果を伝えるレポーター

胸元がいないことでギャンブル収入の一部が胸元に流れるのを防げたり、イベントの結果の不正操作などを防ぐことが出来ます。では誰がイベントの管理を行なっているのでしょうか?

それは2つの方法で解決しています。
そのうちの1つの方法がレポーターの存在です。Augur(オーガ)ではイベントの結果を適切に伝える役割を担う人をレポーターを呼びます。レポーターは多数存在しています。
Augur(オーガ)のレポーターは立ち上げられたイベントの予測に対しどの予測が正しいかを報告します。
レポーターは正しい報告をした場合は報酬を受け取ることが出来ます。逆に正しいと思われない結果を報告した場合はデポジットが没収されます。

正しい報告とは多数のレポーターが正しいと報告した結果のことです。逆に正しくないというのはそのイベントに参加している多数のレポーターが報告していない結果をした場合のことです。

イベント管理を可能にするもう1つの方法が取引情報などを記載することが出来るイーサリアムのスマートコントラクトの利用です。レポーターによりイベントの結果が報告されたら、正しい結果をした人は報酬を受け取ることが出来ます。その報酬はREP(Augurの通貨単位)で配給されます。
胸元がいないのにどうやってユーザーに報酬を払うのでしょうか?
それを解決するのがスマートコントラクトです。スマートコントラクトで結果に応じてユーザーに報酬を支払います。

Augur(オーガ)のチャート・将来性

#

Augur(オーガ)は20171月から2017年まで大きく成長しました。2017年時点では4300万ドルだったが11ヶ月後に10億ドルまで伸びました。また、Augur(オーガ)の通貨単位であるREPトークンは2000%の成長をしました。仮想通貨自体将来性を期待されていますがAugur(オーガ)の将来性は仮想通貨の将来性の中でも随一かもしれません。

1月各国の仮想通貨規制やcoincheck(コインチェック)のNEM(ネム)流出などで仮想通貨の将来性が疑問符されている現状ですが、Augur(オーガ)は使用用途がはっきりしており、現在の仮想通貨暴落時期を乗り越えることが出来たらAugur(オーガ)の将来性は非常に期待できますね!

現在のAugur(オーガ)のチャートが気になる方は下のURLをクリックして見てください。

Augur (REP) price, charts, market cap, and other metrics | CoinMarketCap

なぜ将来性があると言えるのか

「2017年の仮想通貨・Augur(オーガ)の成長がこれからのAugur(オーガ)の将来性につながるのか?」 「これからAugur(オーガ)は仮想通貨暴落時期を乗り越えると言えるのか?」と疑問をお持ちの方が多いと思います。

はっきり言って「Augur」がこれから伸びるかはわかりません。

しかしAugur(オーガ)には将来性を感じる強みがいくつもあります。

Augur(オーガ)将来性感じる強み

#

1 使用用途に他の仮想通貨にはない独自がある。
2 Augur(オーガ)の取り組んでいる予測市場の市場規模が約6兆円ほどと言われている。
3 インフラとして使われる可能性がある。

上記の3つの強みがAugur(オーガ)にはあります。
1は送金スピードが早い・匿名性が高いなど重複しやすい特徴を持っていないと言うことができます。独自性があることでAugur(オーガ)に価値を見出し、REPを購入する方が多いのではないでしょうか。

2は人々が未来予測に関心を持っていることが言えます。Augur(オーガ)のREPは人々の関心が高い予測市場で利用できます。

3は保険業界などで実用されるのではないかと噂されています。生命保険などは未来を予測して月々保険料を支払います。そして、その予測が当たったら保険料をもらえます。逆に病気にならなかったら支払っているお金は無意味です。保険も賭け事と似ています。Augur(オーガ)の場合は期間と病気の種類を指定してその病気になる予測が当たったらREPをもらえる。
Augur(オーガ)が保険業界に進出する可能性もありますね。

Augur(オーガ)の懸念点

Augur(オーガ)は未来予測ができるプラットフォームですが、未来予測はギャンブルと捉えられる可能性があります。その場合、世界各国それぞれによってAugur(オーガ)に対する対応に変化が出てきます。最悪の場合、Augur(オーガ)を禁止する国も出てくるでしょう。日本にもAugur(オーガ)を禁止する可能性はあります。未来予測市場自体に懸念点があるのでAugur(オーガ)にはどうしようもないことなのかもしれません。

Augur(オーガ)の海外反応・評判

#

アメリカのサンフランシスコに拠点を置いている全米最大級の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の最高経営責任者であるBrian Armstrong(ブライアンアームストロング)はAugur(オーガ)のことを「非常に大きな可能性を秘めたすごいプロジェクト」と述べました。

仮想通貨取引所でも大手であるCoinbase(コインベース)の最高経営責任者がAugur(オーガ)の将来性に好印象なコメントを残すのですから将来性はあるかもしれませんね。

Augur(オーガ)購入可能取引所

Augur(オーガ)は国内ではcoincheck(コインチェック)で購入することが可能です。
海外の仮想通貨取引所では
Poloniex(ポロ二エックス)
Kraken(クラーケン)
Bittrex(ビットレックス)
Liqui(リクイ)
等で購入することが可能になっています。

海外取引所注意点

海外取引所ではビットコイン以外の将来性の高い仮想通貨を取り扱っているところが多くあり、魅力的な取引所が多数あります。しかし、海外取引所では日本円に対応していません。そのため、日本国内取引所を登録して日本円でBitcoin(ビットコイン)あるいはEthereum(イーサリアム)を購入後、海外取引所にBitcoin(ビットコイン)あるいはEthereum(イーサリアム)を登録した海外取引所のアカウントアドレスに送信してください。

まとめ

Augur(オーガ)の紹介をしていきましたがどうだったでしょうか?
将来性を期待されていた仮想通貨全体も今は冬の時期に当たり、価格は値下がりを続けています。しかしまだ仮想通貨の将来性を信じている方にとっては今がチャンスです。値下がりをしている時こそ、将来性を期待している仮想通貨を購入して大きなリターンを得る可能性があるからです。その選択肢の1つとしてAugur(オーガ)も入るのではないでしょうか。

Augur(オーガ)の独自性と予測市場の成長にかけるのも悪くないのではないでしょうか。
予測市場自体大きく成長すると言われているため、Augur(オーガ)も予測市場の成長に合わせて成長するかもしれません。

しかし、仮想通貨投資にはリスクが付き物です。リスクを考えながら投資をしていきましょう。

ニュース・関連記事

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Augur(オーガ・REP)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Augur(オーガ・REP)の今後を予想します。Augurはイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジェクトです…

2018/5/2

2018年 仮想通貨Augur(オーガ)の最新ニュース!バイナンス上場しました!

Augur(オーガ・REP)の最新ニュースをお届けします。Augurはイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジ…

2018/5/14

Augur(オーガ,オーガー/REP)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨1つAugur(オーガ,オーガー/REP)を取り扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Augur(オーガ,オーガー/REP)を…

2018/5/7

Gnosis(GNO・グノーシス/ノーシス)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回はGnosis(GNO・ノーシス)を紹介します。Gnosis(ノーシス)はイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォー…

2018/1/31

仮想通貨Decentralandとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はDecentralandを紹介します。Decentralandはイーサリアムブロックチェーン上で動く「VRプラットフォーム」です。そんなDec…

2018/4/4

仮想通貨district0x(DNT)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はdistrict0x(DNT)を紹介します。district0x(DNT)はプラットフォームを作るプラットフォームである仮想通貨です。そんなd…

2018/4/9

仮想通貨0x(ゼロエックス・ZRX)とは?特徴、チャート、分散型取引所とは?

今回紹介するのは仮想通貨0x(ゼロエックス・ZRX)です。0x(ゼロエックス)は中央管理者のいない分散型取引所のプロジェクトです。分散型取引所プロジ…

2018/2/26