search_toggle
仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

Cindicator(シンディケーター、シンジケーター/CND)

1.10517 JPY

前日比

-1.31%

前週比

-12.602%

0.00999029 USD

前日比

-1.31%

前週比

-11.8%

0.00000263 BTC

前日比

-0.634%

前週比

-19.216%

仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)は人間の知能と人工知能を活用し、市場を予測するプラットフォーム?

#

CindicatorCND・シンディケーター)の通貨であるCNDは、ERC20トークンであり、Cindicatorプラットフォーム内で使用されます。

 

 

Cindicatorは、ハイブリッドインテリジェンスを掲げ、金融アナリストの知能と人工知能を活用し、株式市場や仮想通貨市場を予測するプラットフォームです。

 

ハイブリットインテリジェンスで、正確な市場の予測を可能にします。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)の基本データ

  ・通貨名:CND
・取引開始日:2017年10月
・発行上限:2,000,000,005 CND
・現在の流通量:1,445,976,590 CND(2018年4月時点)
・時価総額:$0.060617(2018年4月時点)
・管理システム:ERC20
・公式サイト:https://cindicator.com/
・ホワイトペーパー:なし
・Blockchain Explorer(取引詳細):https://etherscan.io/token/0xd4c435f5b09f855c3317c8524cb1f586e42795fa
・公式フォーラム:-
・twitter:https://twitter.com/crowd_indicator
・telegram:https://t.me/cindicator_chat

仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)のビジネス的有用性

#

技術面での有用性:人間の知能と人工知能で市場を予測

CindicatorCND・シンディケーター) は、ハイブリットインテリジェンスによる正確な市場の予測を可能にすることを目的としています。

 

ハイブリットインテリジェンスとは、人間の知能と人工知能をハイブリット(織り交ぜ)させて行うデータ構築です。

 

特に仮想通貨市場は、上がり下がりが激しく、相場が不安定です。歴史もまだ浅いので、相場データも少ないのが現状です。

 

今までのデータ収集と解析と、経験豊富な金融アナリストの判断力を併せる(ハイブリットインテリジェンス)ことで、Cindicatorではより正確な予測を可能にします。

サービス面での有用性1:Collective Intelligence Platformが市場を予測

CindicatorCND・シンディケーター) は、人工知能を使った市場予測プロジェクトです。

ドルやユーロなどの法定通貨から、仮想通貨などまで、幅広い経済予測をしていきます。

 

AI(人工知能)の強みとして、人間には処理しきれないほどの膨大なデータを使って答えを導き出せることがあげられます。

 

新しい出来事は予測しきれませんが、過去の情報をもとに近い答えを出していくことに関しては人間よりも優れていると言えます。

 

AIは、様々な仕事を奪っていくと言われていますが、実際、経済予測もAIの力が大きく影響し始めているのが現状です。大手の証券会社では、AIを取り入れ始め、実際に取引をしています。

 

Cindicatorのプラットフォーム(Collective Intelligence Platform/集合知能プラットフォーム)は、株式や為替、仮想通貨などの市場を予測するためのプラットフォームです。

 

具体的に説明すると、Collective Intelligence Platformでは経済市場に関する質問が用意されています。

 

その質問に金融アナリストたちが回答し、人工知能が知識を高めていきます。

 

集めた知識と過去のデータを照らし合わせて、未来予測を実現するという仕組みです。

 

また、回答者にランキング発表や報酬を与えることによって、回答率が高まるようになっています。

サービス面での有用性2:Cindicator Botが価格水準や指標値を通知

Cindicator Botというシステムは、価格水準や投資判断をする上での指標値で通知してくれるサービスです。

 

この通知には初心者、トレーダー、専門家の段階があります。また、通知を受けるためには最低でも5,000 CNDが必要です。

サービス面での有用性3:Cryptometer Botがアビトラージ取引を助ける

Cryptometer Botは、取引所ごとの価格差を利用して、アービトラージ取引をサポートしてくれるツールです。

 

アービトラージ取引とは、取引所ごとの価格差を利用して利益を出すことです。

 

金融商品は取引所ごとに取引が行われ、価格が決まっています。そのため、取引所間の価格差がよく発生してしまいます。

 

そこで、Cryptometer Botはアービトラージ取引の機会を教えてくれます。

 

各取引所間で価格差が生まれる度に取引を行うことができるのです。

 

なお、Cryptometer Botの利用には、100 CNDの保有が必要です。

サービス面での有用性4:アプリで簡単にクイズに回答、データが蓄積

CindicatorCND・シンディケーター)アプリを利用すれば、AI(人工知能)に市場動向に関する簡単なクイズを回答することで、データを積ませられることができます。

 

予測が当たったユーザーには、CNDの報酬も配られます。

カスタマー・ターゲット

CindicatorCND・シンディケーター)のより正確な予測によって、投資家のリスクを抑え、仮想通貨の投資タイミングの基準を作り上げます。

 

仮想通貨等の金融商品の運用だけでなく、仮想通貨のICO参加時などの判断にも応用できます。

仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

#

2018年:第1四半期に1度目の報酬付与

 

2019年:投資ファンド、クリプトETF、技術基盤の整備

仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)のチャート・将来性

#

CindicatorCND・シンディケーター)は、プロダクト(製品)が既に動いているのがかなり期待できます。また、スマホアプリはリリース済です。

 

cindicatorのサービスを利用するためにはCNDが必要になってきます、知名度や利用者が自然と広がることが予想されます。

 

cindicatorのアドバイザーにイーサリアムやビットコイン財団の創設者が関係しているとも言われています。

 

投機対象としての将来性はまだまだ未知数なので、今後に期待です。

仮想通貨Cindicator(CND・シンディケーター)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Cindicatorを購入するには、海外取引所であるBinance(バイナンス)などから購入する必要があります。購入方法は以下の通りです。
1. Zaif(ザイフ)bitFlyer(ビットフライヤー)などに登録。
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Binance(バイナンス)などのいずれかの海外取引所に登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Cindicatorを購入する

まとめ

#

CindicatorCND・シンディケーター)は、人間の知能と人工知能をハイブリットさせて行うデータ構築です。

 

特に仮想通貨市場は、上がり下がりが激しいですが、今までのデータ収集と解析と、経験豊富な金融アナリストの判断力を併せる(ハイブリットインテリジェンス)ことで、Cindicatorではより正確な予測を可能にします。

 

Cindicatorの今後の情報に注目です。

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

Cindicator(シンディケーター、シンジケーター/CNDの国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

今回は仮想通貨の1つCindicator(シンディケーター、シンジケーター/CND)を取り扱っている国内、海外取引所を紹介していきます!Cindic…

2018/5/7

Rialto(XRL・リアルト)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Rialtoは保有するだけでAIの利益が配当されるトークンです。そして、流動性の低い仮想通貨市場で、Rialtoは利益を上げるためのAI開発として稼…

2018/5/9

仮想通貨Rialto(XRL・リアルト)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はRialto(XRL・リアルト)を紹介します。Rialtoは保有するだけでAIの利益が配当されるトークンです。そんなRialtoですが、どんな…

2018/4/17

仮想通貨Numeraire(ニューメライア・NMR)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はNumeraire(ニューメライア・NMR)を紹介します。Numeraire(ニューメライア・NMR)は市場予測プラットフォーム「Numera…

2018/4/11

仮想通貨FLik(FLIK・フリック)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説

今回は仮想通貨FLik(FLIK・フリック)を紹介します。FLikはエンターテイメントエコシステムで、映像のクリエイターをバックアップします。また、…

2018/4/11

仮想通貨Monetha(MTH・モネサ)の今後・将来性は?最新情報なども含め今後の予想を解説

ツイッターを中心に話題になっているMonetha(MTH・モネサ・モニーサ)の今後を予想します。第3者を介することなく、購入者と販売者の取引を素早く…

2018/6/22

HempCoin(ヘンプコイン、THC)の国内・海外取引所を比較!手数料や出来高もご紹介

Hempcoin(ヘンプコイン、THC)は大麻取引をブロックチェーン技術を用いて可視化し、大麻を適切に栽培、流通させることを目的としたトークンです。…

2018/5/7