search_toggle
仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)とは?特徴、チャート、取引所を一挙解説

Electra(エレクトラ/ECA)

0.0271389 JPY

前日比

2.0%

前週比

1.717%

0.000245325 USD

前日比

2.0%

前週比

2.65%

0.00000006 BTC

前日比

2.698%

前週比

-5.981%

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)とは

#

・通貨名:electra(エレクトラ/ECA)
・取引開始日:2017年03月17日
・発行上限: 30,000,000,000 ECA
・現在の流通量: 23,184,775,472 ECA(2017年02月21日時点)
・時価総額:$40,097,142 USD (2017年02月21日時点)
・ブロック認証サイクル:5分
・コンセンサスアルゴリズム:NIST5
・公式サイト:https://electraproject.org/
・ソースコード: https://github.com/Electra-project
・ホワイトペーパー: https://cdn.electraproject.org/wp-content/uploads/2018/02/electra-white-paper_1.0.pdf
・Blockchain Explorer(取引詳細): https://cryptobe.com/chain/Electra
・Blockchain Explorer(取引詳細)2:https://www.electraexplorer.com/
・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=1848351.0
・twitter: https://twitter.com/electracoineca?lang=en
・telegram: https://t.me/Electracoin

仮想通貨electra(エレクトラ)は仮想通貨業界で最もインパクトがあり、アグレッシブな仮想通貨コミュニティの形成を目標としています。electra(エレクトラ)はFast(高速)、Scalable(拡張可能性)、Low Fees(低い手数料)を大々的に取り上げています。

また取引開始日が2017年3月17日であり、非常に歴史の浅い将来性が未知数の仮想通貨でもあります。仮想通貨時価総額でも277位に位置しており、現時点では草コインだと断言できます。
歴史が浅く、草コインであるため日本語でelectra(エレクトラ)説明している情報量の多い記事は見当たりません。
今回はelectra(エレクトラ)について知りたいが英語が苦手な人のために、electra(エレクトラ)の特徴、チャート、取引所等をわかりやすく紹介します。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)特徴

取引処理スピードが速い

electra(エレクトラ)を使えば高速で売買取引、送金、決済を行うことが出来ます。なぜならelectra(エレクトラ)はブロックチェーン上での取引承認処理が非常に速いからです。仮想通貨が日常的に利用されるようになった場合、取引処理スピードが速いのは不可欠な要素です。electra(エレクトラ)以外にも取引処理スピードを特徴としている仮想通貨にはLite coin(ライトコイン)やMonero(モネロ)などがあります。

Lite coin(ライトコイン)は後々起るビットコインのスケーラビリティ問題を解決するために開発された仮想通貨です。
Monero(モネロ)は取引処理が高速である以外に匿名性、PCマイニングなど特徴が豊かな仮想通貨です。

セキュリティがしっかりしている

#

2つ目のelectra(エレクトラ)の特徴はセキュリティですが、electra(エレクトラ)がセキュリティを特徴としているのは凄いことなんです。
なぜなら普通、仮想通貨は取引処理スピードを速くするとセキュリティが弱くなるからです。なぜなら取引承認で使われるマイニングの難易度を低くすることで、取引処理スピードをあげるからです。
それを可能にしているのがNIST5ブロックチェーンです。NIST5ブロックチェーンを利用することで、取引処理スピードとセキュリティの両方を持つことを可能にしています。

効率性

electra(エレクトラ)は電気効率がよく、多くの取引処理を少ないエネルギーで可能にしています。
electra(エレクトラ)がこの効率性を可能にしているのにはNIST5アルゴリズムを採用しているからです。NIST5アルゴリズムは国立科学研究所のSHA-3ハッシュコンペティションで最終選考にまで残った優れたアルゴリズムです。
NIST5によって、電気効率とセキュリティの両方を可能にしています。

マイニング

#

electra(エレクトラ)はPow(proof of work/プルーフオブワーク )とPos(proof of stake/プルーフオブステーク)の両方を使用しているハイブリットな仮想通貨です。
Posを利用する場合、electra(エレクトラ)の総供給量が最大供給量になるまで、投資金額50%を得ることが出来ます。非常にお得な仕組みですね!

PowにもPosにも使用するにあたってメリットとデメリットがあるので両方をうまく使いこなすことはこれからの仮想通貨の実用化に向けて重要な取り組みです。

コミュニティ

electra(エレクトラ)はビットコインや他のアルトコインと同じで、中央管理者がいない分散的に管理されている仮想通貨です。
ICOはコミュニティ形成の促進を可能にする役割を持っていることから仮想通貨業界で注目されています。
electra(エレクトラ)のコミュニティの動向が気になります。

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)仕組み

electra payシステム

#

electra pay(エレクトラペイ)はelectra(エレクトラ)の決済ソリューションを促進させるコミュニティです。electra payのコードにはMagento等を含んでいる大手のイーコマースプラットフォームを利用することができるプラグインと繋がっている中央集権な決済機能を含まれています。

electra payは企業、個人事業者がイーコマースウェブサイトのプラグインをインストールことで、企業、個人事業者が商品、サービスに対する報酬を受け取ることを可能にします。

electra payのgithubはこちらから

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)マイルストーン

#

electra(エレクトラ)の今後の予定を紹介していきます。
2018年Q1は効果的なマーケティング戦略、github上でのelectraチームのアカウント作成、ホワイトペーパーの公開、コマースelectraプロジェクト・ウォレット等の開発、デスクトップウォレットのカスタマイズなどがあがっています。
2月26日時点ですでに効果的なマーケティング戦略、github上のチームアカウント作成、ホワイトペーパーの公開は完了しています。

electra(エレクトラ)の2018年はウォレット開発やネットワークの構築など開発尽くしの一年になりそうです。
今後のelectra(エレクトラ)の動向が気になる方は

electra(エレクトラ)マイルストーン

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)チャート/将来性

#

チャートを見ていきましょう。
electra(エレクトラ)は2017年12月31日から1月7日の間で暴騰しました。チャートを見たら一目瞭然ですね。12月31日から1月の7日の8日間でなんと約22倍の成長を見せました。ここまでの暴騰をすると将来性を感じますよね。しかし、そこから暴落します。。。
2月26日時点で値下がりが続いています。

実際、この急落はelectra(エレクトラ)に限ったことではなく、仮想通貨全体で見られる傾向です。日本国内と海外取引所での仮想通貨流出や各国規制が原因のひとつでしょう。
そのため、electra(エレクトラ)の将来性に幻滅するのは時期尚早かもしれません。
今後のelectra(エレクトラ)の動向に注目していきましょう。

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)ウォレット

#

electra(エレクトラ)のウォレットをダウンロードしたい人は下のurlをクリックしてください。
electra(エレクトラ)のウォレットにはwindows用とmac用の2つが存在しています。また、ネットから離れていて安全性が高く、実物として保存できるペーパーウォレットも完備されています。
また、ロードマップに記載されていますが、これからwebウォレットやデスクトップウォレットが開発されていきます。随時、公式サイトでウォレット開発の進捗をチェックしておきましょう。

coincheck(コインチェック)のNEM(ネム)流出事件で個人のウォレット完備の重要性が浮き彫りになりました。そのため、ウォレット完備はしておきましょう!

ウォレットをダウンロード
公式サイト

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)取引所

electra(エレクトラ)は草コインであるためまだ日本国内仮想通貨取引所や海外大手の取引所では取り扱われていません。
electra(エレクトラ)を取り扱っている仮想通貨取引所はcoinsMarketsです。coinsMarketsは二段階認証がなく、詐欺コイン同然のような草コインを扱っています。また海外の取引所であるため使いづらさを感じるかもしれません。慎重に登録と取引を進めてください。

coinsMarketsの登録は

こちらから

coinsMarketsのアカウントアドレスにビットコインを送金する必要があるのでまだビットコインを購入していない人はまず日本国内の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)やZaif(ザイフ)でビットコインを購入しましょう。
海外取引所は基本日本円には対応していないため、国内取引所で日本円を仮想通貨に換金しましょう!

セキュリティが充実で安心取引ができるbitFlyer(ビットフライヤー)の登録はこちらから
取引するだけでビットコインが貰えるお得なZaif(ザイフ)の登録はこちらから

まとめ


electra(エレクトラ)の概要、特徴、仕組み、マイルストーン、チャート/将来性、ウォレット、取引所をまとめて紹介していきました。
electra(エレクトラ)はまだ日本国内の取引所では購入することが出来なく、入手するには少し苦労する仮想通貨です。また、仮想通貨時価総額ランキングでも277位の草コインであり、価格もここ最近は値下がり気味です。
現状は非常に厳しい状態のelectra(エレクトラ)ですが、取引処理スピードやセキュリティ、電気効率など将来性のある特徴を持っている仮想通貨であるのは間違いありません。

厳しい現状をどう乗り越えていくか。仮想通貨electra(エレクトラ)に目が離せません!

ニュース・関連記事

仮想通貨(Cryptocurrency)とは?その仕組みを世界一丁寧に解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨espers(エスパース/エスペー・ESP)とは?特徴、チャート、取引所解説

今回紹介する仮想通貨espers(エスパース)はブロックチェーンを利用し安全なメッセージング、ウェブサイトを提供するのを目的とした仮想通貨です。仮想…

2018/3/11

仮想通貨Golem(ゴーレム・ゴレム・GNT)とは?特徴、取引所・買い方・チャート

今回は仮想通貨Golem(ゴーレム・ゴレム・GNT)を紹介します。Golem(ゴーレム)はコンピューターリソースをP2Pを利用して取引を可能にするこ…

2018/2/11

仮想通貨Ubiq(ユービック・UBQ)とは? 特徴、チャート、マイニング解説

今回は仮想通貨Ubig(ユービック・UBQ)について紹介します。Ubiq(ユービック)はスマートコントラクトおよび分散型アプリケーション開発を可能に…

2018/2/11

Dimecoin(DIME・Dime)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など解説!

今回はDimecoin(DIME・Dime)について解説します。Dimecoinは1円以下の草コインです。Dimecoinは購入方法が若干面倒でまだ…

2018/3/6

仮想通貨Crave(クレイブ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はCrave(クレイブ)を紹介します。Crave(クレイブ)はユーザーの安全性を第一に考えている匿名性仮想通貨です。そんなCrave(クレイブ)…

2018/4/1

仮想通貨SmartCash(スマートキャッシュ)の特徴、買い方、チャート、取引所など解説

今回はSmartCash(スマートキャッシュ)です。SmartCash(スマートキャッシュ)はコミュニティの開発・育成に力を入れている仮想通貨です。…

2018/3/7

仮想通貨Burst(burst・バースト)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回は仮想通貨Burstcoin(バーストコイン)について解説します。現在時価総額2位のイーサリアムを支えているスマートコントラクトを1番初めに導入…

2018/3/8