search_toggle
仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

bitCNY(ビットシーエヌワイ/BITCNY)

17.603 JPY

前日比

0.34%

前週比

0.47%

0.159124 USD

前日比

0.34%

前週比

0.47%

0.00004197 BTC

前日比

2.576%

前週比

11.982%

仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)とは?

ビットシェアズ(Bitshares)内で取引されている仮想通貨の一つです。

bitCNYは中国の通貨1元になるように固定されています。 そのため、価格の変動が小さく安定しており、投機目的としてよりも取引に使う貨幣と似た手段として将来性がありそうです。

 

ビットシェアズにはbitCNYの他にも、USDと対応したbitUSDや円と対応したbitJPYなど様々あります。 今回はbitCNYについて詳しく解説していきます。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨bitCNYの基本データ

・通貨名:bitCNY

・取引開始日:2014年7月22日

・時価総額:¥2,975,458,746 JPY 

・コンセンサスアルゴリズム:DPOS

・公式サイト:https://bitshares.org/

・公式フォーラム:https://bitsharestalk.org/

そもそもビットシェアズ(Bitshares)とは?

ビットシェアズ(Bitshares)とは?

ビットシェアズとは、Invictus Innovations社によって開発されたビットコイン2.0プロジェクトです。 ビジネスのための分散型金融プラットフォームとして、またDAC(分散型自動化企業)の整備・構築にも将来的に取り組むマイルストーンを掲げています。

 

また、コンセンサスアルゴリズムとして初めてDPOS(Delegated Proof of Stake)を用いたことから話題になりました。DPOSは間接民主制と例えられることがあり、仮想通貨の保有者の投票により、取引の承認者(witness)が選ばれ、選ばれた承認者がブロックを生成するシステムです。

 

ビットシェアズ内の基軸通貨はBTSと呼ばれます。 ビットシェアズネットワーク内の価格固定型の通貨・金融商品のことをスマートコイン(SmartCoin)といい、bitCNYはその一つです。 スマートコインは常に基軸通貨に対して固定の価値を保ち、bitCNYは常に1元の価値を保ちます。

しかし、完全な固定相場制ではないため、多少の価格変動はあります。

ビットシェアズの会員システム

#

ビットシェアズは一定量のBTSを一度支払うと、終身の会員になることができます。
会員は、会員でないユーザーよりも80%少ない手数料で取引することができ、残りの20%は準備金プールへ送金されます。


このネットワークへの参加者を増やすため、アフィリエイトシステムが導入されており、会員となったユーザーは新ユーザーを紹介することによって紹介料を一部受け取ることができます。

 

仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)の優位性

①通貨の安定性

#

bitCNYは価格の変動が小さいため、投資商品としては扱われてはいません。投資商品としてではなく、取引に使用する通貨として将来的に発展する可能性があります。

また、外貨投資として元を購入するような感覚で、bitCNYを購入できる日が近い将来やってきそうです。

②国際送金の手数料の安さ

#

また、国際送金では、銀行などの金融機関を利用すると大きな手数料が発生します。しかしbitCNYを利用すると手数料は格段に安くなります。国際的な送金手段としてbitCNYが広く使われるようになる日が来る可能性があります。

仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)のチャート・将来性

#

2014年7月22日に通貨発行を開始してから価格はずっと安定していました。また、2015年12月末にはbitCNY価格の大きな変動がありましたが、価格はすぐに1bitCNYあたり1元に戻っています。

 

仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)が購入できるおすすめ取引所と買い方

#

bitCNYを使うためにはビットシェアズに登録必要があります。 ビットシェアズ内でbitCNYを購入することができます。

 

また、bitCNYをいったん購入すると、直接現金化することができません。ビットコインに変換してからのみビットシェアズから資産を持ち出すことができます。

 

①購入したbitCNYを使用して、一度ビットコインを購入する。

②ビットコインを仮想通貨取引所に送り、現金にする。

 

現金化するために一度ビットコインに変換するプロセスを含むことから、限りなく1元に近い価値が保たれているbitCNYも間接的に仮想通貨市場の影響を受けることになります。

 

仮想通貨bitCNY(BITCNY/ビットシーエヌワイ)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。bitCNYは中国元の相場と限りなく固定されているスマートコインである一方で、現金化のプロセスにおいてビットコインとの変換が必要なことから仮想通貨市場の影響も否めません。

ビットシェアズの動向にこれからも注目する必要がありそうです。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨NuBits(ニュビッツ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はNuBits(ニュビッツ)を紹介します。NuBits(ニュビッツ)は世界初の価格固定型の仮想通貨です。そんなNuBits(ニュビッツ)ですが、…

2018/4/5

仮想通貨Maker(メイカー・MKR)とは?特徴、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMaker(メイカー・MKR)を紹介します。Maker(メイカー・MKR)はイーサリアムブロックチェーン上で開発される、ベッグ通貨DAI(ダイ…

2018/3/28

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのリップル購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)でのビットコイン購入方法を画像付きで解説!

BitTrade(ビットトレード)は国内の大手仮想通貨取引所です。BitTradeは仮想通貨交換業者として金融庁から認可されており、ビットコインを含…

2018/6/29

Nano(ナノ/旧XRB)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

仮想通貨Nano(ナノ)はRaiBlocks(XRB、ライブロックス)という仮想通貨からリブランディングにより名前が変わりました。今回はNano(ナ…

2018/5/2

仮想通貨Tether(テザー)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はTether(テザー)を紹介します。Tether(テザー)は法定通貨とほぼ等しい価値を持つPeg制を取っている仮想通貨です。そんなTether…

2018/3/24

Neo(neo・ネオ)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Neo(neo・ネオ)は中国版のイーサリアムと呼ばれ、スマートコントラクト搭載の中国発祥の仮想通貨ですそんなNeo(neo・ネオ)について、手数料な…

2018/5/7