search_toggle

仮想通貨ネム(NEM、XEM)とは?基本情報

#

・通貨名:NEM  

・取引開始:2015年3月31日  

・発行上限:8,999,999,999XEM  

・現在の流通量:8,999,999,999XEM(2018年3月時点)  

・時価総額:$4,256,793,000 USD(2018年3月時点)  

・ブロック認証サイクル:約1分  

・コンセンサスアルゴリズム:PoI

・公式サイト:NEM公式サイト  

・ホワイトペーパー:NEMホワイトペーパー  

・Blockchain Explorer(取引詳細):NEM ブロックチェインエクスプローラー  

・公式フォーラム:NEMフォーラム  

・twitter:NEM公式ツイッター  

・telegram:NEM公式telegram

 

NEMはNew Economy Movement(新しい経済の動き)の略でもあり、Utopianfutureというチームが開発しました。

このチームには日本人もいたことが分かっており、日本とも関係の深い通貨だということがわかります。

また、NEMの通貨単位はXEM(ゼム)と表記されており、読み方が違います。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨ネム(NEM、XEM)の特徴、チャート

NEMの特徴、チャートなどは以下の記事に詳しく書いてありますので、そちらも併せてご覧ください。

今話題沸騰中の仮想通貨ネム(NEM・XEM)、その特徴・将来性について徹底解説!|Coinwall [コインウォール]

仮想通貨ネム(NEM、XEM)の最新情報

ネム(NEM、XEM)のカタパルトがテックビューロ社により5月に予定されていることが判明

2018年3月26日にテックビューロ社によりmijin v.2(カタパルト)のベータ版リリースが発表され、話題を呼びました。

そこではMijinの性能が大きく向上したわけですが、なぜこれがNEMと関係あるのかというと、テックビューロ社はNEMの開発にかかわっているからなのです。

つまり、Mijinにも実装したんだしNEMにも実装されるんじゃないか?との予想が立ったわけですが…。

 

そして実際にその予想はあたり、NEMにもカタパルトが実装される予定があることが発表されました。

 

もしNEMへのカタパルト実装がうまくいけば、非常に性能が向上するわけで、その分NEMの需要が高まります。

だからNEMのカタパルトはこれだけ話題を呼んでいるわけです。

Mijinとは?

#

テックビューロ社が提供するブロックチェーンを使用したプラットフォームのことで、企業はこれを購入し導入することで自社の管理システムにブロックチェーン技術を活用できるようになります。

Mijinは様々な使い道があり、銀行口座、登記システム、電子マネーなどに利用されておりその際にはNEMプロトコルが使用されています。

MijinとNEMは密接な関わり合いの中にいるのです。

仮想通貨ネム(NEM、XEM)のカタパルトとは?その内容

#

NEMにおけるカタパルトとは、平たく言えば期待の大型アップデートのことです。

Ethereumのアップデートであるmetropolisなどと似ています。

 

カタパルトとは艦船上などから飛行機を急激に加速させる機械の事ですが、そのぐらい急激な進化を遂げるアップデートといっても過言ではありません。

この記事ではではカタパルトによって実装される機能について詳しく述べていきます。

APIサーバーとチェーンの完全分離

#

APIとは、APIとはApplication Programming Interfaceの略で、プラットフォーム側の汎用性の高い機能を外部から手軽に利用できるように提供する仕組みのことです。

とても巨大な概念で、FacebookやTwitterなどにも導入されています。

 

そのAPIサーバーとブロックチェーン分離すると、ブロックチェーン単体をいじることができるようになるので、バージョンアップなどの変更を加えることが簡単になるのです。

 

仮想通貨の弱点を克服した処理速度の向上

仮想通貨は処理速度が遅いという弱点を持っていますが、APIサーバーにNoSQLデータベースを採用することで処理速度がとてつもなく向上します。

この実装によってネム(NEMXEM)のトランザクションの処理速度は3~4000/秒になると言われています。

これはほぼクレジットカードの処理速度と同等です。

ビットコインの7~14/秒、イーサリアムの15/秒と比べるととんでもない速度であることがわかりますね。

 

マルチレベル・マルチシグ

#

マルチシグとは決済に複数人の認証を必要とするシステムのことです。

ですので、たとえ一人がハッキングされて不正に送金させられそうになってしまっても、残りの複数人がハッキングされていなければ送金が成立しないことになります。

これによりセキュリティが向上し、過去にあったコインチェック社のNEM流出事件のようなことは起こりにくくなります。

Aggregate Transactions

アグリゲートトランザクションとは、取引に関係している全員の署名が行われたときに決済が完了するシステムのことです。

これによって従来のシステムとは異なり、サービス提供者に集中していた取引に関する権力を分散することが可能になります。

アリゲートトランザクションによってNEMでもスマートコントラクトを行うことが可能になります。

スマートコントラクトが可能に

上の項でも書きましたが、カタパルトの実装によりNEMでもEthereumのようなスマートコントラクトのようなものが可能になります。(アポスティーユといいます)

スマートコントラクトとは契約を人の手を介さず実行する仕組みのことで、これを実装することで、トランザクションが速やかに実行されるという利点があります。

これによりNEMに新たな使用面での価値が付随されることになり、NEMの需要が高まることが予想されます

仮想通貨ネム(NEM、XEM)の将来性は?

NEMではマルチシグ(電子署名に複数人の許可を必要とする)による改ざん防止性をはじめとし、高いセキュリティを証明する特徴をいくつも持っています。

こうした特徴はNEMそのものの信頼につながると言えるでしょう。

また、アポスティーユもNEMの特徴の一つです。

アポスティーユとはイーサリアムのスマートコントラクトに似たもので、改ざん防止性が高い送金取引のプラットフォームを、証書などの書類のやり取りにも利用しようというものです。

ビットコインにはないこの特徴によって、企業などへの導入のきっかけとなる可能性が見込めます。

 

またNEMではハーベスティング制度が採用されています。

ハーベスティング制度とはNEMで行われる取引の承認に参加することで手数料としてNEMをもらえる制度のことです。

どれだけNEMに貢献したかでマイニング報酬を得られるPoI(Proof of Importance)を採用しているように、ハーベスティング制度などを通じてNEMコミュニティが活性化し続けるような仕組みが考えられています。

ハーべスティングについての詳しいことは以下の記事に書いてありますので、よろしければご覧ください。https://coinwall.jp/199/mining

このようにNEMは高いポテンシャルとそれを発揮する機会が予定されていますので、極めて将来性の高い通貨だといえます。

コインチェック流出事件の影響でNEMには悪評がついて回ってしまっていますが、あの事件においてNEMには何も問題はありませんでした。

しかし価格は事件前と比べて落ち着いていますので、カタパルトを目前に控えた今が買い時なのかもしれません

仮想通貨ネム(NEM、XEM)カタパルトのまとめ

ネムはカタパルトを迎えることにより、

・システムとしての柔軟性の向上

・処理速度の向上

・スマートコントラクトの実装

・セキュリティ能力の向上

が高い水準で実装されることがわかりました。

まだカタパルトは発表されたばかりですので、詳しい情報はあまり出回っていませんが

一つだけ言えることはカタパルトはNEMに多大な恩恵をもたらすということです。

 

無事にカタパルトを迎え、NEMの需要が高まったときに備えて、いろいろ準備をしていきたいですね。

ニュース・関連記事

仮想通貨技術におけるノードとは?種類・用途についてわかりやすく解説します!|Coinwall [コインウォール]

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

2018年仮想通貨ネム(NEM・XEM)の今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を徹底解説!

コインチェックのNEM流出事件から価格低迷を味わったネムですが、今後どうなっていくのでしょうか?強力なセキュリティなど本来は高いスペックを備えるネム…

2018/4/22

仮想通貨NEM(XEM・ネム)とは?特徴や将来性・話題沸騰中の事件についても徹底解説!

仮想通貨NEMは、独自のセキュリティシステムやマネタイズの可能性を秘めたオリジナルトークンなど特徴的な機能を搭載している一方、コインチェック事件や大…

2018/3/15

仮想通貨ネム(NEM・XEM)とは?仮想通貨ネム(NEM・XEM)のすべてを解説します!

仮想通貨取引所コインチェック社の流出事件で盗み出されてしまったNEMとは本来はポテンシャルの高い通貨です。今回はそんなNEMについて特徴からチャート…

2018/6/16

コインチェック事件の流出NEM(ネム)が Zaif(ザイフ)に流入していた!

仮想通貨NEM(ネム)がコインチェックでハッキングを受けた後どのようになったのでしょうか。モザイクというマークをつけてNEMを追跡することが可能でし…

2018/6/19

仮想通貨NEM(ネム)とイーサリアムを比較!違い・スマートコントラクト・特徴など解説

仮想通貨NEM(ネム)は、様々な機能を搭載した仮想通貨です。高いセキュリティやスペックの高い仮想通貨として知られています。そこで、そんなNEMを時価…

2018/5/20

Pundi X社がNEMのPOSデバイスをローンチ!NEMの決済取引を簡単にするシステムを徹底解説!

Pundi X社から、NEMの仮想通貨決済を簡単に行えるようにするPOSデバイスのローンチが発表されました。仮想通貨と法定通貨との互換性を高めること…

2018/6/22

仮想通貨NEM(NEM・ネム)バイナンス上場!最新ニュースもお届けします

仮想通貨NEM(ネム)は、つい最近バイナンスに上場しました。その結果価格も上昇しています。また、5月中に大型アップデートである「カタパルト」の実装を…

2018/5/14