search_toggle
仮想通貨Aerium(エアリウム)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

Aerium(エアリウム/AERM)

0.369815 JPY

前日比

-31.58%

前週比

17.997%

0.00328904 USD

前日比

-31.58%

前週比

19.08%

0.00000053 BTC

前日比

-31.112%

前週比

9.068%

仮想通貨Aerium(エアリウム)はSkunkhashという新しいコンセンサスアルゴリズムを採用する?

Aeriumは新しいコンセンサスアルゴリズムであるSkunkhashを採用しています。

SkunkhashはProof of work(POW)とproof of stake(POS)の両方の特徴を持っています。


マイニングは7日間で315.000AERMのみ可能です。
その後はproof of stake(POS)に切り替わり, 報酬はAERM保有者に分配され, 最大年率は12500%となっています。

#

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Aerium(エアリウム)の基本データ

  ・通貨名:AeriumAERM

 ・取引開始日:20111111

 ・発行上限:500,000,000 AERM

 ・現在の流通量:96,174,765 AERM

 ・時価総額:$130,719

 ・ブロック認証サイクル:1

 ・コンセンサスアルゴリズム:Skunkhash

 ・公式サイト:https://www.aerium.co/ (開発中)

 ・ソースコード:https://github.com/aeriumcoin/

 Blockchain Explorer(取引詳細):

 ・公式フォーラム:http://185.223.31.170:3001/

 twitterhttps://twitter.com/aeriumcoin

 telegramhttps://t.me/Aerium_Official

 Telegram登録人数:412

 reddithttps://www.reddit.com/user/Aerium

仮想通貨Aerium(エアリウム)が解決する社会的課題

現状の課題:ASICによってマイニングの中央集権化が起こる

コンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しているビットコインなど仮想通貨では、計算量によってブロックが認証されるようになっています。

 

ASICはこれらの計算の処理速度を早めることができ、ASICを利用すると、マイニングを素早くできるようになっています。

 

そのため一部の人がASICを利用してマイニングすることで、マイニングの中央集権化が起こっています。

#

仮想通貨Aerium(エアリウム)の優位性

Aerium(エアリウム)による課題の解決策:SkunkhashによってASIC耐性を持つ

Aerium(エアリウム)は新しいコンセンサスアルゴリズムとしてSkunkhashを採用しています。

 

SkunkhashはSkeinやFugue、Gost、Cubehashを全て利用しているため、ASIC耐性を持っており、全ての人が公平にマイニングできるようになっています。

仮想通貨Aerium(エアリウム)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

Aerium(エアリウム)は今後以下を予定しています。

・ツイッターでのエアドロップ

・ウェブサイトの開発

・ブロックエクスプローラーの開発

・取引所の開設

・マイニングプール

 

仮想通貨Aerium(エアリウム)のチャート・将来性

#

仮想通貨Aerium(エアリウム)は2017年11月11日に取引開始され、2018年2月から価格がほぼ0となっています。

2018年3月6日に時価総額が急騰していますが、これは多量の仮想通貨Aerium(エアリウム)がこの日に提供されたためだと考えられます。

 

公式サイトが開発中であり、新しいコンセンサスアルゴリズムであるSkunkhashを採用していること以外は他の仮想通貨との違いは特にないので、あまり将来性はないと言えます。

 

仮想通貨Aerium(エアリウム)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Aerium(エアリウム)を購入するには、海外取引所であるCryptoBridgeから購入する必要があります。

 

購入方法は以下の通りです。

1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録

2. 国内取引所でビットコインを購入する

3.CryptoBridgeに登録する

4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する

5.Aerium(エアリウム)を購入する

仮想通貨Aerium(エアリウム)の最新ニュース・twitter情報

2018年4月15日

ベータ版が終了し、Zerocoinプロトコルのスワップと実装を行なっています。

 

2018年1月22日

Aerium(エアリウム)が取引所であるに登録されました。

 

2018年1月7日

Aerium(エアリウム)の公式サイトが立ち上がりました。

仮想通貨Aerium(エアリウム)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Aerium(エアリウム)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

仮想通貨Aerium(エアリウム)は新しいコンセンサスアルゴリズムとしてSkunkhashを採用しています。

 

Aerium(エアリウム)は公式サイトが完成しておらず、ホワイトペーパーもリリースされていない開発途中の仮想通貨です。

 

今後の開発状況に注目です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨BitBar(ビットバー/BTB)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はBitBar(ビットバー/BTB)を紹介します。BitBar(ビットバー/BTB)はNovacoin(ノヴァコイン/NVC)とPeercoin…

2018/4/17

仮想通貨Primecoin(プライムコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はPrimecoin(プライムコイン)を紹介します。Primecoinは素数チェーンを作り出すことでマイニング時の電力を有効活用しています。そん…

2018/4/17

仮想通貨HomeBlockCoin(HBC/ホームブロックコイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はHomeBlockCoin(HBC/ホームブロック)を紹介します。HomeBlockCoin(HBC/ホームブロックコイン)は銀行や政府などの…

2018/4/14

仮想通貨Riecoin(ライコイン・RIC)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はRiecoin(ライコイン・RIC)を紹介します。Riecoin(ライコイン・RIC)はマイニングのエネルギーの副産物として素数を生み出す仮想…

2018/4/9

仮想通貨Einsteinium(EMC2・アインシュタイニウム)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

今回は仮想通貨Einsteinium(EMC2・アインシュタイニウム)を紹介します。Einsteiniumは科学研究費の助成のために開発された仮想通…

2018/4/17

仮想通貨808coin(808コイン/808)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回は808coin(808コイン/808)を紹介します。808coin(808コイン/808)はPOSを採用した仮想通貨でマイニングのコストパフォ…

2018/4/14

Ubiq(ユービック・UBQ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Ubiq(ユービック)は2014年に公開されたJumbucks(JBS)を改良して作られた仮想通貨であり、スマートコントラクトおよび分散型アプリケー…

2018/5/7