search_toggle
仮想通貨SmartCash(スマートキャッシュ)の特徴、買い方、チャート、取引所など解説

SmartCash(スマートキャッシュ,スマート/SMART)

1.86099 JPY

前日比

0.2%

前週比

-0.751%

0.0168227 USD

前日比

0.2%

前週比

0.16%

0.00000444 BTC

前日比

0.886%

前週比

-8.262%

SmartCash(スマートキャッシュ)とは?

SmartCash(スマートキャッシュ)はコミュニティ開発にとにかく力を注いでいる企業です。
SmartCash(スマートキャッシュ)を1000枚以上所持していると、毎月25日に報酬もらえたり、個人情報保護を徹底するために、Zerocoinプロトコルというセキュリティがものすごい安全なプロトコルを利用するほどにコミュニティを大事にしています。

 ・通貨名:SmartCash(スマートキャッシュ)
 ・取引開始日:2017年
 ・発行上限:5,000,000,000 SMART
 ・現在の流通量:579,713,394 SMART(2018年3月時点)
 ・時価総額:$191,598,670 USD (2018年3月時点)
 ・ブロック認証サイクル:55秒
 ・コンセンサスアルゴリズム:Proof of Work(Keccak)
 ・公式サイト:https://smartcash.cc/
 ・ソースコード:https://github.com/SmartCash/smartcash (gitub)
 ・Blockchain Explorer(取引詳細):http://explorer.smartcash.cc/
 ・公式フォーラム:https://forum.smartcash.cc/
 ・twitter:https://twitter.com/tenxwallet
 

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

SmartCash(スマートキャッシュ)の特徴

SmartCash(スマートキャッシュ)のロゴはミツバチのコロニーを意識している!

#

これがSmartCash(スマートキャッシュ)のロゴです。みつばちは1匹の女王蜂、数匹〜数十匹の雄蜂、数千匹〜数万匹の働き蜂からなる社会を作っています。つまりミツバチはコミュニティをとても大切にしているということです。

SmartCash(スマートキャッシュ)もコミュニティを大切にしているので、ロゴをミツバチの巣にしたのでしょう。

SmartCash(スマートキャッシュ)のWalletは専用のものがあります

SmartCash(スマートキャッシュ)のWalletは公式サイトからダウンロード出来ます

SmartCash(スマートキャッシュ)はコミュニティ開発・育成に全力

#

SmartCash(スマートキャッシュ)はかつてないくらいコミュニティに力を注いでいる仮想通貨です。コミュニティを維持するために、SmartHiveやHive構造化チームというものを作成したり、Keccakというアルゴリズムを導入することで、主導権をコミュニティに握らせたり、報酬制度を整わせることで、お客さんを離れさせないようにしたりと工夫が尽きません。

SmartCash(スマートキャッシュ)は分散型ガバナンス

SmartCash(スマートキャッシュ)は権力が中央に集まりすぎないようにするための工夫がたくさんされています。それを分散型ガバナンスと言います。
ブロックチェーンの技術自体は分散型を測る革新的な技術であるにも関わらず、マイニングのシステムなどは中央集権になりやすいところをSmartCash(スマートキャッシュ)は分散型にして、どんな人にも可能を与えているコインです。

コミュニティ維持のためのSmartHiveとHive構造化チームの作成

コミュニティ維持のためのSmartHiveとHive構造化チームについて説明します。 SmartHiveはSmartCashの所有者であれば誰でもコミュニティが提出した提案に投票するることができる仕組みのことです。 SmartCash トークン 1 枚は 1 票の価値を持ちます。 投票はスマートポータル
というものがあるのでそこで出来ます。 Hive 構造化チームはSmartCashプロジェクトを進めていくに当たって、人手が必要とするようになったら新しくチームを編成して小規模なチームへと分裂してそれぞれのチームが行く仕組みです。 細分化していくことで一つのチームに力が偏ることを防ぎ、中央集権となるのを積極的に防いでいます。

マイナー主導のビットコインに対して、SmartCash(スマートキャッシュ)はコミュニティ主導

ビットコインはPoWというアルゴリズムを利用しているのですが、これはマイニングをするマイナーを主導にしているアルゴリズムです。これはコミュニティのことは考えていないです。
しかしSmartCash(スマートキャッシュ)はマイナーではなく、コミュニティのことを重視しているKeccakというアルゴリズムを採用しています。

コミュニティのための報酬制度

SmartCashブロック報酬の 80% は、SmartHive コミュニティの提案と Hive チームの資金に割り当てられ、残りの 20% は、マイニング(5%)と SmartRewards(15%)に割り当てられています。
ブロック報酬のうち95%もコミュニティと報酬に分けているという破格の設定です。

コミュニティに長期的に保持してもらうためのSmartReward制度

最低 1000 SmartCash を保有するすべてのWalletアドレスは、30 日ごとに毎月 25 日に報酬を獲得し、翌月のスナップショットを取得します。
SmartRewards は、ブロック報酬の 15% から配分します。
これもまたSmartCashコミュニティにとっては嬉しいことです。持っているだけでお金が増えるのです。

インスタント・トランザクション決済の利用

インスタント・トランザクション決済とは複数の資産または単一の資産があっても即座に取引が決済されることを言います。
COMITのオフチェーンのスマートコントラクトを使用することで実施可能になったスーパーブロックチェーンネットワークです。
これにより、決済周りで心配される二重支出問題は解決されました。
これは利用者にとってはかなりの安心材料になりますね。

ASIC耐性をもつSmartCash(スマートキャッシュ)

「ASIC」とは「Application Specific Integrated Circuit」の頭文字で日本語では「特定用途の為の集積回路と訳されています。
つまりマイニング専門の電子部品です
ASIC耐性を持つというのは簡単に言えば、汎用性のあるコンピューターでもマイニングができるということで、中央集権を防げます。
どういうことかと言いますと、ASICはマイニングに特化している電子部品ですので、それなりの値段がします。なので、初めの段階から、資本力がある人しか出来ないという、中央集権になってしまいますが、SmartCash(スマートキャッシュ)はコミュニティを大事にしていますので、ASIC耐性があるような仕組みにすることで分散型になるようにしています。

SmartCash(スマートキャッシュ)の歴史

#

2018年1月12日の仮想通貨全体暴落の中、暴騰したSmartCash(スマートキャッシュ)

皆さんは2018年1月12日に何が起きたか知っていますか?
コインチェックに上場している仮想通貨が全体的に暴落しました。

その暴落ムードにも関わらず前日よりも値段を上げた仮想通貨は上位100位では6つしかありませんでした。その中で、最も良いチャートの伸びを見せた仮想通貨がSmartCash(スマートキャッシュ)です。
前日比約2倍という、すごい伸びを見せました。
私はこれをコミュニティが充実しているからだと、考えています。
仮想通貨暴落の中、SmartCash(スマートキャッシュ)を離さないのはコミュニティがしっかりと整っているからであり、信用がしっかりと得られているからでしょう。

仮想通貨が全体的に暴落の中、上昇しているのが如何にコミュニティ力が高いかということを証明しますね。

SmartCash(スマートキャッシュ)のマイルストーンと今後

大手海外取引所への進出

SmartCash(スマートキャッシュ)はまだ、海外の大手取引所に上場していないので、これからさらなる発展を果たすには海外進出は欠かせないでしょう。
言語対応の点で言えば、現時点でもかなり多くの言語に対応しているので、海外のことを気にしていることは読み取れます。
コミュニティを大事にするのがSmartCash(スマートキャッシュ)なので、現時点のコミュニティ育成の基盤がさらに整えば、海外コミュニティに行くでしょう。

その時はかなり高騰しそうですね。

SmartCash(スマートキャッシュ)のチャート・将来性

#

SmartCash(スマートキャッシュ)が1度、1月15日に暴騰して、今は下がってしまいましたが、今まで説明してきた通り、SmartCash(スマートキャッシュ)は暴落しているときにも高騰していたりと可能性を秘めているコインです。
これからの動きに要注目ですね。

SmartCash(スマートキャッシュ)が購入できるおすすめ取引所と購入方法

SmartCash(スマートキャッシュ)の購入方法は以下の通りです。
1. Coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)」などに登録。(Coincheck、Bitflyerの登録方法はこちら
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Hitbit,coinexchangeのいずれかの海外取引所に登録する 4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.SmartCashを購入する

まとめ

今回はSmartCash(スマートキャッシュ)の概要、特徴、マイルストーン、歴史、チャート、将来性について見てきました。
とにかくコミュニティを大事にしているのが、このSmartCash(スマートキャッシュ)の大きな特徴です。
このコミュニティは、仮想通貨全体が暴落しているときに、高騰するほどに強いものとなっています。
これからの時代、コミュニティが一番将来を左右するものとなって来ると思うので、将来はかなり期待できますね。
まだ海外の大手取引所に上場していないということもあり高騰可能性も大きいコインです。
ここからのSmartCash(スマートキャッシュ)の動きには目が離せませんね!

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Dimecoin(DIME・Dime)とは?特徴、買い方、取引所、将来性など解説!

今回はDimecoin(DIME・Dime)について解説します。Dimecoinは1円以下の草コインです。Dimecoinは購入方法が若干面倒でまだ…

2018/3/6

仮想通貨Monero(モネロ)とは?特徴、買い方、取引所、将来性を徹底解説!

今回紹介するのはMonero(モネロ)です。匿名性と高速取引を売りにしている仮想通貨です。しかしその匿名性が裏目に出てしまう時もあります。そんな仮想…

2018/3/16

仮想通貨OKCash(OK・オーケーキャッシュ)とは?特徴などを徹底解説

今回紹介するのは仮想通貨OKCashです。OKCashは高速取引を可能にした分散型の仮想通貨です。今回の記事ではそのOKCashの基本情報、将来性、…

2018/3/15

仮想通貨IntenseCoinとは?特徴チャート・取引・将来性を徹底解説!

今回紹介するのはIntenseCoin(インテンスコイン)です。分散型VPNを利用していて匿名性に特化しているコインです。Moneroと似てるInt…

2018/3/11

OKCash(OK・オーケーキャッシュ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

OKCash(OK・オーケーキャッシュ)は高速取引を可能にした分散型の仮想通貨です。今回はOKCash(OK・オーケーキャッシュ)について、手数料な…

2018/5/7

仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)とは?特徴、チャート、取引所を一挙解説

今回は仮想通貨electra(エレクトラ/ECA)の特徴、チャート、買い方、取引所、マイニングなどを一挙に解説します。electra(エレクトラ)は…

2018/3/6

仮想通貨Mooncoinとは?特徴、買い方、取引所、将来性など徹底解説!

今回紹介するのはMooncoin(ムーンコイン)です。コミュニティが活発な草コインであるMooncoinはどのような機能の仮想通貨なのか、高騰する可…

2018/3/6