search_toggle
仮想通貨Medibloc (メディブロック)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

MediBloc(メディブロック/MED)

0.290491 JPY

前日比

-0.27%

前週比

-24.74%

0.00262593 USD

前日比

-0.27%

前週比

-24.05%

0.00000069 BTC

前日比

0.413%

前週比

-30.436%

仮想通貨Medibloc (メディブロック)は医療業界に革命を起こすのか?

Mediblocは韓国で設立された医療スタートアップ企業です。各医療機関間での情報交換が難しい医療業界で医療情報を扱うプラットフォームをブロックチェーン基盤上に作り、医療機関、患者、研究者の情報交換の効率性を向上するサービスを提供しています。

今月のおすすめ取引所ランキング(絶対に複数取引所に登録しておきましょう!)

  • Ic exchange rank 01

    利用者の仮想通貨を100%コールドウォレットで管理する日本で唯一の取引所(2018/2/13時点)

  • Ic exchange rank 02

    GMOインターネット(東証一部上場)グループで培われた金融サービス提供のノウハウを活かした取引所

  • Ic exchange rank 03

    多くのアルトコインの板取引対応、手数料を抑えることが可能。全通貨コールドウォレット採用。

仮想通貨Medibloc (メディブロック)の基本データ

・通貨名:Medibloc (メディブロック) ・取引開始日:2017年10月18日 ・発行上限:10,000,000,000 MED ・現在の流通量:2,966,384,100 MED ・時価総額:¥5,109,577,258 JPY ・公式サイト:https://medibloc.org/en/ ・ソースコード:https://github.com/Medibloc ・ホワイトペーパー:https://medibloc.org/en/#whitepaperSection ・Blockchain Explorer(取引詳細):https://explorer.qtum.org/token/QQvbcXesB5BbRF3niHcbsfgaJv85gbbuTs ・公式フォーラム:https://bitcointalk.org/index.php?topic=2285103.0 ・twitter:https://twitter.com/_MediBloc

仮想通貨Medibloc (メディブロック)が解決する社会的課題

現状の課題1: 情報交換が非効率的で医療費負担が増えている

#

現在は医療情報が病院間で効率的に交換されていません。
そのため、患者は違う病院へ行くごとに同じ検査を何重にも受けなくてはならないのです。
これは国民の医療費負担増につながるだけではなく、国の医療費負担の大幅な増加につながり、医療費膨張が社会問題になっている今、見逃せない問題です。

現在医療情報の交換が潤滑に進まないのは、医療情報が重要な個人情報であり、政府の規制が存在するからです。各医療機関を中心に中央集権的に情報を管理するシステムを利用しているのです。

現状の課題2: 個人情報流出の危険性がある

#

各医療機関で医療情報を保存する現在のやり方では、医療情報を効率的に交換できないだけでなく、データ流出の危険性が伴います。

例えば、紙ベースで保存されている情報は従業員が簡単に改ざんしたり、抜き取ったりすることができてしまいます。
また、データ化されているシステムでも、従来の管理システムではハッキングによるデータの損失のリスクが高く、個人情報の流出の懸念が常に拭えません。

仮想通貨Medibloc (メディブロック)の優位性

現状の課題1の解決策:ブロックチェーンの利用で簡単にデータにアクセスできる

現在は各医療機関の間の情報共有への障壁がありますが、ブロックチェーン技術を使用したMediblocを使用することによって解決することができます。
 
ブロックチェーン技術の特徴により、個人情報がいつどこでどんな目的のために使用されたのかが誰の目にも明確になり、かつメディブロックを介して簡単にデータ交換や取引が可能になります。また、情報の開示権限は患者本人に委ねられるため、必要なときに必要な相手にのみ開示することが可能になります。そして患者自身がいつでも便利に自分の健康管理データにアクセスすることができます。

現状の課題2の解決策:単一障害の防止

現在の医療情報の保存方法ではハッキングや人為的ミスにより情報流出のリスクがありました。

しかしMediblocではブロックチェーン技術を用いることで最高レベルのセキュリティを維持し、情報の流出を根本的に防ぐことができるようになります。医療情報へのアクセス権を患者が持ち、本人だけが自分の全体のデータを復元化し、アクセスできるようになっています。また、偽造・変造されたときにバックアップデータを使用してデータを復元できるため、データを修正・削除できないようになっています。
このことから、Mediblocの情報プラットフォームを使用することによって、ハッキングや人為的なミスを防ぐことができます。

医療業界とスマートコントラクトの親和性

#

Mediblocのホワイトペーパーによると、「医療サービスにおける個人情報は効率よく医療情報交換が行われれば、医療室で行われる様々な検査が50%以上削減できるという研究結果もある」。ブロックチェーン技術を活用すれば、信頼性とデータの機密性を保持しながら情報交換をすることができます。また、患者本人が自分のデータの開示範囲を設定し、データの分散化を図ることができるためブロックチェーン技術は医療業界のニーズと親和性があるのです。

メディブロックを活用したサービス例

#

①個人健康報告書
複数の医療提供者に分散している情報を一つのアプリケーションに集約し、自分の過去の診療記録との比較を通じて、健康状態の管理が可能になるものです。

②P2P医療データ市場
医療消費者が自分の医療データを必要とする医療研究者、機関と直接つながり、データを提供するプラットフォームを作成しています。医療データの需要は現在増え続けているため、このサービスの需要は増え続けると予想されます。また、従来の一部の大規模は機関が医療情報を独占することによって得ていた金銭的利益を医療消費者に還元することができるようになります。

仮想通貨Medibloc (メディブロック)のヴィジョン・マイルストーン・今後のイベント

2017年10月 Proof of Concept (PoC) 公開
2018年5月  メディブロック Platform API 及び SDK公開
2018年7月 メディブロックPlatform Alpha公開
2018年10月 メディブロックPlatform Beta公開
2018年12月 メディブロック 正式バージョン公開

また、メディブロックは医療情報交換を促進するというビジョンに基づいて、
1)患者のための個⼈の医療情報管理プログラム
2)医療機関と医療従事者のためのEHR
3)研究者のためのデータを検索プログラム
の3者目線でのメディブロックアプリケーションプログラムを同時に開発する計画をたてています。

仮想通貨Medibloc (メディブロック)のチャート・将来性

#

Mediblocの時価総額は2018年1月に跳ね上がってから、現在は安定しています。今後Mediblocの新プログラムの始動が見込まれるなかどう変動するのか今後の成長に期待できそうです。

仮想通貨Medibloc (メディブロック)が購入できるおすすめ取引所と買い方

Medibloc (メディブロック)は、韓国の仮想通貨取引所Coinrailや中国の中堅規模の取引所Bibox、Gate.ioなどで購入することができます。特にCoinRailの取引所は、韓国で安全かつ最も技術的に進んでいて、世界の名の知れた取引所に引けを取りません。

購入方法は以下の通りです。
1. CoincheckやBitflyerなどの国内取引所に登録
2. 国内取引所でビットコインを購入する
3. Coinrailに登録する
4. 登録した海外取引所にビットコインを送金する
5.Medibloc (メディブロック)を購入する

仮想通貨Medibloc (メディブロック)の最新ニュース・twitter情報

2018年3月20,21日にMediblocが香港で開催されたトークン2049というイベントに参加しました。トークン2049はデジタルアセットに関するイベントの中でアジア最大級のものであり、世界中の仮想通貨のサポーターたちが参加しました。

仮想通貨Medibloc (メディブロック)のまとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。Medibloc (メディブロック)の特徴、マイルストーン、チャート・将来性などについて解説しました。いかがでしたでしょうか?

シェアはこちら!

この記事に関連する記事

仮想通貨BLOCKv(ブロック・VEE)とは?特徴、将来性などを徹底解説

今回は新たな経済圏を作ることを目指して作られた仮想通貨、Blockvを解説します。これから高騰する可能性や将来性はあるのか?どのような特徴でどのよう…

2018/3/24

仮想通貨REX(レックス)とは?特徴、取引所、チャートなど解説!

今回はREX(レックス)を紹介します。REX(レックス)はイーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型不動産売買プラットフォームプロジェクトです…

2018/3/28

仮想通貨Paragon(パラゴン)の特徴、チャート、取引所など解説!

今回は仮想通貨Paragon(パラゴン)を紹介します。大麻関連の仮想通貨で現在最も注目されている仮想通貨です。どんな仮想通貨なのか、高騰する可能性は…

2018/3/8

仮想通貨Aeron(アーロン)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はAeron(アーロン)を紹介します。Aeron(アーロン)はブロックチェーン技術で航空業界の安全性を高めるプラットフォームです。そんなAero…

2018/3/28

仮想通貨REX(レックス/REX)がIMBREX(インブレックス/REX)として再スタート?最新情報も含め将来性や今後の動きを解説!

今回はIMBREX(旧REX/インブレックス/REX)を紹介します。IMBREXは不動産データをブロックチェーン上に公開し不動産システムの課題解消を…

2018/5/27

仮想通貨VeChainとは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はVeChainを紹介します。VeChainは、サプライチェーンの負を解決する為に作られたプラットフォームプロジェクトです。そんなVeChain…

2018/4/2

仮想通貨OysterPearl(PRL)とは?特徴、買い方、取引所、チャート、将来性など解説!

今回はOysterPearl(PRL)を紹介します。OysterPearl(PRL)はサイトの訪問者へファイルストレージを提供することでサイトを収益…

2018/4/14