search_toggle
2018年仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

Komodo(コモド/KMD)

72.7104 JPY

前日比

-4.68%

前週比

2.51%

0.662359 USD

前日比

-4.68%

前週比

1.57%

0.00018442 BTC

前日比

-0.688%

前週比

1.957%

仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の最新ニュース

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

2018年5月19日 LinuxOSでKomodoプラットフォームが使えるようになる

KomodoプラットフォームがLinux上で使えるようになるとのニュースが出ています!

仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の今後・将来性(長期保有・ガチホの観点)

Komodo(コモド・KMD)の詳細はコチラ

Coinwallのファンダメンタル分析

Coinwallでは、仮想通貨の長い目で見た将来性(ガチホ前提)について、以下の観点から独自の評価を行います。

Coinwall 将来性分析の観点(独自のファンダメンタル指標)

・ビジネス的な有用性
そのプロダクトが、ビジネス的に有用かの指標です。既に説明した「特徴」や「仕組み」等の情報をもとに、課題の大きさや解決策は適切か、集客はどのように行うのか、等について、どのような仮説を立てており、その仮説にはどのようなリスクが存在するのか、を確認します。

・チーム
初期フェーズのプロジェクトにとって、「誰がやるか」は非常に重要な指標です。売上高等の財務指標が不安定なベンチャー企業に投資する際に、機関投資家は「人」に対して投資する、と述べますが、仮想通貨プロジェクトも同様です。すなわち、プロダクトが未熟なフェーズにある分、ICO経験者や、起業経験者、その分野に専門的な人がいるほどプロジェクト成功の確度は高くなります。そういった「人・チーム・提携」の状況を確認します。

・発信 / マーケティング活動
上述の通り、仮想通貨プロジェクトは初期フェーズの事業がほとんどのため、上場企業とは異なり、数字を見て定量的に評価することができません。ゆえに、各仮想通貨プロジェクトチームに求められるのは、人の採用、資金調達、開発などの事業進捗がうまく進んでいるか等について、定期的にホルダーへ情報開示、近況報告を行うことです。その情報開示やコミュニケーションの度合い、事業進捗の度合い、延いては、マーケティング活動にどれだけリソースをかけられているかも確認します。

・コミュニティの熱狂度
仮想通貨とは、金融資産であるとともに、独自通貨が発行されるという意味でコミュニティ、経済圏とも言えます。仮想通貨圏の強化には、コミュニティへの愛着心や、コミュニティ全体としてビジョンをどれだけ信じ、共感できるか、といった定性的な一面が必要です。各ソーシャルメディア上での発言等をもとに、この「コミュニティの熱狂度」を確認します。
#

仮想通貨Komodoのビジネス的な有用性①:ゼロ知識証明

komodo(コモド・KMD)には、『ゼロ知識証明(zk-SNARK』という技術が使われています。ある人が他の人に、自分が正しいことを伝えるのに、正しいと伝えずにそれ以外の方法で証明する証明方法です。

 

ゼロ知識証明によって、支払送金者アドレス・送金受取者アドレス・金額の3つの情報を完全に隠すことができる匿名性の強い仮想通貨です。取引を行う当事者は、取引金額を示すことなく台帳に記入することができます。

 

匿名性の高い仮想通貨は、他にもDash(ダッシュ)やMonero(モネロ)がありますが、アドレスや金額までを隠すことはできません。

仮想通貨Komodoのビジネス的な有用性②:アトミックスワップによるDEX(分散型取引所)

komodo(コモド・KMD)プラットフォームは、中央集権型取引所を介さずに、異なる仮想通貨を直接取引できる分散型取引所(DEX)を実現します。

 

これを彼らはアトミック・スワップと呼んでいます。

 

本来異なるブロックチェーン同士の取引は、互換性がなく、不可能です。

 

Komodoプラットフォームは、アトミックスワップ技術によって、異なる仮想通貨同士の取引を可能にします。(クロスチェーン取引)

仮想通貨Komodoのビジネス的な有用性③:Gateway(ゲートウェイ)機能

Komodoプラットフォームは現在32種類の通貨へのゲートウェイを提供しています。

ゲートウェイ対応通貨の詳細はコチラ

仮想通貨Komodoのビジネス的な有用性④:認証システムはDelayed Proof of Work(dPoW)

dPoWは、ビットコインのPoWによってセキュリティを保ちながら、エネルギー効率に優れた承認メカニズムです。

 

ビットコインや他の仮想通貨の承認作業に便乗して、dPoW仮想通貨も承認してもらうことができます。

 

仮想通貨は、本来、取引が正式に行われているのか確認したり、マイニングをしてもらう必要があります。

 

通貨自体に人が集まらないと、マイニング報酬も少なくなってしまい、マイナーが集まりにくくなってしまいます。

 

マイナーが減少してしまえば、トランザクションが詰まるなど、さまざまな問題発生するのです。

 

つまり、komodo(コモド・KMD)は、プロジェクトや仮想通貨に対して様々なプラットフォームを提供し、ビットコインの承認作業を仲介して使用できるようにします。

 

ホワイトペーパーには、最大のハッシュレートを持つビットコインを仲介してdPoWを行うとあります。

仮想通貨Komodoのチーム

Komodo(KMD・コモド)は、戦略的パートナーであるMonaize、技術的パートナーであるSuperNETらによってZcash(ZEC)からフォークされて誕生しました。

Komodoのチームの詳細はコチラ

仮想通貨Komodoの発信 / マーケティング活動

ツイッターが活発に発信しています。最近では、ウォレットをアップデートするように呼びかけています。

仮想通貨Komodoのコミュニティの熱狂度

コミュニティの熱狂度は低いように感じます。

仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の価格はどうなる?編集部が今後を大胆予想!

#

仮想通貨Komodo(コモド・KMD)を短期保有するなら・・・

[オススメ度 ★☆☆☆☆]

 

機能としては、アトミックスワップが実装するなど、多彩で優秀ですが、好材料となる情報が少ないです。

 

短期保有はオススメしません。

仮想通貨Komodo(コモド・KMD)を長期保有するなら・・・

[オススメ度 ★★★★☆]

 

今後、分散型取引所(DEX)が流行っていくことは、従来の取引所の問題からもわかります。

 

DEXが主流になってきたときに広く使われる可能性があります。

 

価格も横ばいで、仮想通貨市場の暴落によって買いやすい価格になっているので、長期保有はオススメです!

免責事項

仮想通貨取引のリスクについて 仮想通貨は、法廷通貨とは異ります。仮想通貨の定義のとおり、「電子情報処理にて発行・移転・管理され、決済手段として不特定多数に利用できる財産的価値」ですが、法定通貨とは違い、仮想通貨取引には、様々なリスクが存在します。 仮想通貨取引を始めるにあたり、仮想通貨取引の特徴、仕組みおよびリスクについて十分ご理解した上で、ご自身の判断と責任において取引するようにお願いします。

関連記事

仮想通貨値上がりの仕組みとは?なぜ値上がりするのかを徹底解説|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨Komodo(コモド・KMD)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はKomodo(コモド・KMD)の今後を予想します。Komodo分散型ICOプラットフォーム(dICO)を提供し、dPoWというコンセンサスアル…

2018/4/29

Waves(WAVES・ウェーブス)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回はWaves(WAVES・ウェーブス)を紹介します。Ethereumのようなプラットフォームでもあり、Rippleのようなゲートウェイ機能も有す…

2018/1/17

2018年仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ・ZEC)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はZcash(ジーキャッシュ・ZEC)の今後と将来性を紹介します。Zcashはゼロ知識証明を担保とした匿名性が大きな特徴の仮想通貨です。アップデ…

2018/4/29

仮想通貨EOS(EOS.IO・イオス)の特徴、買い方、取引所、将来性、チャートなど解説

超高速プラットフォームである仮想通貨EOS(EOS.IO・イオス)を紹介します。これから高騰する可能性、将来性はあるのでしょうか。EOSとはどんな仮…

2018/3/23

仮想通貨Gas(GAS・ガス)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は、仮想通貨Gas(GAS・ガス)を紹介します。Gasは、NEOのプラットフォームを動かすために必要なトークンで、燃料の役割を持ちます。そんなG…

2018/3/31

2018年仮想通貨comsa(CMS・コムサ)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はcomsa(CMS・コムサ)を紹介します。comsa(CMS・コムサ)はICOを支援するプラットフォームとして誕生しましたが今後はどうなるので…

2018/5/7

2018年仮想通貨SHIELD(XSH、シールド)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説

今回はSHIELD(XSH、シールド)を紹介します。SHIELDは高い匿名性と量子耐性をもつ仮想通貨です。そんなSHIELDですが、高騰する可能性は…

2018/4/29