search_toggle
仮想通貨Bodhi(ボーディ)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

Bodhi(ボーディ/BOT)

4.60852 JPY

前日比

0.92%

前週比

16.156%

0.0416593 USD

前日比

0.92%

前週比

15.09%

0.00001099 BTC

前日比

5.147%

前週比

15.529%

仮想通貨Bodhi(ボーディ)はブロックチェーンで予測市場を改善する?

Bodhi(ボーディ)はQtumのdapp(分散型アプリケーション)の一つであり、ブロックチェーン技術を使った予測市場に焦点を当てたプロジェクトです。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Bodhi(ボーディ)の基本データ

 ・通貨名:BodhiBOT

 ・取引開始日:201711

 ・発行上限:100,000,000 BOT

 ・現在の流通量:40,000,000 BOT

 ・時価総額:$ 11,232,760

 ・公式サイト:https://www.bodhi.network/

 ・ソースコード:https://github.com/bodhiproject

 ・ホワイトペーパー:http://www.bodhi.network/file/whitepaper/Bodhi_English_White_Paper.pdf

 Blockchain Explorer(取引詳細):https://qtumexplorer.io/contract/6b8bf98ff497c064e8f0bde13e0c4f5ed5bf8ce7

 twitterhttps://twitter.com/bodhitoken

 telegramhttps://t.me/bodhifoundation

 Telegram登録人数:1473

仮想通貨Bodhi(ボーディ)が解決する社会的課題

#

現状の課題1:宝くじはそれぞれのマーケットで規制されている

世界中のオンラインスポーツ宝くじは、それぞれの地域での規制の違いによって、それぞれ異なる方法でマーケットが規制されています。

 

また、少なくとも数十億ドルの規制を受けており、宝くじ市場の流動性は低い状態となっています。

現状の課題2:保険金の支払いまでが複雑

既存の保険業界では、集中型の管理体制となっており、保険金の支払いまでのプロセスが複雑となっており、ある程度のコストもかかっています。

仮想通貨Bodhi(ボーディ)の優位性

ブロックチェーン技術を導入する必然性

Bodhi(ボーディ)の予測プラットフォームはQtumのブロックチェーン上に構築されています。

 

Qtumはビットコインのコアコアインフラストラクチャといイーサリアムのバーチャルマシンを組み合わせています。

 

このため、Bodhi(ボーディ)のプラットフォーム上に構築されたdapp(分散型アプリケーション)には安定性やモジュール性、相互運用性があり、より良いdappが提供できるようになっています。

#

Bodhi(ボーディ)による課題の解決策1:ブロックチェーンによって規制が無くなる

Bodhi(ボーディ)ではブロックチェーン技術を使っているため透明性があり、高い取引費用を支払わずにユーザーが予測イベントを作成することができます。

 

そのためお金の面でも規制されることがなく、誰もが自由に予測できるプラットフォームとなっており、マーケットの流動性も大幅に改善されます。

Bodhi(ボーディ)による課題の解決策2:スマートコントラクト により支払いが自動化される

Bodhi(ボーディ)ではスマートコントラクト によって、保険の支払いまでのプロセスが自動化されています。

 

例えば、飛行機に関する保険で考えると、乗客は搭乗前に飛行機の遅延に保険をかけることができます。

飛行機が遅延した場合、遅延した便のフライト番号が書き込まれ、Bodhi(ボーディ)によって、対応する航空便の保険を購入した乗客に自動的に保険金が支払われます。

 

Bodhi(ボーディ)のプラットフォームではサービス料としてを請求しますが、既存の保険よりも少ない金額となっています。

 

スマートコントラクトにより複雑な支払いまでのプロセスは改善され、コストも削減されます。

#

Bodhi(ボーディ)が提供する機能

Bodhi(ボーディ)は価格やリスクの調査が徹底的に行われている経済に関するイベントの詳細なレポートを提供しています。

ある株式のマーケット開始時の価格はいくらかといったような単純な予測イベントにおいても、Bodhi(ボーディ)を利用することで、コストを引き下げ、効率性は向上しています。

Bodhi(ボーディ)の技術の優位性

Bodhi(ボーディ)のプラットフォームは、Oracle(オラクル)のアブストラクションレイヤーを用いて、集中型オラクルと分散型オラクルの機能を両方可能にし、GnosisとAugurを組み合わせたプラットフォームとなっています。

 

また、Oracleのメカニズムを利用することで、Bodhiのプラットフォームを効率的に、かつ自主管理ができるようにしています。

仮想通貨Bodhi(ボーディ)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

Bodhi(ボーディ)のマイルストーンは以下のようになっています。

 

 

・2017年6月

Bodhi(ボーディ)の予測市場を発表する

 

・2017年12月

Bodhi(ボーディ)の予測市場のベータ版をQtumのテストネットに導入する

 

・2018年6月

Bodhi(ボーディ)の予測市場のMVPバージョンをQtumのメインネットワークに導入する

 

・2018年12月

Bodhi(ボーディ)の予測市場の生産バージョンをQtumのメインネットワークに導入する

 

・2019年6月

Bodhi(ボーディ)の予測市場の最適化バージョンをQtumのメインネットワークに導入する

仮想通貨Bodhi(ボーディ)のチャート・将来性

#

仮想通貨Bodhi(ボーディ)は2017年11月に取引が開始された比較的新しい仮想通貨で、2018年1月に最高値をつけてから、価格は徐々に下がっています。

 

世界最大のインターネットユーザー数を持つ中国が世界最大の予測市場となることを予想し、中国の予測市場を世界に発展させることにBodhi(ボーディ)は焦点を当てています。

この点でBodhi(ボーディ)は将来性のある仮想通貨だと考えられます。

仮想通貨Bodhi(ボーディ)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Bodhi(ボーディ)を購入するには、海外取引所であるBiboxから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Biboxに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Bodhi(ボーディ)を購入する

仮想通貨Bodhi(ボーディ)の最新ニュース・twitter情報

・2018年2月16日

Qtumのコミュニティで仮想通貨Bodhi(BOT)のエアドロップが完了しました。

 

・2017年12月27日

Bodhi(ボーディ)の予測市場であるBodhi AlphaがQtum Testnetに導入されました。

仮想通貨Bodhi(ボーディ)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Bodhi(ボーディ)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

Bodhi(ボーディ)はQtumのdapp(分散型アプリケーション)の一つで、ブロックチェーン技術を用いて、予測市場に焦点を当てたプロジェクトです。

 

財務予想や情報予想、保険予想、スポーツ予想に使われており、スマートコントラクトに支払いが自動化されています。

 

中国の予測市場を世界に発展させることにも焦点を当てており、Bodhi(ボーディ)の今後に期待です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨HEROcoinとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はHEROcoinを紹介します。HEROcoinはオンライン賭博やゲームプラットフォームに使われる仮想通貨です。そんなHEROcoinですが、ど…

2018/4/17

Decentraland(ディセントラランド/MANA)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つDecentraland(ディセントラランド/MANA)を取り扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Decentrala…

2018/5/7

2018年仮想通貨Qtum(クアンタム/QTUM)とは?今後・将来性・価格は?最新情報なども含め今後の予想を解説!

今回はQtum(クアンタム/QTUM)を紹介します。Qtumはワンタイムアドレスやリング署名により高い匿名性を保障するという特徴がありますが、一方で…

2018/5/27

仮想通貨Quantstampとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はQuantstampを紹介します。Quantstampはイーサリアムのスマートコントラクトのセキュリティを強化するプロジェクトです。そんなQu…

2018/4/4

仮想通貨Mysterium(ミステリアム)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はMysterium(ミステリアム)を紹介します。Mysteriumはスマートコントラクトを用いたdVPNを利用し、P2Pネットワークを提供して…

2018/4/9

仮想通貨Revain(リベイン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はRevain(リベイン)を紹介します。Revain(リベイン)はブロックチェーン技術を利用したレビュープラットフォームです。そんなRevain…

2018/4/5

2018年 仮想通貨Augur(オーガ)の最新ニュース!バイナンス上場しました!

Augur(オーガ・REP)の最新ニュースをお届けします。Augurはイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測市場プラットフォームプロジ…

2018/5/14